61YMdBUOxDL



1: 世界@名無史さん 2017/09/10(日) 16:07:02.49 0
中国では、ドラマといえば時代劇

日本でも静かなブーム








5: 世界@名無史さん 2017/09/10(日) 22:28:11.73 0
清代のドラマだと、男は弁髪
スキンヘッドにお下げ髪のおかげでイケメンも台無し

6: 世界@名無史さん 2017/09/10(日) 22:38:33.02 0
一番、中国らしい中国は明代
異民族が威張ってないのは明だけ

7: 世界@名無史さん 2017/09/11(月) 04:40:14.38 0
北虜南倭が威張ってました・・・

8: 世界@名無史さん 2017/09/21(木) 22:04:22.17 0
中国では、日本軍相手に無双するドラマが多くあるとは聞くが、ではモンゴルや女真を相手に無双するドラマはあるのだろうか。

9: 世界@名無史さん 2017/09/21(木) 22:37:37.40 0
>>8
もちろん、ある
それが、中国の時代劇における最大のテーマのひとつ

10: 世界@名無史さん 2017/09/21(木) 22:42:24.16 0
たとえば、「神雕侠侶」の楊過は、1人でモンゴル軍を撃退し、モンケ・ハンを死に至らしめた


37: 世界@名無史さん 2017/10/05(木) 19:40:53.90 0
>>10
なんか見たことあるなそれ。なんかモンゴル軍がハングライダーで空を飛んで金の首都を陥落させるんだ。
あんなの本当だったら大変だよな。元寇で空から九州・博多へ飛来する蒙古軍とか…

11: 世界@名無史さん 2017/09/22(金) 06:12:08.61 0
現体制を批判する代わりに、大昔の話を持ち出す
清の時代の人形劇や紙芝居から、これは変わらない

12: 世界@名無史さん 2017/09/22(金) 09:00:25.04 0
2013年1月22日、人民網は「日本と中国で違いすぎる歴史ドラマ、大河ドラマは時代考証に厳格」と題した記事を掲載。国産の時代劇を「いい加減」と批判する一方で、史実に忠実であろうと努力する日本の大河ドラマについて紹介した。

中国では時代物のTVドラマ「楚漢伝奇」が大論争を巻き起こしているという。視聴者や評論家の多くが、こうした国産ドラマについて「いい加減で、客観性に欠け、不道徳」だと指摘している。

13: 世界@名無史さん 2017/09/22(金) 09:01:18.66 0
歴史ドラマはどのように制作すべきなのか?隣国の日本を見てみよう。

日本のNHKは、1963年から毎年違うテーマで「大河ドラマ」といわれる大型時代劇を制作・放映している。大河ドラマはわれわれ中国人が考えている時代劇とは違い、時代考証が徹底されている。

日本の役者にとって、これに出演することはその演技力が認められた証しとなるほどだ。エンディングに流れるテロップに各考証担当者の名前が連なっていることからも分かるように、日本のドラマ制作では詳細な考証が行われる。当時の衣装や言葉遣い、乗馬の姿勢にいたるまでを確かめるその姿勢には驚くばかりだ。

「葵徳川三代」の第1回放送「総括関ケ原」では、合戦の開始時間を何時何分かまで正確に伝えている。

14: 世界@名無史さん 2017/09/22(金) 09:02:01.49 0
それに比べて中国の歴史を題材にしたTVドラマでは、時代考証の専門家はわずか数人しかおらず、名前をただ貸しただけの考証家や、有名だが実力が伴っていない考証家ばかりだ。

日本の歴史文化は中国ほど奥深くないため、大河ドラマの題材は中国より選択範囲が狭くなる。

しかし、大河ドラマは戦いや駆け引きなどの歴史的背景を描きながらも、人々の心のよりどころとなる忠誠心や道義心、勇気などを描き出すことに力を入れている。

それにひきかえ中国の歴史ドラマは、倫理観の欠如した宮廷劇ばかりだ。視聴率を稼げる歴史ドラマを作るのも大事だが、しっかりとした内容の歴史ドラマをどうすれば制作できるのかを、今一度考えるべきではないだろうか?

18: 世界@名無史さん 2017/09/23(土) 20:58:30.72 0
>>13
>大河ドラマはわれわれ中国人が考えている時代劇とは違い、時代考証が徹底されている。

これが褒め殺しというやつか・・・おそろしい

19: 世界@名無史さん 2017/09/23(土) 23:00:20.10 0
>>18
少なくとも日本の歴史ドラマでは、それぞれの時代に特有の雰囲気があって、すぐ分かる。

中国の歴史ドラマでは、唐も宋も明も、ほとんど見分けがつかない。
清は弁髪と満州服のおかげで他の時代との区別がつくけど、他の時代はみんな一緒。

23: 世界@名無史さん 2017/09/23(土) 23:44:07.98 0
「武則天」とか「隋唐演義」とか、唐を舞台にした時代劇がとくにひどい。
単なる、東洋っぽいファンタジー空間でしかない。

24: 世界@名無史さん 2017/09/23(土) 23:55:05.73 0
その点、宋は良い。

遼・金・元はもちろん、西夏や大理といった、それぞれキャラの立った異民族が威張っているから、「これは宋の話だな?」とすぐ分かる。

金庸の「射雕英雄伝」や「天龍八部」など、この時代を背景にした武侠モノは、宋代の国際情勢と切っても切れない。

25: 世界@名無史さん 2017/09/24(日) 00:06:31.12 0
清は、弁髪に満州服だから、すぐ分かる。
弁髪というのは前から見るとスキンヘッドだから、男が全員、お坊さんみたい。
スキンヘッドだけに、似合う・似合わないがある。
台湾のニッキー・ウーは、弁髪のほうがカッコ良い。

26: 世界@名無史さん 2017/09/24(日) 00:14:12.80 0
明では逆に、男がみんなロン毛だ。
武芸者たちは、長髪をなびかせて闘う。

明の時代ともなると、洛陽や長安といった内陸部はすっかり衰退していて、いまでいう北京・上海・広東省あたりの沿海部が歴史の舞台だ。

27: 世界@名無史さん 2017/09/24(日) 00:19:35.42 0
長安や開封と比べて、北京は北のハテにあるから寒い。
清の宮廷の人々は、冬にはアラスカのエスキモーみたいな服を着ていた。

中国の時代劇は、その大半が北京郊外の時代劇村で撮影されている。
冬場は、俳優たちの吐く息が真っ白で、本当に寒そうだ。
思うに、これも中国の時代劇に出てくる都がみんな北京に見えてしまう大きな原因のひとつだろう。

29: 世界@名無史さん 2017/09/30(土) 08:21:39.19 0
日本でも、かつては時代劇の撮影が京都の太秦に集中していた。
そこに時代劇のセットがあるから、自然とそこに映画製作者が集まった。
それと同じように、中国では浙江省の横店に時代劇のセットが集中している。
そこには、北京の紫禁城もあるし、秦の咸陽城もある。

30: 世界@名無史さん 2017/09/30(土) 08:23:07.45 0
横店の明清故宮

no title

31: 世界@名無史さん 2017/09/30(土) 08:24:02.87 0
横店の秦王宮

まさに古代のロマン

no title
49: 世界@名無史さん 2017/10/12(木) 21:08:27.96 0
明の官僚特有のスタイル。
かぶりモノの左右についた羽飾りみたいなのが目印。 
あと、長衣を羽織って胸に四角い刺繍がついてれば、時代は明だと分かる 


no title

50: 世界@名無史さん 2017/10/12(木) 21:09:14.03 0
ついでに、革のベルトも

51: 世界@名無史さん 2017/10/12(木) 21:18:47.81 0
まあ、「特有のスタイル」は言いすぎで、似たようなのは他の時代にもあるんだけど、やっぱり、明の官僚は見た目で分かる

52: 世界@名無史さん 2017/10/12(木) 21:20:00.36 0
「明朝の色」と言われる、赤茶色のせいかな?

53: 世界@名無史さん 2017/10/12(木) 21:58:41.23 0
宋も分かるし唐も分かる 
だが一番分かりやすくて一目瞭然なのは清 (当たり前)

54: 世界@名無史さん 2017/10/12(木) 23:09:51.62 0
遼・金・元も異質なんだが、あまりクローズアップされない 

武侠ヒーローの敵役として怪しいモンゴル人が登場するのはお約束とはいうものの、普通に金の時代の北京が舞台になるなんてことは、ちょっと考えにくい

55: 世界@名無史さん 2017/10/12(木) 23:10:42.82 0
隋唐の貴族は、手に聖徳太子みたいな笏を持ってるおかげで、すぐ分かる

56: 世界@名無史さん 2017/10/12(木) 23:11:58.90 0
宋の皇帝や高官は、帽子(ホクトウ)の左右に細長い棒みたいな飾りがついてるのが目印 
偉い人ほど長くて、ものすごく邪魔になりそう

57: 世界@名無史さん 2017/10/12(木) 23:15:20.16 0
幞頭は、帽子じゃなくて頭巾

58: 世界@名無史さん 2017/10/13(金) 00:14:30.20 0
三国志の時代の人々は、外出時には、必ず冠を被って歩いていました。 
お役人ばかりではなく、一般人も巾と呼ばれる布製の冠を常用いています。 
これは、中々伝統のある習慣で紀元前11世紀の周の時代には、制度化されていたといいます。 
では、当時の人々が被っていた冠には、どんな種類があったのでしょうか? 
ちょっと勉強してみましょう。

59: 世界@名無史さん 2017/10/13(金) 00:15:14.64 0
ベン冠 

皇帝から卿大夫以上の人々が被っていました。 
あの四角い冠に細長い板が載って硝子や宝石がスダレのように垂れ下がっているアレです。重大な儀式がある時にのみ、これを被っていたようです。

60: 世界@名無史さん 2017/10/13(金) 00:16:58.82 0
弁(べん) 

皇帝から、士と呼ばれた下級役人までが被りました。 
鹿の皮などで造られた帽子状のもので、身分により宝石などを縦に並べて飾った豪華なものもありました。 
こちらは、一般の儀式で被られたようです。

61: 世界@名無史さん 2017/10/13(金) 00:17:29.84 0
冠 

金属製の冠で、行事がない一般の時に被っていました。 
こちらも士が被っていたので庶民と士大夫を区別する重要なステイタスシンボルでした。

62: 世界@名無史さん 2017/10/13(金) 00:17:58.43 0
巾は、一般庶民が被っていたもので、布製のハチマキのようなものだったようです。 
ただ、そんな庶民も行事がある時には冠を被りました。

63: 世界@名無史さん 2017/10/13(金) 00:18:38.80 0
中国の冠文化は、17世紀前半の明の滅亡までは存続しますが、満洲族の清朝が建国すると、髷を結わず、辮髪の満洲族の習俗が一般化して、冠を被る習慣は消えていきます。 
満洲族は、陣笠のような被りモノに羽や宝石を散りばめたものを正装にしたので、冠は要らなかったのです。

64: 世界@名無史さん 2017/10/13(金) 00:20:07.63 0
「明までの中国では、カブリモノなしで外を出歩くのは、裸で歩くくらい恥ずかしいことと考えられていた」だそうな。

68: 世界@名無史さん 2017/10/20(金) 03:37:51.10 0
>>64 
日本でも昔は(室町時代まで)烏帽子無しで外を歩くのは恥ずかしいことだった 

烏帽子没収という刑罰があったほどで 
その場で烏帽子を没収するだけの刑で即時放免されるんだが 
受刑者は耐えがたい恥辱にまみれながら走って役所から家まで帰った 
現代人で言えばフルチンで家まで帰るようなものだ

34: 世界@名無史さん 2017/09/30(土) 09:02:12.16 0
現代劇は言葉の勉強にはいいよ
有名な喜劇役者ががんばってる

36: 世界@名無史さん 2017/09/30(土) 18:07:55.38 0
言い忘れたけど現代劇は我々外国人が言葉を勉強するのと世相を知るのにいいけど中国人には絶望的なほど人気がないよねw

今は作られているのかどうかさえ怪しいけど、再放送はやってるだろう

あと、時代劇でも現代人がタイムスリップする話では、封建社会の人権を無視した権力者の仕打ちに主人公が不満を抱く展開になると、それ以上のことは言わなくなるんだよねw

38: 世界@名無史さん 2017/10/09(月) 14:15:04.42 0
中国の歴史ものドラマは、日本でほとんど知名度が無い人に突如スポットが当たったりするので興味深い。

秦の恵文王の妃、宣太后が大々的にドラマ化されて中国では高視聴率だったそうだけど、日本ではウィキペディアに記事すらないレベルだ。
http://kandera.jp/sp/miyue/

40: 世界@名無史さん 2017/10/09(月) 15:58:48.58 0
まあ、ドラマは基本的に女の世界なので、女性が主人公なことが多いからなあ
女は、歴史を裏で動かしてきた

42: 世界@名無史さん 2017/10/09(月) 19:20:07.70 0
いくら女受け狙いとは言え西太后みたいなやってることはキムジョウンと変わらないカスを名君扱いするのは反吐が出る

95: 世界@名無史さん 2018/03/14(水) 15:56:54.55 0
>>42
確かに私欲の塊のような人を無欲で私情に流されない人として描くのは無理がありすぎだけど正史を無視した大胆な解釈がドラマの真骨頂だからね


67: 世界@名無史さん 2017/10/17(火) 22:07:20.39 0
中国ドラマは武闘派ヒロインの登場が多いな。

69: 世界@名無史さん 2017/10/21(土) 13:07:48.98 0
>>67
異常に強い武芸者は、女にも子供にも老人にもいる

70: 世界@名無史さん 2017/10/24(火) 19:01:48.65 0
「武則天」を見始めた。

時代考証を無視したファンタジー時代劇だけど、中国一のカリスマ美女・ファンビンビンが見どころ。

73: 世界@名無史さん 2017/10/24(火) 19:07:34.96 0
それにしても、また李世民が主役級の登場人物だな。
ほんとに、李世民と雍正帝は、中国の時代劇に欠かせない二大人気皇帝。
この2人に共通するのは、実の兄弟と骨肉の争いを繰り広げて帝位についた、「兄弟殺し」というところ。なぜか、それが中国人にはウケが良い。

74: 世界@名無史さん 2017/10/24(火) 19:09:29.41 0
甥と戦争して帝位についた、明の永楽帝は全然人気ない。
やっぱり、相手は兄弟じゃないとダメみたい。

75: 世界@名無史さん 2017/10/24(火) 19:14:08.05 0
オスマン帝国とムガール帝国なんか、皇子の殺し合いが連続する歴史だ。
中国人にはウケるかもな?

76: 世界@名無史さん 2017/10/25(水) 00:05:36.92 0
兄弟同士のと言えば、「武則天」には太宗期のあの事件や高宗期序盤のあの事件がドラマオリジナルにアレンジされた話が出てくるよ。

武則天も中国時代劇的には人気皇帝じゃないかな?
最近日本に入ってきたやつだけで5つも彼女が登場するドラマがあるし、かなり前にNHKBS1で放送していたものもあるらしいし。

79: 世界@名無史さん 2017/12/09(土) 10:10:20.86 0
「武則天」に、日本・天竺・アラブからの使者が太宗・李世民に謁見する場面があったが、やっぱり、日本の平安貴族が出てくると、一目で日本だとわかるな。
唐朝の服装(といっても、時代考証はアレだが・・・)とは、まったく違う。
当時の日本と、唐の文化は、言われてるほど似ていない。

80: 世界@名無史さん 2017/12/09(土) 10:15:28.88 0
日本を「東瀛 (とうえい)」という雅称で呼んでいる。

東瀛人は、風流な美男で囲碁の名手だが、碁の勝負で武則天に敗れ、「切腹してやる~!」と騒いで唐の宮中を混乱に陥れていた。

81: 世界@名無史さん 2017/12/09(土) 10:17:21.20 0
いくら日本でも、平安貴族は切腹などしない。
唐人は、何か勘違いしていたようだな。

82: 世界@名無史さん 2017/12/09(土) 10:23:01.56 0
待てよ。

李世民が皇帝の頃といったら、日本はまだ飛鳥時代じゃないか。服装が平安貴族なのはおかしいぞ?まあ、聖徳太子みたいな格好で出てきたら、唐の宮廷人と見分けがつかなくて、ドラマとしては絵にならないか。

でも、「舒明天皇の使いで東瀛から来た、物部氏」となっていたな。
やはり、時代考証はなされているようだ。

引用元: ・[武侠] 中国の時代劇 [後宮]




ミーユエ 王朝を照らす月 DVD-SET1
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2017-10-03)
売り上げランキング: 44,834