61g6s6OzWiL


1: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 13:13
いろんな武将にあだ名【異名】がある。
こんな武将にこんな異名があったのかとまた一つ戦国時代が好きになる。。
そういうのをみんなでどんどん語ろうではないか









3: 04/03/10 13:16
タイトル
志賀親次「天正の楠木」
戸沢盛安「夜叉九郎」

どんどん上げれ

5: 1 04/03/10 13:24
天下人のイミョウ
信長「うつけ」「赤鬼」「第六天魔王」
秀吉「猿」「禿げ鼠」「木綿藤吉」
家康「狸」「海道一の弓取り」

7: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 15:02
鬼石曼子
赤鬼
青鬼
鬼佐竹
鬼真壁


以上、鬼系

12: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 20:12
>>7
鬼石曼子=わからん
赤鬼=赤井直正
青鬼=籾井教業
鬼佐竹=佐竹義重
鬼真壁=真壁・・・なんだったっけ

30: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:22
>>12
誰も答えないから答えると
鬼石曼子(島津)=島津義弘
鬼真壁=真壁氏幹
槍大膳=正木時茂
槍弾正=保科正俊 
9: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 15:26
鬼武蔵
鬼道雪
鬼吉川
鬼小島

10: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 18:44
吉川元春も鬼吉川だが、吉川経基が最初の鬼吉川だな。
なんか文が変だが。鬼吉川=俎吉川

11: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 19:13
槍大膳
槍弾正
槍の半蔵
槍の勘兵衛
槍の又左

12: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 20:12
>>11
槍大膳=わからん
槍弾正=織田信秀?
槍の半蔵=わからん
槍の勘兵衛=渡辺勘兵衛
槍の又左=前田利家

答え合わせヨロ

14: 佐竹義重 04/03/10 20:56
槍の半蔵は服部半蔵だよ。

17: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 21:23
>>14
槍の半蔵は渡邊半蔵守綱だろ?
服部半蔵は「鬼の半蔵」

23: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:00
>>17
ハットリくんも槍の半蔵

24: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:03
>>23
そうなの?
混同してない?
渡辺が槍で服部が鬼だけじゃなく槍もか?

25: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:14
二人とも槍の半蔵で合ってるよ。
つかよく見かけるな、このやり取り。

26: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:16
三河後風土記
では服部は鬼の半蔵
渡辺が槍の半蔵
の異名を持つと明記されている。

36: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:31
確か服部の方も槍の使い手として有名なんじゃなかったっけか
四谷のなんとかって寺に、家康から拝領した槍が残ってるらしいな

37: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:32
>>36
でも、個人的に服部をやりの半蔵と呼ぶって史料をみたことがないんだよね。
なにか元ネタでもあるんだろうか?

41: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 00:10
>>37
講談やらで守綱と混ざったのかもね

13: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 20:51
槍の又兵衛
槍の才蔵
槍主水
血槍九郎

34: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:28
>>13
槍主水てだれよ?

52: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 10:05
家城主水正じゃねえの?
覇王伝で北畠か何かに仕えてた人

28: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:19
越後の虎  謙信

29: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:22
井伊の赤鬼

32: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:26
楊柳 小早川隆景

33: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:27
独眼竜

35: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/10 23:29
本多重次=「鬼作左」
九鬼嘉隆=「海賊大名」
秋山信友=「武田軍の猛牛」
鳥居元忠=「三河武士の鑑」
波多野宗高=「丹波鬼」
堀尾吉晴=「仏の茂助
前田利家=「槍の又左」
丹羽長秀=「米五郎左」
佐久間信盛=「のき佐久間」
柴田勝家=「かかれ柴田」
滝川一益=「進むも退くも滝川」
佐竹義重=「鬼義重」
立花道雪(戸次鑑連)=「鬼道雪」
真田幸村=「日本一の兵」
島清興(左近)=「三成に過ぎたるもの」
本多忠勝=「家康に過ぎたるもの」
長曽我部元親=「土佐の出来人」
服部正成=「鬼の半蔵」
渡辺守綱=「槍の半蔵」
馬場信房=「不死身の鬼美濃」
飯富虎昌=「甲山の猛虎」
赤井直正=「丹波の赤鬼」(コンビで青鬼も^^)
安東愛季=「斗星の北天に在るにさも似たり」
土岐為頼=「万喜少粥」
真壁氏幹=「鬼真壁」
江村親家=「小備後」

45: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 03:42
羽州の狐・相模の獅子・美濃の蝮・肥前の熊

48: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 04:15
荻野直正が「赤鬼」と呼ばれるのは、実家の赤井家からとったとすぐに分かるんだが、
籾井教業の「青鬼」っていうのは何か無理矢理対応させてみましたって感じで納得いかない。

50: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 07:01
本多忠勝公には「日本の張飛」というよくわからないあだ名も有る。信長が姉川合戦の時に付けたらしい。
その他「とんぼぎりの平八郎」「花実兼備の武士」など、異名が多い武将。

58: ◆BuCHuBO.t. 04/03/11 10:50
赤井直正=悪右衛門

なんか目つきの悪いドラえもんを想像してしまうが…

59: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 10:57
槍弾正
逃げ弾正
攻め弾正

っていたよね?

63: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 11:56
逃げ弾正 高坂昌信
攻め弾正 真田幸隆

60: ◆BuCHuBO.t. 04/03/11 10:57
あとは、なんだろ?

越後の鐘馗 斎藤朝信
鬼武蔵 森長可
拾い馬の長閑 長坂長閑斎

66: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 12:45
佐竹義重の坂東太郎ってどういうこと?
荒れ川だった利根川を猛将義重の比喩につかってるのか、それとも坂東の中で長子の名を与えるにふさわしい武将ってことなのか?

203: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/24 09:27
>>66
遅いけど。
つまり北条が北関東に出陣すると、義重も必ず迎撃しに出てくるわけよ。
その戦場がほぼ毎回利根川付近になって北条はなかなか利根川を越えられない。
そういうことから「坂東太郎」と呼ばれたんじゃないかな。

221: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/26 22:05
>>203
あれは、坂東一の武者ぶりって事を利根川に例えたんじゃなかったっけ?
北条方の補給基地に少数で夜討ちをかけて、7人斬り殺した時に付いた異名だったような。

68: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 14:18
殺生関白(豊臣秀次…ダッタカナ?)

70: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 15:32
笹の才蔵ってのもあったよな

73: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 16:41
キンカ頭=明智光秀
実力での異名はなんかあったか?みっちゃん

75: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 18:08
あと出てないのは、地黄八幡とか表裏比輿の者とか

76: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 18:27
>>75
北条綱成と真田昌幸ですな。真田は親子三代それぞれ異名があるな・・・

79: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 19:33
鬼作左、仏高力、どちへんなしの天野三郎兵衛の話は面白いやね。

天野 康景(あまの やすかげ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。本多重次、高力清長と共に三河三奉行と称され、「仏高力、鬼作左、どちへんなきは天野三郎兵衛」(清長は寛大、重次は剛毅、康景は慎重)と評価された。


83: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 23:37
龍造寺隆信-肥前の熊

84: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/11 23:43
大欲院悪逆国師=金地院崇伝
黒衣の宰相=南光坊天海
一対坊主=瀧本寺非有・安国寺エケイ
大坂の坊主=本願寺顕如
れんぎょさん=本願寺蓮如
僧兵大名=宮部善祥坊

坊主の戦国武将の異名。
尊敬を払われているのが蓮如だけというのはなんというか・・・

86: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/12 01:50
逃げ佐久間=佐久間信盛ってあったよね?

87: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/12 02:07
>>86
木綿藤吉 米五郎三 掛かれ柴田 に 退け佐久間
ですか?

88: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/12 03:01
名古屋山三は一の槍-名古屋山三郎(まんま)
鳥なき島の蝙蝠-長宗我部元親
西国一の侍大将-陶晴賢

90: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/12 11:42
海道一の弓取り 該当者複数

92: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/13 16:53
柳河三年(肥後三月、肥前久留米は朝飯前)-蒲池鑑盛
三日月の丸くなるまで南部領-南部晴政

93: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/13 17:00
姫若子=長宗我部元親

100: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/13 20:10
逃げ弾正の意味わからん。

102: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/13 20:18
>>100
その名の通り退却っつーか殿軍やるのが巧かったらしい。
戦国時代は、まあ今もそうだけど攻めるのが巧いのも勿論大事だけど時には引く事も重要だったと。
逃げるの下手だったら致命的なダメージ受けて再起不能になっちゃうし。


108: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/13 20:58
一徹者 稲葉一鉄
鈴鳴り武者 仙石秀久
越後第一 柿崎景家
名人久太郎 堀秀政
仏の茂助 堀尾吉晴
花実兼備の勇士 本多忠勝
地震加藤 加藤清正
御隠居様 前田利久
橙武者 薄田兼相

147: 電波姫@ぷらら規制解除^^ ◆a.TgNskvck 04/03/16 00:01
首獲り天狗って誰だっけ? 
島左近だっけ? 可児才蔵だっけ?

153: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/16 02:03
>>147
「頸取り足立」なら知ってるけど天狗ってのは初耳だな

正木時茂・・・「槍大膳」
土岐為頼・・・「万喜少弼」
二人あわせて「鬼両喜」

水谷正村・・・「退かず蟠龍」

太田資正・・・「片野の三楽」

山上照久・・・「煎り道牛」

150: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/16 00:53
親指武蔵=新納忠元
名人越後=富田重政

152: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/16 01:07
アウグスティノ=小西行長
別名じゃないが・・・

153: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/16 02:03
>>152
これも異名ではなく自称だが
荒木村重改め荒木道糞(後に道薫)
道端の糞・・・自虐的すぎる。

165: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/17 17:58
黄後藤
奥羽の鬼姫
出羽の曉勇
鬼の小十郎

東北シリーズ。とっていも伊達と最上だけだが。

169: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/18 13:14
>>165
黄後藤=後藤信康
奥羽の鬼姫=義姫(保春院)
出羽の曉勇=最上義光
鬼の小十郎=片倉小十郎景綱

1個わかんなかったのでぐぐりますた。

170: 165 04/03/18 13:21
>>169
「鬼の小十郎」は景綱じゃなくて、普通は重綱(重長)だよん。
あとは正解。

それと字間違えたかも。曉じゃなくて驍だった予感。

167: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/18 04:45
立花道雪・・・雷の化身

172: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/19 13:39
既出かもしれんが思いついた者
越後の鐘馗
名人越後
土佐の出来人
海賊大名
天下の総代官
夜叉美濃
鬼虎
甲山の猛虎
鬼作左

184: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/22 02:45
典厩とかしょうよう軒は?

189: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/22 10:32
>>184
典厩=武田信繁
逍遙軒=武田信廉
いずれも武田信玄の弟。

192: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/22 13:16
>>184
前者は官命、後者は号。

190: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/22 10:35
レオン

・・・妙にシックリくるな氏郷だと

191: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/22 12:51
氏郷には天下取りの生き字引なんて異名もなかったか

194: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/24 02:21
鬼十河=十河一存

205: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/24 18:59
>>194
息子の存保も「鬼十河」と呼ばれたらしい。
戸次川合戦を描いた軍記に存保をして「鬼十河」と呼ぶものがあった。

208: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/26 00:19
「臆病野洲」尼子久幸
「東海将軍」安東尋季
「姫路宰相」池田輝政
「佐竹の黄鬼」梅津憲忠
「天下の総代官」大久保長安
「尾張の虎」織田信秀
「鬼虎」小幡虎盛
「直江被官の棟梁」春日元忠
「風流太守」木曾義在
「盲目の大将」香西佳清
「六角家の両藤」進藤貞治・後藤賢豊
「鬼玄蕃」佐久間盛政
「平井の孫市」鈴木重兼
「悪屋形」大宝寺義氏
「守成の賢君」伊達忠宗
「丹波鬼」波多野宗高
「槍林」林通政
「平島公方」足利義維
「天下の御意見番」大久保忠教
「南部の光り武者」北信景
「豊後のヘラクレス」柴田礼能

228: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/28 01:46
>>208の柴田礼能なんかはどうなんだ?
俺はよく知らないが、当時の宣教師共が文書に残した賛辞とか、そういうことだよな?

213: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/26 04:50
いやヘラクレスて

218: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/26 14:44
>>213
Oh!友家だし

224: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/28 01:20
羽川義植「盗賊大名」(敵の領地で強盗をやりまくったため)
伊東長久「編笠清蔵」(かぶとを忘れて出陣したため編み笠をかぶっていたから)
鮭延秀綱「乞食大名」(ほいとだいしょうと読む。主家最上家が取り潰された後、家臣を連れて乞食をやっていたから)
道家清十郎「無双道家」
岩室重休「限りなき器量の仁」

226: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/28 01:39
>>224
鮭延さんは「乞食をやっていた」のではなくて、

大禄仕官の話が来たんだけど、
「わたし一人に高く出すより、その額でわたしの家臣団を雇ったほうが役に立つ上、家臣と家族がみんな助かりますのでお願いします」
「ンじゃお前どうすんの?」
「家臣の世話になります」
といって、旧家臣を推薦・仕官させて、自分はその家臣団に養われて
暮らした。

ってんじゃなかったですっけ?

238: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/05 11:56
まとめてやったぞこのトンヌラ共!

【あ】
赤井直正「赤鬼」/秋山信友「武田の猛牛」/明智光秀「キンカ頭」「犬兜」
足利義昭「貧乏公方」/足利義維「平島公方」/足利義稙「流れ公方」
足利義輝「剣豪将軍」/足利義晴「江州大樹」/足立六兵衛「首取り足立」
尼子経久「無欲の人」/尼子久幸「臆病野洲」/安東愛季「斗星の北天に在るにさも似たり」/安東尋季「東海将軍」

【い】
井伊直政「井伊の赤鬼」/家城主水「槍主水」/池田輝政「姫路宰相」/伊東長久「編笠清蔵」
稲葉一鉄「一徹者」/今川義元「海道一の弓取り」/岩室重休「限りなき器量の仁」

【う】
上杉謙信「越後の虎」/宇喜多直家「西の信長」/梅津憲忠「佐竹の黄鬼」

【え】
江村親家「小備後」

【お】
大久保忠教「天下の御意見番」/大久保長安「天下の総代官」/大崎長行「鬼玄蕃」
太田資正「片野の三楽」/織田信長「うつけ」「赤鬼」「第六天魔王」
織田信秀「尾張の虎」/小幡虎盛「鬼虎」/飯富虎昌「甲山の猛虎」


239: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/05 11:58
【か】
柿崎景家「越後第一」/春日元忠「直江被官の棟梁」/片倉重長「鬼の小十郎」/加藤清正「地震加藤」
加藤段蔵「飛び加藤」/可児才蔵「槍の才蔵」「笹の才蔵」/蒲生氏郷「風流の利発人」

【き】
木曾義在「風流太守」/北信景「南部の光り武者」/北畠具房「大腹御所」
吉川経基「鬼吉川」「俎吉川」/吉川元春「鬼吉川」「雪梅」

【く】
九鬼嘉隆「海賊大名」

【こ】
香西佳清「盲目の宗可」/高坂昌信「逃げ弾正」/高力清長「仏高力」
小島弥太郎「鬼小島」/後藤信康「黄後藤」/後藤又兵衛「槍の又兵衛」
小早川隆景「楊柳」/金地院崇伝「大欲院悪逆国師」

240: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/05 12:00
【さ】
斎藤朝信「越後の鐘馗」/斎藤道三「美濃の蝮」/佐久間信盛「退け佐久間」
佐久間盛政「鬼玄蕃」/鮭延秀綱「乞食大名」/佐竹義重「鬼佐竹」「坂東太郎」/真田信繁(幸村)「日本一の兵」
真田昌幸「表裏比輿の者」「小信玄」「両眼の如き者」「稀代の横着者」/真田幸隆「逃げ弾正」

【し】
志賀親次「天正の楠木」/品川大膳「狼之介」/柴田勝家「かかれ柴田」「甕割り柴田」
柴田礼能「豊後のヘラクレス」/島左近「三成に過ぎたるもの」/島津義弘「鬼石曼子」/白井胤治「今孔明」

【す】
陶晴賢「西国一の侍大将」/鈴木重兼「平井の孫市」/薄田兼相「橙武者」

【せ】
仙石秀久「鈴鳴り武者」

【そ】
十河一存「鬼十河」/十河存保「鬼十河」/曾根昌世「両眼の如き者」

241: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/05 12:03
【た】
大宝寺義氏「悪屋形」/高田又兵衛「槍の又兵衛」/滝川一益「進むも退くも滝川」
武田信玄「甲斐の虎」/武田信繁「典厩」/立花道雪「鬼道雪」「雷の化身」
伊達政宗「独眼竜」「二股膏薬」「内股膏薬」「仙台黄門」「奥州王」「天下の副将軍」

【ち】
長曽我部元親「土佐の出来人」「鳥なき島の蝙蝠」「姫若子」「鬼若子」

【つ】
津軽為信「髭殿」「津軽の梟」

【と】
道家清十郎「無双道家」/土岐為頼「万喜少弼」/徳川家康「狸」「海道一の弓取り」
戸沢盛安「夜叉九郎」/富田重政「名人越後」/豊臣秀次「殺生関白」/鳥居元忠「三河武士の鑑」

【な】
長尾景春「関東の呂布」/長坂信政「血槍九郎」/長坂長閑斎「拾い馬の長閑」
名古屋山三郎「名古屋山三は一の槍」/長束正家「天下無双の算術」/鍋島直茂「老狐」
成富茂安「ねば口兵庫」「鬼兵庫」/南光坊天海「黒衣の宰相」

【に】
新納忠元「鬼武蔵」「親指武蔵」/丹羽長秀「米五郎左」

242: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/05 12:04
【は】
羽柴秀吉「猿」「禿げ鼠」「木綿藤吉」「猿面冠者」/波多野宗高「丹波鬼」/服部半蔵「槍の半蔵」「鬼半蔵」
馬場信房「不死身の鬼美濃」/林通政「槍林」/原虎胤「鬼美濃」「夜叉美濃」

【ひ】
平野甚右衛門「ちょっぽり甚右衛門」

【ふ】
福留親政「福留の荒切り」(正確には福留の異名じゃないが)

【ほ】
北条氏康「相模の獅子」/北条綱成「地黄八幡」/保科正俊「槍弾正」
堀尾吉晴「仏の茂助」/本願寺顕如「大坂の坊主」/本願寺蓮如「れんぎょさん」/本多重次「鬼作左」
本多忠勝「家康に過ぎたるもの」「日本の張飛」「とんぼぎりの平八郎」「花実兼備の武士」

【ま】
前田利家「槍の又左」/前田利久「御隠居様」/真壁氏幹「鬼真壁」
正木時茂「槍大膳」/松平信綱「知恵伊豆」

【み】
水谷正村「退かず蟠龍」/宮部継潤「僧兵大名」

【も】
最上義光「羽州の狐」「出羽の驍雄」/籾井教業「青鬼」/森長可「鬼武蔵」

243: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/05 12:04
【や】
屋代景頼「闇の仕置人」/安田能元「跛上総」/山上照久「煎り道牛」

【よ】
吉田貞重「せんの次郎左衛門」/義姫(保春院)「奥羽の鬼姫」

【り】
龍造寺隆信「肥前の熊」

【わ】
渡辺勘兵衛「槍の勘兵衛」/渡辺守綱「槍の半蔵」


【複数でひとまとめの異名・異称】
瀧本寺非有&安国寺恵瓊「一対坊主」/正木時茂&土岐為頼「鬼両喜」
最上義光&白鳥長久「出羽の双傑」/六角家臣の後藤氏&進藤氏「六角家の両藤」


【なんか架空の人物らしいよ】
羽川義植「盗賊大名」

【人物以外】
江戸「将軍のお膝元」/大阪「天下の台所」
南部領「三日月の丸くなるまで南部領」/柳河城「柳河三年(肥後三月、肥前久留米は朝飯前)」

256: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/09 05:24
>>238
上杉謙信は越後の 龍 じゃなかった?

260: 238 04/04/09 13:31
>>256
どっちもありっぽい。
「虎」は寅年生まれだったり、諱に虎の字が入ってたことに由来してるみたい。
「龍」は信玄の「甲斐の虎」と対になってるんじゃないかねえ。
出所はよくわからないけど、たぶんどちらも後世のものだと思う。

245: 238-243 04/04/05 12:20
連投すんません。長宗我部国親「野の虎」が抜けてました。ほんとすいません。

247: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/06 10:59
乙カレー。

ところで、「異名」として人々から呼ばれてたのと
後に歴史書なんかで「評された」ってのがここではごっちゃになってる気がするんだけど

248: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/07 20:42
相合元綱「今義経」…元就異母弟。元就よりも初陣が早く、剛勇だった
朝倉景冬「朝倉の小天狗」…初代朝倉孝景の弟 剛勇なのに身のこなし軽いから
足利義明「近代無双の名将」
尼子久幸「比丘尼野洲」とも言われた
有馬晴純「高来屋形」
稲富祐直「二領具足」…具足を二枚着て戦場を駆けたことから
稲葉一鉄「今弁慶」
大沢正秀「鵜沼(東美濃)の虎」…秀吉の出世譚の一つにでてくる
小幡信貞「上州の朱武者」
京極高次「蛍大名」…妻の七光りで出世したといわれたから
笹森勘解由「鬼勘解由」…津軽為信家臣の猛将
里見義弘「万年君」…農民をいたわり、いつまでも義弘に仕えたいと農民
           が願ったから。
津田信澄「一段の逸物」…ちんこがでかかった
長野業正「上州の黄斑」
松前慶広「狄の千島の屋形」…秀吉曰く
山名宗全「赤入道」…あから顔だったから京童がそう呼んだ
吉田重俊「大備後」
龍造寺隆信「五州二島の太守」、「肥前のカエサル」

252: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/08 18:21
>>248
>津田信澄「一段の逸物」…ちんこがでかかった

違うだろw

引用元: ・【天正の楠木】戦国武将の異名を語れ【夜叉九郎】




異名・ニックネーム辞典

三省堂
売り上げランキング: 113,998