41WQGDE506L



1: 日本@名無史さん 2010/06/13(日) 09:05:56
ので
わかりやすくおしえてください








4: 日本@名無史さん 2010/06/13(日) 12:31:36
とりあえず「太平記」を読め。これで時代背景はわかる。
話半分くらいに受け止めて、あとは専門的な本を少しずつ読むと良い。

6: 日本@名無史さん 2010/06/14(月) 23:08:16
>>4
今太平記読み始めた
専門的な本で何かオススメはある?

49: 日本@名無史さん 2010/06/21(月) 21:00:19
>>6
南北朝時代の概説書として評価が高いのは、佐藤進一『南北朝の動乱』。

8: 日本@名無史さん 2010/06/14(月) 23:56:35
足利尊氏ってなんであんな性格なのw

9: 日本@名無史さん 2010/06/15(火) 00:12:54
立派な人じゃないですか
・武芸は達人級
・誰からも慕われ、仰ぎ見られる人格者
・自らの領地も惜しげもなく部下に与える気前のよさ
・部下思い

10: 日本@名無史さん 2010/06/15(火) 00:14:14
南北朝がわけわからん状態になっているのは、足利尊氏の性格によるトコロが大きいな

11: 日本@名無史さん 2010/06/15(火) 00:26:48

尊氏は人情に厚すぎて、南朝を根絶やしに出来なかったことが禍根を残した。殲滅できなかったことは残念なことだ。日本人・日本史にとっても不幸なことだった

12: 日本@名無史さん 2010/06/15(火) 00:54:40
北朝を立てて後醍醐天皇を追い詰めた後も北朝の元号なんて使わないし、北朝を本物扱いしない。あくまでも本当の天皇は後醍醐天皇という感じ。
面と向かうと後醍醐天皇に平伏してしまう。

おかげで室町期は、北朝が継いだ天皇家の権威がほとんど将軍の傀儡クラスまで軽くなっちゃった。

14: 日本@名無史さん 2010/06/16(水) 01:01:57
人名を全部覚えようとするから混乱するんだよ
最初は苗字だけ覚えとけばいい(足利尊氏、足利直義、足利直冬だけはフルネームを覚えよう)

17: 日本@名無史さん 2010/06/16(水) 20:14:18
戦乱の時代なのに、太平記ってネーミングもなんだかなーって感じだよね。

18: 日本@名無史さん 2010/06/16(水) 20:28:14
「太平記」は三国志演義みたいな軍記物語だから、史実を理解するために勧めるのはどうだろう?とは思うけど、ビギナーズクラシック 日本の古典 太平記 武田友宏編

19: 日本@名無史さん 2010/06/16(水) 21:09:27
大覚寺統が途絶えることになって、もう後がない後醍醐天皇が無茶やって何ら成果出せなかったのに、それに便乗してきた有力御家人たちによって、思いがけず倒幕が叶う
倒幕後の政策方針を用意してなくて、現実的な対応として律令制の中に無理やり武士をねじ込んで、公武一体の封建体制を築こうとする
それに対して謀反を起こした足利尊氏は、保守的な立場のため、天皇をどうこうしたくないので、ドラマティックなまでに弱い南朝が、ドラマティックに局地戦で勝ち生き長らえる

旧体制を倒してみたらさらに旧いのがシャシャリでてきて混乱に拍車をかけるドタバタコメディの王道
こんな軍記物見たことない!!
大陸が帝国主義に目覚めたり、西洋が三世紀ばかり早く大航海時代(宗教改革)を迎えていたら、こんな呑気なことにはならなかった
まさに太平な世の中だったための悲劇的喜劇
それが太平記

自ら武器を取って、将軍として武家の上に立とうとした護良親王がロマン有って好きだ

20: 日本@名無史さん 2010/06/16(水) 21:19:55
太平記って大河でもしばらくやって無くて、やっと1回やっただけなんだよな。

それもこれも、明治政府と明治天皇がなぜか南朝が正当だと言っちゃって、南朝を酷い扱いすると明治天皇の意向とか政府の意向とかにひっかかるとかひっかからないとか…。

その時代だけグダグダなんじゃなくて、今に至ってもグダグダなのがなんとも。

21: 日本@名無史さん 2010/06/16(水) 21:26:16
南北朝時代が分かりずらいってのは、実は南朝が正統だというコトから、下手に物語りを作ったりすると政府の判断への批判になりかねないという問題があるからなんだよな。

明治天皇って北朝側の天皇なのに、なんで南朝を支持したんだろう…。なんて考えていって変な陰謀論にはまった人もいるんだけどさ。

24: 日本@名無史さん 2010/06/17(木) 18:41:26
>南北朝があまり「語られない」という原因の一つが、南朝が正統だという明治政府・明治天皇の判断があるんだよね。

この説って、いったい誰が始めたの?で、その根拠は何なんだ?

水戸光圀?

25: 日本@名無史さん 2010/06/17(木) 20:40:06
>>24さん
そのとおりです。
他スレで議論済みですが、
南朝自身の北畠親房の『神皇正統記』を別にすれば、水戸黄門ら編纂の『大日本史』水戸学です。
外、頼山陽なんかもそうらしいです。
両統は、兄弟の差(兄系が北朝持明院統、弟系が南朝大覚寺統)があるだけで、さしたる根拠はないでしょう。
水戸学は、武家政権(幕府)優位を主張するためとのことですが、合理性がありません。
幕末に水戸学の影響を受けた勤皇の志士たちは、南朝正統論です。
また、明治の当時の為政者・世論ともに圧倒的に南朝びいきです。
そこで北朝系であるはずの明治天皇も、南朝正統論を認めたという経緯です。

28: 日本@名無史さん 2010/06/17(木) 23:33:34
忠臣蔵の歌舞伎を作るとき、そのままの人物設定では幕府から中止させられるからと、高師直を吉良上野介の代わりにしているのだが、その頃に既に南朝人気があったってことか…。

するってーと、その頃すでに水戸光圀の大日本史って庶民にまで読まれていたということか?

29: 日本@名無史さん 2010/06/18(金) 00:22:27
判官贔屓と幕府嫌いの両輪
先ずは南朝支持ありきで、理由や権威は後付け

30: 日本@名無史さん 2010/06/18(金) 15:18:21
意外と忘れられがちだが、徳川家というのは新田源氏の分家の末裔(世良田氏分家の得川氏)を自称していたから、徳川時代は南朝贔屓が体制イデオロギーだった。
家康の孫の光圀が南朝正統史観を打ち立てたのもそのためだ。
その際、楠木正成を忠臣ナンバーワンと祭り上げたのも、新田義貞のほうは当時いわば最後の勝者となっていた徳川の先祖筋として別格であり、言わずもがなの存在だったからだろう。
幕末に尊皇攘夷が流行したのも徳川斉昭、藤田父子、会沢正志斎らの水戸学による。薩摩の西郷も長州の松蔭、桂、高杉も皆、若いときの水戸詣でから始まった。
水戸学由来の尊皇攘夷がぎりぎりのところで薩長の開国倒幕に転倒して明治時代になだれ込んだから、そもそも徳川が南朝マンセーを確立、流布させたことが忘却、隠蔽されるようになった。

31: 日本@名無史さん 2010/06/18(金) 16:19:45
ぶっちゃけ、そこらへんの天皇論は取り敢えず棚上げしといた方が南北朝時代を素直に楽しめるよね。
南北朝時代のキモは各それぞれの所領継承問題なんだし。
あんまりイデオロギーとかは関係ないだろう。北朝か南朝か、尊氏か直義か、そんなの自分の敵がどこに属してるかで決めてるヤツ殆どだし
足利兄弟・親子自体が南朝に降伏したりするし

38: 日本@名無史さん 2010/06/19(土) 01:12:13
確かにこの話は、イデオロギーの話だが、「南北朝時代がわかりにくい」という現象と直接かかわってくる問題だと思う。
新田義貞の扱いにちょい引っかかる点もあるが、自分でも調べてみたいと思った。

39: 日本@名無史さん 2010/06/19(土) 16:27:54
南北朝時代って、王朝権力から武家権力への変わり目でしょうか?
具体的には、朝廷支配→幕府支配。

40: 日本@名無史さん 2010/06/19(土) 17:01:51
>>39
え、じゃあ鎌倉幕府って何なの?

42: 日本@名無史さん 2010/06/19(土) 19:06:22
>>40
鎌倉時代は、公武二重支配でしょう。
ただ、後鳥羽上皇による承久の乱後は、幕府優位なってゆく。
その後、後醍醐による倒幕→建武の新政→南北朝時代を経て→室町幕府体制確立。

41: 日本@名無史さん 2010/06/19(土) 18:51:26
公武で並列してたのものが後醍醐がやらかしたお陰で勝手に欠けたという

45: 日本@名無史さん 2010/06/20(日) 08:54:19
研究素材が少なく、一般教養として教育できるような総論に到達してないのが、南北朝時代を一般受けしづらくしている原因かな?

大覚寺統の嫡流が途絶え、その既得権益の維持をするために、幕府と朝廷の協調体制の打破が必要だったのが、南北朝動乱の直接てきなきっかけではあるけれど朝廷対幕府の単純な対立ではないのが、面倒だよね

鎌倉後期以降も仏教の各宗間の権力争いは無視できない
支配層への影響も、それ自体の武力も大きく宋学の流入による天命思想と易姓革命という、動乱とは直接関係しないけど、思想対立もあって、支配体制の構築に必要な権力が、王家の血統(朝廷)と経済力を背景にした武力(幕府)だけではないんだよね

46: 日本@名無史さん 2010/06/20(日) 10:09:51
南朝の財政基盤は八条院領なんですよね?
たいした統治機構もない南朝が年貢のとりたてもままならなくなっていくんですね。

47: 日本@名無史さん 2010/06/20(日) 22:05:31
ぶっちゃけ日本史上最高の英雄譚である太平記がつまらなくなる史実は究明されないほうがよい

48: 日本@名無史さん 2010/06/21(月) 18:28:15
だが、太平記よりは難太平記の方が史料価値は高い

52: 日本@名無史さん 2010/06/23(水) 23:48:08
わかりにくいわかりにくいと言われるが
応仁の乱前後の後に南北朝時代を見るとなんて分かり易いんだ!ってなるぞ

57: 日本@名無史さん 2010/06/25(金) 23:39:45
足利義詮が意外に評価低いんだよな。
あと基氏は早死にしたからか知名度が低い

58: 日本@名無史さん 2010/06/28(月) 08:48:59
>>57
二代目は影が薄いです。初代創業者が、偉大なせいですかね。
三代・八代に傑物が出ているように思う。
鎌倉公方の存在自体、知らない人が多いです。

59: 日本@名無史さん 2010/06/28(月) 10:54:04
義詮はお父ちゃんが亡くなってから実力発揮したタイプ

60: 日本@名無史さん 2010/06/28(月) 20:01:16
むしろお父ちゃんのせいで実力発揮できなかったりしてな

64: 日本@名無史さん 2010/06/29(火) 19:46:00
義詮と後村上天皇は偉大な父を持ったばかりに影が薄いが実は優秀。

70: 日本@名無史さん 2010/06/30(水) 21:22:20
>>64
偉大×
迷惑○


後村上は北朝との講和を視野に入れ彼が途中で崩御したせいで強行派にとって変わられ
楠木正儀は居場所を失ったと言われてるが
そうすると北畠親房にも色々思うところがあった気がする
親房と歩調を合わせていたなら藤氏一揆は起こらなかったろうし

68: 日本@名無史さん 2010/06/30(水) 19:59:19
生年不詳の唯一の天皇。
それが後亀山。
影薄いってレベルじゃねーぞ長慶
歴代天皇の中で最も多くの国に行った後村上

78: 日本@名無史さん 2010/07/18(日) 00:18:14
この時代の人物では懐良親王って何気に凄いと思うのだが。
一般の知名度は今ひとつだね。

80: 日本@名無史さん 2010/07/21(水) 05:36:57
懐良親王の事績は偉大だが
もとは小御門守良親王の計画と地ならしあってのもの。

引用元: ・南北朝時代がわかりにくい




日本の歴史〈9〉南北朝の動乱 (中公文庫)
佐藤 進一
中央公論新社
売り上げランキング: 161,902