414bbd8AqIL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/22(水) 02:23:43 ID:qbJTGuGj
尾張守、弾正少弼、左衛門督、左衛門尉、勝仙院。畠山持国の弟、持富の子。持国の養子となるも、持国に義就が生まれたために持国に追われる。細川勝元の援助を受け、1454年(享徳三年)家督を継いだ。政長と義就の不和は決定的となり、各地で戦った。

その後、1460年(寛正元年)には義就が将軍義政に追放されたため、政長は1465年(寛正五年)に管領職を継ぐ。
1466念(文正元年)、義就は山名持豊に迎えられ入京した頃には関係がさらに悪化。
翌年1467年(応仁元年)には管領職を突如辞され、義就との決戦を辞さずとして上御霊社にて決戦。応仁の乱の契機となったこの戦いには敗北したものの、その後は細川勝元率いる東軍について戦った。

後に三回管領職となり、応仁の乱後も1489年(延徳元年)には将軍足利義尚の死後、義材(義稙)を擁立し、畠山義就の征討をはかった。

1493年(明応二年)、義就の子義豊(基家?)が挙兵し、それに応じた細川政元や赤松政則らに攻められ河内の正覚寺にて敗死。









5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/22(水) 10:54:18 ID:YAPHHtPr
政長は京兆家以外の三管領としては、最後の実力者
政元にとっては目障りな存在だったろうけど、斯波も畠山も没落したことで、他大名の台頭を生む

面白い題材だと思いますよ 

7: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/18(月) 20:17:38 ID:WTBaTt4y
明応の政変の原因でもあるし、ある意味で戦国時代の始まりを飾った人。

9: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/19(火) 11:09:55 ID:NkZpNybe
しかし政元公に及ばす
キャラの濃さもな…

10: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/19(火) 14:53:07 ID:aCMKNkm0
この人がいなくなって一番得したのが、政元

13: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/21(木) 13:53:40 ID:C6DVSwIZ
政長語るなら
1、義就ととことんまで争った前半生
2、義材を擁立してから、敗死するまでの後半生
長さは当然違うけどね

このうち後半部分だけど、
義材将軍擁立は政長と斯波武衛義寛が中心に推し進めたもの
細川政元は擁立に賛成していないし、義材とそりも合わなかった

六角討伐はうまく行き、ついでに将軍の力で、宿敵基家(義就の子)討滅を・・・
この河内へ出陣には、斯波義寛、若狭武田元信らが従軍・・・政長の宿願がなったかに・・・
で、政元が義材を廃立して、斯波らは兵を引き、政長は逆に攻められ、正覚寺城で自刃

政元の政略が上手だったのでしょうね

16: 人間七七四年 2007/03/02(金) 14:28:39 ID:O9un9dfl
政長は一本気、悪く言えば単純(のような印象を受ける)
政略の塊みたいな政元とは、相容れない感じはするね

17: 人間七七四年 2007/03/30(金) 11:34:46 ID:nKCR8KAa
応仁の乱は、将軍家、斯波と畠山の内訌が絡めあったものだが、最後まで同族で暴れまわっていたのが畠山

義材とか阿波公方の話を持ち出せば別だけど

18: 人間七七四年 2007/04/20(金) 11:17:08 ID:bnFw2lOg
政長は勝元側だったのに、政元に掌を返された
邪魔だったんだろうね

26: 人間七七四年 2007/10/16(火) 10:45:03 ID:Ataf/MRd
政元との関係はどうだったのだろうか?

27: 人間七七四年 2007/11/05(月) 17:15:47 ID:AB/sU2cU
>>26
義材+政長と政元の対立の陰に日野富子がいたみたいだよ

28: 人間七七四年 2007/11/26(月) 17:38:47 ID:tq04yEGy
義政~義材の時代まで四十年近く中央で幅きかせたんだけどね=政長。

32: 人間七七四年 2008/01/12(土) 15:49:01 ID:/FF6k8+C
政元の向こうを張る器量はなかったってことか。

33: 人間七七四年 2008/01/30(水) 16:31:11 ID:wge0p6kt
一族内(義就父子)と争ってる段階で、政元に敵わないな
京兆だってその次の代は一族で争っているけどね

34: 人間七七四年 2008/02/15(金) 14:31:20 ID:TSFPnCpw
持国がはっきりしてれば良かったのにね

35: 人間七七四年 2008/03/04(火) 14:09:07 ID:fsbH/1Gi
勝元に利用されたのか?

36: 人間七七四年 2008/03/13(木) 14:24:14 ID:dFq3hKbw
さんざん義教に引っ掻き回された後だったし、
持国も晩年は病がちだったらしいし
それで宗全と勝元に組まれちゃ苦しいだろうて

37: 人間七七四年 2008/03/31(月) 15:53:41 ID:BVnqMwBv
となると応仁の乱の元はやはり勝元か。

38: 人間七七四年 2008/04/21(月) 16:31:31 ID:tGGMeK0u
やはり持国に問題あり。

39: 人間七七四年 2008/05/10(土) 16:05:52 ID:oxmIGnwL
勝元が宗全を除こうと企てたのでは?

40: 人間七七四年 2008/05/17(土) 13:06:40 ID:5wBms/Ip
まずは持国と義就。
次が伊勢貞親。
勝元と宗全との直対はその後。

41: 人間七七四年@全板トナメ開催中 2008/06/03(火) 16:45:50 ID:Zdem0jgy
持国は実子の義就を推したかったんじゃなかった?

42: 人間七七四年@全板トナメ開催中 2008/06/06(金) 20:45:47 ID:MwvvvoMq
そう。それですんなりいくはずだったのが、
養子派に細川と山名が肩入れしてグダグダにした

46: 人間七七四年 2008/08/18(月) 14:52:49 ID:RmecyQaY
他のスレで斯波と比べて政長と義就は一角の人物という話あったな。
同時期に出てきたのが不幸だな。

47: 人間七七四年 2008/09/05(金) 15:09:47 ID:ecbeUZF/
政治的には疑問があるけどね。

49: 人間七七四年 2008/09/24(水) 18:58:21 ID:JwzVQpl3
どちらも同時代の主要人物ではあるけどね。
義就などは軍人としてはかなり優秀

50: 人間七七四年 2008/10/09(木) 15:29:43 ID:Bw/zrYbk
>義就などは軍人としてはかなり優秀

でもそれだけって印象なんだよね。

52: 人間七七四年 2008/10/24(金) 07:35:47 ID:Zs+ThqwO
持国が持永を倒したときに、守護代の斎藤や遊佐の嫡流も一緒に滅ぼして自分の不遇時代につきあってくれた西方国賢を守護代にした

遊佐やら斎藤の残党は持国の弟の持富をかついで潜在的な抵抗勢力に西方国賢としては持富に継がすわけにはいかないから、持国をそそのかして義就を後継にさせた
のちに弥三郎派が蜂起すると西方国賢は真っ先に消されている

54: 人間七七四年 2008/11/28(金) 14:21:38 ID:R+r0yjKZ
河内の守護代だっけ?

55: 人間七七四年 2008/12/13(土) 15:43:21 ID:VCvU9ynn
そうだね

56: 人間七七四年 2008/12/27(土) 15:13:12 ID:lF5rFVKK
畠山満家の子なんだ。

57: 人間七七四年 2009/01/13(火) 15:43:40 ID:ACxFE9Qg
満家は力があったんだね。

58: 人間七七四年 2009/01/30(金) 15:05:18 ID:NNG4Xy5g
畠山は幕政で活躍した著名な管領があまりいないな。

59: 人間七七四年 2009/02/14(土) 15:24:13 ID:z1gqqxaF
基国や持国なんだろうが、意外と(意外じゃないかもしれないが)政長がだったりする

60: 人間七七四年 2009/02/17(火) 00:49:33 ID:yh/MFAIP
政家が管領として輝けた時期もそんなに長くなさそう

62: 人間七七四年 2009/03/18(水) 16:27:32 ID:ftQpP8X2
畠山は細川、斯波より後からの管領なんだ

63: 人間七七四年 2009/04/03(金) 14:39:04 ID:aW8ZYuFM
細川よりは将軍家と血筋が近いのにな

73: 人間七七四年 2009/08/04(火) 14:19:52 ID:J9sTFM7H
義就か政長のどちらかでも大人しければな。

74: 人間七七四年 2009/08/04(火) 15:31:19 ID:Y8OCoR5h
両方かなりの名将だったのがまた

75: 人間七七四年 2009/08/14(金) 15:48:34 ID:wX8/JXIl
時代がずれてれば畠山繁栄したかな

76: 人間七七四年 2009/08/17(月) 10:50:44 ID:vAxVDjDC
両畠山の潰しあいは異常だな。たまに共通の利害のために協力することもあるが、事態がおちつくとすぐにまた戦い始める。

77: 人間七七四年 2009/08/31(月) 15:28:26 ID:zWh1QhNz
別の勢力として共存できるぐらいの、勢力圏があればね

78: 人間七七四年 2009/08/31(月) 20:48:40 ID:HK4aalzW
河内と大和で分ければ良かった

79: 人間七七四年 2009/09/14(月) 15:33:23 ID:dmQpSkLs
隣接してるから争うことになりそう。

80: 人間七七四年 2009/09/18(金) 10:08:46 ID:M6STXdtT
それぞれの被官の領地を移動させるわけにはいかないから
きれいに分割統治、というわけにはいかない

82: 人間七七四年 2009/09/30(水) 23:37:06 ID:stSiFlme
幟旗を発明したのがこの人なんだね。

83: 人間七七四年 2009/10/14(水) 14:34:33 ID:XjAJec5D
同族で争ったりするからだよ。後世役に立ったかな。

85: 人間七七四年 2009/10/24(土) 19:41:49 ID:g2PqHbIZ
> 後世役に立ったかな。

畿内の戦争技術が急速に進歩して、これを取り入れた三好や織田と言った勢力の急拡大を可能にした。

87: 人間七七四年 2009/11/19(木) 14:41:25 ID:2kxYfH0i
義就がいるから引き立つ

89: 人間七七四年 2009/12/19(土) 14:09:15 ID:s/ZeerrU
好敵手だよね

90: 人間七七四年 2009/12/19(土) 20:49:08 ID:q1nN+eV0
好敵手と言うか腐れ縁と言うか

95: 人間七七四年 2011/08/20(土) 02:01:43.27 ID:nGSUGsM4
政長って応仁の乱後にも管領やっていた。
そん時は、かなりエラソーで大名達の反感買いまくりだったらしいね。
山城を領国化しようとしたり、なんかオカシナ人。

96: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 2011/08/21(日) 06:43:05.12 ID:8IN6UvAS
背後の黒幕達の動きをみると政長に肩入れしたくなるけど、政長本人が少々脳筋っぽいのでいまいち好きになれん

100: 人間七七四年 2013/12/02(月) 08:31:22.70 ID:UmqaPdyP
正覚寺で討ち死にしたの無念だったろうに

引用元: ・★ 畠 山 政 長 ★




応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
呉座 勇一
中央公論新社
売り上げランキング: 767