51RHSGSZKGL



1: 世界@名無史さん 2017/11/03(金) 16:41:22.66 0
同じような出来事が多すぎて、いまひとつ頭に残らない春秋戦国時代

ここらで流れを整理しておこう








2: 世界@名無史さん 2017/11/03(金) 17:11:26.37 0
中原情勢推移の一例

B.C.722年5月 鄭で共叔段が反乱。
B.C.722年   共叔段の子、公孫滑が衛に亡命したため、鄭が衛を攻撃。
B.C.721年   鄭が再び衛を攻撃。
B.C.720年8月 宋の穆公が薨去し、公子馮が鄭に亡命。
B.C.719年夏  衛・宋・陳・蔡の四ヵ国が鄭の東門を包囲。
B.C.719年秋  四ヵ国が再び鄭を攻撃。
B.C.718年4月  鄭が衛に報復攻撃。
B.C.718年4月  衛が南燕軍を率いて鄭を攻撃するが敗北。
B.C.718年9月  邾が鄭と連合し宋を攻撃。
B.C.718年    宋が報復し鄭の長葛を包囲。
B.C.717年秋   宋が長葛を占領
B.C.716年7月   宋と鄭が宿で講和
B.C.715年春    斉が宋と衛を垂の犬丘で非公式に会談させた。
B.C.715年7月   宋・衛両国が鄭と和平を結ぶ。

3: 世界@名無史さん 2017/11/03(金) 17:12:10.88 0
↑ 
こんな調子で、延々と何百年もつづく
フクザツすぎて、頭に入るわけがない
近代ヨーロッパのほうが、まだマシだ

5: 世界@名無史さん 2017/11/03(金) 22:06:36.27 0
都市国家同士で取ったり取られたりしてるだけなんだよなあ

6: 世界@名無史さん 2017/11/03(金) 22:48:11.33 0
古代の河南省の状況は、近代のイタリアの状況と似ているな

都市国家同士で争ってる間に、周囲の国々がいつのまにか成長して、気がついたら大国に囲まれていた

10: 世界@名無史さん 2018/04/01(日) 19:32:03.61 0
宮城谷昌光の本を何冊も読んだが、全体の流れはまったくアタマに入ってこない

11: 世界@名無史さん 2018/04/01(日) 20:06:41.67 0
春秋時代は、斉・晋・秦・楚の4大国の時代

東西南北を占めていたから、わりと分かりやすい

12: 世界@名無史さん 2018/04/01(日) 20:17:13.07 0
この中でも、中原を制する晋が、超大国だった。
晋と楚の南北対立が、春秋時代の基軸。
河南省の都市国家群が、超大国の狭間で右往左往する。

14: 世界@名無史さん 2018/04/02(月) 20:21:55.96 0
紀元前770年に周が都を洛邑(成周)へ移してから、紀元前403年に晋が韓・魏・趙の三国に分裂するまでが春秋時代

紀元前403年から、紀元前221年に秦が中国を統一するまでが戦国時代

この時代の周が東周と称されることから、東周時代(とうしゅうじだい)と称されることもある

15: 世界@名無史さん 2018/04/02(月) 20:27:47.11 0
戦国時代には、各国の諸侯が王を名乗るようになり、周王の力は完全に失墜した。

それでも、周王室は続いた。
西暦256年、秦に滅ぼされる。

16: 世界@名無史さん 2018/04/02(月) 20:29:24.02 0
もしも、周王室が続いてたら、どうなっていたか?
日本でいえば、天皇のような存在。

それでも最終的にはモンゴル帝国に滅ぼされただろうが、ひょっとしたら、それまでは続く可能性があったか?

19: 世界@名無史さん 2018/04/05(木) 01:59:19.87 0
晋は南蛮の楚から中原を防衛した英雄国

21: 世界@名無史さん 2018/04/05(木) 07:36:28.78 0
>>19
楚は明らかに異文化圏だな
中華という意識は自他ともになかった

22: 世界@名無史さん 2018/04/05(木) 10:16:43.66 0
楚が示した独自に王を名乗るなどの態度は
「中華の一部ではあるけれど周には心から服属はしない」
というものではなかったのだろうか
夏・殷・周が黄河文明に根ざしているのに対し、楚は長江文明を代表しているというような意識があったのかもしれない

23: 世界@名無史さん 2018/04/05(木) 12:27:30.98 0
斉も、桓公の時代に「中華の覇者」になったけど、もっと昔なら「東夷」とされていた地域

24: 世界@名無史さん 2018/04/05(木) 15:29:03.04 0
殷代は東夷 周の時代に中華に組み込まれたからな

26: 世界@名無史さん 2018/04/05(木) 21:47:12.79 0
東夷は山東省だけでなく江蘇省などあちこちにいた
また周代に斉に呂尚が封じられてからも半島の奥地には莱という異種族がいた
莱は国として続き姜斉の途中で滅ぼされる
呂尚は莱でも東夷でもなかった
東夷は春秋期にはもう文明化していたではないだろうか

28: 世界@名無史さん 2018/04/06(金) 06:32:05.99 0
宮城谷昌光の「晏子」も、前半は莱との戦いが延々と続く

斉は春秋時代から山東省を支配する大国だったが、それでも山東半島を統一するのに数世紀を要した

これだけでも、古代の中国がどれほど広くて多様だったかが分かるというもの

29: 世界@名無史さん 2018/04/06(金) 12:23:06.38 0
東周時代が春秋時代になった要因と、春秋時代が戦国時代になった要因がよくわからない

特に春秋と戦国の違い
晋が韓魏趙になったとか、春秋はタテマエとして周王朝を助けて~ってのがあったが、戦国は自ら統一王を目指す連中で溢れたとか
そうした変化は知ってるけど、それが同時代人が時代の呼び方をわけた決定要因なんだろうか

33: 世界@名無史さん 2018/04/06(金) 19:28:41.69 0
>>29
>晋が韓魏趙になったとか

なんといっても、それが大きいと思われる
群雄割拠の世といっても、晋がアタマひとつ抜けた超大国だった

85: 世界@名無史さん 2018/04/09(月) 21:59:19.36 0
>>29
「春秋」に書かれている時代が春秋時代(覇者の時代)
「戦国策」に書かれている時代が戦国時代(覇王の時代)
戦国時代は古代では六国時代と呼ばれていた

87: 世界@名無史さん 2018/04/09(月) 22:26:12.70 0
>>85
そうなの?知らなかった。驚き。例えばどの文献?

89: 世界@名無史さん 2018/04/10(火) 00:11:54.03 0
中国の歴史学ではアヘン戦争以前を「古代」と呼ぶからそこかな

90: 世界@名無史さん 2018/04/10(火) 12:17:04.11 0
戦国の七雄とか今は言われてるけど、秦は国とは呼べないとかいうイデオロギーありそうな名称

91: 世界@名無史さん 2018/04/10(火) 12:49:02.58 0
最近、楚はもともと中原から来たという説を見た

95: 世界@名無史さん 2018/04/11(水) 01:15:02.01 0
>>91
説というか史記の記述やろ?
楚の初代は周出身って書いてあるし

92: 世界@名無史さん 2018/04/10(火) 20:26:30.46 0
どの国も、建国者はそうなんじゃないか?

93: 世界@名無史さん 2018/04/10(火) 21:10:51.21 0
>>92
どの国もそう自称してるけど実態はどうかな

99: 世界@名無史さん 2018/04/11(水) 06:09:29.92 0
宋の建国者は、紂王の兄の微子啓とされている。首都は商丘。

「宋は小国だが、殷を継承する国であった」というのは、宮城谷昌光の小説でオナジミのテーマ

100: 世界@名無史さん 2018/04/11(水) 18:46:08.86 0
宋といえば、有名なエピソードが2つ。

ひとつは、宋襄の仁。

楚の成王の大軍が攻めてきた。川を渡ろうとしているのを見て、「今こそ、楚を攻撃する好機ですぞ」と周囲に言われたのに、宋の襄公は動かず。

川を渡りきったところで、楚軍は態勢を整えた。
「今こそ、楚を攻撃する好機ですぞ」と周囲に言われたのに、宋の襄公はまたしたも動かず。

態勢を整えた楚軍に、宋軍は叩きのめされた。

古来の戦争の流儀にこだわった、襄公のガンコさと頭の古さが、宋の敗因とされている。

101: 世界@名無史さん 2018/04/11(水) 18:49:18.48 0
もうひとつは、待ちぼうけ。

ある日せっせと野良仕事、そこにウサギが飛び出して、木の根っこに頭をぶつけて死んでしまった。

労せずしてウサギ肉を手に入れた男は、それからも木の根っこでウサギを待ち続けたため、農地はすっかり荒れ果ててしまった。

これまた、宋人のガンコさと頭の古さが、敗因とされている。

102: 世界@名無史さん 2018/04/11(水) 18:50:38.39 0
つまり、先住民である殷の文化を墨守する宋は、ガンコで頭が古い国と思われていた。
だから、そういうエピソードばかりになる。

34: 世界@名無史さん 2018/04/06(金) 19:31:38.13 0
晋が分裂して韓魏趙になって、戦国時代に突入した。
分裂したけど、それでも大国。

戦国時代の初期は、魏が突出した大国で、諸国の盟主のようなポジションにいた。

37: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 09:42:45.96 0
晋を超大国にした立役者の文公は、母親が北狄
北狄に亡命して、何年かすごした時期もある

38: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 10:37:37.14 0
魏は中原に位置し、7大国のうち燕を除く残りの5ヶ国と国境を接していた。
前453年、晋から事実上の独立をはたす。
初期の文侯の治世では、内政の李克・西門豹、軍事の呉起・楽羊らの働きで、周辺諸国を討って国力盛んとなり、最強国となった。


39: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 10:41:12.97 0
この「戦国初期には魏が最強国だった」という話が、宮城谷昌光の小説にはよく出てくる
中原だけに文化の水準が違うので、人材の宝庫だった
しかし、狭量な君主が続出したせいか、せっかくの人材が他国に流出していくのが難点

40: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 10:52:36.52 0
まず、呉起が亡命して、主力がぬけた
呉起は、楚で大改革を行う
野蛮な後進国だった楚が、超大国へと変身を遂げるキッカケを作った

41: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 10:56:45.99 0
人材の流出は、その後も続いた
まず、前370年、魏は斉の孫臏に大敗する(馬陵の戦い)
紀元前340年には、商鞅の変法により国力を急激に増大させた秦には、商鞅率いる軍に大敗して黄河以西を失い、大梁(開封)へ遷都し、覇者の座から滑り落ちた。

その後、自国の宰相であった魏斉にかつて辱められた食客の范雎を、遠交近攻策の提唱などで重臣に採用した秦から圧迫され、秦への対策では苦しい状態が続く

孫臏・商鞅・范雎、みんな魏から出ていった人物

42: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 11:08:51.08 0
衰退した魏は、秦による大統一のちょっと前、一時的に復活する。
公子の無忌こと信陵君が紀元前247年に五か国連合軍を率いて、秦の侵攻軍を破った。
信陵君は戦国四君に挙げられるほどの傑物となった

44: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 11:44:37.63 0
三晋の各国って自分の名字を国名にしたのか
三晋(さんしん)は、戦国時代の中国における趙、魏、韓の三国の総称。
春秋時代末期、晋は趙、魏、韓の3国より分割された。


45: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 12:10:42.78 0
>>44
どっちかっていったら、国名を名字にしたというほうが正しい

50: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 12:59:06.65 0
>>45
でも三晋に分割する前から名字名乗ってたよ
韓・魏・趙の独立と晋の滅亡

春秋末期、晋は事実上、范氏・智氏・中行氏・趙氏・韓氏・魏氏の5氏6家系(中行氏と智氏は、元々同じ荀氏。また、韓氏のみ公族)の当主によって動かされるようになった。


52: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 13:25:31.17 0
>>50
晋の家臣の畢万が、魏に赴任して、魏万と名乗るようになった
それが、魏氏の始まり

46: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 12:11:38.11 0
たとえば「魏」であれば、春秋時代の都市国家の一つが起源です。
この都市国家の魏は晋に滅ぼされ、晋の領地になりました。
ある時、功臣の一人がこの魏の土地に封建され、魏氏を名乗るようになりました。
この魏氏の子孫が、晋を三分した魏を作りました。

53: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 13:27:12.29 0
つまり、名字を国号にしたのは、その通りなんだけど、その名字がもともと地名に由来する

47: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 12:13:58.72 0
魏氏・趙氏・韓氏が同盟して、晋で最有力な智氏を打倒した

48: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 12:15:34.64 0
長年の恨みで徹底的に嬲り抜いて髑髏杯にしたんだよな

49: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 12:30:43.45 0
魏は梁または大梁ともいった
途中で都をその名の土地に移したためだ
この地は後に開封と呼ばれる

『孟子』の冒頭が「孟子、梁の恵王に見(まみ)ゆ」

56: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 15:58:33.97 0
俺が魏文侯だったら
まず楚を滅ぼすね
当時の楚は蛮族のくせに剽悍さもなくしてガタガタだったから
土地は広いが当時の楚なら勝てる

57: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 23:56:58.43 0
魏は文侯・武侯の時代ですら周囲を列強に囲まれ、次第に拡大にも限界が見えてきてるうえに必ずしも連戦連勝とまではいかずに敗れてもいる
たとえ荘王の時代の様な威勢を失っていたとしても、数倍の国土を有する楚を一朝一夕に滅ぼせる保証はないところに、韓や趙や秦らがおとなしく手を拱いて傍観してくれるわけもないと思うが

60: 世界@名無史さん 2018/04/08(日) 07:28:37.13 0
南の勢力を滅ぼすのは、見た目より難しい
山を越え、河を越え、酷暑と疫病との戦い
後世には、曹操も苻堅も敗れて撃退された

63: 世界@名無史さん 2018/04/08(日) 13:27:39.08 0
文公って本当に有能なのか?
放浪しまくって、最後に君主になれたのは凄い、しかしたった8年で崩御だぞ

文公 (晋)

文公(ぶんこう、紀元前696年 - 紀元前628年、在位紀元前636年 - 紀元前628年)は、中国春秋時代の晋の君主。姓は姫、諱は重耳(ちょうじ)、諡は文。

晋の公子であったが、国内の内紛をさけて19年間諸国を放浪したのち、帰国して君主となって天下の覇権を握り、斉の桓公と並んで斉桓晋文と称され、春秋五覇の代表格とされる。


64: 世界@名無史さん 2018/04/08(日) 13:41:37.32 0
最後に君主になれたのも、秦の穆公が軍隊つきで晋に送り込んでくれたおかげ
これを見れば傀儡政権みたいだが、なぜか春秋の覇者となる

65: 世界@名無史さん 2018/04/08(日) 13:45:03.85 0
しかも、文公本人は、亡命先の斉に永住するつもりになっていたのだが、周囲の連中が強引に担ぎ出した

66: 世界@名無史さん 2018/04/08(日) 13:49:21.69 0
放浪中は、楚でもお世話になり、有名な「三舎を避ける」の故事成語が生まれた
三舎を避ける

楚の成王は、亡命公子の重耳を同格の国の諸侯と同じ格式でもてなしたが、悪戯心から「もし貴方が国に帰り、晋の君主になることができたら、私に何をお返ししてくれるでしょうか?」と尋ねた。重耳は「もし王と戦うことになったら、軍を三舎(軍が3日で行軍する距離)退かせましょう」と答えた。これを聞いた成王の家臣の子玉は、亡命公子に過ぎないくせに楚王に向かって生意気であると憤り重耳を殺そうとしたが、成王は「天が興そうとするものをどうして止められようか」と子玉を止めた。

覇者として

紀元前632年、楚に攻められた宋を救援するため軍を発する。成王と対陣したが成王は分が悪いと見て軍を引き上げた。しかし楚軍の中でも子玉だけは退かず晋軍と決戦した。戦いが開始され、文公は約束通りまず全軍を三舎退かせた。その後一旦撤退し、城濮の地で子玉と対決しこれを打ち破った。これを城濮の戦いと呼び、これにより文公の覇者としての地位が決定付けられた。

67: 世界@名無史さん 2018/04/08(日) 13:51:07.70 0
このように、なぜか斉・楚・秦の3大国から強く支持された
おそらく、生来のカリスマ性があったのだろう

68: 世界@名無史さん 2018/04/08(日) 16:03:14.91 0
重耳の時代は諸技術と外交能力に長けた中原の小国(鄭、衛、陳、徐、蔡あたりか)から
将来的な生産力に伸びしろのあった周縁諸国(斉、秦、楚そして晋)に主導権が移っていく時代だった
また諸侯からその家臣に実力と権限が移っていく時期でもあった
重耳は後に重臣となる従者たちと共に中原諸国を放浪し、先進地域の情報を収集し、各地の公族とコネクションを築き、結果的に自分と家臣の成長をも促した
普通亡命公子は、各国で能力に応じて家臣としてスカウトされ、また亡命先の国が故国に攻め入って傀儡政権を立てる時の駒にもされる
重耳は境遇によって得られるものの全てを最大限に利用したのだ
…と、『重耳』にも書いてないことも加えたつもりだが、もしかしたら書いてあるかも知れん

69: 世界@名無史さん 2018/04/08(日) 16:49:25.60 0
>>68
でも周辺諸国のうち、三晋と楚はなぜか中原に首都をうつしていた

71: 世界@名無史さん 2018/04/08(日) 17:42:31.85 0
>>69
それは全く矛盾しない。
鄭や衛や陳は「中原という場所にいたこと」が不利だったのではなく、「中原の限られた土地にしか領土がなかったこと」で国力が相対的に伸び悩んだのだから。
中原自体は全ての時代を通じて交通が便利で商業活動に有利な場所で、情報収集にも向いていた。ただ生産力が頭打ちだった。
だから戦国になるとどの国も中原かその近くに首都を置き、後背地を農業生産のために確保しようとした。
ただ燕は地理的に魏に阻まれて中原には向かわず、後背地を広げていくことに専念した。
いったん斉に攻められるとすぐ倒されるという脆さがあったことの反省だろう。

77: 世界@名無史さん 2018/04/09(月) 12:37:21.18 0
近世ヨーロッパでも、先進地域のイタリアでフィレンツェやミラノ・ヴェネチア・ジェノヴァなどが争っている間に、周辺ではフランス・スペインなどの大領域国家が台頭した。

現代でも、ドイツ・フランス・イギリスが争っている間に、超大国のアメリカ・ソ連が台頭した。

78: 世界@名無史さん 2018/04/09(月) 12:39:51.14 0
スケールの違う国家が登場したおかげで、今までの主要国が小人に見えてしまうという現象。

この21世紀においては、中国とインドがそれに相当するだろう。

81: 世界@名無史さん 2018/04/09(月) 20:46:08.69 0
楚で最初に王位についたのは、第18代君主・熊徹のとき。
周に昇爵を要求したが認められなかったため、王位を自称することにした。

即位は「紀元前740年」というから、昔も昔、大昔だ。

83: 世界@名無史さん 2018/04/09(月) 20:49:15.53 0
しかし、その前の代の奴も、で、『韓非子』や『楚辞』では厲王と表記される。
武王こと熊徹に殺されて長続きしなかった。

84: 世界@名無史さん 2018/04/09(月) 20:58:17.76 0
武王が死んで、文王が跡を継いだ。
その後、いよいよ成王の時代となる。
「楚の成王」といえば、春秋時代でも屈指のビッグネームだ。
成王と、次の次の荘王が、楚の歴史では飛び抜けて知名度が高い。
まあ、どの王朝でも、有名なのは初期の数人だけで、あとは惰性というのが普通だが。

112: 世界@名無史さん 2018/04/14(土) 06:39:59.43 0
養える人口と農業限界のバランスが崩れ始めた時代だよね
開発過剰国としての中国人の終わらない悲劇が始まる

113: 世界@名無史さん 2018/04/14(土) 08:17:54.24 0
>>112
春秋時代は、さすがに人口が少ない
戦国時代から増えてきて、後漢でピークに達する

引用元: ・春秋戦国時代




小説十八史略(一) (講談社文庫)
陳 舜臣
講談社
売り上げランキング: 184,127