51vvB2lQfCL



1: 泥ン ★ 2018/01/09(火) 20:08:44.20 ID:CAP_USER9
「9回特攻に出撃して、9回生きて帰ってきた」人がいます。名前は佐々木友次。作家・演出家の鴻上尚史さんは、92歳の佐々木さんに5回会い、その証言を著書『不死身の特攻兵』(講談社現代新書)にまとめました。鴻上さんは取材を通じ、「志願して死んでいった」という話は、特攻を「命令した側」の見方だったのではないか、と考えました――。

■「命令した側」が作り上げた特攻隊のイメージ

佐々木友次さんの人生を知ることは、特攻隊を理解していくことでもありました。

調べれば調べるほど、「特攻隊とはなんだったのか?」という質問は成立しないと考えるようになりました。

特攻隊は「命令した側」と「命令された側」があって、この両者をひとつにして「特攻隊とはなんだったのか?」と考えるのは無意味だと思うようになってきたのです。

「特攻隊は『志願』だったのか、『命令』だったのか?」という今も続く論争も、この二つの視点を明確にしなければ、意味がないと考えるようになりました(佐々木友次さん達『万朶隊』(※)は明確に「命令」でしたが)。

※編注:佐々木さんは日本陸軍の特攻隊『万朶隊』の第一回出撃隊に選ばれた。

『神風特別攻撃隊』という戦後、ベストセラーになった本があります。大西瀧治郎中将の部下であり、海軍の特攻を命じた中島正、猪口力平の二人が書いたものです。

英語にも翻訳され、世界に「カミカゼ」のイメージを伝えました。「積極的に自分から志願し、祖国のためににっこりと微笑んで出撃した」という、今も根強いイメージです。

それには、第2章で紹介した関行男大尉が海軍第一回の特攻隊長に指名された時の様子が描写されています。

深夜、寝ているところを士官室に呼ばれた関大尉に対して、所属部隊の副長である玉井浅一中佐は、肩を抱くようにし、二、三度軽くたたいて、現在の状況を説明し、

「『零戦に250キロ爆弾を搭載して敵に体当たりをかけたい(中略)ついてはこの攻撃隊の指揮官として、貴様に白羽の矢を立てたんだが、どうか?』

と、涙ぐんでたずねた。関大尉は唇をむすんでなんの返事もしない。(中略)目をつむったまま深い考えに沈んでいった。身動きもしない。―一秒、二秒、三秒、四秒、五秒……

と、かれの手がわずかに動いて、髪をかきあげたかと思うと、しずかに頭を持ちあげて言った。

『ぜひ、私にやらせてください』

すこしのよどみもない明瞭な口調であった」

陸軍の『万朶隊』のように、いきなり体当たりを命じられてはいません。

これを「志願」という人もいるかもしれません。けれど、厳しい階級社会の軍隊において、中佐という二階級上の上官から「涙ぐまれながら」「どうか?」と言われて断るのは本当に難しいと思います。

ところが、1984年、戦後40年近くたって、この夜のやりとりが猪口・中島の書いた嘘だと判明します。

のちに、僧侶になった元副官の玉井氏が、関大尉の中学時代の同級生に対して、「関は一晩考えさせてくれ、といいましてね。あの日は豪雨で、関は薄暗いローソクの灯の下で、じっと考え込んでいました」と証言していたのです。

また、『特攻の真意 大西瀧治郎はなぜ「特攻」を命じたのか』(神立尚紀 文春文庫)には、同じことを猪口参謀が大西中将の副官だった門司親徳氏に戦後、話したと書かれています。

「一晩考えさせてください」と答える関大尉に、玉井中佐は、編成は急を要する、できれば、明日にも、敵機動部隊が現れれば攻撃をかけねばならない。と、重ねて、大西長官の決意を説明し「どうだろう。君が征ってくれるか」とたたみかけたのです。

そして、関大尉は、「承知しました」と短く答えました。

これは、「志願」のふりをした「強制」です。いったん、ふりをするだけ、余計に残酷だと感じます。

■『神風特別攻撃隊』の多数の欺瞞

『神風特別攻撃隊』では、他の隊員の志願に関しても、嘘が書かれています。

初めて隊員達に特攻の志願を募った時を、猪口参謀は次のように描写しています。

続きはソース
http://president.jp/articles/-/24135








:2 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:09:36.79 ID:PEbtx+4T0
渡邉恒雄 特攻に行くのは、最初は長男は許された。長男はいい、次男はいけ、というわけだ。
それがそのうちに長男も次男もなくて、志願するものは一歩前へ出ろ。一歩前へ出ると、それはもう明日には死ぬわけだ。

出ないやつは助かるが、あとでボコボコにやられるわけです。それで、そんなにやられるならおれも一歩前だ、と出る。
勇んで行くどころか、皆首を垂れ、うなだれたような悲哀を感じさせる姿としか思えなかった。

田原 お国のためとか、天皇のために、特攻に出たんじゃない。

渡邉 とんでもない。ほとんど暴力による強制です。この間、僕は政治家たちに話したけど、NHKラジオで特攻隊の番組をやった。
兵士は明日、行くぞと。その前の晩に録音したもので、みんな号泣ですよ。

うわーっと泣いて。死にたくないって。戦時中、よくこんな録音を放送できたと思う
特攻隊の死ぬ前の晩の声。勇んでいって、靖国で会いましょうなんか信じられているけど、ほとんどウソです。

田原総一朗責任編集『オフレコ!』(アスコム)2005年 Vol.1 
5: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:11:05.40 ID:OsHXi3HP0
皆が一歩下がればいいじゃん

895: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 21:25:20.67 ID:7U89uUik0
>>5
そんなことできる訳ないだろ。
本人のみならず家族も下手したら村八分になるんだからさ

7: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:12:10.12 ID:HGbeu6mv0
特攻の前の晩は飲み明かし、酔ってフラフラで飛び立った奴も多い。
行くのを嫌がって、無理やり引きづらて行ったやつも少なくない。

まぁ、大半は諦めの境地だったろう。正義と思ってた奴なんて極めて少数。

14: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:14:35.03 ID:b2nCi7RN0
結局個人を大事にしない社会が続いている
日本人は公というなの圧力に常に負けているし、公で誰かをつぶしてるのかもしれない

27: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:16:28.80 ID:pLbUDrH+0
特攻隊望んで死んだわけないよ。
どれほど辛かったか。

31: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:16:43.40 ID:IdkxoxSn0
本気で志願した人、逃げ損ねた人、同調圧力に負けた人。
上官の煽て(もしくは情)に乗ってしまった人、上官のパワハラに負けた人 等々・・・

そりゃ色々居るだろうよ。
似た様な事は今の世でもあるからな。

32: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:16:50.11 ID:b2nCi7RN0
出征も都市部のやつらは明確に嫌がってたし、それをオープンにできてた
都市は近所付き合いが希薄だったから
村だとそうはいかない
兵士の手記でも家族が村八分にならないために死ぬのだとあるからな

38: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:17:52.79 ID:8w0YdLY50
年寄りになれば記憶が曖昧になる
主義主張が変わる事だってある
特攻にせよ731にせよ南京にせよ
本当はどうだったのか正直わからん

そして最初から決めつける人間には警戒したほうがいいぞ若者よ

41: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:18:01.75 ID:Lrt1wvct0
特攻も酷いけど日露戦争の要塞突撃の方が更にヤバいだろ
数十メートル先に機関銃と電気鉄線と陥穽が待ち受ける中小銃と爆弾だけで躊躇なく突っ込んでいった昔の日本人凄すぎ

94: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:24:46.73 ID:pzYoR2th0
>>41
映画203高地って日本戦争映画でも、最高峰だろな。再放送しないのが不思議なくらい。

265: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:43:53.86 ID:MXA1QvhQ0
>>41
士官学校出の若い将校だと教わった通り日本刀抜いて突撃!言うから
古参兵達は速攻で将校から離れたって話もあるな

43: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:18:29.44 ID:BXTFLiqw0
死ぬのわかってるのに本音は泣きたいに決まってるだろ

46: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:19:03.44 ID:0XYOHkCa0
どんな気持ちで特攻を遂行したのか、散華された方々の遺書を読めばわかる。
人それぞれだよ。

51: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:19:41.97 ID:nIbFzLlU0
>>46
遺書なんて余裕で検閲入ってるっしょ
本音なんて書こうもんなら破り捨てられるわ

90: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:24:23.28 ID:0XYOHkCa0
>>51
君は多くの遺書を読んだことあるのか?
軍の検閲はあるだろうが、それとなく批判しているのもあるぞ。
例えば「自分は一つの歯車に過ぎないのだろうか」とかね。

384: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:52:32.75 ID:bEBZ4A3q0
>>51
検閲はたしかにあったけど、この人の話ではみんな外の郵便局からだしていたみたい。
軍事郵便をつかうのは情弱だとw

他にもいろいろとイメージが違う話がいっぱいあるので、ぜひ

元特攻隊員だけどなにか質問ある? 
http://news.livedoor.com/article/detail/8397515/


47: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:19:07.01 ID:LMesrab00
>>1
今も昔も「日本」は一枚岩ではなかったと思う。
日本軍にも、尊敬すべき人もいれば糞もいただろう。

65: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:21:29.50 ID:IAZc7Ehj0
上官によるだろ
としか

70: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:21:57.80 ID:pzYoR2th0
問題は殆んど効果無いのにも関わらず、面子の為に強行した連中だろ。腐った公務員体質が、一番最悪。

77: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:23:19.64 ID:FUfAxkmQ0
戦って死んで来いと命令されるなら、兵隊としていくらでも戦ってやる。
けど、最初から死ぬしかない戦いに命を掛けて望めるわけねえだろ。
とか、元特攻隊が言ってたような。

79: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:23:31.34 ID:LIjyskhJ0
特攻志願者は前もって上官に根回しされてた説が濃厚
予科練入隊者も各中学に「何人出してくれ」って要請があって
停学とか食らってる不良学生が教師に説得されて行ったって話がある
戦中に中学生だった小松左京の「やぶれかぶれ青春期」で読んだ。

82: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:23:43.63 ID:IxYdRNXH0
お国のために命をささげていた当時の戦士たち
会社のために人生をささげている今の企業戦士たち
似たようなもんだ
日本という国は他のために自らを犠牲とすることを美徳とする不思議な国だ

85: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:24:05.66 ID:n5fcYCRR0
「死ぬのが怖くなったらどこかの島へ不時着しろ」と
上官に言われたのも史実ですわ

91: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:24:27.78 ID:qOhI0eNJ0
どうせ真実は星の数ほど存在する

92: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:24:37.94 ID:M1BrhMRx0
きけわだつみの声とか読むと、上官に毎日殴られたとか書いてるよな
理由無く殴られ続けると頭がおかしくなるとか書いてあった

93: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:24:41.65 ID:9EGKxMQl0
上司は戦後もちゃんと生きてるけどな

114: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:27:25.61 ID:pzYoR2th0
>>93
旧軍の士官とか武装解除後も、拳銃とか小火器隠し持ってたの見ると、部下のお礼参り対策だったんだろうかね。

98: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:25:50.04 ID:BjJ7Kbe10
サービス残業は、従業員が勝手にやっている

390: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:53:05.08 ID:qEHp4Jco0
>>98
これ

99: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:25:57.56 ID:BCZjC1bK0
なんで嫌だった人しかいなかったか、喜んで行った人しかいなかったとか、どっちかしか
いなかった設定にしたいの?
何千人といるんだから色んな人いるだろ
死にたくはないけど自分の技量では特攻しかないと諦めた人の話も読んだし、怖くて震えて
実際にはわざと不時着した人の話も読んだ覚えがあるよ
死ぬのは嫌だけど自分の命で家族を守れるなら仕方ないなってところが殆どじゃないかな

121: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:28:30.44 ID:yC45C6qv0
まぁ、硫黄島あたりで死ぬか特攻隊で死ぬか選べるなら俺も特攻隊で死ぬ方を選ぶな

123: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:28:51.51 ID:DXxmVycg0
戦争の最後ら辺になると、もう良い司令官がいない状態だったと思うんだよね
どこで撤退して、どこで降伏するべきかと言う、基本的なラインもわかっていないからね
女子供が犠牲になった沖縄だけれども、普通はもう降伏しか考えられないからね

132: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:30:05.84 ID:p7xbH41A0
特攻隊には頻繁にスポットが当たるけど飛び石作戦で孤立させられた孤島で餓死病死していった将兵達にはまったくスポットが当たらないよね
やっぱりあれか、死んでもなおエリートの命の方が取り扱う価値があるとかそういうことか?

138: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:31:01.77 ID:Q5tLNW9/0
ならば今度戦争になった時は特攻なんかしなくても勝てるように、平時から充分な軍備を整えておかなきゃな。

214: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:39:44.66 ID:BCZjC1bK0
>>138
その通り!
決死じゃなくて必死の作戦なんてしなくていいように備えるしかないよ

146: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:31:42.04 ID:Lrt1wvct0
どんな感情で死んでいったんだろうな
恐怖や絶望なんて世界超越してたんじゃないか

168: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:34:29.56 ID:wt9rS6uD0
狂信的な愛国者も居たけど
行きたくない奴が多かったろうな。
生存率が半分でも、めちゃくちゃな作戦なのに
ゼロに近い作戦だもんな。
ドイツでも、自爆攻撃が実施されたけど
ヒトラーとか、高官が中止させている。

183: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:36:16.50 ID:8mQgcRCU0
偉い人はうちはこんなにも志願者が居たどうだ
とやりたかっただけ
そして下っ端は命令に逆らえない

195: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:37:28.52 ID:M1BrhMRx0
せっかく育てた優秀なパイロットを無駄に死なせるつもりか、
と反対した人も一応いたらしいね

207: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:38:48.79 ID:WbyirZFL0
部下に命じた上官は全員腹を切るべきだったな
仕返し恐れてビクビク暮らした奴もいたらしいがとんでもない卑怯者だ

217: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:39:49.90 ID:49/mnyCx0
断れないだろ志願とか強弁だよ
それでも最後は国や母や妻の為と自己暗示をかけて死んでいったんだと思うわ

219: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:40:10.23 ID:tIOkFt0I0
坂井三郎の談話で
上官に強要されて泣いている搭乗員を見たとあったなぁ

273: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:44:23.08 ID:wke7cA4q0
>>219
大空のサムライの記述だったと思うが
「部隊から特攻隊を出すと司令官が言ったら部隊の士気が一気に下がった」
「皆戦って死ぬのは怖くないが、ここまで何年も培ってきた自分の操縦技術をたった一度の特攻で使い捨てないといけないのが本当に悔しい」
と悔し泣きするのもいたとか

255: 名無しさん@1周年 2018/01/09(火) 20:43:19.27 ID:oErz2FXX0
行きたくないのに命令されて仕方なく行った人が大半だろうし、それが正常だと思うけど、国のために犠牲になったのだから、せめて感謝して讃えてあげたいと思うわ
まあ、もちろんもうこのような特攻はやるべきじゃないけど

引用元: ・【歴史】特攻隊員は「志願して死んでいった」のか 上官は「必ず死んでこい」と言った




不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)