414RzQBkcHL



1: 世界@名無史さん 2015/11/09(月) 21:29:48.57 0
界@名無史さん:2015/11/01(日) 19:14:01.35 0
紀元前 359 マケドニアがイリュリア人にまける
紀元前 323 アレクサンドロスがインドで半殺しにされる
紀元前 279 マケドニアがガリア人に負ける
紀元前 168 146 ローマ負ける
紀元前 139 129 パルティアに負ける
468 ヴァンダル族に負ける
636 アラブ人に負ける
680 708 792 ブルガリアに負ける
797 803 806 アラブ人に負ける
811 896 917 ブルガリアに負ける
1071 1176 トルコに負ける
1190 1194 ブルガリアに負ける
1204 十字軍に負ける
1230 1279 ブルガリアに負ける
1305 アルモガバラスに負ける
1453 トルコに負ける
1897 トルコに負ける
1918 ブルガリアに負ける
1922 トルコに負ける
1974 トルコに負ける

なぜなのか








2: 世界@名無史さん 2015/11/09(月) 22:19:19.14 0
腐敗している国は兵隊も弱くなる

3: 世界@名無史さん 2015/11/09(月) 23:33:35.35 0
中国で言えば何度も国号を変えるような状況で、反乱軍にも皇帝がしばしば処刑されている
配下の軍隊が全く信用できない中でむしろよく続いたものだ

11: 世界@名無史さん 2015/11/10(火) 11:13:20.35 0
ろくに穀倉地帯もなく荒れ地や山で葡萄ばっか作ってるから人口増えないんだよ

12: 世界@名無史さん 2015/11/10(火) 13:42:07.15 0
マケドニアやテッサリアは牧畜穀倉だよ
東ローマ時代は重税でほとんどコンスタンティノープルに取られていたそうだが

19: 世界@名無史さん 2015/11/12(木) 01:22:01.57 0
スパルタ的な要素はヘレニズム世界に散らばって欠片も残ってなかったと

20: 世界@名無史さん 2015/11/12(木) 02:34:50.44 0
>>19
そうだな ギリシャ人もアルメニア人も内ゲバで権力を取る事ばかり頭が行って、自分が皇帝になっても強力な軍事文化を形成出来なかったのではないか
特に末期になるにつれ酷くなる 
マケドニアどころか分裂していた時代ですら数の上で優るペルシャを撃退出来たのなら、富国強兵策が成功しないという必然性もないはずだ
ローマ軍の威信も地に落ちたものだ正規軍だけでなくクルド人やアルバニア人の軍団とかもうまく組織出来なかったのか?
ポリス時代と違って帝国時代のあの辺は異民族の部族長を掌握するのも重要だろう 
ラテン系ギリシャ系アルメニア系がそういう力を失ったからアラブ系やトルコ系がまとめるしかなかった
皇帝がしっかりしないと中東は国が解体して部族単位に戻るからな

23: 世界@名無史さん 2015/11/12(木) 15:28:57.15 0
>>20
いや異人の兵士編成はうまくいってたよ
というかギリシャ人兵士が弱いから異人の兵士に頼らざるを得なかった
アンゼンの戦いではギリシャ人兵士は崩壊したがクルド人部隊はアラブ人を敗走させた
ワリャーグもギリシャ人兵士が弱すぎるから編成された

300px-Waringiers_Byzantium_Vinkhuijzen
東ローマにおけるヴァリャーグの騎士たち。

ヴァリャーグ

ヴァリャーグとは、スラヴ語名によるヴァイキング(ヴィーキング)である。

東ローマ帝国がヴァリャーグなどの外国人傭兵を欲した理由は、身内のビザンツ人が頻繁に内乱を起こしていたため身内が信用できなかった、という理由があった。


24: 世界@名無史さん 2015/11/12(木) 15:38:40.08 0
第四回十字軍でもバリャーグが守っていた区域は十字軍も侵入できなかったそうだからな
この国は兵士を育成することがとことんできないんだろう

30: 世界@名無史さん 2015/11/12(木) 19:28:10.88 0
ヘラクレイオスがサーサーン朝に勝てたのも突厥やアラブ人部隊がいたからだし

40: 世界@名無史さん 2015/11/13(金) 12:22:21.59 0
最強のマケドニアもディアドコイ戦争以後は弱体
マケドニア系国家はユダヤ、パルティア、アラブ、ガリア、ローマに連敗

41: 世界@名無史さん 2015/11/14(土) 17:50:59.19 0
コンスタンィノープルの城壁というハードウェアによって生き延びた国
田中芳樹が嫌いそうだな

45: 世界@名無史さん 2015/11/16(月) 19:02:26.78 0
マキャベリ
「自国兵が弱くて傭兵頼みの国はだめなんだよ」

50: 世界@名無史さん 2015/11/19(木) 02:20:39.51 0
つかスパルタは力の原理的にいって都市国家レベルから領域国家レベルに時代が変わったらもうどうしようもないな

49: 世界@名無史さん 2015/11/19(木) 01:28:53.75 0
アナバシスとかみてもカルドゥコイ人を恐れて化け物みたく書いてるし
昔からそう対して強くないんじゃないの
アレクサンドロスもガリア人やイベリア人と戦ってたら千切りにされていたんじゃないか

52: 世界@名無史さん 2015/11/19(木) 19:33:58.04 0
>アナバシスとかみてもカルドゥコイ人を恐れて化け物みたく書いてるし

弓以外大した武器を持たない人々としか描かれてないが
ガリアはブレンヌスに率いられた集団が侵入したけど結局撃滅されてるだろ

56: 世界@名無史さん 2015/11/20(金) 15:22:55.58 0
ぶっちゃけ、民主化とかなっちゃうと強兵は育たない

それと民主主義発祥と称された当事ギリシャ人は相当昔にほぼいなくなってしまった。

いまギリシャに住んでる人達には、大昔のギリシャ人の血(DNA)はほとんど入っていない(といわれておりやす)

63: 世界@名無史さん 2015/11/21(土) 02:53:03.72 0
>>56
>いまギリシャに住んでる人達には、大昔のギリシャ人の血(DNA)は
>ほとんど入っていない(といわれておりやす)

えー?
それ、言語がスラブ系に入れ替わってるマケドニアの話では?

イタリアの南端部にギリシア語地帯があって、ローマ帝国建国以前からのギリシア系植民地「マグナ・グレアキア」以来にさかのぼるギリシア系集団とされる。

これなんか「大昔のギリシア人の血(DNA)」を間違いなく受け継いでる連中

59: 世界@名無史さん 2015/11/20(金) 21:51:47.33 0
東ローマ帝国は民主的じゃないし民主主義の国のイギリス兵やアメリカ兵は強い

61: 世界@名無史さん 2015/11/20(金) 21:57:17.71 0
古代とつながっていてもそうでなくてもどっちでもいい
ディアドコイ戦争以降は弱兵になってるから

67: 世界@名無史さん 2015/11/21(土) 14:08:32.37 0
長いローマ時代に市民兵の気概を失ったのは仕方ないとしてもせめて商業民族の探究心が残っていれば今こうはなってないだろうに

70: 世界@名無史さん 2015/11/21(土) 22:32:47.37 0
東ローマ帝国で行われたアラブ人の略奪への対処法

敵が略奪を終えて帰るところを後ろから襲え

つまり正面から戦うとか略奪を防ぐとかそういうことは最初からあきらめている
まともに戦ったら勝てないとしているのだ

73: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 11:22:41.10 0
ベリサリウスの時代だって
ゲルマン人やフン族の傭兵が多くいたから成功できた
ギリシャ人兵士だけだったらヴァンダル族に十年はかかってる

74: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 12:51:38.41 0
ベリサリウスの時代はバルカンがスラブ化し始める頃で
ユスティニアヌス帝のようなラテン語話者がバルカン北部に
まだ多く残っていて東ローマ軍の主力だった
バルカンがスラブ化したのでギリシャ語を話すアナトリア
の住民が東ローマ軍の大部分を占めるようになった

75: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 13:05:41.09 0
おかしいよな ギリシャ人はマケドニアが負けてから一度もギリシャ人が再浮上した感じはない
ミケーネからマケドニア滅亡までは海賊→エジプトの傭兵→市民兵→帝国軍と性質が変わってもずっと強兵民族のイメージだったのに 皇帝も輩出してないからまだアルメニア人の方がましだな
国名がローマ帝国でもラテン人の人口は絶対的に少ないらしい

78: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 18:52:35.81 0
>>>75
一方で、
エジプトサイス朝時代からのギリシアの発展の速さは異常なんだよな
例えば日本が中国に追いつくまでにどれほどの時間や労力が費やされたかを考えればよくわかる

206: 世界@名無史さん 2015/12/25(金) 11:28:49.92 0
>>78
エジプトの植民地になったから
アテナはエジプトの神のコピー品
byバナール

234: 世界@名無史さん 2016/01/01(金) 19:33:15.37 0
>>206
その割にはあんまり遺物がエジプトのものと似ていないような気が文字すらも違うし

76: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 13:57:09.36 0
ササン朝に対抗してローマ軍が騎兵化したからイタリア人やギリシャ人のような農民よりも
パンノニアやトラキアの牧畜民の方が軍に採用されるようになった

77: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 18:36:49.55 0
ディアドコイ戦争以降
科学や数学もなんか手詰まりになった感じがするから何事に対しても研究や分析ができなくなったのでは

戦いに負けるにもしても敗戦原因の分析ができなくなって的確な改善案ができなくなって金で傭兵を得るとか付け焼刃的な対策しかできなくなった
弱兵という根本的な問題は解決できなくなった


119: 世界@名無史さん 2015/12/07(月) 20:23:07.65 0
正教の教えが悪いから科学も技術も発展しないし弱兵なんじゃないのか
正教圏は軒並み後進的
ましなロシアもピョートルのような変人のいわば確変のおかげだし
そのロシアも後進的独裁的抑圧的であまりいい評判がない

帝国時代から科学や文学といった学問分野では功績があったが

123: 世界@名無史さん 2015/12/07(月) 21:01:32.63 0
正教が悪いっていうのがいるけど
それだったら同じく正教圏だったブルガリアやアルバニアの説明がつかない 
125: 世界@名無史さん 2015/12/09(水) 02:21:01.42 O
適当に思ったのは、
金の力に頼りすぎな所か。

126: 世界@名無史さん 2015/12/09(水) 08:43:59.30 0
東ローマ帝国は東西分裂直後は乗馬の得意なイリュリア人とトラキア人がギリシャ人とオリエント人を守っていた国だった
バルカンがスラブ化してイリュリア人とトラキア人が滅亡したのでギリシャ人とオリエント人は自らの身を自ら守らざるえなくなった
生き残ったギリシャ人とオリエント人の中でアナトリア人が最も乗馬が得意だったので滅んだイリュリア人とトラキア人に代わって国防の担い手となった
アナトリアは軍馬と騎兵を増産するため農耕よりも牧畜が奨励されただろうから人口が減少していったと思われる
人口が減少したのでアナトリアはトルコ化してしまったのだろう
バルカンがスラブ化したのも牧畜民のイリュリア人とトラキア人よりも農耕民のスラブ人の方が数が多かったからだとされる
農業が発展して人口が多かったガリアやイベリアでは逆に侵入してきたゲルマン人らがラテン化吸収されていった

128: 世界@名無史さん 2015/12/09(水) 10:10:10.24 0
牧畜を奨励すると騎兵を増やす事が出来て軍事力を強化できるが人口が減るので負けた場合は滅びやすい

農耕を奨励すると弱兵化する傾向が強いけど人口が増えるので征服されても民族が滅びにくい

133: 世界@名無史さん 2015/12/09(水) 20:21:03.59 0
テマ制はアナトリアに侵入してきたアラブ軍を地元で撃退するのには有効だったけど、バルカンを奪回する為の遠征はテマの農民兵士には重い負担で兵士らが没落していきアナトリアは無防備になっていった。

共和制ローマでは没落した農民は土地を貴族に奪われ奴隷が農業に従事したので、村を追われた農民が貴族らの私兵となり軍事力はむしろ強化されローマは帝国に発展していったが、東ローマでは没落した農民は貴族の小作人となり兵役を免除されたので軍事力が弱体化した。
共和制ローマのイタリアでは没落した自由農民は農民ではなくなったが、東ローマのアナトリアでは没落した自由農民は貧しいけど農民のままだった。

テマ制

テマ制とは東ローマ帝国中期の地方行政制度。

テマ制とは、兵装を自前で用意できるストラティオスと呼ばれる自由農民を兵士として徴発して国土の防衛に当たるという兵農一致の制度であり、自分の土地を守るために戦う兵士たちの士気は当然のことながら高かった。

バルカン半島方面では自由農民の他にも勇猛さで知られたスラヴ人なども任用され、これも戦闘力の増強に一役買ったという。このストラティオティスは屯田兵でもあり、これらが各地に入植することで拠点を構築し、税収増や国防力強化へと繋がっていく。


134: 世界@名無史さん 2015/12/09(水) 22:14:21.29 0
アナトリア人てのもギリシャ人だろ
母語がギリシャ語だったんだろ

135: 世界@名無史さん 2015/12/09(水) 22:42:34.42 0
>>134
もうその頃のアナトリアはアルメニア語圏以外はギリシャ語圏になっているのではないか
ローマ帝国時代の近東にはヒッタイト語、リディア語、フリギア語、カルデア語は廃れてギリシャ語、アラム語、コプト語、アルメニア語くらいしか残ってないはず

137: 世界@名無史さん 2015/12/10(木) 07:35:16.21 0
>>134
東西分裂時にはギリシャ化していないイサウリア人やガラチア人など少数民族がまだアナトリアにいた

カッパドキアはセルジューク朝が攻めてきた時にもまだギリシャ化してなくて住民の多くがアルメニア人
東ローマ敗北の大きな原因はギリシャ人とアルメニア人の民族対立
ギリシャ人達はアルメニアをセルジューク領にする事に賛同したけど
カッパドキア出身のロマノス4世はこれに同意せずセルジュークと戦い
ギリシャ人将兵は戦意に乏しく戦況が劣勢となると勝手に退却したので
ロマノス4世は敗北した

141: 世界@名無史さん 2015/12/10(木) 10:56:50.93 0
>>137
ローマ時代にギリシャ化していない少数民族がいたとは・・って今のトルコでもまだザザ、ガガウズ、ラズと言った民族もいるようですね しかしリディア人、フリギア人、ヒッタイト人は完全に消えたようだ
またアラブ人の侵入にも関わらずここではアラビア語も多数派言語にならなかった
どうもイスラム以前から住む住民がセム系でないとアラビア語にならないらしい
そしてアナトリア・カフカス辺りは中東方面でも言語的一体化が少なく、印欧系はセム系に比べて一体化率が低い感じ


146: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 13:19:08.70 0
359 マケドニアがイリュリア人にまける
紀元前 323 アレクサンドロスがソグド人に半殺しにされる
紀元前 279 マケドニアがガリア人に負ける
紀元前 165 ユダヤに負ける
紀元前 168 146 ローマに負ける
紀元前 139 129 パルティアに負ける
468 ヴァンダル族に負ける
636 アラブ人に負ける
680 708 792 ブルガリアに負ける
797 803 806 アラブ人に負ける
811 896 917 ブルガリアに負ける
1042 アルメニアに負ける
1071 1176 トルコに負ける
1190 1194 ブルガリアに負ける
1204 十字軍に負ける
1230 1279 ブルガリアに負ける
1265 モンゴルに負ける
1305 アルモガバラスに負ける
1453 トルコに負ける
1897 トルコに負ける
1918 ブルガリアに負ける
1922 トルコに負ける
1974 トルコに負ける

特にアラブ人との負け
ウマイヤ朝の略奪を防げたという話は聞かないしアモリオンは核爆弾落とされたかのような破壊を受けている
アッバース朝には何年にもわたって荒らされ毎年ごとく校納金を支払っている

テマ制も機能していたとはいえないようだ

149: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 14:25:15.09 0
>>146
これみるとディアドコイ戦争以降はすでに弱兵になってる
ギリシャポリスもローマに確固せいふくされたし

151: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 14:38:42.83 0
>>149
アレクのペロポネソス征服以降もまだギリシャポリスはあったのか
西地中海の話?旧東ローマ地域というか東地中海にはもうポリスはないだろ

156: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 15:46:36.10 0
>>151
アテネもスパルタもコリントスもついでにマケドニアもローマに征服された

セレウコスはパルティアに


155: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 15:46:30.72 0
古代ギリシャでは何倍も領土のあるペルシャが何度も攻めてきてその都度撃退している
そして、アレキサンダーはペルシャを征服した しかしこれも不思議な話だ
百歩譲ってペルシャが征服されるというのはおかしい ペルシャの何が欠けていたのか?
ポリス時代、アレク時代にあって、東ローマ時代にないものとは何だ?

157: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 16:13:01.42 0
>>155
ギリシャ式重装長槍歩兵
重装長槍歩兵はペルシャやスキタイなど騎兵に対して優勢だったけどローマ式重装歩兵に敗れ去った
ローマはギリシャ式部隊も訓練して残しておけばパルティアとかゴート族やフン族の騎兵に対して有効だっただろうね
東ローマ時代はササン朝やアラン族の影響で重装槍騎兵が主力だった

161: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 16:58:31.18 0
当時のペルシャは傭兵の寄せ集めで弱かった
弱い相手と戦ったから強いように見えただけ
本当に強いガリア人やスラブ人や東方の狄とか戎と戦っていたら負けていた

166: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 19:38:31.10 0
>>161
近代までは文明・文化の中心地の大国は軍事面で弱体化していくという法則がある感じだな
これが覆されたのは近代に入ってからな感じ

162: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 17:02:35.15 0
最低でも三世紀ごろにはゲルマン人の侵入を受けて大略奪食らってるから
三世紀ぐらいには弱兵化してる

168: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 20:59:27.76 0
ギリシャ軍の重装歩兵に対してアケメネス朝軍の多くは鎧を着ていない軽装歩兵なので大軍を集められたようだ
軽装歩兵が主力という事ではアケメネス朝軍は蛮族のガリア軍と同じく身軽さすばしこさが武器だったようだ

170: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 21:22:23.29 0
アケメネス朝の歩兵 


no title





no title



騎兵も金属製の兜を被っていなかったようだ

207: 世界@名無史さん 2015/12/25(金) 21:51:36.94 0
ウィキではマケドニア軍はローマのグラディウスに恐れをなしたとか書かれてるけど
古代のアレクサンドロス時代
いやそれ以前アテネが全盛期だったころまでさかのぼっても
そのころの兵隊だったらグラディウスもってようが
恐れをなして何もできなくなるなんてことはないように思える
220px-Gladius_in_hand


グラディウス

グラディウスは、刀剣の一種。古代ローマ時代の軍団兵(ローマ軍団)や剣闘士によって用いられた。刃渡りは50cmほどで、柄まで入れて70cmほどと剣としては短い。刀身は肉厚・幅広の両刃で、先端は鋭角に尖っている。形状としては一般的な剣より幅広な形をしている。


254: 世界@名無史さん 2016/01/06(水) 17:48:33.76 0
コムネノス朝の軍の馬隊はクマンやラテンといった
外国人に完全に頼り切っていたというのは本当か

255: 世界@名無史さん 2016/01/06(水) 19:19:43.56 0
>>254
その当時のラテン人は既に自国民よりも外国人が主だったのだな

257: 世界@名無史さん 2016/01/07(木) 07:36:45.05 0
コムネノス朝はブルガリア系王朝だし
基本ギリシャ人皇帝は使えないのが多い

258: 世界@名無史さん 2016/01/08(金) 02:18:14.10 0
弱兵じゃなかったら十字軍なんていらなかったのに

260: 世界@名無史さん 2016/01/10(日) 00:43:58.51 0
ソロンの時代からアレクサンドロスの時代までの時代と
その後の何一つ発展も栄光もない時代の差って何なんだろう

262: 世界@名無史さん 2016/01/10(日) 01:32:34.61 0
繁栄の時期って、だいたいラウリオン銀山の稼動期間と重なってる
機軸通貨とまでは言わないが地中海世界で広く扱われ、しかも自ら交易に乗り出したんで商業が大発展
石見銀山を発見しても国際交易を他者に委ねがちだった日本でさえ、近世への変り目で大躍進を果たした
全てを鉱山に帰することはできないにしても、繁栄が生み出される始点だったと見なしていいと思う

263: 世界@名無史さん 2016/01/10(日) 02:01:56.89 0
武田も金山の産出量とリンクして衰えたとか聞いたな

264: 世界@名無史さん 2016/01/10(日) 06:43:45.80 0

ブラックアフリカ圏も金が集中的にとれてた頃はマリとかソンガイとか当時世界屈指の繁栄してたな

269: 世界@名無史さん 2016/01/10(日) 14:38:33.43 0
ラウリオン鉱山を開発してギリシャ発展の礎を築いたのは、アテネの僭主として知られるペイシストラトス
ソロンの又従兄弟でもある彼は、失脚したバカ息子に引きずられてイメージは芳しくないが英明な独裁者だった

政争に敗れ亡命した際、トラキア・パンガイオン金山での採掘事業をもとに軍資金を蓄えてアテネに凱旋侵攻
トラキア時代の知識・人脈を活かしてラウリオン銀山を開発し、貧相な二流都市国家だったアテネを変貌させる
ソロンにより外邦技能者の迎え入れや零細農民の底上げが謳われたが、カネの力でそれを具現化したのは又従兄弟のほう
営農金貸付で格差による内紛の火種を押さえ、産業振興で潤った街の一体感をさらに高めるべくアクロポリス整備も始めた

270: 世界@名無史さん 2016/01/10(日) 15:03:11.67 0
銀山の存在は、アテネをギリシャ随一の都市にしただけでなくギリシャ世界全体をも救った
ペルシア戦争の期間中に、ラウリオン近傍のマロネイア鉱山でも大規模な銀脈が発見されると、
指導者テミストクレスはそれを海軍大増強に当ててサラミス海戦の戦果へとつなげた
ペイシストラトス以来の鉱山開発がなければこの幸運もなく、大ペルシア帝国の一州になったろう

280: 世界@名無史さん 2016/01/18(月) 17:53:08.65 0
古代からローマ軍は傭兵を使っていた 
だがやはり主力のローマ軍兵士が強かった 
ホラティウスはパルティアを華奢、惰弱と批判し 
戦争はローマ軍兵士が惰弱になるのを防ぐために必要だといった 
だが東ローマ軍は主力となるギリシャ人兵士が弱い 
しかも平和はそう長くない 
アラブ人とかと紛争がしょっちゅう起きてるのに弱い 
ラテン語民族とギリシャ語民族の違いか

290: 世界@名無史さん 2016/01/23(土) 22:51:56.13 0
わずか数万のアテナイ軍がなんと五百万のペルシア軍に勝ってるんだけど? 
百倍の敵に勝った戦争なんて人類史上唯一無二だろう 
ギリシアむちゃくちゃ強い

293: 世界@名無史さん 2016/01/23(土) 23:13:52.66 0
だから古代以降は何で弱兵で 
ついでに科学も美術も伸びなかったのか

294: 世界@名無史さん 2016/01/23(土) 23:30:38.40 0
古代でポイントというか何かを全て使い切ったとしか言いようがない

303: 世界@名無史さん 2016/01/29(金) 17:18:04.41 0
ギリシア正教が原因。 
というのはないかなぁ? 

かつては世界を蹂躙したモンゴル人がその後は弱小民族になってしまったのはチベット仏教の影響という話を聞いたことがある。 
どこまで本当かは知らないけど。 

同様のことがギリシア人も、と思っただけ。 
ギリシア正教の特徴とかも知らないので、反論されても論駁できない。

304: 世界@名無史さん 2016/01/29(金) 17:26:01.91 0
正教が始まるディアドコイ戦争以降から弱体化してるから 
それはないな

306: 世界@名無史さん 2016/01/31(日) 20:43:12.76 0
古代が文武両面で異常だっただけで、それ以降がむしろ国土や人口を考えると普通というのはどうか?

328: 世界@名無史さん 2016/02/08(月) 08:40:34.51 0
海の民とか、スパルタ・テーベ・マケドニア・シリアの戦法が何故継承されなかったのかだよな 
元々はペルシャ兵が烏合の衆で、ギリシャ兵は少数精鋭のイメージがあったが、後代なら烏合の衆のギリシャ兵よりペルシャ兵の方がましに見える 同じ東ローマ時代でも前期の方がましだ 
後になるほど弱体化して、学術的文化的主導権までイタリア→フランス→イギリス→ドイツ→アメリカ・北欧に移ってしまった 
バンダル王国を滅亡させた時期に地中海世界を再統一しかけた事があったが、これを維持出来なかったな 
ギリシャ人の強みはフェニキア人の後継性にあって、後代になるほどそういう要素が欠けてただの陸の民族になってる感 

329: 世界@名無史さん 2016/02/08(月) 12:03:38.19 0
戦術は受け継がれてたけどローマ軍によって過去のものとされたでしょ

336: 世界@名無史さん 2016/02/11(木) 09:47:22.12 0
東ローマには、秘密兵器「ギリシアの火」があるじゃないか。

337: 世界@名無史さん 2016/02/12(金) 00:34:46.68 0
使いづらい上に 
持ち運びにも不便 
思われてるほど絶対的な武器じゃない

引用元: ・東ローマ時代のギリシャ人はなぜ弱兵なのか




生き残った帝国ビザンティン (講談社学術文庫 1866)
井上 浩一
講談社
売り上げランキング: 113,666