no title



1: ばーど ★ 2018/05/08(火) 20:56:46.84 ID:CAP_USER9
「酔象」(上段左端)など初公開される将棋駒の赤外線写真=橿考研付属博物館提供

橿原考古学研究所付属博物館(奈良県橿原市)は8日から13日まで、奈良市の興福寺旧境内で平成25年に見つかった平安時代の将棋駒「酔象(すいぞう)」など10点を初公開する。8、9の両日、同寺で将棋の第76期名人戦七番勝負の第3局が指されることから、公開を決めた。

初公開されるのは酔象のほか、桂馬(1点)と歩兵(7点)、さらに一緒に見つかった 承徳2(1098)年の年号木簡。酔象は現在主流の将棋にはない駒で、長さ2・5センチ、幅1・5センチ。表に墨で酔象と書かれているが、裏には文字はない。


(以下略)

全文は
http://www.sankei.com/west/news/180508/wst1805080011-n1.html 










2: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 20:58:08.93 ID:g5DTb9fG0
昔の駒の動きはいまいちよくわからん

7: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 21:00:19.32 ID:5Gz+qi+J0
>>2
古代のインドに将棋の原型があったそうだが
駒が数百を超えるとかなんとか

14: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 21:04:16.81 ID:g5DTb9fG0
>>7
今度ニコ生かアベマあたりで大将棋やってもらいたもんだけど
インドのやつやったら勝負に1か月とか平気で使うんだろな

9: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 21:00:37.38 ID:KXtbA8TX0
形がもう五角形みたいなのになってるんだな

13: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 21:03:13.03 ID:9CYs7m+70
最強の駒って飛車が成った後の龍?

22: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 21:16:14.67 ID:+IdDdywD0
>>13
中将棋には「獅子」「奔王」という駒がある。
「獅子」は玉将と同じ動きだが、一度に2回動ける。
「奔王」はチェスのクイーンと同じ動き。

ちなみに、飛車と角行は本来の将棋には無かった駒で、中将棋から輸入した駒。

43: 名無しさん@1周年 2018/05/09(水) 20:57:01.41 ID:eVyQpRZc0
>>22
獅子は単独で敵玉を詰ませられるんだよなあ

15: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 21:06:59.57 ID:6aIF/E1W0
銀の駒が、象の動きの名残なんだっけ

20: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 21:11:46.07 ID:I2nPOnd80
平安の頃から五角形なんだな
チェスみたいな駒ってのは無かったんだろか

27: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 21:30:22.13 ID:rTxLhyqL0
醉象が太子に成ると王将取られても太子が代わりになって投了にならない

29: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 21:33:42.34 ID:AyygrW8X0
>>27
そうそう王が死んでも太子がいればゲームが続くんだよな
「先帝陛下の無念を晴らす」とかなんとかいってwww

33: 名無しさん@1周年 2018/05/08(火) 23:05:01.88 ID:K5COf1UG0
平安時代のガラス牌が発見されたりしないかな

引用元: ・【奈良】興福寺で発見、平安時代の将棋駒「酔象」など初公開 橿考研付属博物館




将棋世界 2018年6月号
将棋世界 2018年6月号
posted with amazlet at 18.05.09

マイナビ出版 (2018-05-02)