1: みつを ★ 2017/10/06(金) 18:34:01.83 ID:CAP_USER9
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/k10011170091000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_033

福井県敦賀市にある国の重要文化財、気比神宮の大鳥居では、30年に1度の修復が行われており、6日、柱に朱色の漆を塗る作業が公開されました。

気比神宮の大鳥居は、江戸時代初期の1645年に建立された高さおよそ11メートルの木造漆塗りの鳥居で、国の重要文化財に指定されています。去年12月からおよそ30年ぶりに大鳥居の修復が行われていて、これまでに古い漆をすべてはがし、柱の痛んだ部分を修復する作業が行われました。

現在は、鳥居の柱に朱色の漆を重ねて塗る作業が行われていて、6日、その様子が報道関係者に公開されました。

すでに鳥居の全体が朱色に塗られていますが、漆は3回から5回ほど重ね塗りする必要があり、職人たちが柱の表面を砥石(といし)や、やすりで削り、漆を重ねやすくなるように整えていました。塗りたての漆は光沢のある暗い朱色ですが、日光が当たると、次第に光沢が落ち着き、色が明るくなるということです。

修復は年末までにすべて終わる予定で、敦賀市文化振興課の中野拓郎課長補佐は「現在いちばん難しく重要な作業が行われていますが、年末までに完成させ、多くの人に見てもらいたい」と話しています。

10月6日 14時37分

no title

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/K10011170091_1710061443_1710061452_01_03.jpg








3: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:34:50.19 ID:Dv/gFu2J0
いちいちこんなスレ立てる必要あんのか?

4: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:41:49.51 ID:16Gp682y0
鳥居は日本三大鳥居に数えられ、重文。ニュースにしないほうがおかしいw


氣比神宮(けひじんぐう、気比神宮)は、福井県敦賀にある神社。式内社(名神大社)、越前国一宮。

>社殿はほとんどは第二次世界大戦中の空襲で焼失したため、現在の主要社殿は戦後の再建になる。
空襲を免れた大鳥居は「日本三大鳥居」にも数えられる壮麗な朱塗鳥居であり、国の重要文化財に指定されている。また境内社の角鹿(つぬが)神社は「敦賀」の地名発祥地であると伝える。そのほか祭事では多数の特殊神事が現在まで続き、古図、古面等の有形文化財を伝えている。wiki

5: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:57:08.94 ID:lajq3UZI0
気比の語源ってなんだ?

10: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 21:34:57.80 ID:16Gp682y0
>>5

諸説あり。

「ケヒ(気比/笥飯)=食べ物の神様=御食津(みけつ)神 → 古事記
「笥飯」は当て字ながら「箱中の飯」を意味することから、「ケヒ」とは「食(け)」の「霊(ひ)」、すなわち食物神としての性格を表す名称

6: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 18:58:39.09 ID:5jNYS9bi0
き、気比神宮…

8: 名無しさん@1周年 2017/10/06(金) 19:03:48.93 ID:42EDWJ960
空襲で鳥居以外は全焼したことが惜しまれる。

11: 名無しさん@1周年 2017/10/07(土) 11:02:14.57 ID:pyfO6F9u0
こういう古い云われのある神社好き

16: 名無しさん@1周年 2017/10/07(土) 13:43:23.67 ID:UWsYkjMP0
>>11

気比大神=御食津大神の元の名は伊奢沙和気(いざさわけ)と言ったのですが、品陀和気命(ほむだわけのみこと)
と名前を交換したと伝えられています。品陀和気とは応神天皇のことです。
日本の歴史は意外に面白いですね。

引用元: ・【神社】気比神宮の大鳥居 30年ぶりの修復の様子公開 福井 敦賀