61h1xZFhOwL



1: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/05(火) 15:43:09.87
描く予定とかなかったのかな?








4: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/06(水) 18:58:39.79
原作となるような小説がなかったから

5: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/08(金) 21:03:22.65
光武帝がつまらないから

6: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/09(土) 00:30:49.81
光武帝はライバルがいないんだよなあ

7: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/09(土) 20:09:23.29
何人もの宿将を暗殺した公孫述がいるだろ!!

15: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/13(水) 18:31:34.19
劉邦と項羽、劉備と曹操みたいな感じで劉秀にはライバルがいなかった
ライバルのいない物語が面白いわけがない
そんなんだから、劉秀は敵が雑魚だから簡単に統一できたとか言われるんだろうな

16: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/13(水) 18:41:47.27
ま、実際そうだったと思うぞ
だからこそ光武帝の河北を制して天下を狙うという戦略が、ある意味「王道」の戦略として後世では認識され、袁紹・曹操がその戦略を踏襲したんだと思う

ただ、曹操には劉備という超優秀なライバルがいたため、光武帝のように天下を獲れなかった

17: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/13(水) 19:30:39.24
最大のライバルといわれた王郎があれだからなあ
配下が寝返った時点で完全に詰みだし

本当は高度な統治能力や統率力があったかもしれんが、
一番の苦戦があれなら、全て雑魚と断言しても問題はない

劉備は曹操配下を何度も撃退したが、光武帝武将の大敗は暗殺のみ

19: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/13(水) 21:04:15.35
戦争のうまさは時代別では比較は難しいが、内政能力や統率能力はある程度比較できるからなあ

勝手に内政が混乱する赤眉や緑林、最大の配下があっさり寝返る王郎に比べれば、劉備は超優秀

カイゴウと公孫述は、劉姓ではないので、御輿ではなく実力があったかもしれんが

20: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/13(水) 22:38:47.48
劉備は、出発からほぼ徒手空拳だった。
劉秀みたいに付いてくる一族や豪族も全然いなかったし。
それで後漢後期のあの激動の時代に皇帝に成り上がったんだから凄いよな。

数多かった、群雄で本当に曹操とただ”二人”しか残らなかったよな。

21: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/14(木) 00:54:29.40
光武帝天下取りのハイライト(武将時代はのぞく)

①王郎を攻めにいくが兵力不足で苦しむ
②なんだかんだで、王郎配下の劉揚は寝返る
③無防備状態の王郎を討ち取る
④河北の盗賊を討伐して即位したら、内政が混乱していた更始帝が赤眉に攻められて殺される
⑤赤眉が長安で略奪して、破れかぶれに配下が負けるものの、最後に自らの手で勝利する
⑥天下取りのライバルは全て消え、中原を手にし天下統一は時間の問題

これでどうやって盛り上げられるのかが分からん
項羽みたいな失敗をしなければ勝利は決まっている

地方討伐で苦戦したのは、全方向に兵力を向けたので兵力不足になっただけ
別にピンチでもなんでもなく、(理由は不明だが)ただ、無理矢理、少し盛り上げただけ

22: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/14(木) 01:58:17.90
宮城谷が後半カットした理由がよくわかるな・・・

57: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/23(土) 07:51:03.04
怪しくてよく分からない一個人の能力はさておき、実際の君主としての全体的な能力も、歴史評価どおり、

劉邦>劉備≧劉秀が正しいんだろな

光武帝の敵は内政に失敗する奴や部下に裏切られる奴ばかりだし、劉備は光武帝の時代だったら、中興がなった上に、もっと安定した王朝をつくったであろうにという同情があのような講談を生み出したのだろう

58: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/23(土) 08:05:05.38
劉備>劉邦だと思うんだがなぁ
劉邦って名君か?
あれだけの家臣が揃ってる上に項羽は自滅まっしぐら
俺だって天下統一できるよ
劉備はあのショボすぎる家臣団で曹操とやりあったんだから凄い
功臣の粛清もしてないし

劉秀は家臣も優秀だし敵は大したことないのイージーモードなので比較不能
まあ劉邦も劉秀も、最大の武器は幸運だな

62: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/23(土) 14:49:36.68
劉備、地元の劉氏一族も加わった形跡もないしなぁ。

劉邦も地元の連中が付いてきてるし、劉秀も親戚の劉氏や地元の豪族は付いてきてるし、この差は何なんだろう?

64: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/23(土) 15:34:34.32
劉備って演義のせいで、劉備自身はショボいけど家臣団が凄かったみたいに思われてるよね
諸葛亮が加入するのさえかなり後になるってのに
それまでの配下なんて、傲慢で戦も大して強くない関羽に、戦は強いけど部下の扱いが終わってる張飛に、雑魚すぎて空気だった趙雲だぞ
マトモに有能な配下は糜竺孫乾簡雍くらいしかいない
こんな軍団であの曹操から生き延び続けた劉備は天才&腹黒

70: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/24(日) 00:46:54.35
個人能力は劉秀>劉備>劉邦という印象
部下の能力は劉邦>劉秀>劉備って感じかな
ライバルの強さは劉備>劉邦>劉秀なイメージ

72: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/24(日) 02:05:40.71
>>70
昔は俺もそう思ってたんだけど劉邦について知れば知るほど劉邦本人の能力の高さに気付かされて個人能力も劉秀にも劣らないって思うようになったな
劉備も劉秀以下とは思わないし

82: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/27(水) 19:53:23.25
厨坊や高坊の頃、小説十八史略や陳舜臣の中国の歴史を読んだ時、光武帝の時代は2流の時代で、ずいぶん楽勝な時代だな、この程度の人物でも天下をとれるんだなあ
袁紹にならなんとか勝てそうだけど、曹操や孔明なんかいたら、瞬殺されたんだろうなと思ったものだったな
劉備や項羽は運が悪かったなと

ネットを見て、中国史上最高の名君と呼ばれたり、チート集団と言われているのをおどろいたものだ

三国志がハイレベルってのは子供の勘違いだろうが、あの連中に勝っただけの光武帝が上記のように評されるのは同じくらいの勘違いだと思ってる

83: 無名武将@お腹せっぷく 2013/02/27(水) 22:18:48.38
一般的に三国志は知名度高いので、少し詳しくなると反動で「三国志とか中国史の中ではショボい」と言ったりしてドヤ顔したくなる
一般的に光武帝は知名度低いので、少し詳しくなると反動で「光武帝はチートな完璧超人の人格者」と言ったりしてドヤ顔したくなる
最終的にはどっちも面白いなぁで落ち着く

86: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/04(月) 22:59:08.85
>最終的にはどっちも面白いなぁで落ち着く

光武帝の時代は、正史ではあまりにも玄人向けの面白さだと思うぞ
全然苦戦もないし、大した人生訓もない(あっても実感できない)

完璧超人とそれを慕う名将集団が、詐欺師、兄の仇で無能者、略奪と虐殺を行う狂気の戦闘集団、思い上がった天下を狙えると勘違いしている平和を乱す地方の野心家を倒す
という厨設定のライトノベル風にしたことがある程度うけただけで

96: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/10(日) 11:41:44.90
光武帝って、活躍期間も短いし、河北と中原の群雄も内紛で自滅、内政ができず勢力維持できない奴ばかり
雲台二十八将も即位までに集まっていたもので、各地の群雄にいた名将たちを抜擢して登用しているものではなく、能力よりも信頼を重視したメンバーだから、能力的には前漢や唐の功臣たちをかなり下回り、三国の人材に比べても特別傑出しているってわけじゃないんだじゃないの? 
後から、抜擢した馬援が目立つだけ

光武帝の即位以降は大勢は決していたから、勝利を重ねただけで、前漢の統一時代が長く、南方の開発がまだ進んでおらず、北方民族は弱く、地方の独立の意志自体が弱かったことが最大の勝因だと思う
実際は、孫呉や蜀漢(全盛)程度で、曹魏にも及ばない人材層だろう

97: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/10(日) 11:46:53.50
勝手に光武帝+二十八将上位と曹魏の武将を比較

光武帝≒曹仁(危険な突貫の時、大活躍するが、あとは普通の名将)
鄧禹≒于禁(それなりの名将ではあるが、大きな隙がある)
呉漢≒トウ艾(本格的な戦上手の名将。ただし、政治的な問題がある)
賈復≒許チョ(先鋒としてなら、活躍。独立軍を任せるのは少し不安)
耿弇≒司馬懿(粗雑な相手の領地獲得の技量あり。敵が強いと地味と化す)
寇恂≒満寵(軍事と政治、両方に長けている)
岑彭≒夏侯淵(速攻に長けている。ただし、致命的な隙あり)
馮異≒張遼(確実な名将。特に問題なし)

馬援は関羽ってイメージ
勇将で、決戦に持ち込むと名将すら敗北するが、勇気が有り余って致命的な失敗を犯しやすいって感じ
部下や後世からの人望があるところも似ている

曹操は方面軍司令がいないというが、南方が開発されていない状況で敵の基盤が弱く、
後方が固めていたなら、充分に曹魏の面々で対応できる
逆に、光武帝が方面軍司令が豊富というのは、過大評価

大勢力で名将の項羽、北方を長期間支配していた突厥を倒した前漢、唐の人材と同列に並べることに無理がある

98: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/10(日) 11:56:48.60
横山先生が描いたら、

タイトルは、”横山光輝・光武帝”になるんだろうか?

三国志、史記、戦国獅子伝 殷周伝説、項羽と劉邦 水滸伝、狼の星座etc
中国ものタイトルに、一貫性は無さそうだし、どうなったことだろう。

99: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/10(日) 20:12:40.17
宮城谷の光武帝が後半ダイジェストになったのは、宮城谷という作家のとある特徴のためだと思う
主人公の苦労や弱小が強大な敵に勝ったり、弱小勢力が成長していく過程は面白く書けるけど主人公がある程度成功してからの話や主人公勢力が一番トップに立つと、その後の過程に興味を無くしてしまうあるいは面白く書けないのだと思う
楽毅が斉の首都臨輜を攻略した後の斉攻略がダイジェストなのも、管仲が宰相になってからの活躍がダイジェストなのもそのため
「草原の風」のラストあたりがダイジェストなのは決して打ち切りではない

100: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/10(日) 20:38:48.91
>決して打ち切りではない

そりゃ、そうだろう
新聞小説なのだから。名のある小説家にうち切りなんて失礼はできない

最後に歴史に沿うと急速に進むのは確かに特徴だが、光武帝が題材として、宮城谷に最後まで書ききるほどの誘因が与えられなかったというだけ
重耳みたいに、主人公を変えたりして、続き?を書かずにそのままに置かれているのが
光武帝の真の魅力を物語っている

103: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/10(日) 23:07:12.28
光武帝よりも、班超主役の話の方が面白そう
班固、班昭もでてくるし

105: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/11(月) 11:29:22.75
宮城谷さんに「百聞は一見に如かず」か「虎穴に入らずんば虎子を得ず」を書いてほしいなぁ

108: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/11(月) 20:57:43.46
結局、光武帝の完璧超人ぶりって、はじめは面白くてもすぐに飽きるんだよね
配下も人格者ばかりで、面白みもリアリティもないし、唯一の悪人の呉漢は、深みというより、気持ち悪いただの強欲な奴だし、

かといって、後漢書の聖人化の分を粉飾ってしても今度は完全な創作だしな
厨用ライトノベル以外は作者の方が耐えきれない

109: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/11(月) 21:19:40.51
呉漢は他のやつの暗黒面の大半を押し付けられた可哀想なやつ

112: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/12(火) 19:46:12.63
春秋時代から三国志の終了までの面白い時代俺ランキング(左が上)

A 後漢末、中国戦国時代
B 三国初期、前漢成立(項羽と劉邦)、春秋時代
C 秦成立(始皇帝)、武帝時代、後漢班超
D 前漢文帝・景帝、三国後期、前漢宣帝、後漢成立(光武帝)
E 新時代、晋成立、後漢明帝・章帝
F 前漢地味な時代、後漢地味な時代

大戦乱の中で、光武帝のつまらなさは異常

115: 無名武将@お腹せっぷく 2013/03/13(水) 00:21:54.33
光武帝の物語を面白くするには歴史を捏造して敵を強敵化するしかないな
誰をライバルとすればいいやら

126: 無名武将@お腹せっぷく 2013/06/09(日) 19:45:54.67
横山先生には、十八史略のエピソード短編を描いてもらいたかった

124: 無名武将@お腹せっぷく 2013/06/09(日) 01:54:51.79
横山先生には宮城谷昌光の作品を漫画化して欲しかった
重耳とか楽毅とか

129: 無名武将@お腹せっぷく 2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
何度もいうが、宮城谷が光武帝を書いて資料も調べたはずなのに、同時代の他人物を主人公にした話を書かなかったことが、光武帝の魅力の真実だ
試しに書いてみたが深く掘り下げるほどのものはでなかったんだろうよ

勝者を持ち上げ、敗者を貶めるだけに終始する史書の記述に深みなどあろうはずがない

139: 無名武将@お腹せっぷく 2013/09/29(日) 15:26:09.18
光武帝は完璧超人とゆうか疑心暗鬼に嵌らなかったり
倫理感を生涯失わなかったほぼ唯一の王朝創設者じゃないかな?
これようは個人の戦闘能力が飛びぬけてたので反乱や暗殺が怖くなかった
良い細君に恵まれたりで愛情要素を生涯失わなかったとかそんな感じの気がする
明の洪武帝も馬皇后が亡くなる前は対して粛清してないし

142: 無名武将@お腹せっぷく 2013/10/06(日) 19:33:57.66
>倫理感を生涯失わなかったほぼ唯一の王朝創設者じゃないかな?

趙匡胤も

160: 無名武将@お腹せっぷく 2014/05/01(木) 19:07:01.05
横山先生に描いてほしかった歴史物

五胡十六国
煬帝~李世民
趙匡胤
朱元璋
秀吉vs朝鮮・明

161: 無名武将@お腹せっぷく 2014/05/06(火) 21:55:26.33
この中では、

秀吉vs朝鮮・明かなあ
原作となる小説とか多いし

とにかく、光武帝はいらん
先生の書く手間がもったいない

176: 無名武将@お腹せっぷく 2016/02/17(水) 09:00:21.23
春秋戦国時代や三国志以外でも おもしろい時代いっぱいあるのにね
「演義」のような脚色入れた本があるといいんだけど

214: 無名武将@お腹せっぷく 2017/11/22(水) 11:47:23.21
横山先生の呉漢とか想像出来んわ

215: 無名武将@お腹せっぷく 2017/11/29(水) 04:49:20.54
当時、まともな光武帝作品も無かったからだろ
横山先生の死去の後に発表された宮城谷昌光の草原の風が日本で一番まともな光武帝の小説だろうな

後半ダイジェストだが

216: 無名武将@お腹せっぷく 2017/12/04(月) 22:31:23.17
五胡十六国、南北朝時代も描いて欲しかったわ。

218: 無名武将@お腹せっぷく 2017/12/05(火) 19:34:37.89
寝タバコで失われた逸材

189: 無名武将@お腹せっぷく 2016/08/07(日) 10:28:43.30
タバコが原因で死ぬとは…

185: 無名武将@お腹せっぷく 2016/05/22(日) 08:47:19.87
長生きして欲しかった

引用元: ・横山光輝は、なぜ光武帝を描かずに逝ってしまったのか




三国志 (1) 桃園の誓い (希望コミックス (16))
横山 光輝
潮出版社 (1988-11-20)
売り上げランキング: 77,909