51aKlMOPM8L



1: 曲直瀬道三 2006/12/02(土) 11:28:38 ID:YxddHrLy
癌関連

武田信玄(食道癌)
豊臣秀吉(末期癌)
前田利家(消化器癌)

高血圧関連

上杉謙信(高血圧性脳出血)
織田信長(本態性高血圧)

性病関連

大谷義継(梅毒)
加藤清正(ウイルス性肝炎)
前田利長(梅毒)

その他

蒲生氏郷(肝臓病)
毛利元就(腸閉塞)


他に診断を下して欲しい大名はござらんか?










277: 人間七七四年 2014/06/16(月) 23:11:24.53 ID:RQl00GJB
殺し合いって戦場に限った話でなく
毒殺や謀反の危険も付きまとっていたからな。
そりゃストレスだらけだわ。

278: 人間七七四年 2014/06/16(月) 23:52:16.93 ID:RQl00GJB
島流しにされた宇喜多秀家が90歳まで生きたのもストレスから解放されたからか?

285: 人間七七四年 2014/06/17(火) 22:38:38.19 ID:61ixSwrF
>>278
それだったら真田のお兄ちゃんはストレスがなかったらどれだけ長生きしたのかと

287: 人間七七四年 2014/06/18(水) 06:11:08.45 ID:E+lU0sX2
ストレスで早死にしたのは片桐勝元

290: 人間七七四年 2014/06/18(水) 22:45:50.34 ID:KmBC8020
交渉の責任者ってのはどの時代でもストレス溜まりまくり

292: 人間七七四年 2014/06/19(木) 02:13:17.80 ID:fAu8r5Ng
晩年やりたい放題だった政宗は意外と長生き

294: 人間七七四年 2014/06/19(木) 06:34:21.23 ID:DPHb6j5c
>>292
長生きしたために癌になったのはある意味皮肉な結果だ。

295: 人間七七四年 2014/06/19(木) 08:52:41.63 ID:kPhtO5xB
ストレスから精神を病んで早死にした小早川秀秋

306: 人間七七四年 2014/06/21(土) 16:04:09.13 ID:+inJPbMP
鯛の天ぷら食べて食あたりを起こした家康

308: 人間七七四年 2014/06/22(日) 11:18:53.92 ID:/VRXl2qO
なんで粗食・腹八分を心がけ鷹狩りとか運動もかかさなかった家康があんなに太ったのか。
褌を自分で締められないぐらいにまで。

309: 人間七七四年 2014/06/22(日) 11:47:11.03 ID:TedjCFMI
家康は実は若い頃は暴飲暴食を繰り返してて年を取ってから粗食に切り替えたんじゃなかろうか
秀吉が贅沢をして寿命を縮めた(それでも当時としては平均的だけど)のを見て年取って贅沢すると体に悪いと思ったんじゃなかろうか

311: 人間七七四年 2014/06/22(日) 12:33:54.82 ID:UJSSlgI9
>>309
子供の頃の逸話で、家康は太っているのでうまく舞が踊れなかったと聞いたことがある
幼少時からデブると一生デブだよ、残念ながら

312: 人間七七四年 2014/06/22(日) 13:23:35.54 ID:TedjCFMI
ってことは、人質時代の家康は結構いいもん食ってたってことか
雪斎が教育係としてついてたことといい、実は待遇良かったんかな

316: 人間七七四年 2014/06/22(日) 22:13:34.37 ID:UY7XAhjJ
三方が原の戦いの直後の肖像画では痩せていたことが分かる。
中村橋の助クラス

318: 人間七七四年 2014/06/23(月) 08:26:09.88 ID:gjlf2Us9
若いころは寄生虫で太れなかったと聞いたことがある。

319: 人間七七四年 2014/06/23(月) 11:03:56.33 ID:ubBsCJoQ
若い頃から寄生虫に悩まされていたのか
死ぬ前からじゃなくて

325: 人間七七四年 2014/06/24(火) 08:31:50.81 ID:DDWWp9or
>>319
逆に晩年に寄生虫に悩まされていたというのが初耳なんだが

327: 人間七七四年 2014/06/24(火) 11:33:36.54 ID:ZD8JmAkZ
>>325
死ぬ前に寄生虫に悩まされていたから真田虫って名前がついたって聞いたけど…
「真田め!死してなおワシのことを苦しめるのか!」て
まぁ真田紐と似てるのも真田虫の名前の由来らしい

329: 人間七七四年 2014/06/25(水) 06:20:19.09 ID:O1Az/xLG
寄生虫なんて当時多かったろうね。
家康以外にも苦しめられた戦国武将いたんじゃないの?

331: 人間七七四年 2014/06/25(水) 23:27:59.64 ID:bF4LwsZt
当時の寄生虫対策は何だったの?

333: 人間七七四年 2014/06/26(木) 12:14:09.08 ID:av6ROOAN
ザクロとかセンダンを煮詰めて飲む

334: 人間七七四年 2014/06/26(木) 18:56:26.11 ID:kbgbydQK
>>333
家康もそれをやったのかな。

335: 人間七七四年 2014/06/26(木) 20:44:27.09 ID:av6ROOAN
あの時代は民間薬くらいしかなかったからねー
でも家康の場合自作の怪しげな薬を飲んでそう

336: 人間七七四年 2014/06/26(木) 23:32:17.66 ID:ET7OwOTm
薬調合オタクだしな

337: 人間七七四年 2014/06/27(金) 00:32:24.90 ID:V1i/T6Ho
万病円は自作じゃなく、お抱えの医者に作らせたんだっけ?

351: 人間七七四年 2014/06/29(日) 21:29:51.91 ID:BYpwT/wJ
家康について俺が把握している情報

・若い頃は太っていなかった。どちらかと言えば筋肉質
 関東移封後あたりから太り出したらしい
 関ヶ原の戦いの頃には鎧を装着するのに難儀した
 大坂の陣のときには太り過ぎで、鎧の装着が不可能になっていた
 ↑
 成人後に太り出した肥満は、内臓脂肪過多が疑われる
 糖尿病、高血圧症など、今で言う生活習慣病を引き起こし易い

・鯛の天ぷらを食べて食中毒を起こして死んだ
 ↑
 明らかな俗説
 実際には天ぷらではなくて素揚げだが、それはいいとして、
 当時としては少々珍しいものを食べた時期と死亡した時期が離れ過ぎ
 「素揚げを食べたことによる食中毒」は絶対に無い
 消化器系の内臓には既に何らかの病があり、時期的には素揚げを食べた後に
 悪化しただけで、因果関係には無いと思われる

354: 人間七七四年 2014/06/30(月) 12:59:16.56 ID:ZEry0DDU
小牧・長久手の合戦後、秀吉と家康との間の緊張関係はグダグダのうちに秀吉有利な講和というカタチで終わってしまった。しかしこの頃、家康は背中の出来物が悪化し、謀略で秀吉と張り合うどころではなかった。
家臣(本多作左衛門と思われる)から医師の治療を受けるよう強く勧められたが、頭から拒否し、遺書の準備を始めようとした。医師の診察を受けた上で告げられた治療法候補を吟味するならまだ良いが、受診すら拒むのでは健康オタク失格である。結局は家臣の強硬な申し出によって医師の治療を受け、治癒に至るのであるが。

一方、関ヶ原の戦いの際、当時はまだ舶来限定で貴重品だった石鹸を大量に準備し、戦で負傷した兵には石鹸で傷を洗うよう徹底したという。衛生概念に関して先進的な考えを持っていたのも、また家康の一面である。

355: 人間七七四年 2014/06/30(月) 18:58:43.20 ID:QDlzczWl
家康って知れば知るほど面白いな

356: 人間七七四年 2014/06/30(月) 21:07:12.05 ID:GoZ7aZgp
家康の背中の出来物って今の医学的見地から見て一体何なんだろうね。

357: 人間七七四年 2014/06/30(月) 21:33:47.75 ID:fn+Qs3cF
たぶん粉瘤こじらせちゃったんじゃないか?

358: 人間七七四年 2014/06/30(月) 22:13:04.67 ID:GoZ7aZgp
>>357
それで生死をさまようほどにまでなるものかね。

359: 人間七七四年 2014/06/30(月) 23:24:11.66 ID:fn+Qs3cF
素人だから妄想だけど下手にいじってバイキン大繁殖とか…
お灸で膿が出て回復したんだっけ?

360: 人間七七四年 2014/07/01(火) 00:19:04.49 ID:lW7r/b9i
確かそう。熱することで膿を出した。

362: 人間七七四年 2014/07/01(火) 13:04:16.94 ID:GalzjUbb
ハマグリの貝殻を使って小姓に絞り出させようとした
すなわち素人施術

おそらく、炎症を起こした

家康「もう終わりだ。死んだらよろしく」
重次「医者にかかってから言えや、ゴルァッ!」

364: 人間七七四年 2014/07/01(火) 22:20:39.84 ID:enCDaUgE
痔になった武将は多いと思うんだけど、なぜ加藤清正しか記録が残っていないのか。
いや逆になぜ清正だけ記録が残っているのか。
実に不思議だ。

365: 人間七七四年 2014/07/02(水) 08:55:45.76 ID:roamHAyo
恥ずかしいから皆隠してたんだよ

369: 人間七七四年 2014/07/02(水) 20:10:37.31 ID:nKsllci+
篭ってて有名だっただけです

370: 人間七七四年 2014/07/02(水) 22:30:09.31 ID:1zTSXVhT
>>369
武田信玄みたいに厠が一番落ち着けるから読書をしていたのだ
とか言って誤魔化せば痔がバレなかったのにw

374: 人間七七四年 2014/07/03(木) 11:02:18.69 ID:pQX7rEFM
時代が下って江戸時代になると、大岡越前や遠山の金さんが痔で登城する時に駕籠を使わせてくれと申請した記録があるけどね

馬に乗ってて痔になるんだったら、今の競馬の騎手や自転車ロードレースの選手とか痔が多そうな気がするけどどうなんだろ

376: 人間七七四年 2014/07/03(木) 12:21:54.69 ID:eAehD2T7
>>374
ロードレースの場合前のめり気味の姿勢になるので負担がかかるのは性器でインポになりやすいと有名
痔は聞いたことが無いな

418: 人間七七四年 2014/07/11(金) 02:41:01.00 ID:BIMJa80z
>>374
競馬の騎手見ればすぐ分かるけどモンキー乗りだからケツに負担なんかないしそもそも距離短いっしょ
ロードレースがインポになるってのはガセ。一昔前ならわからんがサドルも進化してるし対処法も沢山あるからね

378: 人間七七四年 2014/07/03(木) 21:14:50.97 ID:+tB2qCcJ
昔の日本だと痔の治療としてなめくじをごま油で煮詰めたものを肛門に入れるというのがあったと聞いたが本当にそんな治療をしていたのだろうか。
効果はあったのだろうか。

380: 人間七七四年 2014/07/04(金) 00:23:51.57 ID:SRui2Sh+
>>378
今時の痔の薬も脂分でンコの滑りをよくして穴にダメージを与えにくくするからたぶん塗らないより良いんではないかと思う
以上痔主より・・・

382: 人間七七四年 2014/07/04(金) 21:02:09.91 ID:fhqvaxpJ
今の痔の座薬は滑りをよくするだけでなく他にも色々効能があるだろう。

387: 人間七七四年 2014/07/05(土) 23:34:11.14 ID:I9+BLYfg
江戸時代以前の痔の記録ってホント残ってないね。
加藤清正以外では松尾芭蕉ぐらいか(戦国ではないが)。

実際は沢山いたはずなのに。

388: 人間七七四年 2014/07/06(日) 00:49:57.02 ID:HNw4y60v
>>387
どちらかと言えば恥ずかしい病気だからね
現代でも余程のことがないかぎり、自己申告しないだろ
直接死因になるわけでもないし、基本的に厠のなかの出来事だから誰も知らなかったとかも多いんじゃない?

392: 人間七七四年 2014/07/06(日) 17:34:13.57 ID:HZ1L2Td9
官兵衛以外に梅毒にかかった有名武将は誰がいる?

393: 人間七七四年 2014/07/06(日) 17:40:08.59 ID:GB9m5J8J
加藤清正結城秀康とか

395: 人間七七四年 2014/07/06(日) 21:58:29.59 ID:NlqWOpF2
加藤清正は梅毒で痔か。
この世の地獄だな。

396: 人間七七四年 2014/07/07(月) 00:23:27.93 ID:0lSG9xVp
朝鮮行ってた武将に多かったんだっけ

397: 人間七七四年 2014/07/07(月) 10:16:43.36 ID:vEDDCgr4
そうだっけ?
清正以外に誰がいる>梅毒にかかった朝鮮行ってた武将

398: 人間七七四年 2014/07/07(月) 19:12:22.72 ID:0lSG9xVp
前田利長、結城秀康、浅野幸長…あと大谷吉継も梅毒罹患説あった気が

399: 人間七七四年 2014/07/07(月) 19:18:16.90 ID:0lSG9xVp
あ、利長は行ってないね
権大納言様ごめんなさい

404: 人間七七四年 2014/07/08(火) 20:45:39.21 ID:dDw9uS0l
前田利常は発達障害?それともふりをしていただけ?

405: 人間七七四年 2014/07/08(火) 23:20:12.42 ID:P78WyCVQ
加賀藩は最大の大大名、しかも外様大名。
だから幕府に警戒され改易されるのを防ぐためにバカ殿のふりをしていた:

406: 人間七七四年 2014/07/09(水) 08:28:27.09 ID:KDm1lK6W
なら病気ではないし、むしろ名君だな。

409: 人間七七四年 2014/07/09(水) 21:24:48.44 ID:bYkO1K5E
味方で騙された(本当にバカ殿だと思った)人はいなかったのだろうか。

411: 人間七七四年 2014/07/09(水) 23:33:56.38 ID:b49tTJFu
前田利常って江戸城敷地内で堂々と大便したらしいがそこまでやったら逆に幕府に改易の理由を与えることになりはしないか?

413: 人間七七四年 2014/07/10(木) 11:31:33.41 ID:XaLIDeki
自分の城の敷地内ならバカか変態で済むが、江戸城でやったらねえ・・・

414: 人間七七四年 2014/07/10(木) 20:50:22.96 ID:/YVrMi1n
前田利常って本当に部分的には発達障害だったんじゃないの?
それか精神疾患。

416: 人間七七四年 2014/07/10(木) 22:36:48.95 ID:uTJ1syIW
むしろ漢だな

417: 人間七七四年 2014/07/10(木) 23:42:44.28 ID:dQMNP+xt
命を懸けた芸だもんな

424: 人間七七四年 2014/07/11(金) 23:48:58.64 ID:vdZw8q7v
痔はともかくHIVにはかからなかったのかね

425: 人間七七四年 2014/07/12(土) 00:47:41.59 ID:1v0ewR0m
>>424
それは大丈夫
1981年に海外で発見されたものだから当時HIVはなかった

426: 人間七七四年 2014/07/12(土) 01:15:21.58 ID:Aut2F4Vd
当時は梅毒が今のHIVみたいな位置づけだったのかな。

430: 人間七七四年 2014/07/12(土) 23:19:49.94 ID:8gS3N8lB
性病は他国に伝わるのが早いね。
西洋との交易が始まって直ぐに梅毒も日本に入ってきたし。

432: 人間七七四年 2014/07/13(日) 03:18:48.40 ID:d+Y4FEE8
それだけいつの時代にもスケベが多いということよ

441: 人間七七四年 2014/07/13(日) 23:42:51.46 ID:aTDINOIg
出産で死ぬ女も多かったんだろうな

445: 人間七七四年 2014/07/14(月) 17:06:06.82 ID:QRyz2KJG
出産も命がけだったんだな

446: 人間七七四年 2014/07/14(月) 17:44:56.09 ID:IoD3zbiD
今でもそうだべ

447: 人間七七四年 2014/07/14(月) 19:04:11.01 ID:HAp3Lfxs
>>446
そうなの?
いや、大変なのはわかるけど、出産で死ぬ人は少ないんじゃないかな。
貧困国の事情は知らないけど。

448: 人間七七四年 2014/07/14(月) 19:37:20.86 ID:IoD3zbiD
ウィキペディアに日本の妊産婦死亡率がのってるね
1899年だと十万人中6240人で2011年だと十万中41人になってる
戦国時代なら遥かに高い確率でお亡くなりになってると思う

451: 人間七七四年 2014/07/14(月) 20:33:13.08 ID:ESnTkQ1/
まぁ今は腹を切って赤ちゃんを取り出すって方法があるからね
昔は気張るしかなかったんだろうな…

そう考えると10人以上産んだまつや久保姫がどんだけすごいかわかるな

452: 人間七七四年 2014/07/14(月) 22:58:48.64 ID:FbOi0utP
その割に、有名戦国武将の母や妻で出産時に死んだ人ってほとんど聞かないね。

459: 人間七七四年 2014/07/15(火) 21:54:15.23 ID:N71mJ9LP
>>452
出典知らないが信玄の最初の妻とか

811: 人間七七四年 2014/09/21(日) 20:32:55.63 ID:Saaai+B0
>>459
たしか信玄12歳でヨメが13歳だったな。
昔はあんなに早熟なのか?今で言えば小六と中一なわけだし
幼児出産はリスクが大きすぎなのは今でも同じでしょ
イエメンでそんな事件なかった?

813: 人間七七四年 2014/09/21(日) 21:26:37.47 ID:ccniDfrB
>>811
信玄の最初の妻は出産時に死んだんではなく
他の原因で死んだ時に身ごもっていただけではなかったか?

453: 人間七七四年 2014/07/14(月) 23:33:28.31 ID:yiITgUq9
最上義光の天童夫人が産後になくなってるっぽい
長く生きた人の話の方が残るもんだし知られてないだけじゃね

454: 人間七七四年 2014/07/15(火) 01:30:43.78 ID:pHSjlPlX
景勝の継室も出産後すぐに死んでないか?

自然に産めないケースなんて現代でも1割くらいあるんだから
当時なら母体か子供もしくは両方助からないとかざらにあったんだろうな

486: 人間七七四年 2014/07/19(土) 16:21:45.40 ID:MY1DHLVX
最近某モノマネ芸人が肝硬変で早死にしたけど
肝硬変になった戦国武将はいなかったのかな

487: 人間七七四年 2014/07/19(土) 18:27:02.82 ID:EN8oo98U
蒲生氏郷が肝硬変っぽい

あと加藤清正も晩年は血色が悪くなっていたという情報があり、肝臓か腎臓が機能不全になっていたかもしれない

502: 人間七七四年 2014/07/21(月) 16:57:10.84 ID:ZEd4qf0I
大酒飲みは万病の元だな

503: 人間七七四年 2014/07/21(月) 21:22:03.18 ID:Que7f5iC
謙信の死因も大酒のようなもんだからな

504: 人間七七四年 2014/07/21(月) 22:40:06.69 ID:ncRY7ino
毎晩塩なめながら大酒飲んで脳梗塞じゃ、原因はそれ以外ないだろうな

伊達政宗なんかは二日酔いでどうのこうのとか酒乱で困ったとか
酒で失敗してる書状がけっこう残ってる
こんなに文明も医療も発達したのにどうしてこう酒にのまれる日本人は減らないんだろう

505: 人間七七四年 2014/07/21(月) 23:35:33.03 ID:LYR+4c2Z
むしろ酒にのまれたいんだろ

引用元: ・戦国大名が悩まされた病気について語ろう!




戦国武将のカルテ (角川ソフィア文庫)
篠田 達明
KADOKAWA (2017-02-25)
売り上げランキング: 304,007