512MGDjsV2L



1: 世界@名無史さん 2016/11/12(土) 19:00:22.04 0
教えて詳しい人








3: 世界@名無史さん 2016/11/12(土) 19:06:44.57 0
>>1
トランプは成金実業家じゃなくて富裕層の子息だろが

6: 世界@名無史さん 2016/11/12(土) 21:46:20.61 0
第二帝政では政財界は成金だらけだし、軍も皇帝が牛蒡抜きで選んだ元帥が指導した。

9: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2016/11/12(土) 23:07:43.91 0
ぱっと思い浮かぶのは
マルクス・リキニウス・クラッススさんですが
成金かと言われるとどうかなぁ

まぁ、トランプさんも立場は同じということで、、、


220px-Crassus_Kopenhagen


マルクス・リキニウス・クラッスス


マルクス・リキニウス・クラッスス(紀元前115年頃 - 紀元前53年)は、共和政ローマ時代の政治家、軍人である。第三次奴隷戦争でスパルタクスを討ち取り、グナエウス・ポンペイウス及びガイウス・ユリウス・カエサルと共に第一回三頭政治を行った。

スッラ配下の武将として地盤を作ったクラッススの次の関心はマリウス派によって収奪された家族の財産を再建することであった。スッラによるプロスクリプティオにより、ポプラレスや政敵の財産が全て没収されて競売に付した際に、クラッススはこれらの財産を買い叩いた。また、クラッススは銀山や高価な土地を多数保有するようになったが、中でも優秀な奴隷を多く抱えてそれらの経営を任せたことで、一層の蓄財が可能となった。

更に、火事になった家の周辺の隣家が延焼を恐れて持ち家や建物・土地を手放すのをいち早く情報を仕入れた上でそれらを買い占め、その後に自らが雇っていた建築に携わる奴隷にそれらを壊させたためにローマの大部分がクラッススの所有物になったとされる。紀元前78年にスッラは死去したが、上述のように多くの富を得たクラッススはローマ政界での有力者の1人に数えられるまでとなった。


17: 世界@名無史さん 2016/11/13(日) 03:35:22.72 0
>>9
ローマのトランプ枠はウィテリウスさんだろう

42: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2016/11/14(月) 21:11:23.08 0
>>17
ふむぅ

成金って使う方もですがやっぱある程度は自分で稼がんとあかん気がしますね

でもウィテリウスさんやカラカラ帝はなんとなく雰囲気がある気はします

13: 世界@名無史さん 2016/11/13(日) 00:03:16.32 0
呂不韋とか斎藤道三とか

14: 世界@名無史さん 2016/11/13(日) 00:23:50.55 0
>>13
二人とも最後は成金らしく朽ちたね

19: 世界@名無史さん 2016/11/13(日) 07:33:55.60 0
>>13
呂不韋は自身がトップに立ってないし、斎藤道三は地方領主に過ぎない

16: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2016/11/13(日) 03:30:41.28 0
トップじゃなければいろいろと出てきそうな気はしますが
メディチ家とかケネディー家かなぁ
20: 世界@名無史さん 2016/11/13(日) 08:43:04.25 0
最近だとベルルスコーニ

58: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2016/11/20(日) 22:32:33.85 0
>>20
おぉ、素晴らしいですね
ネロっぽいところも素敵です

24: 世界@名無史さん 2016/11/13(日) 14:32:01.47 0
そういや、田中角栄が成金実業家から首相になってるな

25: 世界@名無史さん 2016/11/13(日) 14:48:08.60 0
あと、韓国の金泳三や李明博も実業家から大統領か
今のインドネシアのジョコ大統領も家具屋で儲けて政界入りだっけ?

27: 世界@名無史さん 2016/11/13(日) 21:07:15.10 0
貧民の成り上がりならいくらでもいそうだけど、途中に財を成すという過程がいるのか
ボルネオのブルック一族の初代は?
まあ裁判官の息子というスタートをどうとらえるかだけど
Sir_James_Brooke_(1847)_by_Francis_Grant

ジェームズ・ブルック

ジェームズ・ブルック(1803年4月29日 - 1868年7月11日)は、イギリスの探検家。ボルネオ島北部に存在した白人王国「サラワク王国」の初代国王(在位1841年 - 1868年)。

インドのベナレスのイギリス人居留地で裁判官の子として生まれた。12歳で本国の学校に入学するが問題児だったうえに15歳の時に寄宿舎から脱走して放校処分になった。それからまもなく軍隊に入隊し中尉まで昇進したが不まじめな勤務ぶりだった。そして1825年に従軍していた第一次ビルマ戦争で大ケガをしたために帰国して自宅療養をすることとなった。この間に東南アジアに関心を持ち貿易に手を出すようになった。



28: 世界@名無史さん 2016/11/14(月) 02:37:55.58 0
黄巣は?

黄巣

黄巣(こう そう)は、唐末の反乱指導者。874年から10年間、全土を転戦しながら反乱を指揮した。この一連の大乱を黄巣の名をとって黄巣の乱と呼ぶ。

曹州冤句県(山東省・河南省の境目)の出身。若い頃は官吏を目指していたが、科挙に何度も落第、これを諦めた後に私塩の密売に手を染めた。乾符元年(874年)、同じ塩の闇業者だった王仙芝が挙兵するとこれに参加し、やがて反乱軍の中心人物の一人となっていった。

塩の専売は古代国家においては非常に重要な財源で、唐でも国家財政が悪化するとその都度塩価が引き上げられた。そうした際、塩の闇業者は塩を安い闇価格で売っても巨額の利益が出る上、安く買えた民衆はこれに感謝して闇業者を歓迎し、村ぐるみ・都市ぐるみでこれを庇った。


64: 世界@名無史さん 2017/03/25(土) 16:02:17.81 0
塩の密売商人から王になったのは張士誠がいるけど、朱元璋に打倒されて皇帝にはなれなかった。

30: 世界@名無史さん 2016/11/14(月) 09:57:20.72 0
ウクライナのポロシェンコもそうだな

31: 世界@名無史さん 2016/11/14(月) 11:19:17.28 0
マダガスカルの前大統領も
なんか軽いノリの経歴w
200px-Andry_Rajoelina_-_US_Embassy_Nov_2008


アンドリー・ニリーナ・ラジョエリナ
(1974年3月30日 - )は、マダガスカルの政治家。2009年から2014年にかけて、高等暫定統治機構議長(暫定大統領)として同国の国家元首の地位にあった。1974年誕生。1994年から2000年まで、ライブやイベントの主催者として活動。1999年には、マダガスカル最初の広告代理店を設立した。また、ディスクジョッキーなども務めた。


43: 世界@名無史さん 2016/11/15(火) 10:15:13.61 0
成金はともかく資本家・実業家は結構いるな
善政や良革を起こした偉人となるとどうですか?

45: 世界@名無史さん 2016/11/16(水) 18:45:33.16 0
実業家が政界に進出→何やかんやで首脳にまで上り詰めるってパターンは結構あるけど
トランプみたいに「全く」政治経験が無いまま色んな過程をすっ飛ばしていきなり一国の首脳に成り上がった例って他にあるのかな?

50: 世界@名無史さん 2016/11/17(木) 00:37:07.25 0
>>45
すごい話だよな。日本で例えれば高須先生とか津川雅彦とかつのだ☆ひろが、議員にならずにいきなり総理大臣になるようなもん
まあ国の仕組みが違うんだけど

51: 世界@名無史さん 2016/11/17(木) 02:34:01.37 0
>>45
オクタヴィアヌスは後継者指名だから少し違うかもだけど
政治経験無い&元老院議員にもなれない18歳でトップに近い立場になった

200px-Statue-Augustus


アウグストゥス


アウグストゥス(紀元前63年9月23日 - 紀元14年8月19日)は、ローマ帝国の初代皇帝(在位:紀元前27年 - 紀元14年)。

紀元前44年3月15日にカエサルがマルクス・ユニウス・ブルトゥス、ガイウス・カッシウス・ロンギヌスらに暗殺される。この時はカエサルの指示で、オクタウィウスはギリシア西海岸にて遊学中であったが、急遽ローマへ帰還する。その途中、ギリシアからほど遠くない南部イタリア、ブルンディシウム近郊のリピアエでカエサルが自分を後継者に指名していたことを知る。これにより、わずか18歳の無名な青年に過ぎなかったトゥリヌスは、一躍有名になった。


57: 世界@名無史さん 2016/11/18(金) 23:33:37.59 0
>>45
実業家じゃないがユリアヌスが近いのかな


ギリシャ各地を旅をしながら学問に励んでいたら、ほとんど面識の無い皇帝から突然「副帝」の地位を与えられて、ガリア方面軍最高司令官に就任した

53: 世界@名無史さん 2016/11/17(木) 11:44:30.66 0
>>45
「事実上の」トップだけど、コジモ・デ・メディチとか

200px-Cosimo_di_Medici_(Bronzino) (1)


コジモ・デ・メディチ


コジモ・デ・メディチ(1389年9月27日 - 1464年8月1日)は、フィレンツェ共和国(イタリア)の銀行家である。メディチ家のフィレンツェ支配を確立した。コジモはフィレンツェに納められた税金のおよそ65%を負担し、死後ローマ皇帝にならい、「祖国の父」「pater patriae」の称号を贈られた。


48: 世界@名無史さん 2016/11/16(水) 21:42:12.65 0
事業で成功を収めたのち,合衆国大統領になった
ハーバート・フーヴァーとかどうやろ

60: 世界@名無史さん 2016/11/25(金) 03:12:38.89 0
貧農の家に生まれ家畜商からセルビア公になったミロシュ・オブレノヴィッチ


65: 世界@名無史さん 2017/03/25(土) 16:57:25.56 0
ケープ植民地首相となった鉱山王セシル・ローズ

200px-Cecil_Rhodes_-_Project_Gutenberg_eText_16600


セシル・ジョン・ローズ


セシル・ジョン・ローズ(1853年7月5日 - 1902年3月26日)は、イギリスの政治家。

彼はダイアモンドを掘り当てて作った資金で、ダイアモンドの採掘権への投機を行ったり、採掘場への揚水ポンプの貸し出しで儲け、ロンドンのユダヤ人財閥ロスチャイルドの融資もとりつけて、1880年、デ・ビアス鉱業会社を設立した。この会社は、ほぼ全キンバリーのダイアモンド鉱山をその支配下に置き、全世界のダイアモンド産額の9割を独占するに至った。彼はデ・ビアス鉱業会社を通じてトランスヴァール共和国の産金業にも進出して、世界最大の産金王にのし上がるとともに、南アフリカの鉄道・電信・新聞業をもその支配下に入れるまでになった。ローズはこの経済力をバックに政界へも進出し、1880年、ケープ植民地議会の議員、1884年にケープ植民地政府の財務相になり、90年には遂に首相にまで上り詰めた。


68: 世界@名無史さん 2017/05/13(土) 01:41:50.13 0
国レベルではなく州・県レベルでのトップならそれなりにいそうな気がする。
具体的な人物を挙げてみろといわれてもわからんけど。

72: 世界@名無史さん 2017/05/20(土) 00:01:40.76 0
「市」レベルのトップならグレース・ケリーの父
一代で財をなしフィラデルフィアの市長になった。

71: 世界@名無史さん 2017/05/15(月) 03:26:35.40 0
大農場主を経て政界入りし,その後ローデシアの首相に就任したイアン・スミス

74: 世界@名無史さん 2017/05/29(月) 02:11:32.34 0
アルゼンチンのフアン・マヌエル・デ・ロサス 



Juan_Manuel_de_Rosas


フアン・マヌエル・デ・ロサス


フアン・マヌエル・デ・ロサス (1793年3月30日 - 1877年3月14日)は、アルゼンチンの政治家、軍人、カウディーリョ。同国史上、フアン・ペロンと並び評価の分かれる指導者である。

成人してから事業を興し、牧場や肉の塩漬け処理場を一代で築いた財産家となり、その資産で私兵を雇ったり、貧しい人々に施しを与えた。ロサスは財産に加えてその容貌や嘘をつかない性格、州内一の「馬上の人」としての素質によりカリスマとなり、「青い眼のガウチョ」と呼ばれてガウチョや黒人といった底辺の人々からも尊敬されるようになった。

引用元: ・成金実業家がトップに立ったのってトランプ以外で誰がいます?




ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)
金成 隆一
岩波書店
売り上げランキング: 4,638