1: みつを ★ 2018/06/05(火) 01:27:53.35 ID:CAP_USER9

西南戦争で西郷軍と戦った政府軍の兵士が、終戦直後に当時の戦況などを家族に伝えた手紙が久米南町で見つかりました。専門家は「戦争の最前線にいた一兵士の視点から当時の状況が詳細に記された第一級の資料だ」と話しています。

この手紙は明治10年の西南戦争で政府軍として西郷隆盛率いる薩摩軍などと戦った兵士が戦地から岡山県に住んでいた父親に宛てたもので、父親のやしゃごにあたる久米南町の榊原東一さん(77)が保管していました。
手紙には政府軍が戦いを優位に進めていることや、警視隊や屯田兵など、当時の政府軍の構成、それに、戦っている相手の軍を率いた「西郷隆盛」の名前も記されています。
また、西南戦争最後の激戦地となった鹿児島市城山では、午前3時に政府軍が整列を始めたことや『砲声城山ヲクダクルカ如し』など相手軍に攻め入る際の様子が細かく描写されています。


(以下略)

全文は
https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20180604/4020000423.html 






5: !omikuji !dama 2018/06/05(火) 01:34:23.68 ID:66xqdScX0
まあ、俺の親の話だと、西郷さんに会ったことがあるっていう古老から、物心つくかつかないかの子供の頃に西郷さんの様子を聴かされていたっていうからそんな昔話でもないな。
内容は覚えてないそうだが。

10: 名無しさん@1周年 2018/06/05(火) 01:37:00.85 ID:Y/RRRDUa0
大河ドラマで風林火山やっていた時も、そういえばって感じで民家から古文書が出てきて、それが山本勘助が実在の人物を示す証拠となった

13: 名無しさん@1周年 2018/06/05(火) 01:42:16.09 ID:76pLdvKW0
誰もが歴史にそこまで興味あるわけじゃないしね
きっかけになるものがあって出てくるのも沢山あるだろうし、興味があるやつでも分家筋の人間ならわざわざ本家に何かあるかなんて聞かんもんね

14: 名無しさん@1周年 2018/06/05(火) 01:43:47.52 ID:ykDEmV2D0
俺の婆様の家には、西郷が竹で作った、割り箸があるけど、本物らしいぞ

32: 名無しさん@1周年 2018/06/05(火) 06:48:18.25 ID:p/j3IMC00
鴎外や漱石の手紙やらがしょっちゅう見つかるのにはいつも驚く
100年以上も前のものが、(その後空襲だってやられたのに)意外に残ってるもんなんだね
西郷小兵衛の写真も空襲で焼けたんだっけか、そういえば

56: 名無しさん@1周年 2018/06/05(火) 17:57:23.15 ID:pTgoGK+w0
>>32
当時の通信手段は手紙だけだったから、想像を絶する量の手紙を書いているわけよね
また、紙は貴重品で残す習慣があったのが幸いした

59: 名無しさん@1周年 2018/06/05(火) 18:10:20.37 ID:wDpTZY790
文献や写真はそれだけを見ていると情報は少ないが、複数を組み合わせると人の動きが見えてくる
同じ日に同じ場所に人は限られるため。ここ10年でその手の研究が進んでいる

88: 名無しさん@1周年 2018/06/05(火) 23:07:03.31 ID:8JeVpOb20
>>1
こういうのが見つかるのが大河効果の一つなんだろうな

91: 名無しさん@1周年 2018/06/05(火) 23:13:22.28 ID:1DQEoIVD0
西郷さんの写真が一枚も無いのが残念。
先日、新撰組の斎藤一の写真が出てきたけど西郷さんのもいつか出て来るのを期待してる。

引用元: ・【岡山】西南戦争の新史料が久米南町に 持ち主「大河ドラマ西郷どん見ていて思い出した」