51PZQQXF3QL



1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:30:33 ID:w5R
大陸軍は世界最強、はっきりわかんだね








2: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:32:55 ID:w5R
世界中を敵に回しても12年間戦い続ける実力
挙句の果てに敗北しても帰還すれば天下取れるカリスマ
近代国家でこれほどの英雄なんてそういないやろ

3: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:33:38 ID:sKw
なお、本人が一番の業績と自負していたのは法律の模様。

5: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:35:20 ID:bHH
地味に数学がめちゃくちゃ得意だった模様

8: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:36:24 ID:w5R
>>5
じゃなきゃ最短記録で砲兵科を卒業できなかったやろね

7: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:36:05 ID:sKw
逆逆、数学が得意やったから戦果を挙げられた
当時出てきた大砲を相手に当てるには計算が必要やったからな

10: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:36:42 ID:Cxu
ナポレオンが中国あたりに生まれてたら今の世界地図は変わってたかもしれない

27: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:40:18 ID:S47
>>10
個人の要素も重要やけどそれよりもその国の軍制やら戦術やらのが重要やし
中国に生まれても出世はできたやろうけど世界地図塗り替えは無理ちゃうかな

12: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:37:02 ID:S47
なお外交
ちゃんとタレーラン使えや

35: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:41:20 ID:w5R
>>12
タレーランやらフーシェやらゴーダンやら内政方面にも有能いたよね

24: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:39:30 ID:w5R
何でロシア遠征みたいな失敗もしたのにカリスマは衰えなかったんやろ

31: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:40:42 ID:sKw
>>24
新聞の影響も大きいな
当時はフランス革命の後で市民に情報を伝える新聞もだいぶん発達してたけど、その手のひらクルーぶりは今のマスコミとは比にならんかったらしいで

33: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:40:56 ID:S47
>>31
あのコピペってソースあるんかな

・怪物、流刑地を脱出(2/26) 
・コルシカの狼、カンヌに上陸(3/1) 
・悪霊、ガップに出現。討伐軍が派遣さる(3/3) 
・食人鬼、グラッスへ(3/5) 
・王位簒奪者、グルノーブルを占領(3/7) 
・悪辣皇帝、リヨンに。恐怖のため市民の抵抗は無し(3/10) 
・僭主、パリより50マイルまで迫る(3/15) 
・ボナパルト、北方へ進撃。速度増すもパリ入城は不可能か(3/17) 
・ナポレオン氏、明朝パリへ(3/19) 
・皇帝陛下、パリへご帰還。皇帝万歳(3/20) 

32: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:40:48 ID:ZEJ
戦争や政治だけでなくあらゆる分野の専門家とその専門知識で対等に話しができた本物の天才やぞ
なお親族

49: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:43:53 ID:S47
>>32
フーシェだかタレーランだかが親族に関してはぼろくそにいっとったな

26: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:40:15 ID:SeN
なんでロシア遠征なんかしたん?
ほっとけばええやろあんな田舎

30: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:40:35 ID:S47
>>26
イギリスと勝手に貿易したから

34: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:40:59 ID:SeN
>>30
海上封鎖できへんかったん?

39: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:41:36 ID:S47
>>34
フランスの海軍とかイギリスにボコボコやし
例え海軍が壮健でも欧州の北の海岸を全て監視なんて無理よ


45: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:43:01 ID:sKw
まあ、イギリスを貿易封鎖して殺すってのはWW2のドイツもアイデアとして採用してるし、悪い考えじゃないんやけどなあ....

67: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:47:09 ID:QqP
天才ナポレオンですら勝てなかった冬将軍

64: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:46:56 ID:S47
大陸軍のことついこの前まで大陸・軍やと思っとったわ
大・陸軍ってダサすぎやろ

68: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:47:26 ID:EGo
>>64
グランドアルメやし

70: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:47:49 ID:S47
>>68
英語でgreat armyなんやね
うーん…

69: 名無し 2017/05/27(土)23:47:30 ID:LER
ナポレオンってなんで処刑されずに流刑ですんだん?

74: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:48:49 ID:sKw
>>69
各国で会議するからとりあえず流しとこの精神やろ
もしあの会議が踊らずにすぐ決まってれば処刑されてたと思うで

Congresso_di_Vienna


ウィーン会議


ウィーン会議は、1814年から1815年にかけて、オーストリア帝国の首都ウィーンにおいて開催された国際会議。ウィーン会議は、フランス革命とナポレオン戦争終結後のヨーロッパの秩序再建と領土分割を目的として、1814年9月1日から開催された。1792年より以前の状態に戻す正統主義を原則としたが、各国の利害が衝突して数ヶ月を経ても遅々として進捗せず、「会議は踊る、されど進まず」と評された。


76: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:49:46 ID:w5R
>>69
ナポレオンのカリスマヤバいからなあ
後はタレーランの手腕じゃない?

84: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:52:32 ID:hHR
>>69
死んだ英雄は生きてる英雄よりもうんたらかんたら

78: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:50:58 ID:Lw8
国王処刑は悪手だとフランス自らが身をもって教えてくれたから…

80: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:51:14 ID:YtN
負けたくせにむっちゃ有利に進めたフランス

85: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:52:39 ID:EGo
>>80
なにを言われても「私には分かりかねますなあ」でスカし続けた結果勝利したタレーランとかいう天才

88: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:53:35 ID:iMW
>>80
国土を守りたいタレーランさんサイドと大陸が平和あって欲しい英国さんサイドの利害が一致した結果やろなぁ

97: 名無し 2017/05/27(土)23:56:21 ID:LER
フランスの全盛期がこの頃って認識でええか

100: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:57:20 ID:S47
>>97
全盛期はアンシャンレジームのあったフランス革命以前やない?

800px-Troisordres


アンシャン・レジーム

アンシャン・レジームとは、フランス革命以前のブルボン朝、特に16~18世紀の絶対王政期のフランスの社会・政治体制をさしている。

アンシャン・レジームで、国民は三つの身分に大別されていた。第一身分は聖職者、第二身分は貴族、第三身分は市民や農民である。このうち第一身分と第二身分はいわゆる特権身分であり、免税特権を持っていた。第三身分は通常国政に関与する事はできないが、身分別議会である三部会に代表を送り込む権利を持っていた。しかし、アンシャン・レジーム下で三部会はほとんど行われなかった。


110: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:59:44 ID:hHR
>>97
太陽王の時代やないんか?国民が幸せかどうかは置いといて国力的に

121: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:01:41 ID:16K
>>97
欧州の王侯貴族への影響力なら猫も杓子もヴェルサイユ真似して仏語喋っルイ14世時代
国民とか含めてならナポレオン時代かね

101: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:57:28 ID:EGo
結局最後までうまく生き残ったのはタレーランとフーシェと誰やったっけ

104: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:58:19 ID:S47
>>101
ナポレオン旗下ならスルトとか
大元帥になっとるし

108: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:58:57 ID:w5R
ナポレオンが生まれたのがもう少し技術が発達した時代だったらどうなったんやろ
せめて鉄道が発達してるだけでも大分違ったと思うんやが

111: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)23:59:45 ID:SeN
>>108
普仏戦争がフランスの勝利に終わりそう

118: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:00:53 ID:oFz
>>111
まあナポレオンがいないとプロイセン軍って改革すすまんかったやろなあ
イエナ・アウエルシュタットとかいう屈辱がないと

Napoleon-imperial-guard


イエナ・アウエルシュタットの戦い


イエナ・アウエルシュタットの戦いは、ナポレオン戦争中の1806年10月14日、ドイツのテューリンゲン、イエナおよびアウエルシュタットで行われた戦闘である。

ナポレオン1世率いるフランス帝国軍と、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世率いるプロイセン王国軍が交戦した。この戦いの結果、プロイセン軍は甚大な損害を被り、その後の追撃戦で完全に壊滅、プロイセン全土がフランス軍に制圧された。


125: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:02:21 ID:TA9
ナポレオンは戦争を変えた男やぞ
それまでは職業軍人とか傭兵だけの制限戦争だったのが国民も全員戦争に協力参加する総力戦に変わったんや

129: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:02:39 ID:oFz
>>125
ナポレオン時代ってつくだけあるな

131: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:03:00 ID:8g3
ナショナリズム広めたのはナポレオンでも作ったのはちゃうやろ

134: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:04:12 ID:VXU
>>131
フランス革命で生まれたんやろか?

145: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:07:43 ID:isV
>>134
革命騒動で各国がフランスを攻撃→フランスに国民国家意識が生じる
フランス軍が欧州全土で暴れまわる→欧州各国に国民国家意識が生じる

136: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:04:41 ID:16K
ナポレオンの奥さんジョセフィーヌも実は超重要
この人が世界中からバラ集めて配合してくれたおかげで今のバラがある
近代ローズは全部このオバちゃんに行き着く

140: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:06:03 ID:oFz
>>136
国母扱いで慕われてたのは知ってたけどそれは知らんかったわ

152: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:09:34 ID:16K
>>140
それまでのオールドローズが初夏に咲く花やったの中国産と掛け合わせて四季咲き、一年中楽しめるモダンローズを生み出したんやで
これはすごいことや

138: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:05:21 ID:VXU
>>136
さすがバラの母と言われるだけあるンゴね

139: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:06:01 ID:TA9
>>136
なお臭い

141: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:07:00 ID:eZn
>>139
何を思って、寝ているナポちゃんにチーズを近づけたのか。

147: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:08:16 ID:d6a
>>141
部下「チーズ好きやけど臭いで起きるかな」
ナポレオン「ジョセフィーヌ!」
部下「ファッ!」

部下が気まずいんだよなぁ

149: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:09:11 ID:Amp
>>147
ヨッメにもうすぐ帰るから風呂入らないようって手紙送ったらしいからなあ

150: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:09:16 ID:Xp6
ジョセフィーヌって何でナポレオンに捨てられたん?

151: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:09:34 ID:8g3
子供生まれないからちゃうか

157: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:11:08 ID:Xp6
>>151
やっぱり女の価値ってそれで決まるんやね……

158: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:12:02 ID:8g3
>>157
時代もそうやし何より欧州の皇帝なんやからしゃーない
後継ぎ作れんかったら家系途切れるだけじゃすまんのやし

159: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:12:08 ID:cDc
国家総力戦を歴史にもたらした人類の戦犯

162: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:13:10 ID:8g3
ナポレオン戦争って総力戦じゃなくね?

163: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:13:46 ID:oFz
>>162
総力戦はWW1からってのが通説やな

165: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:14:04 ID:TA9
>>162
フランス国民の成人男子ほぼ全員が戦いに出てた希ガス

167: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:14:42 ID:oFz
>>165
総力戦ってのはそれだけじゃなくて銃後の国民も武器生産に駆り出されるとかそういう要素もあるんやで

166: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:14:26 ID:Xp6
当時の平民が徴兵されたくないから指切ったり、お婆ちゃんと結婚したとかいうエピソード好き

171: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:15:20 ID:16K
傭兵主体やったのが国民がダイレクトに戦争参加させられるっていう意味では大きな変化やな

179: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:19:00 ID:isV
都市国家レヴェルでは国民皆兵は昔からあったけど国民国家全体で戦う戦争はオランダ独立戦争あたりかね?

183: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:19:38 ID:VXU
独立戦争ってほんまアメリカ人が好きそう

199: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:25:16 ID:Amp
絶対王政→フランス革命→第一共和政→ナポレオン時代→王政復古→第二共和政→第二帝政→第三共和政→WW1へ

この政変祭り、近世フランスはイベント詰め込みすぎやろ

202: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:26:18 ID:oFz
>>199
WW1はフランス最後の栄光やったなあ
この後はもう見てられんわ

229: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:36:40 ID:oFz
ぶっちゃけナポレオンが出てこなかったらフランスってフランス革命の混乱状態から中々抜け出せなかったんじゃないだろうか

234: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:37:58 ID:9LV
>>229
絶対王政が続いてたんやろか
それとも第2のナポレオンが時代精神としてあらわれるのか

239: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:39:45 ID:x79
>>234
そら第二のナポレオンよ
要するに自覚した国民というのがナポレオンの大陸軍であって
つまりはナポレオンの権力の源泉やもん
そういう意味ではワイはあまりナポレオンを評価しない
ある程度有能であればだれでもナポレオンになれたのではなかったか

244: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:40:39 ID:TA9
>>239
あれだけの大軍団が整然と戦えたのはナポレオンとその部下のおかげなので

235: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:38:28 ID:8g3
ナポレオンがいなかったら総裁政府がなんだかんだ治めとったんちゃうか

236: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:38:53 ID:oFz
>>235
総裁政府って結構グダグダやったからなあ

243: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:40:26 ID:9LV
>>236
将軍が医師とか絵描きとかな
貴族はなんだかんだ言って優秀な人材多かった

250: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:42:07 ID:Amp
>>243
そら当時の知識階級は貴族と聖職者やからな

どんなに暴動起きても農民主体じゃリーダーにならんからな

258: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:44:19 ID:8g3
>>243
銀英伝とかでの貴族=無能みたいな風潮ほんとひで

265: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:46:45 ID:9LV
>>258
まあ半分正解で半分外れちゃうか
家格で決まる門閥政治になると優秀な人材がいても機能しなくなるし

271: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)00:49:33 ID:8g3
>>265
門閥政治は血統主義な面はあるけど反面幼少時から英才教育受けてきたって面もあるわけやか中には無能なのももちろんおったやろうけどあの作品みたいに大貴族=全員無能ってのはちょっとね

326: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)01:06:06 ID:VXU
こういうスレ見るたびに海外旅行行きたくなるけど
次の日にの朝には忘れてるンゴ

引用元: ・ナポレオンとかいう戦争の天才




ナポレオン(上) (講談社学術文庫)
エミール・ルートヴィヒ
講談社
売り上げランキング: 302,043