51Y9CXsZ78L



1: 世界@名無史さん 2013/09/15(日) 09:01:53.49 0
ファンタジー世界を舞台にした作品だってその多くは西洋キリスト教モデルじゃん。
宗教人口からいっても今や世界最大規模の宗教勢力となったイスラム教が創作物の題材にされないのは何故だろうか?

世界史上でも大きい勢力であったイスラム。信徒は現在も尚、増加し続けているにも関わらず、キリスト教、西洋文化に比べて余りにも創作の世界では扱いが悪すぎる。

これは一体何故?








363: 世界@名無史さん 2013/10/06(日) 22:57:49.47 0

適当に整理したので、誰か補完をしてくれ。胡椒云々は除外した。

1 我々の親しんでいる、欧米や日本の創作物では、イスラム圏のことが積極的に扱われなくなっている。

2 また、過去においても現在においても、イスラム圏でも創作は行なわれているが、我々の関心は薄く、接する機会はかなり限られている。

3 かつての欧州では、交流のあったイスラム圏の影響を受けたり、また、出来事や人物がしばしば取り上げられた歴史がある(トルコマーチ、フランス絵画ほか)。

4 教義に関わる描写で厳格主義者とトラブルを起こす危険が創作者を意気阻喪させているという点が指摘され、筑波大で起きた事件がしばしば引き合いに出される。
また、イスラム文化が他文化圏に創作物を売り込む視点に乏しいことも指摘されている。

1、2より、我々の視点や認識にまつわる要因が、4より、イスラム圏に内在する固有の要因があげられた。
ただし、3で言われているように、歴史的に変遷しているのも確かであろうから、世界史板としては、歴史的な諸条件を諸々考察・検討するのが正統派かな。

371: 世界@名無史さん 2013/10/11(金) 11:47:17.07 0
生活・文化に限定したとして、他文化圏で火がつくまでの導火線は自ら点火しないとどうにもならない
サムライは三船&黒澤、カンフーはブルース・リー、というように原初部分は自助努力でアッといわせるもの作らんと
例えば、もしブルース・リーらがカンフーものを作らなかったら、拳法というのは老人太極拳みたいな認識のされ方で終わっていたろう
これらのブレイクを支えるものとして、映画産業や武芸の教育施設などの裾野が整備されていたことは言うまでもない
香港なんて人口3~4百万人の時代にそれを成し遂げてるんだ、できないのを受け手のせいにするならそれは甘い
黒澤の頃の日本人イメージなぞメガネ出っ歯、リーの方は苦力みたいなマイナス・イメージが残ってる中での結果なわけだし

372: 世界@名無史さん 2013/10/11(金) 13:49:46.03 P
イスラムのイメージって、ヤタガンもった黒人がスルタンの命令で異教徒を首刎ねて虐殺するようなイメージ。

373: 世界@名無史さん 2013/10/12(土) 20:36:28.58 0
ぶっちゃけ、日本であまり知名度がないだけで、欧米ではイスラム圏の文化を題材にした創作物もそれなりに作られてるけどな。
日本や中国を題材にしたハリウッド映画より中東を舞台にしたハリウッド映画のほうが多いかしれない。

374: 世界@名無史さん 2013/10/12(土) 21:46:31.21 0
>>373
kwsk

376: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 10:13:22.26 0
>>374
イスラム圏を舞台にした洋画でざっと思いつくのはこのくらい。
「シーク」
「アラビアのロレンス」
「砂漠のライオン」
「キングダム・オブ・ヘブン」
「君のためなら千回でも」
「プリンス・オブ・ペルシャ」
「アラジン」

現代の中東を舞台にした洋画も含めると、イラク戦争やテロ絡みでもっとたくさんある。

377: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 14:41:32.71 0
>>374
「シェルタリング・スカイ」
「カーツーム」
「猛獣国横断」
「ターザン砂漠へ行く」
「栄光への脱出」
「巨大なる戦場」
「十字軍」
「13ウォーリアーズ」
「バグダッドの盗賊」
「アラビアンナイト」
「アリババと四十人の盗賊」
「船乗りシンドバットの冒険」以下「船乗り・・」「七回目の・・」「虎の目・・・」
などシンドバッドシリーズ多数

388: 世界@名無史さん 2013/10/14(月) 23:06:52.40 0
地理的、歴史的な影響もあるんだから、日本でイスラムの創作が流行らないのは仕方ないだろう。
これから頑張り続ければ流行るかもしれんけど。

389: 世界@名無史さん 2013/10/14(月) 23:08:26.14 0
>>388
漫画「マギ」のヒットは日本におけるイスラム創作のパイオニアになるのだろうか?

390: 世界@名無史さん 2013/10/14(月) 23:19:13.57 0
イスラム物は少女マンガだと結構有る
砂漠に王子とハーレムがツボらしいw

391: 世界@名無史さん 2013/10/14(月) 23:21:16.37 0
久保田早紀の「異邦人」ってアラビアをイメージしたものだと思っていた。
今Wikiを見て、シルクロードをイメージしていたと初めて知った。
しかも1979年の曲だったんだな。あの頃って喜太郎がNHKのシルクロードのテーマソングがシルクロードのイメージだったと思うんだが、全然イメージが違うな。。。。

393: 世界@名無史さん 2013/10/16(水) 07:07:52.74 0
少女マンガだと「天は赤い河のほとり」とか同じ作者で「夢の雫、黄金の鳥籠」とかあるな
どっちも今のトルコが舞台のはず

394: 世界@名無史さん 2013/10/16(水) 08:14:54.04 0
前者はヒッタイトの話だから、イスラムよりはるか昔の物語

396: 世界@名無史さん 2013/10/27(日) 11:48:29.08 0
イブン・バットゥータとか映画化してほしいけど
むこうではあるのかな?

397: 世界@名無史さん 2013/10/27(日) 12:20:39.97 0
うーんどうだろ、イブン・ファドラーンのほうはあるんだがな >13ウォリアーズ

399: 世界@名無史さん 2013/11/19(火) 09:54:36.17 0
イスラム教はネタにするのを避けまくるけど、ヒッタイトとかはかきやすいもんね。どこからも怒られなさそうで
天は赤い河以外にもエジプトをからみあわせてそっちの漫画とかも多いよね
さもなかったら中世ヨーロッパ物だよね、ファンタジーックにして場所も何もわらなくするのよくある手だよね

401: 世界@名無史さん 2013/11/22(金) 08:21:04.36 0
>>399
一方で、その「天は赤い河~~」の作者は現在イスラム教をネタにした漫画も連載しているがな。
「夢の雫、黄金の鳥籠」とかいう題名で、オスマン帝国のハレムが舞台の漫画だ。

407: 世界@名無史さん 2013/11/26(火) 20:53:56.21 0
仲小路彰作マホメットの生涯を描いた長編戯曲『沙漠の光』新光社(1922年)という著作があるらしい。置いてある図書館もわりとあるらしい。
一体どういう内容なのだろう。興味がある。

417: 世界@名無史さん 2013/12/02(月) 12:41:04.31 0
なんかイスラムをおちゃらかして小説書いて、過激派に問答無用で命ウオンテッドかけられた米作家がいたよね。ちょっとおもわずかいちゃっただけみたいで、家族から何からジハードでおっかけられるわけ。
それがこわくなかったらかいてみたらいいとおもふ

418: 世界@名無史さん 2013/12/02(月) 12:46:42.75 0
十字軍の話もかきにくいよね、そっちを書く必要にもせまられるわけでひっくるめてちかよらないほうがけんめいだね、ヒッタイト、えじぶと王朝あたりをもってくるほうかしこい

431: 世界@名無史さん 2013/12/27(金) 19:18:18.40 0
>>418
アルスラーン戦記は宗教なんかはイスラム化前のペルシャがモデルだけど、十字軍みたいなのが責めてきてえぐい描写もかなりあったな
確か参考資料にアラブ側から見た十字軍の本が載ってたような

424: 世界@名無史さん 2013/12/11(水) 18:40:25.79 0
ネタにしづらいだけで、イスラム風の砂漠の一神教ってネタは結構あるだろ

425: 世界@名無史さん 2013/12/11(水) 19:42:56.21 0
「復讐、そして栄光」というマムルーク朝のバイバルスを題材にした小説を読んだけど
これじゃない感がちらほら
イスラム世界と言われてイメージ共有できるほど、日本ではまだイスラムを題材にした物語がすくないんだなーと思ったわ

426: 世界@名無史さん 2013/12/11(水) 19:56:20.07 0
漫画のキャラにコーラン読ませただけでクレームしまくるようなキ○ガイ連中なんて一々相手にしてられないだろ
下手すりゃヒットマン送り込まれる訳で

433: 世界@名無史さん 2013/12/27(金) 19:39:10.86 0
あまり日本でマイナーな国や時代だと、歴史資料を集めにくい、読者の感心を集めにくい、時代背景や制度についての説明が必要になるから難しいのかもな
中世ヨーロッパならある程度は読者にも知識があるから、いちいち作中で説明しなくてもついていけるけど

440: 世界@名無史さん 2013/12/29(日) 09:50:38.47 0
イスラムがどうと言うよりは、日本においては、中世ヨーロッパと昔の日本(もしくは中国)以外の地域が、あまり創作の題材にされてないというだけのことだろ。
中央アジアや東南アジア、インド、アフリカ、オセアニア、中南米もあまり創作の題材にされてない。
単に日本ではあまりなじみがないからに過ぎない。

441: 世界@名無史さん 2013/12/29(日) 15:24:39.33 0
真面目で伝記的なムハンマドの漫画を描いても殺されるんだろうか
ぶっちゃけ読んでみたい

442: 世界@名無史さん 2013/12/29(日) 15:50:42.60 0
まず漫画で絵が入った時点で偶像崇拝禁止に引っかかるんじゃね

443: 世界@名無史さん 2013/12/29(日) 20:07:25.79 0
漫画 世界の歴史とかはムハンマドをどう表現しているんだ?

445: 世界@名無史さん 2013/12/29(日) 22:04:24.49 0
Wikipediaに普通にムハンマド絵画(風刺じゃなくて普通の)あるけどな


no title

449: 世界@名無史さん 2013/12/29(日) 23:42:20.39 0
>>445
日本語版にはあるけど、アラビア語版にはないよね。

ムハンマド以外でもシンボル・象徴・ピクトグラムとかも不可みたいだね。
地図とかどうしているんだろう。モスクの地図記号。

450: 世界@名無史さん 2013/12/30(月) 08:27:04.41 0
>>449
アラビア語版にはないけどペルシャ語版にはある。

451: 世界@名無史さん 2013/12/30(月) 14:11:40.82 0
イランの教科書には子供時代のムハンマドの絵が掲載されてるらしい

452: 世界@名無史さん 2013/12/31(火) 01:36:42.45 0
それは神の啓示を受ける前ならセーフってことなんかな

453: 世界@名無史さん 2013/12/31(火) 08:18:44.75 0
ていうか、イランはシーア派の国だからだろ。
シーア派はどちらかというと偶像崇拝に寛容なほう。

462: 世界@名無史さん 2014/01/05(日) 18:55:02.25 0
イスラム圏の創作物で、輸出してヒットしたものって何かある?
アラビアン・ナイト以外で。

464: 世界@名無史さん 2014/01/05(日) 22:38:09.47 0
ルバイヤートは英語圏では19世紀にヒットしたようだな

465: 世界@名無史さん 2014/01/05(日) 22:53:41.75 0
ロビンソン・クルーソーとかあーいうのも元ネタはイスラム圏だったような

473: 「おかねの作文」コンクール | コンテスト 公募 2014/01/20(月) 23:08:40.17 0
いや単純に”魅力的”な資料が見つからないだけだと思うよ
中世のヨーロッパでトマトネタでトマ王とか言って貴族のリア充と対決させようとしてるけど資料見つからないなもん

482: 世界@名無史さん 2014/01/29(水) 18:54:46.39 0
塩野七生のコンスタンチノープルの陥落はどうだろう?
あと、レコンキスタのグラナダの陥落とかを滅亡側から見たいなぁ

489: 世界@名無史さん 2014/02/01(土) 18:59:29.51 0
>>482
陥落ではないけど、14世紀のイベリア半島を舞台にした『王城 アルカサル』という長編少女漫画があって、主人公はカスティリアのペドロ1世だけどグラナダが同盟国や敵国として登場する。
この辺りの歴史に詳しくないからどの程度史実に忠実なのか知らんけど、少女漫画にしては野太い絵で結構おもしろい。

494: 世界@名無史さん 2014/02/05(水) 20:33:00.56 0
>>1は前提がそもそも間違っている。
我々がイメージする「ファンタジー」というのはそもそも西欧のローカル文化だったものが近代社会の中でエンターテイメントとして洗練されたせいで世界に広まったものだ。
だから世界観が西欧中心的で当然。ただしその中にオリエント枠みたいのはある。

495: 世界@名無史さん 2014/02/06(木) 00:18:10.31 0
ファンタジーのほとんどが多神教だし、本当の西欧モデルなのか?

496: 世界@名無史さん 2014/02/06(木) 00:29:25.33 0
エルフもドワーフもゲルマン系の神話から
まあキリスト教以前だね

497: 世界@名無史さん 2014/02/06(木) 13:08:59.78 0
西欧というか、現在広く流行してるファンタジーって英国とアイルランドのものしか思い浮かばない。その素材はケルト系やゲルマン系神話。

ドイツだと、ファンタジーというよりニーベルンゲンとかの民族神話そのものという感じ。その他フランスやスペイン、イタリア製のファンタジーってどういうものか思い浮かばない

509: 世界@名無史さん 2014/03/09(日) 01:28:27.33 0
イスラムって、フィクションは嫌いなの?

510: 世界@名無史さん 2014/03/09(日) 07:12:23.97 0
>>509
そんなことはないでしょ。
昔からイスラム圏にも創作物はあるし。

512: 世界@名無史さん 2014/06/02(月) 02:56:07.95 0
なにか違う解釈してたら原理主義組織のターゲットにされるからだろ…
イスラム同士で解釈違いで血の抗争繰り広げてるのにヨソモノが語ってはいけない雰囲気
もしもやるなら命がけでどうぞ

519: 世界@名無史さん 2014/06/13(金) 01:24:55.33 0
イスラムを悪く描いたら即暗殺されるとか思ってる人はフランク・ミラーの『ホーリー・テラー』って漫画を読んでみるといいぞw

520: 世界@名無史さん 2014/06/16(月) 15:41:47.97 0
危険かもしれないという認識がある程度広まっている。
なかには殺されると思っている人もいる。

実際はともかく。

521: 世界@名無史さん 2014/06/18(水) 20:51:51.99 0
定金伸治『ジハード』
安彦良和『クルドの星』
森詠『帝王の遺言書』
荻原規子『これは王国のかぎ』
村山早紀『シェーラひめのぼうけん』
古泉迦十『火蛾』
古川日出男『アラビアの夜の種族』
船戸与一『砂のクロニクル』
夢枕獏『シナン』
よしもとばなな『SLY』
松本清張『砂漠の塩』
森下研『草原の彗星チムール』

522: 世界@名無史さん 2014/06/19(木) 21:22:41.89 0
>船戸与一『砂のクロニクル』

「ホメイニの爺いはとうとう耄碌しやがった」なんて台詞があったなw

524: 世界@名無史さん 2014/09/10(水) 05:48:52.01 0
暗殺とまでは行かなくても激怒スイッチが入る基準がよくわからんから困る

535: 世界@名無史さん 2014/10/16(木) 22:17:55.86 0
オスマン朝の皇帝たちならカリフも名乗ってたけど肖像画はたくさんあるよ。

イスラムでは男色厳禁のはずなのに、美少年愛を謳ったものも多いのは何故?
ひどいのになると少年強姦を礼賛する詩もあったとか。

538: 世界@名無史さん 2014/10/16(木) 23:10:49.90 O
>>535
オマル・ハイヤームなどは飲酒の楽しみを詩に詠んでるし。
もともとイランはそんなりゴリゴリのイスラムではないのだよ。シーア派のカリフが女系ではササン朝の末裔でもあることが重視されているくらいで、イスラム化はしても古代以来のペルシャの伝統も大切にされてきた国。

539: 世界@名無史さん 2014/10/23(木) 11:16:14.95 0
キャラが立ちにくいからじゃないか?
狂信的とかそのぐらいしかないし。

540: 世界@名無史さん 2014/10/23(木) 11:26:50.84 0
中世ファンタジーの世界で「金持ち商人」っていうとデブでターバン巻いたイスラム教徒

545: 世界@名無史さん 2014/10/26(日) 05:30:28.27 0
>>540
砂漠の商人限定だろ。

548: 世界@名無史さん 2014/10/28(火) 06:39:46.96 0
デブターバン商人のイメージが1つのパターンとして定着したのはドラクエ3の影響だろうね

スターウォーズのジャバ・ザ・ハットもレイア姫にアラビア風エロ衣装着せてたし
デブ金持ち=アラビア商人ってイメージ自体はドラクエ以前からあったのかも

549: 世界@名無史さん 2014/10/28(火) 18:47:06.13 0
デブ金持ち=アラビア商人=奴隷商人ってイメージもあるけど起源は何だろう?

553: 世界@名無史さん 2014/11/04(火) 21:29:29.27 0
>>549
デブ=裕福は基本
現代は、デブ=自己管理できない=食欲を制御できないだけど。

550: 世界@名無史さん 2014/10/28(火) 23:37:22.25 0
アルブレヒト・デューラー画「一万人のキリスト者の殉教」1508年作

durer253_martyr


右下に巨大ターバン&デブの異教徒たちが何人かいるね。
時代的にモデルはオスマンの衣装?

551: 世界@名無史さん 2014/10/30(木) 00:02:53.87 0
>アラビア風エロ衣装

最近だとダークソウルの砂の魔術師とか
no title

552: 世界@名無史さん 2014/10/30(木) 01:01:28.10 0
その手のベリーダンス風衣装って、厳格なドレスコードの裏で連綿と続いてきたんだろうな
12世紀頃の細密画でも描かれてるみたいだし、どうもイスラム時代以前の残滓って感じ
ただ、トルコのベリーダンスは他と違ってジプシーからの影響が強いらしいけど

554: 世界@名無史さん 2014/11/22(土) 07:52:30.19 0
文化的に変化が弱く、様式がはっきり識別できない。
前提知識がないことを前提とするとキャラの個別化が難しい。

558: 世界@名無史さん 2014/11/22(土) 22:53:50.01 0
>>554
中世近世ヨーロッパだって、たいていの人はマールの本とかみないと
各国の服装の違いとかわからないとおもう

562: 世界@名無史さん 2014/11/27(木) 11:55:38.50 0
>>1
売れないからだろ。

563: 世界@名無史さん 2014/11/29(土) 18:07:38.92 0
結局はそこに行き着くけどね

引用元: ・なぜイスラム教は創作物の題材にされないの?




イスラームの歴史 - 1400年の軌跡 (中公新書)
カレン・アームストロング
中央公論新社
売り上げランキング: 11,962