1: 泥ン ★ 2018/01/17(水) 18:11:53.75 ID:CAP_USER9
会津若松市に寄贈された会津藩士・山川浩の資料=会津若松市で
no title

福島県会津若松市に寄贈された会津藩士・山川浩の資料=福島県会津若松市で2018年1月16日、湯浅聖一撮影
http://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/01/17/20180117k0000m040135000p/9.jpg

会津藩士で「会津の知将」と称された山川浩(1845~98年)ゆかりの品が16日、会津若松市に寄贈された。戊辰(ぼしん)戦争勃発の一戦となった1868年の鳥羽伏見の戦いの敗走中、熱病にかかった山川を手厚く看護した和歌山県御坊市の中野家が所有していた資料で、会津若松市の担当者は「会津藩士が苦労して江戸の会津藩邸に帰還したことを具体的に表す貴重な資料」と評価している。今春に一般公開する予定だ。【湯浅聖一】


(略)


寄贈された資料は、山川が明治政府の役人などになっていた82~89年に中野家の恩義に報いようと、吉右衛門に宛てた感謝の手紙や九谷焼の大皿など9点。山川が学事巡視で和歌山に再訪した際に土産として贈った会津塗りのわんや、大水害時の見舞状などが含まれている。


(以下略)


全文は
http://mainichi.jp/articles/20180117/ddl/k07/040/280000c?inb=ra







Hiroshi_Yamakawa


山川 浩


山川 浩(弘化2年11月6日(1845年12月4日) - 明治31年(1898年)2月4日)は、日本の武士(会津藩士)、陸軍軍人、政治家。

戊辰戦争では、鳥羽・伏見の戦いを経て江戸、会津へと転戦するなど、若年寄として戦費調達や藩兵の西洋化などに尽力した。日光口の戦いでは、土佐藩の谷干城が率いる部隊を相手に巧妙に戦うも敗北、会津西街道の藤原まで撤退した。しかし藤原では追撃してくる敵軍を敗走させた。その後、敵軍は中村半次郎が来るまで(日光口からは)会津に突入することは出来なかった[3]。会津戦争では、既に包囲された会津若松城に入城できなかったため、会津地方の伝統芸能・彼岸獅子を先頭で舞わせながら入城するという離れ業を演じた。籠城中は防衛総督として勇戦するも、落城して妻・トセも爆死している。

戦後は禁固謹慎に処せられ、明治3年(1870年)には斗南藩大参事に就いたものの、藩の実収は少なく藩士の生活も困窮し、自身も妹・咲子(捨松)を函館へ里子に出すなどの苦労を重ねている。




3: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 18:13:07.75 ID:O4FvHmBn0
ち、知将・・

13: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 18:23:41.98 ID:Qm/FbeNu0
知将っぽいエピソード書けよ

18: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 18:31:53.54 ID:BXLdFmsX0
>>13
藤原の戦いで新政府軍に勝利
彼岸獅子を舞いながら入城という離れ業で新政府軍に包囲された会津若松城に入城

14: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 18:24:36.88 ID:j33i1s2MO
水戸、尾張、紀州の徳川親藩より、会津、桑名、讃岐などの松平家の方が幕府に忠実だったのは皮肉

16: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 18:27:18.22 ID:H5p0Z2Y00
しかも会津藩主の祖父は水戸藩出身
なのに

皮肉だな水戸藩は尊王側、会津は
佐幕に

21: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 18:37:43.78 ID:5xTItstj0
いい話だなあ。

25: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 18:46:45.32 ID:NRbxBC0R0
八重の桜で玉山鉄二が演じてたな

29: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 19:10:13.59 ID:KWQdl9Cq0
会津の将校なら柴五郎の方が凄いけどね

33: 名無しさん@1周年 2018/01/17(水) 21:40:01.53 ID:KWQdl9Cq0
中島誠之助がアップをはじめました

引用元: ・【歴史】「会津の知将」貴重な資料 会津藩士・山川浩ゆかりの品 和歌山・中野家、福島・会津若松に寄贈




逆風に生きる―山川家の兄弟
中村 彰彦
角川書店
売り上げランキング: 466,956