41U9gojaz3L



1: 世界@名無史さん 2017/02/15(水) 19:30:18.45 0
人徳があったから即位できたんだろう








3: 世界@名無史さん 2017/02/15(水) 20:01:01.33 0
日本の軍国主義の犠牲者

4: 世界@名無史さん 2017/02/15(水) 20:10:29.59 0
中華帝国唯一の皇帝という意味なら
あぁそうだなと

5: 世界@名無史さん 2017/02/15(水) 21:27:45.63 O
列強の中で専制王朝的なロシア帝国かドイツ帝国から援助されれば少しは軌道に乗れたかもと思ったが、わずか数年後の第一次大戦でどちらも帝政崩壊したからやっぱりダメだ
英仏米が積極的に袁王朝を支援するとも思えんし

24: 世界@名無史さん 2017/05/29(月) 16:48:59.00 0
>>5
いちばん袁を支援する可能性があったのは大日本帝国だった。
お互いおおむねwin-winの関係になれたのに・・・
皇帝袁世凱を見限るのは、早過ぎはしなかったか。

6: 世界@名無史さん 2017/02/15(水) 21:33:31.67 0
清朝が続くのが一番だが、洪憲帝でも王朝確立に成功していれば、国共内戦も大躍進政策も文化大革命も無かったのにな。

9: 世界@名無史さん 2017/04/26(水) 08:17:34.49 0
蒋介石や毛沢東よりマシだったな

10: 世界@名無史さん 2017/04/26(水) 12:05:44.19 0
「中華帝国」という国名がブサイク過ぎてひどい
なぜ伝統的で簡潔な一字国名にしなかったのか

12: 世界@名無史さん 2017/05/03(水) 00:54:33.24 0
>>10
ヨーロッパと合わせたんだとおもう

26: 世界@名無史さん 2017/06/11(日) 15:19:39.76 0
最後は空気読めない男で終わったけど、壮年期は孫文よりもはるかに組織力・統率力で勝っていた。

袁世凱が悪く言われる対華二十一カ条要求の件だって、内情は孫文のツケを袁世凱が払ったようなものだ。

25: 世界@名無史さん 2017/06/03(土) 08:30:41.64 0
袁世凱の皇帝即位を支持する軍閥はなかったの?

28: 世界@名無史さん 2017/06/20(火) 22:41:46.40 0
この人の死後各地で軍閥が勢力を築いたと思ったら,当の中央までもが安徽派と直隷派に分かれて抗争を繰り広げたという・・・

41: 世界@名無史さん 2017/10/23(月) 12:18:48.44 0
1911 (映画) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/1911_(映画)



この映画で袁世凱は間抜け扱い
つまり、中共にとってもロクデナシということ
孫文がヒーローとして扱われているのとは大違い

42: 世界@名無史さん 2017/10/23(月) 18:11:41.69 0
本当に間抜けなら清に取って代わることなどできぬわ

43: 世界@名無史さん 2017/10/24(火) 18:36:30.66 0
民国ができて後に皇帝になった時代遅れの阿呆

44: 世界@名無史さん 2017/10/24(火) 19:02:34.91 0
その理屈だと大ナポレオンも阿呆ということになるな

46: 世界@名無史さん 2017/10/24(火) 19:21:26.91 0
ナポと比べて人望がなかったんだろうな。
帝政復活したとたん、部下の将軍連中が一斉に離反したし。

47: 世界@名無史さん 2017/10/24(火) 19:31:16.38 0
「坂の上の雲」のドラマでも、秋山兄弟がモデル級の美男なのに、袁世凱はサモハンキンポーみたいなおっさんだった

49: 世界@名無史さん 2017/10/24(火) 21:21:41.06 0
>>47
現実の秋山兄弟が日本人ばなれしたイケメンだったから
袁世凱のほうは、愛嬌のある可愛らしい顔だとオレは思うが判断は人それぞれだろうな

50: 世界@名無史さん 2017/10/27(金) 20:07:23.29 0
袁世凱本人はナポレオンを気取ったフシがあるが、革命を起こしてから国内をまとめ上げて外征に出かける余裕なんか無かったろう
啓蒙主義を理解するどころか革命の輸出なんてできるわけもない
うっかり南征でもしようもんならナポレオンのことなら俺らのほうが知ってるぞバカってベトナム人に罵られる

52: 世界@名無史さん 2017/10/27(金) 21:42:58.97 0
仲王朝とか中華帝国とか袁姓の奴が作った国は不遇な運命よ

55: 世界@名無史さん 2017/10/29(日) 16:50:22.87 0
「近代中国は日本がつくった」黄文雄著より
P.35
李鴻章の幕僚で後に彼の権勢を継承する袁世凱は日清戦争後、次の様な象徴的な話をしている。
「我が軍の弱さは量より質にある。肉体的強さより訓練の欠如だ。最悪なのは統一的組織もなければ厳格な規律もないことだ」

袁世凱はただのバカでない
皇帝になったのも、あくまで組織をまとめるための方便なのだろう
ナポレオンがローマの皇帝を真似たのと同様に

まあ最後はウボァーしてしまったが

58: 世界@名無史さん 2017/10/31(火) 16:38:34.36 0
>>55
実際、袁世凱が組織した新しい軍隊は、「清で唯一の近代的軍隊」と言われ、何かといえば頼りにされ、絶大な存在感を誇っていた。清朝の宮廷だけでなく、革命家の譚嗣同も、袁世凱にクーデターを頼みに行ってつかまり死刑になった。

やはり、ただ者ではなかったのは事実。

56: 世界@名無史さん 2017/10/30(月) 02:29:09.54 0
皇帝になってからも古巣の北洋軍閥にすらビタ一文の給料も出せなかったのは組織よりあんたの資質なんじゃ…

57: 世界@名無史さん 2017/10/31(火) 09:55:09.44 0
即位した途端、腹心の将軍連中から離反された事実が人望のなさを示している。
劉備の足元にも及ばないシケたやつ。

62: 世界@名無史さん 2017/11/16(木) 18:36:11.94 0
袁世凱帝政は中国で君主制が存続するためのラストチャンスだった。
まだ民度の低かった民初に袁王朝の創業が頓挫したのは、よほど人望がなかったのだろう。

63: 世界@名無史さん 2017/11/16(木) 23:29:40.83 0
>>62
清朝の復辟こそすべきだった。
そうしたら80数日の虚しい帝位の代わりに今に至るまで中興の大功臣として名を遺していたかも。

64: 世界@名無史さん 2017/11/20(月) 03:41:34.73 0
>>63
旧帝室から恨まれているので、ヨリを戻すのが難しそう。

65: 世界@名無史さん 2017/11/20(月) 03:48:07.99 0
明→李自成→清というプロセスを思い出すと遅れてきた李自成みたいなやつか

66: 世界@名無史さん 2017/11/20(月) 17:29:02.65 0
清の改革派と手を組んでいればもっといい人生を送れたかもしれないな。

67: 世界@名無史さん 2017/11/20(月) 17:46:17.34 0
むしろ曾国藩や李鴻章が太平天国鎮圧のタイミングに西太后を誅殺して漢人王朝を立てるべきだった。

69: 世界@名無史さん 2017/12/05(火) 07:28:19.10 0
太平天国が教義を微修正して欧米プロテスタントの教義に公式的には修正していれば漢人中心の欧化文明容認の王国になっていたな

71: 世界@名無史さん 2017/12/07(木) 21:58:10.36 0
21箇条要求を呑んだついでに、日本から支援の約束を取り付けとけばよかった。
人気のなさは今更どうにもならないのだから、力押しに徹底すべきだった。

72: 世界@名無史さん 2017/12/08(金) 03:12:48.28 0
段祺瑞とか腹心の将軍たちからことごとく離反されてる時点で力押しは無理

辛亥革命の時に孫文と裏取引などせず、革命派を武力で叩きつぶし、返す刀で清の皇位を簒奪した方がまだ見込みはあった。

73: 世界@名無史さん 2017/12/11(月) 17:24:20.73 0
最後まで忠誠誓ってたのが楊度と曹錕しかいなかったからな。

75: 世界@名無史さん 2018/02/24(土) 14:38:11.53 0
子孫がいるんだから帝政復古すればいい

76: 世界@名無史さん 2018/02/24(土) 22:52:41.82 0
百日どころか1秒も支持されねえわ

引用元: ・袁世凱こそ中国唯一の皇帝である




袁世凱――現代中国の出発 (岩波新書)
岡本 隆司
岩波書店
売り上げランキング: 212,972