51X11AHEZAL



1: 世界@名無史さん 2017/01/25(水) 17:41:34.26 0
グダグダ宗教戦争フス戦争について語るスレです。






Matejko_Battle_of_Grunwald


フス戦争

フス戦争は、15世紀に中央ヨーロッパで起こった戦争。ヤン・フスの開いたキリスト教改革派のフス派(プロテスタントの先駆)の信者(ボヘミアとポーランドを中心とする)と、それを異端としたカトリック、神聖ローマ帝国の間で戦われた。

1419年、第一次プラハ窓外投擲事件を契機としてフス派戦争が始まった。ハンドキャノンの伝来により、フス戦争はヨーロッパ史最初の火器を使った戦いと言われる。
1420年代初頭にヤン・ジシュカの生み出した、手銃を戦車(Tabor、Wagenburg、pl、馬車の一種)とともに活用する戦術によって、当時の騎士による突撃戦術を完膚なきまでに打ち破った。

1434年、ボヘミアのフス派の間では内部抗争が起こり、リパニの戦いで大プロコップと小プロコップが率いたターボル派がウトラキストいう派閥によって壊滅させられ、皆殺しになった。
さらに1439年、ポーランドでは既に王が代替わりしてヴワディスワフ3世となっていたが、フス派の略奪行為に手を焼いていたポーランド王国政府はついに本格的な一斉取り締まりに乗り出し、グロトニキの戦いでポーランドにおけるフス派を壊滅させた。
これによってフス戦争はすべて終わった。




3: 世界@名無史さん 2017/01/25(水) 18:25:06.99 0
ボヘミア地域の潜在力は凄いんだよな
ww2後はひどく地味な歴史をたどっているが

10: 世界@名無史さん 2017/01/26(木) 10:53:28.48 0
ジシュカが居なけりゃ即効で終了してたんじゃないか

220px-Jean_Ziska_10


ヤン・ジシュカ


ヤン・ジシュカ(1374年 - 1424年10月11日)は、ボヘミアで1419年から起ったフス戦争の英雄。1420年、迫害を逃れてきたフス派の民衆をボヘミア南部の山中に集めて城塞都市ターボルを建設し、フス派の中でも急進派といわれたターボル派を結成した。

ジシュカが作り出したターボル派の軍は、信仰に基づく厳格な軍紀とマスケット銃や戦車などの新兵器によって無類の強さを発揮し、ジギスムントの神聖ローマ帝国軍やフス派撲滅のための十字軍も、ジシュカの前に何度も大敗を喫した。


11: 世界@名無史さん 2017/01/26(木) 17:43:02.58 0
宗教改革など起こさずカトリック側から正すべきだったよな。なんの成果も出せず犠牲多すぎる

12: 世界@名無史さん 2017/01/27(金) 01:52:46.53 0
チェコ人窓から人投げすぎ(・ω・`)

13: 世界@名無史さん 2017/01/27(金) 20:13:07.91 0
乙女戦争って事実に忠実なのかな?

14: 世界@名無史さん 2017/01/27(金) 20:34:13.62 0
>>13
相当潤色してる。ただ、大幅に潤色した所は、作者が「漫画ではこうですが史実は…」と単行本後書きで解説してる。

16: 世界@名無史さん 2017/01/29(日) 00:47:06.79 0
高校でやった世界史でのフス戦争ってさー
いきなりフスが異端審問で火刑に処されましたから始まってすげー暗いんだもの
ヤン・ジシュカっていう天才が火砲を活用した先進的な戦術を云々は無くて
農民を主体とした人が立ちあがって~中略~長引いたってイメージ

そもそもからして農民反乱=一揆みたいなイメージで貧乏くさくて暗いのに、更には宗教がらみ
長引いたってのも農民が強かったからじゃなくて軍隊が無能だったからみたいな印象を抱く
高校世界史的にはその後の宗教改革の方が重要で、フス戦争はその踏み台みたいな扱いじゃない?

17: 世界@名無史さん 2017/01/29(日) 03:33:27.08 0
ただの踏み台として一顧だにされないのが、フス戦争で犠牲となったボヘミアの人々なんだよな…これでは浮かばれない

18: 世界@名無史さん 2017/01/29(日) 07:02:00.71 0
たった一撃で既存の宗教体制を覆せるわけがない。
何度も失敗してようやく事は成る。
失敗がなければ成功に辿り着けない。

19: 世界@名無史さん 2017/01/29(日) 14:10:24.47 0
ひょっとして1世紀ほど前のスイス独立戦争にも心を焚き付けられたのかな

23: 世界@名無史さん 2017/02/02(木) 22:46:00.42 0
改革者フスと隻眼の傭兵ジシュカ・・

ジシュカの組織したフス派軍は圧倒的な実力を誇り、五度に渡る十字軍との戦いもすべて勝利を収める。しかし、これ以上の戦禍の拡大を懸念したウトラキスト派によるターボル派の粛清により思わぬ形で戦役は終結した。
虐殺を逃れた一部のターボル派は信仰を捨て無神論を掲げる傭兵集団「黒衛軍」を結成。
彼らはその実力と黒色に統一された武装から「漆黒の悪魔」と呼ばれ再び戦場に威名をとどろかせることになる。

これほど厨二ロマンにあふれてて、且つ、手あかのついてないおいしい素材ってないよね。
ジャンヌ・ダルクやヴラドとの絡みもあるし。

24: 世界@名無史さん 2017/02/02(木) 23:06:01.35 0
ジャンヌダルクはイングランドとの戦争が終わったら対フス派の十字軍に加わろうと考えてたんだっけ?
自分自身がフスのように異端として焼かれるとは夢にも思わなかっただろうな

25: 世界@名無史さん 2017/02/03(金) 01:05:15.83 0
ジシュカは討伐される前に病気で死ぬからなー
歴史的には病死の方が多いんだが、物語的には面白くないポイント

28: 世界@名無史さん 2017/02/03(金) 22:23:49.45 0
討伐される前に病気で死ぬから物語的においしいんだろ
アレクサンドロス、項羽、本多忠勝など誰も討ち取れない無敗の英雄は最後は病死か自害がお約束

判官贔屓が受けるの何て団塊あたりのジジイぐらい
最近はTUEEEE系のほうが受けがいいんだよ

27: 世界@名無史さん 2017/02/03(金) 22:11:31.09 0
アンドレアス・プロコプ
http://www.h7.dion.ne.jp/~sankon/2ch/history/s04/4923.htm
※リンク切れ

アンドレアス・プロコプ(???~1434)フス派全軍司令官・孤児団指導者

プロコプは、ヤン・ジシュカの後継者の名に恥じない優れた軍事指導者でした。
フス派軍の全軍を「孤児団」式に再編成し、彼が指揮を取らない戦場でも勝利できる軍隊を作り上げました。
そして、「偉大なる遠征」では彼の本軍も、別働隊も連戦連勝を重ねました。
彼の命令を無視して、暴走した軍ですら、勝ち続けました。

29: 世界@名無史さん 2017/02/03(金) 22:46:55.09 0
名前があまりかっこ良くない

30: 世界@名無史さん 2017/02/04(土) 10:30:05.13 0
ボヘミア宗教戦争の方がいいよな

32: 世界@名無史さん 2017/02/18(土) 11:40:55.85 0
フスが参加していないフス戦争

34: 世界@名無史さん 2017/02/19(日) 09:23:40.92 0
ヤン・ジシュカがどの程度までフスの教えを信じていたのか、心から信じていたのか、単に飯のタネとして利用したに過ぎないのか、そのへんの理解の仕方によって、この戦争の印象は大きくかわるね。

36: 世界@名無史さん 2017/02/23(木) 23:29:08.56 0
>>34
フスは野心だらけのニューリーダー病、ジシュカはフスを利用したけどザヴィシャ助けたり宗教でなにかしら変わった面はある。

39: 世界@名無史さん 2017/03/24(金) 21:09:48.79 0
ウトラキストのイジー・ス・ポジェブラトも最終的には教皇に嫌われたり王位を娘婿のマーチャーシュ・コルビヌスに簒奪されたりして失意のうちに白血病で死ぬからな。
ターボル(急進派)のジェシカの方がよかったのかウトラキスト(穏健派)のポジェブラトの方がよかったのかようわからん。

40: 世界@名無史さん 2017/03/28(火) 19:42:58.85 0
世界史上の戦争でフス戦争とヴァンデ戦争ほど暗くて陰惨な戦争は他にない

43: 世界@名無史さん 2017/04/14(金) 23:36:28.77 0
大砲を用いた機動戦術を広めたのがグスタフ2世アドルフとか言われるけど
ヤン・ジシュカのやった火砲運用って同時代とそれ以後に大きな影響あった?

51: 世界@名無史さん 2017/04/30(日) 21:39:26.73 0
>>43
影響があった、どころの騒ぎではない。
火砲の優位を実戦で示し、騎士階級の凋落を決定づけた世界史上 超重要なイベントだよ。フス戦争というのは。

101: 世界@名無史さん 2017/12/21(木) 16:57:29.93 0
>>43
荷車組んで火器運用のための防御陣地作るってのはその後の戦争でもよく使われてる

44: 世界@名無史さん 2017/04/17(月) 21:21:21.85 0
のちにヤン・イスクラがマーチャーシュ・コルビヌス王の配下になるというのが実に面白いな

220px-Mikoláš_Aleš_-_Jan_Jiskra_z_Brandýsa


ヤン・イスクラ


ヤン・イスクラ(1400年 – 1469年)は、ハンガリー王国の武将。傭兵部隊『黒軍』の指揮官で北部ハンガリー(現在のスロヴァキア、当時はハンガリー領だった)一帯の実質的支配者だった。ボヘミア出身。フス派の急進派に加わりフス戦争に従軍。急進派が穏健派によって滅ぼされた1434年のリパニの戦いでは、生き残り部隊を率いて北部ハンガリーまで逃げ延び部隊の名を黒衛軍と変えて傭兵部隊にした。


マーチャーシュ1世(1443年2月23日 - 1490年4月6日)は、ハンガリー王(在位:1458年 - 1490年)。ボヘミア王(対立王)でもあった(在位:1469年 - 1490年)。「正義王」の異名がある。王軍を常備軍として設置し、中央集権化を進めて、中世ハンガリーの最盛期を築いた。ルネサンス文化を奨励したことでも知られる。


48: 世界@名無史さん 2017/04/28(金) 11:07:07.76 0
ヤン・ジシュカ率いる「フス派の戦車」ってこんな感じだったの?


no title

50: 世界@名無史さん 2017/04/30(日) 16:47:22.66 0
そんな感じでしょう。プラモ化したら戦車ファンの人気を博すと思われ。


no title

52: 世界@名無史さん 2017/04/30(日) 23:45:57.96 0
チェコはスイスみたいなポジションだろうか
技術の高さと守りの固さは相当

54: 世界@名無史さん 2017/05/03(水) 18:52:31.29 0
>>52 
ボヘミア要塞は伍長閣下でも攻撃をためらったくらいだからな

55: 世界@名無史さん 2017/05/03(水) 20:50:31.23 0
ヴェンツェル皇帝ってフス戦争の知らせを聞いてショック死したらしいが

ヴェンツェル (神聖ローマ皇帝)(1361年2月26日 - 1419年8月16日)は、ルクセンブルク家第3代のローマ王(ドイツ王、在位:1376年 - 1400年)。ボヘミア王(在位:1378年 - 1419年)、ブランデンブルク選帝侯(在位:1373年 - 1378年)、ルクセンブルク公(在位:1383年 - 1388年)。

暗愚で数々の失政を犯したためローマ王を廃位され、ボヘミアでも貴族層の対立で王権を弱体化させルクセンブルク家の衰退を招いた。神聖ローマ帝国全体より自領ボヘミアの統治に力を入れフス派を庇護したこともボヘミアの孤立をもたらし、ボヘミアが戦場となるフス戦争の遠因となった。

56: 世界@名無史さん 2017/05/05(金) 18:48:13.10 0
世界史によく出てくる「憤死」ってやつだな

57: 世界@名無史さん 2017/05/05(金) 18:55:00.48 0
脳溢血か心筋梗塞かな・・・ストレス溜まってたんやろか

58: 世界@名無史さん 2017/05/05(金) 19:19:22.88 0
脳梗塞もあり得る

59: 世界@名無史さん 2017/05/05(金) 20:01:29.16 0

91a37b17e8521878ae2b

ベツレヘム礼拝堂で説教をするヤン・フス師

15世紀にボヘミアとモラヴィアからはじまった宗教改革の偉大な指導者ヤン・フスによる説教の様子が描かれている。
弟子のみならず、国王ヴァーツラフ4世の妻、王妃ゾフィーさえもプロテスタント運動の先駆者フスの言葉に耳を傾けた。

1916年 テンペラ、油彩/カンヴァス 610×810cm
200px-Jan_Hus


ヤン・フス


ヤン・フス(1369年頃 - 1415年7月6日)は、ボヘミア出身の宗教思想家、宗教改革者。ジョン・ウィクリフの考えをもとに宗教運動に着手し、ボヘミア王の支持のもとで反教権的な言説を説き、贖有状を批判し、聖書だけを信仰の根拠とし、プロテスタント運動の先駆者となった。カトリック教会はフスを1411年に破門し、コンスタンツ公会議によって有罪とされた。その後、世俗の勢力に引き渡され、杭にかけられて火刑に処された。


60: 世界@名無史さん 2017/05/06(土) 10:36:01.90 0
ヤン・フスって自分が宗教の支配者になりたいニューリーダー病のボケじじいだろ

63: 世界@名無史さん 2017/05/14(日) 04:01:27.42 0
ヤン・フスは異端者じゃなくて世界に迷惑かけすぎで天変地異だろ

64: 世界@名無史さん 2017/05/14(日) 09:56:02.84 0
ローマを中心としたカトリックの教義と施策は、場当たりで恣意的な解釈が積り積もって、ツッコミ所が次第に増えていった。またその教義を根拠として、地域からカネを吸い上げてローマに送るシステムも政治力学の実情からどんどん乖離していった。

それがこの時代に安息角を超えて、あちこちで雪崩を起こすようになる。各地に宗教改革者が出てくるのは力学的に見て当然の現象だったんだ。片々とした個人が時代を変えたというより、時代がそういう人々を生んだんだね。

67: 世界@名無史さん 2017/06/15(木) 21:55:43.74 0
>>64
場当たり的の何も公会議をしているだろ。

69: 世界@名無史さん 2017/07/01(土) 22:52:40.64 0
>>67は、公会議で何かカトリックが改革されたと思っているらしい。
何の役にも立たない、ただの内輪もめだというのに・・・

65: 世界@名無史さん 2017/05/23(火) 18:18:30.03 0
宗教紛争とはいっても、本質はドイツ支配に対するチェック人の民族闘争だから、ベーメンの枠を超えて広がることができなかったな。

71: 世界@名無史さん 2017/07/02(日) 07:49:31.98 0
教会大分裂で、誰が本物のローマ教皇か分からない時代だったな、フスが活躍してた頃って。

実際、プロテスタントが台頭してこなけりゃ、カトリックはあのままバラバラに分裂してたんじゃないかな。プロテスタントの存在のおかげで、反宗教改革で何とかまとまりを保つことができたって図。

72: 世界@名無史さん 2017/07/02(日) 13:20:15.93 0
アヴィニヨン派カトリック、ローマ派カトリックとかに別れてさらに宗教改革タケノコになったかも
宗教改革の弾圧も元々分裂してたらやりづらいしねえ

73: 世界@名無史さん 2017/07/03(月) 17:34:08.52 0
もともと国ごとに分裂するのがカトリックの運命だった。
逆説的にそれを食い止めたのが新教の登場。
だからウィクリフやフスたちはカトリックにとって大恩人。
列聖して報いてもなんらおかしくはない。

75: 世界@名無史さん 2017/07/11(火) 20:03:24.68 0
>>73
フス戦争それに続く宗教戦争で何億人死んだんだよ。フスは自分が宗教の支配者になりたい野望持った極悪人

86: 世界@名無史さん 2017/11/21(火) 20:11:46.97 0
フス派からカトリックに改宗すれば生き残れるんだから、そもそもフス派要らないだろ。今さらカトリックは消せないんだからフス派が消えるべし

89: 世界@名無史さん 2017/12/12(火) 00:56:39.72 0
>>86
チェコという国の独自色をだすためにはカトリックはダメだった
ポーランドとかぶるからな

90: 世界@名無史さん 2017/12/12(火) 01:29:40.15 0
あと誰が王として一番ふさわしかったか?

93: 世界@名無史さん 2017/12/16(土) 21:18:17.10 0
>>90
イジー・ス・ポジェブラトだろ
何しろフス派からでた国王なんだから

94: 世界@名無史さん 2017/12/18(月) 07:24:04.93 0
>>93
でも一代でおわったな

95: 世界@名無史さん 2017/12/18(月) 19:04:45.22 0
>>94
しかし、イジー王の精神は娘ズデンカを通じザクセンの地にもたらされ彼女の孫、ザクセン選帝侯フリードリヒ三世のときマルティン・ルターが宗教改革の偉業を成し遂げた

96: 世界@名無史さん 2017/12/18(月) 23:03:21.40 0
イジーに有能な息子がいて、ポジェブラト朝が成立していたらその後のチェコもオランダやスイスみたいに独自のポジションを保ち続けることができたろうになあ

97: 世界@名無史さん 2017/12/18(月) 23:38:17.09 0
イジー王は次女のカテジナ(カテリン)をハンガリーのフニャディ家のマーチャーシュ・コルビヌスに嫁がせることによってベーメンの将来とウトラキストの精神を彼に託そうとしたのではないだろうか?
しかし、マーチャーシュ王はイジー王からメーレンを奪ったり、ベーメンの対立王につくなどイジー王とってはとんでもない娘婿で、配下にリパニの生き残りヤン・イスクラを置くなどウトラキストとしては対立せざるをえない存在になったのはいうまでもない

98: 世界@名無史さん 2017/12/20(水) 01:31:59.36 0
>>97
娘に跡つがせりゃよかった
もし女には従えないとか言い出す奴がいたら、娘に平民から婿を選ばせてそいつと共同で王になればよい

99: 世界@名無史さん 2017/12/20(水) 08:16:54.89 0
>>98
ボヘミアの王位継承に関する法律がサリカ法だったら女子の王位継承は無理だっただろうな
だいぶ後の話になるがハプスブルクのマリアテレジアに相続させたプラグマティックサンクション的なウルトラCでも使わない限り

102: 世界@名無史さん 2017/12/21(木) 22:31:41.76 0
>>99
それを言ったらルクセンブルク朝とハプスブルク朝はどうなるの

100: 世界@名無史さん 2017/12/21(木) 12:33:53.51 0
ポーランドでもアンジュー家やヤギエウォ家でなく、
「ピャストの王」、つまりポーランド人の王を求めていた

103: 世界@名無史さん 2017/12/23(土) 20:21:50.21 0
宗教改革って宗教から完全に脱却するならわかるけど、プロテスタントやらも中途半端にカトリックの教義受け継いでるのがな。宗教戦争で犠牲者出しすぎだし

105: 世界@名無史さん 2017/12/25(月) 00:46:41.56 0
>>103
三位一体まで否定したら全く異なる宗教になってしまうだろ
カトリックとプロテスタントの違いは儀式が重要か信仰が重要かの違いだけ
寧ろ異端に関してはプロテスタントの方が純化した分厳しかったりする
近世の魔女狩りに関してはプロテスタントの方が熱心だったという

114: 世界@名無史さん 2018/01/08(月) 00:31:19.04 0
>>105
だからその儀式がとかの違いだけなんだから、カトリックのままでいいじゃない。カトリックとフス派で分派したから宗教戦争続いたんだし、免罪符廃止とかカトリックを正せばいいだけなのに

118: 世界@名無史さん 2018/01/10(水) 05:19:50.80 0
>>114
フス派が出た時点ではヨーロッパの一地方での紛争に過ぎなかったからカトリックが改革するには至らなかったが
ルター派カルヴァン派が出て欧州全域に広まった所で反宗教改革が起こって免罪符その他は無くなったという順番

125: 世界@名無史さん 2018/01/13(土) 17:33:38.25 0
批判して死刑はやりすぎだろうが・・・
ってかフス派自体がチェコの独立戦争だからな。
宗教云々なんて名目でしかないわな。

126: 世界@名無史さん 2018/01/13(土) 18:49:39.88 0
ドイツの宗教改革でもそうだけど、まんま政治闘争だから、改宗した方の領主がカトリック住人に、
カトリックの領主が新教の住人に重税をかけたりする
無宗教になるのは戸籍を抹消して重税を逃れるためだったという

引用元: ・フス戦争