413chA+1khL



1: 日本@名無史さん 2006/01/09(月) 03:06:32
視力0.01だったらいくら運動神経良くて力自慢でも戦ではまともに戦えないはず。
ところで近視だったことがわかっている歴史上の人物とかいるの?








2: 日本@名無史さん 2006/01/09(月) 03:12:41
徳川家康。老年に何番渡りの眼鏡を愛用してたとある。現物も残ってるんじゃないかな

3: 日本@名無史さん 2006/01/09(月) 03:15:27
>>2
あーそれは知ってる。
あと明智光秀も近眼だったとか言われてるな。

12: 日本@名無史さん 2006/01/11(水) 15:22:19 
近眼用と老眼用の2つあって、家康が使っていたのは老眼用のやつ。

4: 日本@名無史さん 2006/01/09(月) 04:22:15
坂本竜馬は強度の近視&鳥目だった。
梅毒の影響と言われてる。

6: 日本@名無史さん 2006/01/10(火) 11:08:45
坂本竜馬は夜尿症・・・、じゃない夜盲症

9: 日本@名無史さん 2006/01/11(水) 00:43:02
坂本竜馬って剣の達人だったらしいけど 
マジで近眼? 

32: 日本@名無史さん 2006/01/15(日) 13:39:06
>>9 

龍馬が近眼だったっつーのは、司馬の創作。

34: 日本@名無史さん 2006/01/15(日) 17:39:53
>>9 >>32 
確かに。 
竜馬の残る写真で、目を細くしたように見える為、司馬が近視と創作した。 
ちなみに“剣の達人”も創作。 


35: 日本@名無史さん 2006/01/15(日) 18:18:17
剣のほうはガチだろ 
達人がどの程度のレベルかは知らんけど

36: 日本@名無史さん 2006/01/15(日) 21:15:12
>>35 
坂本竜馬は長刀{薙刀}の免許は持ってるけど、刀のは貰ってないよ。 
だから、剣術については強さがわからん。薙刀と剣は別だから司馬遼太郎に長い間騙されたw


関連記事【高知】坂本龍馬、「北辰一刀流」免許皆伝 「剣の達人」示す文書、記念館が確認
48: 日本@名無史さん 2006/03/25(土) 10:17:53
坂本龍馬の近視説は梅毒説同様根拠がない。 
ただし,姪の春猪が近視だったと伝えられているので,もし近視が遺伝するものであれば,龍馬も近視だったと考えられないではない。 
剣術については,勝海舟が龍馬のことを「剣術はなかなか使える」と人に紹介していることから,結構使い手だったと考えて良いと思う。

8: 日本@名無史さん 2006/01/10(火) 14:10:51
近眼は最近は矯正手術とかも有るにはあるが大多数の近眼者は未だ眼鏡、コンタクト主流で不治の病

昔だったら盲目と同類な障害者だな
今でも途上国で眼鏡も買えない貧民とかそうなんだろうな

11: 日本@名無史さん 2006/01/11(水) 01:46:25
そういえば、水戸光圀もそうじゃなかったかな。大日本史の編纂とかの逸話であったと思う。
あとは、家康・秀忠の配下か、親しい大名にメガネを送ってなかったっけ?
南蛮貿易を推奨してたころだと思ったから、鎖国前のはず・・・加藤清正?

14: 日本@名無史さん 2006/01/11(水) 16:18:37
たしか光秀は信長の顔がはっきり見えなかったそうだ(謁見する時かな)

15: 日本@名無史さん 2006/01/11(水) 22:24:27
当時も目の医者はいたんじゃね?
大河とかで、爺医者が「この薬草を煎じて飲めば目が治る」とかのシーンあったような。

19: 日本@名無史さん 2006/01/12(木) 03:02:44
>>15
目の病は直せるけど、近眼とかは投薬では治せないよ。
近眼や老眼、遠視は目の筋肉{御幣在り}の問題だから

17: 日本@名無史さん 2006/01/11(水) 22:39:42
昔の人はパソコンとかゲームしなかったから近眼にはなりません
外に出れば緑豊かで遠くまで見渡せたので衰えも少ないです

19: 日本@名無史さん 2006/01/12(木) 03:02:44
>>17 
書物の他、町だとそこまで見通しよくないよ

21: 日本@名無史さん 2006/01/13(金) 09:31:47
>>17
照明が発達していなかったから普通に生活していても目が悪くなる可能性が高い。
紙質も悪く、印刷文字ではない手書き文字なので書物を読むのにも目を疲れさせていたと思う。

18: 日本@名無史さん 2006/01/12(木) 01:19:39
女性だと、徳川秀忠の母親や和宮が近眼だったとの記録あり

20: 日本@名無史さん 2006/01/12(木) 04:21:36
視力の矯正器具らしきものは実は古代からある
困っていたのは近眼より難聴の人じゃない?
補聴器なんか当然ないし、ペンが身近にない時代、筆談も気軽に出来ないし。

22: 日本@名無史さん 2006/01/13(金) 09:32:47
>>20
実際に矯正効果がなければ
なんの意味もないと思うが。

23: 日本@名無史さん 2006/01/14(土) 05:17:59
>>22
メガネなんてそんな難しいもんじゃない
要は焦点が合えばいいんだから紙でも作れる
(小さな穴をたくさん開けた紙を覗けば目が悪くても遠くまで見える)

26: 日本@名無史さん 2006/01/14(土) 14:58:30
>>23
戦国期以降に西洋から献上された眼鏡なんかは見たこと有るけどそれ以前にも日本に似たようなものは存在していて眼球の構造とか眼鏡で焦点を合わせる理論とかは確立されていたって事?

27: 日本@名無史さん 2006/01/14(土) 21:47:06
西洋から献上されるまで、レンズ加工の技術は無かったのは確かだよね。
自然科学分野については江戸時代になってから蘭学の影響で発達してたと習ったが・・・
腑分けなど人体構造に付いても研究されてないから、そういう理論は発達してなかったと思うよ。
>>23のが経験則から作られたというのは考えられるけど、現物が戦国期以前にあったと言うのは聞いた事ないな

28: 日本@名無史さん 2006/01/14(土) 22:45:48
どっちにしても
戦にそんなものつけていけないだろうが。

30: 日本@名無史さん 2006/01/15(日) 02:43:24
乱視も大変。戦に出ると、敵が異常に多く見える。

33: 日本@名無史さん 2006/01/15(日) 15:56:38
昔のメガネって、ツルがなくて紐を耳にひっかけて固定するマヌケなメガネだろ?
さぞかし不安定だったろうな。
それに、長時間つけてると鼻に食い込んできそう。

36: 日本@名無史さん 2006/01/15(日) 21:15:12
>>33 
それ考えるとメガネの鼻当てがどんなにすごい発明かわかるよね。
開発っていつごろなのかな?

38: 日本@名無史さん 2006/01/16(月) 01:03:59
メガネの鼻部分って明治後期か大正期の普及してからだと思ったよ。
今は時間無いので時間ある時に載ってた資料探しておく

43: 日本@名無史さん 2006/02/06(月) 09:00:24
眼鏡の無い時代の近眼は盲目と殆ど同意だったのでは
まともに社会生活の送れない障害者、廃人扱いだろ

47: 日本@名無史さん 2006/03/24(金) 23:46:35
目といえば「黒田の目薬」だが
これって当然眼精疲労の回復とか消毒用だよな?

49: 日本@名無史さん 2006/03/29(水) 19:34:44
虫歯も大変だったでしょうな

50: 日本@名無史さん 2006/04/03(月) 02:40:38
虫歯は抜いてた

55: 日本@名無史さん 2006/06/19(月) 11:06:33
>>50
遅レスだが、そんな簡単なものじゃない。
まず麻酔なしで歯を抜くのがどれだけすざまじいか考慮してないし、歯の根元が曲がっている人は歯を砕かないと抜けない。俺がそうで歯医者で悪戦苦闘しながら一時間近くかかって抜いてもらった。麻酔なしなら死んでたかも・・・・

そういうわけでちょっとやそっとでは抜けない。
山内容堂など晩年は虫歯地獄で発作が出たときはどんな重要な会議でもすっぽかしたとか。あるいは12代将軍が虫歯で死んだしかいう話しあり。

56: 日本@名無史さん 2006/06/19(月) 11:09:44
>近視について

確かに南蛮貿易が始まってからは眼鏡も輸入されたが利用できるのは用心クラスの人物のみ。あと、昔でも目を打つとか、本の読みすぎで目が悪くなる事はいくらでもあった。
そして白内障ね。酒井忠次が晩年、失明したのも白内障だろ。

65: 日本@名無史さん 2006/10/22(日) 19:21:19
大谷吉継はほとんど盲目に近かったけどね

66: 日本@名無史さん 2006/10/23(月) 02:17:19
眼鏡付きの兜というのがあるぞ
helmet7_m


68: 日本@名無史さん 2006/11/19(日) 19:42:32
平安時代の天皇に目が悪いのいたよね。

69: 日本@名無史さん 2006/12/10(日) 00:47:58
>>68
鳥羽法皇の第二皇子が盲目です。(第一皇子は祖父の子で、第三皇子も障害児)

57: 日本@名無史さん 2006/06/29(木) 22:01:26
大変だな
昔の人は

引用元: ・昔は近視だった人は不便だったでしょうな




江戸期視覚文化の創造と歴史的展開―覗き眼鏡とのぞきからくり
板垣 俊一
三弥井書店
売り上げランキング: 798,132