1: 泥ン ★ 2018/01/11(木) 19:10:35.94 ID:CAP_USER9

英海軍ロバート・メイナード中尉率いる艦隊によって殺される直前の黒ひげを描いた油絵。
no title

海賊「黒ひげ」の旗艦クイーン・アンズ・リベンジ(アン女王の復讐)号から発見された紙片と、紙片の出所であることが判明した本との比較画像。
no title


 
悪名高きカリブの海賊「黒ひげ」。その旗艦に乗り組んでいた18世紀の男たちは、どうやら読書を楽しんでいたらしい。

難破した「クイーン・アンズ・リベンジ(アン女王の復讐)」号から回収された紙片が、1712年に出版された英海軍のエドワード・クック大佐の著書『A Voyage to the South Sea, and Round the World, Perform’d in the Years 1708, 1709, 1710 and 1711(太平洋および世界一周の航海、1708、1709、1710、1711年に遂行)』の一部であることがわかった。

米歴史考古学協会の年次学会で、クイーン・アンズ・リベンジ(QAR)保存研究所が発表した。

■紙片に記されていたヒント

クイーン・アンズ・リベンジ号は、1718年に現在の米ノースカロライナ州ビューフォート沖で座礁し、黒ひげはその数カ月後、英海軍との戦闘によって命を落とした。海に沈んだ黒ひげの旗艦は、1996年に民間の調査会社によって発見され、その1年後、ノースカロライナ州自然文化財課による調査が開始された。

QAR保存研究所の修復・保存作業員であるエリック・ファレル氏によると、件の紙片は、2016年に行われた洗浄・保存作業の最中に大砲の薬室から見つかった。濡れたボロ布にくるまれていたという。火薬で黒ずんだ紙は、大砲の砲口を保護するための栓にかませる詰め物として使われていた可能性がある。

全部で16枚ある紙片は、どれも25セント硬貨(直径約24ミリ)より小さく、そのうち7枚には文字が記されていた。修復作業者がこれを丁寧に開いてみたところ、重なりあった複数の紙のテキストがどれも同一方向に沿って書かれていたことから、これは一冊の本から切り取られたページの一部と推測された。 


(以下略)


全文は
ナショナル ジオグラフィック日本版 2018.01.11 
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/011000006/ 

悪名高き黒ひげの船、クイーン・アンズ・リベンジ号が米ノースカロライナ沖で発見されたニュースは世界からの注目を集めた。2011年には重さ1トンの大砲が引き上げられた。 
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/gallery/011000101/01.jpg 
クイーン・アンズ・リベンジ号から回収された剣の柄。 
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/gallery/011000101/02.jpg 
クイーン・アンズ・リベンジ号から回収された18世紀の鉄製の掛け金。 
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/gallery/011000101/03.jpg 
クイーン・アンズ・リベンジ号から見つかった皿とスプーンからは、18世紀初頭の海賊たちの食事の様子がしのばれる。 
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/gallery/011000101/04.jpg 
クイーン・アンズ・リベンジ号の錨が乾かないように水をかけつつ、保存用タンクに水を貯める保存・修復担当者。 
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/gallery/011000101/06.jpg 
黒ひげ支配下の海賊たちが戦闘で使用していた散弾。クイーン・アンズ・リベンジ号から最近見つかったもの。 
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/gallery/011000101/07.jpg 
クイーン・アンズ・リベンジ号から回収されたコルク付きのボトルの破片。 
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/gallery/011000101/08.jpg 







5: 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 19:21:25.18 ID:mpqyU9bl0
>>1
久々にアサシンクリードがやりたくなったぜ

6: 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 19:28:25.69 ID:osIBcUFk0
エドワード・ティーチだっけか

7: 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 19:28:42.34 ID:ZvGw4bjh0
えっ!
あの「自分以外の全員が犠牲になった難破で岸辺に投げ出され、アメリカの浜辺、オルーノクという大河の河口近くの無人島で28年もたった一人で暮らし、最後には奇跡的に海賊船に助けられたヨーク出身の船乗りロビンソン・クルーソーの生涯と不思議で驚きに満ちた冒険についての記述」の元ネタがっ!(定番

16: 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 21:23:12.39 ID:+Ie0JUkl0
>>7
初版タイトルがラノベより長いw

8: 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 19:29:04.26 ID:/c/i5W2c0
夢があっていいねぇ

9: 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 19:31:02.59 ID:n2c4Q8P50
黒ひげの船員がクックの本読んでたとか結構ロマンあるな

11: 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 19:35:26.93 ID:cWEJuj8g0
樽から飛び出して柄杓でキャッチされる人か
250px-Popuppirate

12: (,,゚д゚)さん 頭スカスカ 2018/01/11(木) 19:59:29.50 ID:TRbIRoI50
さて 波瀾万丈の生涯のあとノースカロライナ州でクビ切られた
黒髭海賊船長ですが、ノースカロライナには長く幽霊伝説が残りますた
「オレのクビはどこだー」とさまようクビ無し霊と出くわしたら
「声はあっちの方で聞こえたよ」というと礼をして立ち去ったそうです

13: 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 20:00:19.06 ID:zDwJYgDU0
ほんとに居たのかよ

15: 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 20:08:03.84 ID:mpqyU9bl0
>>1
おおかた奪った積み荷の本を
ティッシュ代わりに使ってたんじゃないかな?

引用元: ・【歴史】悪名高きカリブの海賊「黒ひげ」が読んだ探検本?沈没船「アン女王の復讐」号から発見 ロビンソン・クルーソーの元ネタも収録



ロビンソン・クルーソー (岩波少年文庫)
ダニエル・デフォー
岩波書店
売り上げランキング: 183,794