1: しじみ ★ 2018/02/23(金) 00:47:54.04 ID:CAP_USER
中国江蘇省南京市で、墓室の壁に絵が描かれた大型の壁画墓がみつかり、南北朝時代の南朝、梁(りょう、502~557年)の皇太子、昭明太子(しょうめいたいし、蕭統〈しょうとう〉、501~531)の墓の可能性が高いことが分かった。
昭明太子は、日本の平安文学などにも影響を及ぼした詩文集「文選(もんぜん)」の編纂(へんさん)者として知られる。
中国で皇帝陵クラスの墓が発掘調査されるのは異例で、日中の研究者は注目している。

調査を指導した南京大学歴史学院の張学鋒教授(考古学)によれば、南京市博物館考古部(現南京市考古研究所)が2013年1~6月、南京市北東部で発掘調査。
れんがを積み重ねた大型墓2基(南京獅子沖南朝大墓)が出土した。


(以下略)


全文は
朝日新聞デジタル 
https://www.asahi.com/articles/ASL1Z5QPBL1ZPTFC019.html
 
■画像一覧

1号墓の「竹林七賢図」の一部
no title

「竹林の七賢」の拓本
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180215000859_commL.jpg
1号墓の「竹林の七賢」の模写
https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20180215000861_comm.jpg
2号墓に表現された空を飛ぶ仙人(飛仙)の壁画
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180215000864_comm.jpg
2013年に発掘調査された大型墓(南京獅子沖南朝大墓)。右は1号墓、左は2号墓
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180215000852_commL.jpg
昭明太子が生きた時代の東アジア
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180215000867_commL.jpg 







5: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 01:10:21.85 ID:SgZoxivw
世界史でやったけど忘れた

11: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 02:30:43.58 ID:02a+Aubp
日本との関連はなさそうだな。ちょっと期待したが

14: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 03:45:34.98 ID:MUwp49BU
>>11
残念ですね。
このニュースは、昭明太子すなわち蕭統のお墓が見つかったということで、その弟は日本のことを本に書いているのでちょっと期待しますよね。

良く分からない人に説明すると、この蕭統さんという人は、梁の武帝の長子です。
そして武帝の七男、つまり、昭明太子の弟が、梁の元帝の蕭繹さんです。

元帝(蕭繹)は、荊州刺史を務めていた西暦526~539年頃に、『梁職貢図』を作っていて、その図の説明図に、日本のことが書いてあるのです

なお、梁の昭明太子蕭統の三男が、蕭サツで、西魏政権の手によって後梁の天子として即位させられて、おじさんの蕭繹と対立し続けました。というか、蕭サツというのが、本当の敵であった西魏に国を売ったバカだったのです。

15: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 04:03:32.27 ID:MUwp49BU
尤も、元帝も西魏の力を利用して、蜀の地を得たのですが、それがもとで、西魏に蜀を与えてしまうという大失敗をしたのでした。
甥っ子の蕭サツは、首都江陵の周辺八百里だけを領土とする、名目上の天子に祭り上げられて、おじさんの蕭繹をとっつかまえて、土嚢をいくつもおじさんの上に載せて圧し殺してしまいました。

なんか北朝鮮みたいですね。怖いですね。ではサイナラ

20: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 06:48:53.98 ID:AOJOa1NK
>>15
蕭繹もなかなかの暴君だから自業自得だけどな

24: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 07:05:26.53 ID:HqW9r3ZS
これって浮き彫り?
一見地味だけど1,500年前にすごい技術だな

28: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 08:30:27.20 ID:rPesNLZv
>>24
技術もだが労力も凄かったろうな

25: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 07:09:07.09 ID:rD4mtbhi
詩文がお好きだった陳舜臣先生が存命であればさぞや喜ばれたであろうな

27: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 07:37:32.72 ID:Xkuc51qW
「昭明」太子に「脚光」っていうダジャレかなぁ。

『文選』て曹丕じゃなかったか? と調べたら、曹丕が書いたのは『典論』だね。
『文選』に曹丕の書いた作品も収録されてるから無関係でもないけど。

29: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 08:31:08.06 ID:TeNrlGU3
めんたいこワロタ

30: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 09:28:13.30 ID:PyeDFPV9
早熟の天才だったが30歳くらいの時、水の事故が元で亡くなったけど、長生きしたとしても宇宙大将軍にぶっ殺されたかも知れん。
どちらが幸せだったのかねえ。

31: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 09:39:31.43 ID:Jaov7uOC
武帝が長生きしすぎだわ
梁ってほとんどこの人の治世じゃん

39: 名無しのひみつ 2018/02/23(金) 23:10:05.36 ID:RRARnQtg
昭明太子が長生きしてたら宇宙大将軍なんか狂った小物のままで終わってただろうな。

引用元: ・【考古学】壁に竹林の七賢図、昭明太子の墓か 異例の規模に脚光 詩文集「文選(もんぜん)」の編纂)者皇帝陵の規模に匹敵[02/17]