51lVbjxiQ1L


1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/18(水) 20:03:49 ID:3ku5vPfM
北信濃の雄
武田信玄を2回も破った






村上 義清(むらかみ よしきよ)は、戦国時代の武将。北信濃の戦国大名。

信濃埴科郡葛尾城主で、武田晴信(のちの信玄)の侵攻を2度撃退するなどの武勇で知られ、家督相続時には佐久郡・埴科郡・小県郡・水内郡・高井郡など信濃の東部から北部を支配下に収め、村上氏の最盛期に当主となった。




8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/20(金) 01:04:36 ID:QYSOeoLg
晴信の親父と同世代で、戦経験も豊富だから、晴信が負けても仕方がない相手ではある。

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/22(日) 21:59:41 ID:wPTo0OGg
武勇は大したものだが謀略面で真田にしてやられたね
でもまあ、上杉家でも一武将として重宝されたし

村上 義清

海野平合戦により上野に亡命していた真田幸綱は晴信への家督交代後に武田家に仕官し、幸綱は村上勢の武将切り崩し、調略を行う。その結果、天文20年(1551年)には幸綱により砥石城は攻略される。砥石城の足軽大将・矢沢薩摩守(幸綱の弟)が幸隆に内通していたためであった。

これにより義清の影響力は一気に低下し、天文21年(1552年)の常田の戦いで勝利を収めるも、家臣団の動揺は抑え難く、天文22年(1553年)、武田氏に通じていた土豪・大須賀久兵衛尉が謀反し、また室賀氏、屋代氏、石川氏など村上方の諸将が武田氏に降伏したため、義清は4月9日葛尾城を一時脱出。再度体勢を整え、4月22日には奪還に成功している。武田晴信は深志城に後退し、5月11日には甲府に引き上げた。しかし晴信は7月25日に大軍を率いて甲府を出発、8月に義清は窮地に追い詰められた。抗戦能力の無くなった義清は長尾景虎(上杉謙信)を頼って越後に落ち延びていった。


14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/13(月) 14:47:03 ID:U/t3HkPL
川中島で武田信繁を討ち取ったのもこの御仁か。

>>9
武田信虎と組んで真田を信濃から追い出した村上に、 まきながらも意趣返しをしたってことか。
武田信繁

信繁の戦死については『上杉謙信申状』、『北越軍談』、『武辺咄聞書』などにおいて、かつての宿敵である村上義清の手によって討ち取られた、あるいは死の直前に討死を覚悟し春日源之丞に形見を託したなどの逸話を記している。



13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/13(月) 12:31:58 ID:EcDSniIB
肝心な村上義清データがないので。
村上氏は清和源氏の源頼信の孫、顕清が平安末期に信濃国更級郡村上郷に配流され、その子の為国が村上氏を名乗ったのが始まり。
義清の代には北信濃五郡と佐久郡の一部、中信濃まで支配下にしていた。
武田氏に並んでも劣らない名族出身だから対等意識を持ち、誇りもあったからあくまでも武田氏を信州への侵略者として戦ったんだと思う。
なるほど、頑固そうなおっさんだなとゲームしてて思ったwww

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/15(水) 00:51:11 ID:7wBB+ZSG
義清の子孫はどうなったんでしょうか?
海津城に国清が入城した後、屋代氏が出奔
責任をとってどうのこうので没落していったらしいけど

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/15(水) 01:43:44 ID:uwG6CHe9
屋代氏の内応事件で領地召し上げ
この時点で一族郎党は離散して国清の元に残ったのは僅か2人と言われるから
恐らく国清も疑われて幽閉されたか軟禁されてたように思われる
その後許されて会津転封の際は6500石賜っている
しかしその後は完全に消息不明
上杉家中で最大勢力を持ち、その後没落したと言え6500石で城代を勤めた重臣である事には違いない
これだけの家が消息を絶つとは非常に不可解である
なにか陰謀めいたものを感じる

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/15(水) 02:20:59 ID:LhXeMkCB
山浦姓は越後の名族だから上杉氏の中ではそれなりの地位だったんだろうね


35: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/25(月) 16:58:22 ID:k0qQVgJ4
里見家臣にも村上某がいたような
名前に清が付いてたはずだからもしかしたら一族かな

128: 人間七七四年 2007/04/22(日) 01:42:25 ID:uJuSxIM5
江戸時代に村上義清の墓を坂城につくろうと働きかけた人がいたんだけど、義清の玄孫の村上義豊の協力を得たと記録に残っている 

村上義清の子孫というのはやはり残っているみたいだ

55: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/07(日) 14:14:17 ID:xb5lt/5S
村上義清は最大何万石までいったの?

56: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/07(日) 14:42:52 ID:oPj+FTLJ
>>55
北信濃一国ぐらい?

57: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/07(日) 16:04:00 ID:VzUJyXSr
北信濃一国ってなんだよw
何スレか前の上洛スレからだけど、信濃国郡別石高推計

    天保郡別     戦国推定
佐久郡 9.67万石     5.1万石
諏訪郡 4.46万石     2.4万石
伊那郡 13.4万石     7.1万石
築摩郡 8.21万石     4.4万石
小県郡 7.70万石     3.8万石
埴科郡 2.36万石     1.3万石
更科郡 5.63万石     3.0万石
安雲郡 6.01万石     3.2万石
水内郡 10.9万石     5.8万石
高井郡 8.50万石     4.8万石 端数
総計  76.77万石    40.8万石

これはwikiソースだけど、佐久・埴科・小県・水内・高井に勢力を伸ばしたってあるから、本拠の埴科郡と隣の佐久郡を全域、他を半分以下と適当に見て13~14万石くらいかな?

61: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/07(日) 22:15:19 ID:xb5lt/5S
>>57データありがとう

義清の領地は更級、埴科、水内、高井の四郡じゃなかったかな

63: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/08(月) 14:37:27 ID:+0Ch1I5A
村上義清の家臣に真田幸隆がいたら、武田を滅ぼしていたかも
海野一族追放したのだからありえないがw
更に上州の長野業正と同盟結べば結構面白い

70: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/09(火) 23:45:41 ID:EyHlRAN1
>>63
残念!長野業正とも交戦してる。
直接対決は碓氷峠での一戦のみだけど義清が負けちゃってたりする。
でも業正は追撃せず退却してる不思議な合戦。
たぶんどうせ憲政の命令なんだろうけど…

67: 498 2007/01/08(月) 22:18:25 ID:nnyUdvmv
板垣・甘利が死んだからこそ信玄の飛躍があったという見方もあるんだけどね。

71: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/10(水) 08:57:32 ID:sAGdyM16
義清も業正も同時代の武将だね
武田信玄と北条氏康も戦ったことあるし、同盟は有り得た…かも?
ただ、義清の武雄伝はいまいち煮えきらない感じがする

100: 人間七七四年 2007/02/25(日) 13:13:44 ID:5I/chu07
長野での知名度はどれくらいだっろうか?

103: 人間七七四年 2007/02/26(月) 19:40:00 ID:xTpUESaD
>>100
知名度は低い。信玄よりは愛されてるけど

105: 人間七七四年 2007/03/06(火) 00:49:50 ID:07w8dIHb
戦術家で戦いは強かったが、政治や陰謀には疎かったんだろうな。
どっちかって言うと勝頼や信虎に近いキャラかも。

106: 人間七七四年 2007/03/06(火) 16:51:33 ID:v0tCyFX/
三国志の馬超みたいな存在だな。

109: 人間七七四年 2007/03/07(水) 04:02:38 ID:Ur4v2JhY
>>106
村上義清=馬超は言い過ぎでないw?

110: 人間七七四年 2007/03/07(水) 11:49:30 ID:8Ys1flAV
>>109
かつての同盟相手である強敵を破るが離間策で敗退。
その後は他国に亡命して活躍って似てない?

116: 人間七七四年 2007/03/21(水) 04:21:27 ID:fgobs8vN
村上義清は信玄より20も上か。
で、死んだのは同じ三方ヶ原年か

122: 人間七七四年 2007/04/17(火) 06:09:31 ID:mEXKx7zs
村上とか長野とか勇猛な武将も、武田の金山パワーの前に押しつぶされるしかなかったって感じ。
上杉今川北条クラスじゃないと太刀打ちできないよね、あの金山太りには。

141: 人間七七四年 2007/05/10(木) 00:49:40 ID:leSjlmyI
村上義清か、まあ結局は葛尾城も塩田城も信玄の攻略で落とされたけどな。
砥石城は難攻不落なおかげで信玄に勝てたとして、上田原ぐらいじゃないか?
厳密に信玄が負けたと言えるのは

142: 人間七七四年 2007/05/10(木) 01:29:09 ID:EbuIDvPV
厳密に言えば真田の謀略に負けただけだろ
ガチでやれば無敵。これ真実

144: 人間七七四年 2007/05/10(木) 01:43:01 ID:Zy4Zeh4f
村上義清は生涯3敗しかしなかった武田信玄に2回勝っているんだから、もう少しほめてあげてください

146: 人間七七四年 2007/05/10(木) 20:50:38 ID:+eZdhioL
要するに村上と真田が組んでたら最強だった訳だ

148: 人間七七四年 2007/05/11(金) 00:18:00 ID:9yfX73ZB
真田の作戦を十分に理解した信玄の器量は評価しないの?
そもそも

150: 長門 ◆q8GdomS4XA 2007/05/11(金) 02:23:42 ID:qK11zh0D
村上は知略・武勇共に凄いが豪族連合に等しい村上に負ける武田が弱すぎる。
結局国力差なんだよねぇ(´・ω・`)

151: 人間七七四年 2007/05/11(金) 02:52:08 ID:I+mxdk6D
>>57見ればわかるけど村上の石高は15万石前後
それに対し上田原の段階の武田は甲斐22.8万石に諏訪2.4伊那半分で3.5佐久の過半で4に小県の一部で1.3として約34万石
これだけ差があるんじゃねー

175: 人間七七四年 2007/06/10(日) 12:00:46 ID:H4cpz1II
伊予村上氏が信濃に下って、それが義清の先祖になったのかな?

177: 人間七七四年 2007/06/11(月) 20:30:44 ID:YrmGGwRO
信濃源氏嫡流は村上氏と井上氏

くどいようだが、信濃守護の小笠原氏は甲斐源氏の傍流

178: 人間七七四年 2007/06/12(火) 01:54:49 ID:2KrO610e
源頼義(伊予守)の甥、源(村上)仲宗の一族が信濃更級に配流されてるな。

184: 人間七七四年 2007/06/20(水) 22:47:57 ID:IoyEuaAD
村上義清ー義国ー景国ー義豊

この義豊が曽祖父である義清の供養塔を信濃にたてた
子孫は信州東北部に散らばり、宗家は明治時代に華族への取立てを懇願する

185: 人間七七四年 2007/06/20(水) 22:51:13 ID:IoyEuaAD
義清の娘婿である会田清幸の子・高国は村上義国の養子となり水戸藩士として幕末まで村上氏は続いた

187: 人間七七四年 2007/06/23(土) 22:44:50 ID:rnnl/vD0
歴代村上氏の当主の中で最も活躍した人物って誰?

188: 人間七七四年 2007/06/23(土) 23:00:04 ID:BDmb/OJR
>>187
筆頭は種清かな、次点は景清あたり。
義清は三番手グループに入ると思う。

197: 人間七七四年 2007/07/09(月) 22:09:58 ID:saVsCqhb
村上と共に信濃源氏嫡流の井上氏は源平合戦の光盛の活躍以降いまいち歴史に出てこないな

198: 人間七七四年 2007/07/10(火) 00:25:48 ID:DgruMvUl
毛利家の井上氏がその系統らしい

216: 人間七七四年 2007/07/19(木) 21:00:40 ID:DZbvxqir
山浦幸清について教えてください

219: 人間七七四年 2007/07/28(土) 15:16:54 ID:C7LfA/hN
>>216
景国、武丸、興三、織部之助、幸清と改める。
奥州宮森で出生、母は謙信の姪で朝倉義景の嫡女。
天正20年2月、2歳の時、父国清死去のため白川12万石を領知、残りは幸清15歳の春まで国清の甥、村上高国が預かるように秀吉に命される。
慶長3年秀吉の死により高国が逆心し、暗殺を企て家臣の平林兄弟を白川に送るが、平林兄弟は国清に対する忠義を忘れず、暗殺計画を幸清の母に知らせる。
白川を逃げた後、本多忠勝の庇護→慶長15に真田信之
村上高国は逆心露顕により大阪城に逃げる。
寛永8年、徳川秀忠から江戸へ上るように命を受けるが、中風症により扶持を返上し、静養につとめる。
自分の死後は他所に退くように妻子に遺言し、寛永13年8月死去。

229: 人間七七四年 2007/08/04(土) 00:32:40 ID:QIAgTZVp
ある意味たいした尊敬できる猛将だが成長しない武将かと、信玄は義清に育て上げられたかもしれない。

230: 人間七七四年 2007/08/04(土) 01:54:25 ID:eOg0sGOh
いくら戦に強くても最後は政治力が物を言う見本だね

232: 人間七七四年 2007/08/06(月) 18:46:36 ID:d2lV891C
村上家歴代の名将達

村上氏の祖・源頼清
一の谷の合戦で活躍した村上基国
南朝の忠臣・村上義光、義隆親子
信濃惣大将・村上信貞
大文字一揆の盟主・村上満信
永享の乱のきっかけをつくった村上中務大輔(持清か)
武田信玄を二度破った猛将・村上義清
上杉家の重臣となった最後の当主・村上国清

233: 人間七七四年 2007/08/06(月) 19:30:27 ID:d2lV891C
ここで村上義清に関して残念なお知らせを一つ・・・
「北越軍談」と「謙信軍記」の中に村上義清の人格について書かれいるのだが、それによると「智謀は足らず、性格は狭量」だと言われている
猛将や勇将ではあったけれども、名将であったかどうかについては疑問視する人もいる

とは言え、今でも地元で親しまれてる事を考えれば人望があって、義に厚い人物だったと思う

234: 人間七七四年 2007/08/06(月) 20:34:48 ID:rB1gBdpB
>>233
大河の村上義清見てると、砥石城攻め前でさえすでに危うい地位にいるというのが分かるよ。特に真田幸隆の弟が村上方の陣営にいる時点で足元すくわれてるとしか言いようがない。

235: 人間七七四年 2007/08/06(月) 20:37:27 ID:swE938wc
真田のことだから状況によっては村上陣営に入ろうとも思ってたのかもな

236: 人間七七四年 2007/08/06(月) 20:42:07 ID:rB1gBdpB
>>235
村上って真田からすると仇敵でないの?自分の領土を奪った。だから信玄も寝返りリスクが高いのを承知であそこで調略させてたんだろう。逆に弟や親族を村上方から内応でもさせようとしてたのかもしれん

242: 人間七七四年 2007/08/08(水) 07:22:45 ID:1JvV7nZD
>>236
昌幸と信尹みたいに分散することで滅亡のリスクを減らそうとしたんじゃないの?

246: 人間七七四年 2007/08/14(火) 13:17:59 ID:QZZhSQNK
>>242
いや、さすがに関ヶ原とは比べられんだろう
だってあの時点で、武田が村上を滅ぼすことはありえても村上が武田を滅ぼすことは考えられないじゃん
いくら義清が戦上手でも甲斐まで攻め込んで武田滅ぼすとか有り得ん

248: 人間七七四年 2007/08/14(火) 13:58:45 ID:ge6Q29jW
もし武田信玄がいなかったら村上義清はどうなっていたんだろうか?

251: 人間七七四年 2007/08/16(木) 01:25:00 ID:XaD8qmSM
>>248
北条家が河越で四面楚歌になってる時に、信虎の流れでは北条の味方をするとは限らないので完全に八方塞になって北条家はそのまま管領上杉に飲まれてしまっていた可能性がある。

すると管領家は大いに増長するのでそのまま信濃へ伸びてくるだろう、その先鋒は海野平で辛酸を舐めたと言う真田幸隆らかな・・・

249: 人間七七四年 2007/08/15(水) 15:54:10 ID:A0tNj0PL
普通に北信濃の領主として一生を終えたのでは?
謙信は侵攻して来ないだろうし
信玄・謙信以外のやつに負けるとも思えないし

256: 人間七七四年 2007/08/19(日) 19:05:36 ID:OFqk776A
何故、信玄は信濃攻略にこだわったのだろう~(今更ながらスマソ)
村上義清らと同盟して駿河に侵攻していたら、どうだったのだろ~!?

257: 人間七七四年 2007/08/19(日) 20:17:33 ID:O3aFs678
当時の武田じゃ今川に勝てっこねぇもん
信濃は小領主が散らばっていたから、攻めるには易い所だった

289: 人間七七四年 2007/10/05(金) 00:29:50 ID:U0JI7Js5
村上十八将全員の名前を教えて下さい

292: 人間七七四年 2007/10/05(金) 23:06:29 ID:55O0fE4T
屋代政国
清野清秀
楽岩寺光氏
須田満親
山田国政
高梨政頼
井上政満
綿内満行
出浦清種
室賀盛清
竹鼻虎正
滝沢盛政
吾妻清兼
薬師寺清三
林常重
内山清宗
笠原雅真
平賀成盛

294: 人間七七四年 2007/10/06(土) 00:15:09 ID:QqompqHY
天文年間に高野山蓮華寺に信濃村上家一門反映の為に納められた、義清含めた「村上氏一門十九将鎧合わせの図」は以下の面々だけど、当て字は抜きにしても上とかなり違うね。
坂城で写しが公開されてるのどっちなの?

村上左衛門尉義清
額楽寺駿河守光氏
和田修理大夫信利
春日修理大夫幸正
久保大学助盛治
杵淵備後守正道
矢代安芸守義綱
川田対馬守安盛
落合備中守治吉
大室助右ェ門幸利
高梨摂津守政頼
清野道寿軒直盛
朝日右近大夫道政
須田相模守満親
雨宮摂津守正利
赤沢修理大夫利也
出浦対馬守成為
米持兵部丞春種

297: 人間七七四年 2007/10/08(月) 11:17:37 ID:zuKi4T7g
村上十八将の中に何故独立した領主である高梨政頼や井上政満が入っているんだ?

298: 人間七七四年 2007/10/09(火) 03:11:34 ID:f+0pfoBJ
>>297
村上義清を盟主とした北信一揆ってことじゃなかろーか?

299: 人間七七四年 2007/10/09(火) 10:51:39 ID:p2kDI37P
「一揆」ではないだろ・・・

301: 人間七七四年 2007/10/09(火) 13:43:46 ID:4NTgeRPw
>>299
室町時代の一揆っていうのは農民蜂起だけをさすんじゃないよ。
例えば関東には足利将軍家に組織された白旗一揆と呼ばる中小武士団の連合があった。
上野の長野氏は上州白旗一揆の旗頭と言われた家で長野業正の勢力(箕輪衆)も白旗一揆の復活のようなものだった。
村上氏も信濃惣大将といわれて大塔合戦などでもそうだったように北信の国人衆の盟主。
義清は他の国人衆と戦って勢力を広げたが武田への対抗上国人連合の総大将になったんだろう。

引用元: ・村上義清



村上義清とその一族 (坂城町信濃村上氏フォーラム記念誌)
坂城町 笹本正治
信毎書籍出版センター
売り上げランキング: 642,808