61CkgpQ4k1L._SL500_



1: 日本@名無史さん 2008/03/21(金) 11:44:55
菊池氏は九州肥後郡を本拠とした豪族で『平家物語』や『太平記』といった軍記物にも名があがります。
1019年に刀伊襲来の際に奮戦した大宰府官の藤原蔵規が祖です。
もっとも戦国時代に大友氏に滅ぼされることになるのですが……。








3: 日本@名無史さん 2008/03/21(金) 11:48:58
>>1
あわてすぎ。肥後国菊池郡だ。

4: 日本@名無史さん 2008/03/21(金) 12:04:55
じゃあ、菊池武朝をあげてみよう。生没年は1363-1407。初名は武興。法名は常朝という。
祖父は菊池武光。父は武政。1374年に家督をついで、南朝側の武将として活躍したという。

6: 日本@名無史さん 2008/03/21(金) 12:29:02
>>4
北朝の九州探題である今川了俊を、永和4年に肥後託間原の戦いで破った人だっけ?

7: 今川了俊 ◆lHG3Yzo0a6 2008/03/21(金) 12:35:34
>>6
イヤ、アレは肥後水島で叛乱をおこしそうな少弐冬資を誘殺したので、自分の依頼で、少弐を誘った島津らの離反をまねいたせいなのじゃよ

15: 日本@名無史さん 2008/03/21(金) 19:38:08

20: 日本@名無史さん 2008/03/21(金) 22:57:10
親戚の菊池は違い鷹の羽を家紋といってたが
傍流なのかな?

23: 日本@名無史さん 2008/03/23(日) 09:59:29
>>20
鷹の羽が家紋の現代の菊池さんは、99.9%以上の確率で肥後の菊池氏とは関係ない

25: 日本@名無史さん 2008/03/25(火) 20:16:47
菊池っては名は、香川県ではというより四国でもなかなか無い苗字。

66: 日本@名無史さん 2009/01/18(日) 02:09:56
菊池氏の家紋は本来、並び鷹の羽ってじいちゃんが言ってた。
自分の一族は愛媛出身だけど、岩手や茨城にも菊池氏は多いよ。
1024px-Japanese_crest_narabi_Takanoha.svg

67: 日本@名無史さん 2009/01/18(日) 03:02:33
東北の方は、「菊地」だったような気がする。
熊本を含む西日本のほうは、「菊池」だけど。

69: 日本@名無史さん 2009/01/20(火) 09:18:29
池のままだと憚られるので、地に直したってことだったような。
楠木氏みたいに、南北朝合一後もたびたび起こしたわけじゃないので別に問題ないと思うんだけど。
あと、三河の西郷氏も菊池氏の流れと称している。
徳川秀忠は母親(西郷局)から菊池氏の血を受け継いでいることになる。

72: 日本@名無史さん 2009/01/21(水) 13:34:08
明治天皇が菊池氏の血をひいてる説もあるね。

100: 日本@名無史さん 2009/10/22(木) 22:09:45
岩手県遠野には菊池姓が多いが、これらの菊池姓は九州菊池氏の末裔というはなしがあったような、なかったような…

26: 日本@名無史さん 2008/03/27(木) 17:58:03
蒙古襲来絵詞に描かれている菊池武房が好きだ
Kikuchi_Takefusa

28: 日本@名無史さん 2008/04/04(金) 14:53:29
>>26
博多湾の石塁の上に諸将が並ぶ中で鷹羽の旗がひるがえっていてかっこいい

32: 日本@名無史さん 2008/04/14(月) 18:17:30
菊池は倭寇の仲間だったのか?

33: 日本@名無史さん 2008/04/14(月) 19:03:23
菊池は筑後・肥後だったので倭寇には関係しない。

54: 日本@名無史さん 2008/09/05(金) 14:08:36
義武に子孫はいるの?
菊池 義武(きくち よしたけ)は、戦国時代の武将。肥後菊池氏の最後(第26代)の当主。菊池氏一門の木野親則を曽祖父に持ち、菊池氏の血を引く人物でもある。

天文19年(1550年)に兄・義鑑が二階崩れの変で横死すると、義武は鹿子木氏や田島氏の支援を得て再び隈本城を奪還、更にこの変事をきっかけに豊後国内は内乱に陥ると予測して相良氏・名和氏・三池氏・溝口氏ら肥後南部・筑後南部の国人衆と連合して肥後全土の制圧を目指した。
しかし、甥の大友義鎮(後の宗麟)は直ちに国内の混乱を鎮圧すると、義武を一族から義絶する旨を表明して大軍を派遣し、隈本城は落城して義武は島原に落ち延びた。

義鎮の和平を口実にした帰国の誘いに乗り豊後へ向かうが、その途上直入郡木原で義鎮の家臣・立花道雪とその配下の由布惟信、安東家忠、安東連忠、小野信幸の軍勢に包囲され、自害を余儀無くされた。享年50。義武の死により、肥後の名門菊池氏は名実共に滅亡した。


55: 日本@名無史さん 2008/09/05(金) 20:52:25
>>55
息子の則直とその子孫が人吉藩(相良氏)に仕えてるから、断絶してなければ今でもいるんじゃないかな。

57: 日本@名無史さん 2008/09/09(火) 18:20:07
九州の菊池一族で菊池寂阿って人を知りませんか?
福岡なんですけど近所にその人の墓と言われる石塔があって先祖らしいのですが何の手がかりもないです。

58: 日本@名無史さん 2008/09/14(日) 01:49:11
>>57
武時公のこと。
菊池 武時(きくち たけとき)は鎌倉時代末期の武将。菊池氏の第12代当主。

元弘3年/正慶2年(1333年)3月11日、博多に到着した武時は鎮西探題に出仕したが、侍所から遅参を非難され、口論となった。
13日、武時は挙兵し、博多の所々に火をつけて焼き払った。そして少弐貞経、大友貞宗らに使者を使わし、隠岐を脱出した後醍醐天皇の綸旨を受けているので同調するように告げる。しかし両者の反応は冷たく、少弐貞経は堅粕(福岡市博多区・東区)で菊池の使者を斬り、大友貞宗も使者を斬ろうとして逃走された。

武時は鎮西探題に押し寄せ、探題配下と合戦となるが敗れ、子の菊池頼隆以下菊池一族と共に討たれた。享年42。一族200名あまりの首が犬射馬場に懸けられた。


60: 日本@名無史さん 2008/10/08(水) 20:13:56
菊池武時の墓って福岡にあるの?

61: 日本@名無史さん 2008/10/08(水) 21:52:28
続筑前國風土記附録巻之三十八七隈村

椎の木という所に古塚あり。菊池寂阿か墓といふ

62: 日本@名無史さん 2008/10/09(木) 00:10:00
六本松で首葬って七隈で胴を葬ったんだったか

118: 日本@名無史さん 2010/02/06(土) 15:49:27
菊池神社に行った事があるが、祭神は、菊池武時と書いてあった。
鎌倉末期の1300年頃の人物らしい。

64: 日本@名無史さん 2008/11/11(火) 11:18:56
楠正成も一目おく南朝一の大忠臣菊地氏。
西郷隆盛も晩年は菊地姓を名乗った。

65: 日本@名無史さん 2008/11/12(水) 02:23:56
>>64の推敲しない書き込みには菊池寛も大激怒

あと菊池姓を名乗ったのは奄美大島時代


73: 日本@名無史さん 2009/02/17(火) 02:06:01
菊池武吉について教えて下さい

74: 日本@名無史さん 2009/04/19(日) 21:23:57
>>73
兄の武重の命により、湊川の楠木一族の様子を見に行って、楠木一族と一緒に自刃。
一緒に湊川神社に祀られている。 

78: 日本@名無史さん 2009/10/06(火) 00:58:00
俺の友人の家は、いまだに菊池氏の末裔という家伝を伝えている。
一族は生涯一度は菊池の地を踏むべしと言われて、必ず一度は行くそうだ。

79: 日本@名無史さん 2009/10/06(火) 01:22:51
菊池の地って隈府?

81: 日本@名無史さん 2009/10/07(水) 19:02:10
菊池市あたりは春は花見、秋は紅葉狩りにいい。
ぶらりと史跡巡りしてどっぷり温泉につかり宿で一杯やる。

85: 日本@名無史さん 2009/10/09(金) 23:30:43
菊池温泉の猫はでかいんだよね。

91: 日本@名無史さん 2009/10/17(土) 22:48:56
七城温泉だったかな。

93: 日本@名無史さん 2009/10/20(火) 22:36:53
菊池は藤原氏の子孫じゃなくて、藤原氏の郎党の子孫らしいぜ。

96: 日本@名無史さん 2009/10/21(水) 17:52:50
藤原則隆の子孫といって藤原姓を称していたのに、違うとなると今度は誰の子孫と名乗るのか?

97: 日本@名無史さん 2009/10/21(水) 18:20:33
いずれにしても摂関家に飼われた府官人だよ

101: 日本@名無史さん 2009/10/23(金) 00:19:13
幕末期に活躍した尊王の絵師・菊池容斎を忘れていないか?

103: 日本@名無史さん 2009/10/23(金) 08:35:21
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8A%E6%B1%A0%E5%AE%B9%E6%96%8E
菊池容斎

神武天皇の時代から、後亀山朝にいたる日本史を代表する500人を選び、画のうえにそれぞれ小伝を加えるかまたは詩歌を掲げた。
これが菊池容斎の代表作の『前賢故実』である。

107: 日本@名無史さん 2009/12/20(日) 13:27:29
魏志倭人伝のキクチヒコと関係ありますか

118: 日本@名無史さん 2010/02/06(土) 15:49:27
>>107
魏志倭人伝には、狗奴国の官に狗古智卑狗というのがいたと書かれている。
狗古智卑狗をキクチヒコと読んで狗奴国と関係あるのではという説もあるらしいが、狗古智卑狗をキクチヒコと読むのは無理があるように思うのだが。

それに、官名と地名が関係あると考えるのもどうかと思うし。

ちなみに、確か菊池には狗奴国城というのが出来ていた。
近くでは卑弥呼祭りもやっているから、あまりアテにはならないが。
このあたりには、吉野ヶ里遺跡のような弥生時代の大集落跡もあるから、古代がどんな様子だったかも興味があるな。

120: 日本@名無史さん 2010/02/07(日) 00:53:27
>>118
山形県の置賜郡は古代には「ウキタム」だった。宮城県の栗原郡は「コレハル」だった。
菊池郡が「クコチ」でも無理ではないと思う。文献でどうなってるか知らないけど。
しかもそれは古代中国人が聞き取った音だし。

108: 日本@名無史さん 2010/01/23(土) 23:59:16
邪馬台国九州説を唱える人は関係ありとすることが多いが正直わからない

109: 日本@名無史さん 2010/01/24(日) 11:11:22
事実そうだったら、南朝の忠臣として顕彰されている菊池氏の祖先が大和王権と戦っていたって話になり歴史の皮肉。
菊池氏の子孫もあまり認めたがらないかも。

117: 日本@名無史さん 2010/02/06(土) 14:58:58
江戸時代の末期、関東地方の村々を旅しながら教えた儒学者に菊池菊城っていう人がいるが、この人も菊池氏の子孫。
その教えを受けた人物には、小島鹿之助(近藤勇の義兄弟で新撰組の後援者)、尾高藍香(富岡製糸場の初代場長で日本の製糸業を興す)、渋沢栄一(第一国立銀行の初代頭取で生涯に500以上の企業を興した大事業家)などが居る。

124: 日本@名無史さん 2010/06/15(火) 14:49:00
親父が北海道の人間で家は秋田が本家らしい。
そして苗字は菊池じゃなくて菊地なんだが(´・ω・)

引用元: ・【九州】 菊池氏について語れ 【名門】