51q1+1L26qL (2)



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/16(土) 21:57:08 ID:KnJvkdaw0

夏の桀王 、殷の紂王に始まり、隋の煬帝、宋の徽宗など、暴政で国を滅ぼした数多くの昏君について語りましょう。








2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/16(土) 22:12:25 ID:1crxYZKJ0
皇帝ではないが毛沢東が最悪じゃないか。

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/16(土) 22:42:15 ID:27kmyboW0
>>1
>暴政で国を滅ぼした

これでは朱元璋陛下の出番がないではないか!

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/17(日) 01:14:29 ID:WbACVSqZO
>>3
事実上、彼の王朝は2代目で滅びてて、その原因を作ったのも彼
(まあ2代目も馬鹿だけど)

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/17(日) 14:59:25 ID:jXc1JKVD0
建文帝、あれだけで馬鹿と言っちゃうのは可哀想じゃないか。
まだ若かったんだし。

200px-Jianwen_Emperor2


建文帝


建文帝(けんぶんてい)は、明朝の第2代皇帝

靖難の変により永楽帝に帝位を簒奪されたため、明代には皇帝としての在位が否定されていた。靖難の変が起こると将軍らに「朕に叔父殺しの不名誉を成さしめないようにせよ」と訓令したり、敗戦の責任者である李景隆を太子太師の地位を授けたり、側近の斉泰や黄子澄らを敗戦に応じて解任したり復帰させたりと政略の能力には欠けていたが、拷問の廃止や重税の軽減、宦官の重用禁止を実施したため、民からは慕われたという。


7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/17(日) 15:11:41 ID:WcD61JCBO
相手も強すぎたしねー。
それにしても爺さんが有能の士を殺し杉田

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/17(日) 23:43:40 ID:qrRWnasI0
中国では前王朝の正史はその国を滅ぼして建った王朝が書く。
後の王朝は成り行き上、下克上とか主君を倒す形で建つわけだがそういった行為は儒教的な道徳に反する。
それを「あまりの暴政に天の命がかわった」と正当化するために前王朝最後のあたりの皇帝は軒並み暗君、昏君に仕立て上げて書かれると聞いたことがある。
ゆえに王朝の最後の皇帝あたりは話半分に聞いといた方がいい。

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/19(火) 13:19:03 ID:CIHZPdyb0
明の万暦帝もかなりひどいよね。
前半は、せっかく優秀な宰相が財政を建て直してくれたのに。

200px-明神宗


万暦帝


万暦帝(ばんれきてい)は、明朝の第14代皇帝。

即位直後は主席大学士(宰相)張居正の手腕により、両税法にかわる一条鞭法の導入・無駄な官職の撤廃・全国的な検地・無用な公共事業の廃止などにより財政は好転し、満州の女真も李成梁により一時的に落ち着いた状態となり、内外政で大きな成果を上げた。また帝自身も幼少年期には聡明利発で、将来の大器と目されていた。しかし万暦10年に(1582年)に張居正が死去し、親政を始めると一転して堕落し、寵姫鄭貴妃の偏愛による立太子問題(詳しくは泰昌帝の項を参照)が起きた。


11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/19(火) 23:53:25 ID:sYvBvphZ0
嘉靖帝も。

明はろくでもない皇帝が長生きした。

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/20(水) 23:57:04 ID:XZXHt9vq0
明朝の歴代皇帝が最悪ということで。
初代からして、かなり最悪だし、ろくな皇帝がいないw

15: 名無しさん@お腹いっぱい 2006/12/23(土) 11:30:46 ID:y+4H9gCi0
>>13
明の皇帝の中で名君と崇められた者も、何らかの欠点を持った者達が殆んどですものね。
例えば、永楽帝の息子の洪熙帝は、靖難の変にて建文帝側についてた者達を赦免したり、肥大化しすぎた永楽帝の政策を収束させたり、三公を復活させて皇帝独裁を制御させたりと、性格の良さも政策能力も歴代では群を抜いてましたが、超が付くほどのピザデブかつ病弱だった為に、即位後たった一年であぼーんしてしまったのが本当に惜しまれます。

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/22(金) 23:58:37 ID:ITLaVHkw0
最初の皇帝の性格って、その王朝の性格を方向づけることが多いからね。

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/28(木) 17:07:31 ID:oDoNLXsZ0
明王朝で名君と呼ばれる皇帝の実像。

洪熙帝=超が付くほどの肥満体の上病弱という欠点。永楽帝にダイエットを厳命されるほど。
宣徳帝=叔父の処刑方に見られる残酷性に加えて祖父譲りの宦官重用(宦官学校を創設)弘治帝=恐妻家で皇后に頭が上がらず、終生他の妃を持てなかった。

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/30(土) 15:21:40 ID:5EDwP+i+0
次の清朝の歴代皇帝たちと比べると、痛々しいねえ。

18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/30(土) 19:13:20 ID:ePE5s1RN0
清はクオリティ高杉

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/30(土) 23:55:16 ID:kRR1OPEt0
清朝の歴代皇帝は、少数派満州族による多数派漢族の支配という状況に迫られての、クオリティの高さだったのだろうね。
前半の段階で、下手に昏君を出したら、すぐさま王朝の存亡に繋がっただろうし。

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/03(水) 11:29:03 ID:Nnb6mejW0
武則天

王者で自身から来たとしても自分自身を尊大に称えすぎ。
物欲の塊のような人間だったのに、弥勒菩薩の化身とか見苦しすぎる。
仏教信奉者なら釈迦を見習いすべての地位を捨て、出家でもすればカッコよかったんだけどね。

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/03(水) 15:39:30 ID:2g8ps/M/0
有能だったから問題無し

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/03(水) 15:42:23 ID:2g8ps/M/0
というかそこらへんはなんか秀吉の臭いがするんだよね。
拠って立つ地盤が目に見える実力だけで大義名分が無い権力者が自分を正当化するための政治手段。

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/04(木) 19:24:07 ID:mpk30ipu0
無欲を美徳とする仏教とは矛盾してるな。
欲望の覇者なら、我こそが至上の徳尊とでも思い込んでればそれなりの格好もついた。
玄宗皇帝が西王母に言われたような醜さも備わってるな。

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/04(木) 19:46:40 ID:ApxA3iCi0
武則天は一時期、仏教の影響で肉食禁止令出しているよ。
尤も実質はザル法程度の扱いだったけどね。

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/05(金) 04:27:45 ID:JqwwhNTg0
そりゃまあ、そんなの誰も守らんわな。

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/07(日) 10:32:22 ID:ci2vn3F40
宦官の専横を放置して土木工事に専念した天啓帝

250px-明熹宗像


天啓帝


天啓帝(てんけいてい)は、明朝の第16代皇帝。

天啓帝の7年の治世はそのまま宦官魏忠賢の専横の時代である。そのせいか、天啓帝は政務の傍ら、大工仕事をするようになった。この時期には満州のヌルハチが後金を建て、勢力を拡大していた。その時に明の頂点に立っていたのは賄賂を好む魏忠賢であったので、たとえ後金相手に負けたとしても賄賂を贈ることで勝ったとごまかすことが出来た。そのためにヌルハチの勢力は抑えられないものになっていった。天啓7年(1627年)、次代に多大な負担を被せて崩御した。享年23。

30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/08(月) 21:43:23 ID:n7EX44Hu0
>>29
正確には大工仕事なのよね。天啓帝の趣味は。

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/10(水) 16:14:59 ID:Gf+yxlBT0
明の歴代皇帝は短所と長所のバランスが極端すぎるな

34: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/10(水) 19:20:39 ID:armj8m+m0
隋~唐時代も同じようなもんでしょ。
この時代は牝鶏がやけに騒がしくもあったが。

35: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/10(水) 21:27:41 ID:OB+3q/+n0
晋~隋の方が殺人大好き皇帝がたくさんいて非道いような。

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/13(土) 10:28:25 ID:nu9C6DYC0
武則天自体が昏君だったから、いかんとも言いがたいな。
玄宗は武則天時代から続く牝鶏共の政治専横を一掃した功績は褒めるべきじゃないか?
「貞観の治」に続く、改元の治の発現も善政君主としての証。
後半が相当に廃れたが、反乱軍側の言い分を聞き愛妾の楊貴妃もしっかり処断してる。
42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/13(土) 11:32:36 ID:SzQSdMio0
>武則天自体が昏君

そうでもないよ。
呂后の時代もそうだったがひどい目にあったのは貴族とか上の方だけで庶民に対してとか国政ではそれほど失策はしてない。
しかも人材登用などでは身分に拘らず、有能な人材も入れてる。
「牝鶏」の例えどおり、男社会の価値観から批判つかいちゃもんが多いだけ。
しかも武則天の場合、男の皇帝なら取り上げもしないような誇張された性的スキャンダルで過度に貶められてる。

43: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/14(日) 00:33:48 ID:EZHJNfNX0
性格的には褒められた人間じゃないけどね、武則天は。
王大后や蕭淑妃の四股を両断し、酒瓶につけて死に追いやり高笑いして政敵を廃した余韻に浸ったりする点は尋常じゃない。

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/14(日) 03:26:11 ID:jw0Kq1Mw0
実母を杖で叩く皇帝とか、皇族を自分で殺しておいて泣く皇帝とか自分に刃向かった儒者の一族皆殺しを本人の前で延々見せつける皇帝とか性格的にロクでもない皇帝ならいくらでもいるが武則天が生理的に受け付けられないのは「女」だからだろうな
みんな女の股から生まれてきた訳で

45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/14(日) 10:13:39 ID:W2lZP61o0
>性格的には褒められた人間じゃないけどね

結局の所、女性の為政者を貶める場合はそこに行きつくわけね。
男の場合は性格悪い皇帝=昏君とは言われない

息子の嫁とり上げて国傾けるまで溺れまくった玄宗はどうなる?

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/14(日) 12:05:51 ID:EZHJNfNX0
武則天は何事も中途半端なんだよ。
名君とも言えず、昏君とも言えずといった具合に。
まあ、中国史上唯一の女性皇帝なんで珍しいケースとして有名になったんだろうな。
前後の有名な皇帝と比較するならば、善政君主としては遥かに李成民には及ばず悪政君主としては遥かに煬帝に及ばず。
武則天は女じゃなかったら、特徴のない普通の皇帝として史書に対して書かれることもなかったろう。
そうなると女であることが逆に格好の武器となってるな。
56: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/22(月) 07:57:09 ID:QprEWKKOO
>>46
『煬帝が実際に悪政を行っていたかどうかは疑問である』
ってどっかの本に書いてあったよ

49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/17(水) 19:09:55 ID:w8LQXWLD0
しかたないよ、呂后、武則天、西太后と女性権力者はほぼ残虐なんだから。
楊家将演義に出てくる遼の蕭大后は英邁な摂政として活躍してたけどね。

53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/21(日) 23:55:50 ID:3Bb/3em00
>>49
あの男性優先の封建社会じゃ、残虐にならなければ権力を手に入れることができなかっただろうしね。

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/19(金) 10:07:32 ID:tdYM/h9+0
史上最悪か
暴君っていわれる人間は反面天才的なとこがあるから何かしらの功績残してることが多いけど、プラス要素がほとんど無くマイナス要素ばかり目立つという意味では
暴君系だと金の海陵庶人
暗君系だと北宋の徽宗
徽宗は芸術点でプラスだけどそれは皇帝じゃなくてもできるし
海陵王

海陵王 1122‐61中国,金朝第4代の皇帝。在位1149‐61年。

クーデタによって熙宗を殺害して即位し,宗室などの旧勢力を抑えて独裁権力の確立をはかった。1150年(天徳2)には宗室を大虐殺してその勢力を奪った。また独立的な地方機関に対しても統制を強めて,同年行台尚書省を廃止し,都元帥府を枢密院と改めたほか,翌年には世襲万戸を廃してそのあとに節度使を任命し,中央政府の権限を強めた。53年(貞元1)首都を上京会寧府(現在の黒竜江省阿城県付近)から燕京(のち中都と改称,現在の北京)に遷し,56年(正隆1)には中書,門下両省を廃して尚書省に権限を集中し,こうして独裁体制を築いた。

51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/19(金) 22:45:01 ID:rvbwXZyA0
>>暴君系だと金の海陵庶人

あれはクーデターを起こした世宗が海陵王の悪口を集めさせた結果なので、話半分に聞いといて。何でも悪く言えば言うほど重く賞せられたとか。
海陵王は隋の煬帝タイプ 功績も有る。

59: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/27(土) 01:38:13 ID:Z7fklUc00
献帝は暴君でも昏君でもない気が

60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/27(土) 15:17:33 ID:Xzo2wus+0
>>59
献帝の父「霊帝」が昏君だ
理由:宦官(十常寺)を自分の兄弟みたいに扱って政治を怠ったから

61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/27(土) 23:58:28 ID:A57kYueY0
>>59
あれは可哀想だわな。
宋の欽宗、明の穀宗ほどではないが。

62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/06(火) 23:33:46 ID:+L+nj30P0
実は中国の歴代皇帝の大半が暴君なのではなかろうか

64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/07(水) 09:12:31 ID:rdIgCeBk0
暴君じゃない方を挙げていった方が早いな、確かに。
……メジャーどころだと光武帝ぐらいしか思い浮かばないが。

65: 名無しさん@お腹いっぱい 2007/02/07(水) 15:42:00 ID:i7CcNavp0
晋の文公や後漢の光武帝のような名君、楚の霊公や隋の煬帝のような暴君よりも、姜斉の景公や蜀漢の劉禅のような凡君の方が圧倒的に多かったりして。

74: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/10(土) 23:38:40 ID:q7om0rGq0
中国の暴君の典型は、酒池肉林、巨大土木工事、遠征だな。

68: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/07(水) 17:20:49 ID:4rWAbux40
若いころは名君でも年を取ったら頑固爺、というのも多いな

69: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/07(水) 17:25:34 ID:rdIgCeBk0
それなんて孫権?

83: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/21(水) 23:56:01 ID:Kv0xm2bk0
暴君と聞いて、とりあえず一般的にイメージされやすいのが、隋の煬帝じゃないかな。

85: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/06(火) 23:57:03 ID:jj31+fY/0
三大暴君

殷の紂王 ・・・・・・ 暴君の象徴

隋の煬帝 ・・・・・・ 一般的に国を滅ぼした暴君として有名

中共の毛沢東 ・・・・・・ 文化大革命

86: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/09(金) 19:01:25 ID:bSv/d8YA0

南北朝時代の南朝には1ダースくらいいるだろ

87: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/11(日) 23:56:14 ID:ytTibeqn0
南北朝時代は暴君の宝庫ではあるけど、全国政権ではないから、代表に選ぶには、ちょっと不足感があるんだよね。

91: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/13(火) 00:48:38 ID:FGudnycK0
皇帝ではないが宮城谷ワールドや左伝で悪名高い春秋の君主

楚の霊王
斉の荘公
晋の霊公
陳の霊公

92: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/13(火) 01:53:57 ID:rp8XVdZh0
なんかもう霊王の一言で片付きそうだな。

93: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/13(火) 02:00:10 ID:nmmkRxRo0
諡号だけである程度予測できるからな
武霊王あたりは分からんけど

126: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/17(土) 01:56:11 ID:7NR9qiC30
李世民って名君とか優秀な人物とかの話題になると必ずといって出てくるけど、あまり熱心に語ってる奴いないよな。
なんか嫌われてる印象があるんだけど、中国ではどうなんだろう。

唐で最悪の皇帝って誰だろう?
一通り見てみたが無能な皇帝ならいるが「最悪」って言うような能動的に悪政をした人はいないみたいなんだけど。

127: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/17(土) 02:04:09 ID:0AzjebXg0
能動的に悪政をした皇帝がずっと皇位に付けるはずがないじゃないか?
そんなん唐じゃなくても長期政権においては皆無だ

141: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/18(日) 21:38:40 ID:cEVMcx2y0
そもそも中国の皇帝で、粛清を行わず民政に力を入れたやつなんているの?
在位1年未満とか傀儡とかを除いて。

144: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/18(日) 22:11:43 ID:n7RI/xuQ0
>>141
劉秀ぐらいじゃねえの 有名どころでは

則天武后は名君ベスト5に入る実績はあると思うよ
光武帝・清聖祖・唐太宗・武則天・清世宗

145: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/18(日) 23:41:49 ID:nB0fyFDH0
>>144
始皇帝、項羽、劉邦、漢武帝、曹操よりも武則天は下だろ。
実績だけなら煬帝もランクイン可能だと思う。
まあ、マイナス要素がそれ以上だけどさ。

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/19(月) 18:44:26 ID:T12FbXqW0
>>145
項羽は武将としては優秀だけどどう見ても名君じゃないだろう。
曹操は支配領域が狭いし業績もこの中で一番見劣りする。そもそも皇帝じゃない。
漢武帝も名君とはいえないよ。

項羽も漢武帝も名君より暴君よりだろう。どうみても武則天の方が善政を行っている。

秦始皇帝は度量衡の統一と文字の統一という偉業があるけど名君なのかといわれると??
漢高祖も偉大な皇帝ではあるけど政治的にあまり何かやったとはいえない。

142: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/18(日) 21:41:03 ID:/JyIsmUf0
宋の太祖は?

143: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/18(日) 21:44:52 ID:cEVMcx2y0
>>142
ああ、そういや他スレでそんな話になった時、その名前が挙ってた。
完全に忘れてた。㌧。

155: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/19(月) 23:50:49 ID:iua/T2O90
漢武帝
唐玄宗
清乾隆帝

この3人は何かと比べられるけど、自分が名君だという意識も強そう

156: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/20(火) 01:14:24 ID:MIGNnr5s0
その三人のころは全盛期だけど実際に名君だったのは前の世代だったりする感じか?

157: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/20(火) 01:22:13 ID:xsHWcaih0
国力のお陰で致命的なボロにはならなかったってトコだな
玄宗のぞいて

171: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/21(水) 11:49:31 ID:WVTELdiD0
武則天は損をしてるよな。
知らない人が初めてその業績に触れようとすると
大概の本では残忍な性格がクローズアップされてることも多い。
世にも残酷な物語とか世界悪女列伝など、そういう系統の本には毎度の如くレギュラー出演を果たしてるのもイメージダウンしてる。
だからといって関帝のような万民の寵愛を受ける大英雄とも言えないがもうちょいプラスイメージで見られてもいいと思う。
李成民と李隆基の間に挟まれてるのも更に損をしちゃってるんだろうなあ。
この二人には不思議とマイナスイメージも美談となって語られることもあるからな。

178: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/27(火) 00:30:10 ID:5vHM4vnZ0
最悪なのは真面目で帝国に幻想をもっている奴。
明の正徳帝や万暦帝は、何もせず遊び呆けてる分害が無い。
ニコライ二世やウィルヘルム二世みたいな、古き良き帝国を目指して働く奴が一番駄目。
つまり中国で言えば王莽が最悪ってこった。

引用元: ・ 【昏君】 中国史上最悪の皇帝は誰?




中国の歴史(一) (講談社文庫)
陳 舜臣
講談社
売り上げランキング: 99,505