61WaxjN62EL







7: 日本@名無史さん 2005/06/16(木) 00:24:57
板垣退助
「板垣死すとも自由は死せず」
と言ってかっこよく死んだのかと思ったらその後も長生きしてた。
しかも死ぬような傷でもなかった。

14: 日本@名無史さん 2005/06/16(木) 02:37:12
あそこで死んでおけばよかったのに。。
助かるの報を受けての、後藤象二郎の言

8: 日本@名無史さん 2005/06/16(木) 00:45:21
(×)原爆にはパラシュートがついてた

33: 日本@名無史さん 2005/07/02(土) 19:10:21
>>8
パラシュートはついていたんじゃなかったの?
あのパラシュートは原爆を投下したB-29を保護するため。つまり爆弾を投下した直後に原爆が爆発すると爆風に巻き込まれてB-29が墜落してしまいかねないから、原爆にパラシュートをつけて、原爆を投下した後もしばらく原爆が高度を保っているようにした。その間に原爆を投下したB-29はさっさと爆心地から離れてしまうというわけ。

37: 日本@名無史さん 2005/07/03(日) 17:53:12
>>33
パラシュートがついていたのって、一緒に投下した観測機器でしょ。
本体にパラシュートつけると投下軌道にのらず、目標地点をハズれるんだとか。

9: 日本@名無史さん 2005/06/16(木) 01:55:43
小田原征伐で北条氏滅亡

10: 日本@名無史さん 2005/06/16(木) 02:03:06
>>9
あるある。

11: 日本@名無史さん 2005/06/16(木) 02:07:52
本能寺で織田氏滅亡

12: 日本@名無史さん 2005/06/16(木) 02:20:23
桶狭間で今(ry

20: 日本@名無史さん 2005/06/17(金) 03:33:17
(×)日本初の政党は、自由党

29: 日本@名無史さん 2005/06/20(月) 17:01:34
武士道というのはほとんどの人がよくわかっておらず、日本人の伝統と間違えられる。
しかも、鎌倉・戦国のものとずっと同じであるという認識がある。


34: 日本@名無史さん 2005/07/03(日) 01:28:17
・鎌倉幕府最後の執権は北条高時 (×)
・井伊直弼を殺したのは水戸浪士 (×)

36: 日本@名無史さん 2005/07/03(日) 17:35:00
>>34
井伊直弼を殺したのは誰?
水戸浪士だと勘違いしてました。

39: 日本@名無史さん 2005/07/03(日) 21:42:01
>>36
桜田門外の変で井伊を襲撃したのは水戸浪士17人、薩摩浪士1人ですが、その中で実際に井伊を刺したのは薩摩浪士有村次左衛門です。

58: 日本@名無史さん 2005/07/05(火) 22:39:51
薩英戦争
× 死者が多かったのは,薩摩側。

59: 日本@名無史さん 2005/07/06(水) 02:54:56
京都にある寺社の多くが平安京の時代から残っているもの。
○大半が応仁の乱で焼失。

63: 日本@名無史さん 2005/07/06(水) 22:11:00
× 大石内蔵助など四十七士は,実際に切腹をした。

→実際に,腹を切ったのは,間新六だけ。

66: 日本@名無史さん 2005/07/07(木) 14:16:23
>>63
間新六以外は生き残ったのか。

81: 日本@名無史さん 2005/07/12(火) 12:26:31
>>66
扇腹(小刀で腹かっさばくではなく扇を当てる格好だけの切腹)
だったという意味では?

74: 日本@名無史さん 2005/07/07(木) 20:02:07
>>63 
<間新六以外は生き残ったのか。>

・・・んーなわけは,ないだろ。
あくまでも,「実際に」切腹したのは・・・って書いてあるだろ。
当時は,切腹はすでに形骸化していた。
実際には儀式的な形だけで,ハラを切ることなく介錯されたため,外見上は斬首と変わりない。
四十七士のうち,間新六(はざま しんろく)だけは,介錯の刃よりも早く,自分の腹を実際に切り,武士の意地を見せたと伝えられている。

77: 日本@名無史さん 2005/07/07(木) 20:19:58
>>74
切腹する真似だけすれば良いと説明して、切腹の場所に連れて行かれたそうですね。酒でべろべろになって歩けないまま酔いつぶれている人や腰が抜けて動けずにそのまま介添えの侍達に抱きかかえられていった人もいたそうです。
とてもテレビドラマのような格好いい人はまずいなかったとか。

65: 日本@名無史さん 2005/07/07(木) 01:13:24
× イザナギとイザナミは,最後まで夫婦で,仲むつまじかった。

→日本書紀ではともかくも,古事記では,最後は,破綻し,実質,離婚してしまった。

68: 日本@名無史さん 2005/07/07(木) 18:10:38
日本海海戦の東郷ターンが作り話って聞いたんですけど、どうなんですか?

69: 日本@名無史さん 2005/07/07(木) 18:18:13
丁字戦法 
明治37年(1904)1月9日付の連合艦隊の戦策の部分

1、第一戦隊は、最も攻撃しやすき敵の一隊を選びその列線に対して先の如く丁字をえがきなるべく敵の先頭を圧迫するごとく運動し、かつ臨機適宜の一斉回頭を行い、敵に対し丁字形を保持するに努むるものとす。
  
2、第二戦隊は第一戦隊の当たれる敵を叉撃または挟撃する目的をもって敵の運動に注意し、あるいは第一艦隊に続航し、あるいは反対方向に出て左図にしめすがごとく、なるべく第一戦隊と共に□字をえがく方針を持って、機宜の運動をとり、わが両戦隊の十字火をもって敵を猛撃するに努むるものとす。

第二戦隊が加わる場合の戦法を丁字戦法を発展させて乙字戦法と称していた。

ロシア太平洋第二艦隊の東航に備え連合艦隊司令部は1905年4月12日付でその戦策を改定した。戦法の基本は「単隊の戦法は丁字戦法、二隊の協同戦闘は乙字戦法に準拠するものとす」とされて変化はなかった。

82: 日本@名無史さん 2005/07/12(火) 15:19:27
10人に3人どころか、10人に9人は勘違いしているはずなんだが、
さすがにこれはとっくに概出ですか?

×太平洋戦争の終わった日は8月15日

1945年
7月26日 ポツダム宣言勧告
8月14日 日本政府がポツダム宣言受け容れを決定
9月2日  無条件降伏文書に調印
1951年
9月8日  サンフランシスコ平和条約に調印
1952年
4月28日 サンフランシスコ平和条約が発効。法的に「戦争」が名実ともに終了。

1945年8月15日は、単にラジオでいわゆる玉音放送が流れ、一般国民が降参を知ったというだけの日。
(しかし、大多数の一般日本国民にとっては、まさに気分の上ではこの日こそ「戦争が終わった日」には違いない)

84: 日本@名無史さん 2005/07/12(火) 21:50:29
×江戸時代の最後の天皇は孝明天皇
○江戸時代の最後の天皇は明治天皇

86: 日本@名無史さん 2005/07/13(水) 01:25:24
×徳川幕府は勝手に不平等条約を結んだ。

○諸大名に意見訊いて、賛成多数で決定。

92: 日本@名無史さん 2005/07/13(水) 19:36:15
>>86
諸大名に意見を求めたのはペリーの日米和親条約の時なんだが。
幕府が勝手に結んだ不平等条約は日米修好通商条約。

94: 日本@名無史さん 2005/07/13(水) 20:37:09
>>92
幕府は日米修好通商条約のときも、堀田正睦や井伊直弼は諸大名の意見確認してるよ。
ただ勅許を待てなかったのが問題になったけど、幕府が勝手に、ってのは間違い。
そういう印象を生んだのが井伊直弼の失敗だったけど。

95: 日本@名無史さん 2005/07/13(水) 21:53:37
×平城京は710年から794年まで連続して都であった。

○途中で恭仁京や信楽京に遷都して、戻って来ている。

96: 日本@名無史さん 2005/07/13(水) 22:10:53
>>95
というかそれ以前に784年までだろ

102: 日本@名無史さん 2005/07/15(金) 00:29:16
× 忠臣蔵の『蔵』は大石内蔵助以下四十七士のこと

118: 日本@名無史さん 2005/07/19(火) 01:09:52
×柳生十兵衛は隻眼だった

136: 日本@名無史さん 2005/07/20(水) 20:50:36
× 徳川家最後の当主は慶喜

139: 日本@名無史さん 2005/07/20(水) 23:28:23
× ゼロ戦は、戦争当時「ゼロ戦」という通称で呼ばれていた。

175: 日本@名無史さん 2005/08/03(水) 20:07:37
>>139
○ ゼロ戦は、戦争当時「ゼロ戦」という通称で呼ばれていた。

少なくとも一部では byリア・ザ・スピア+田中魔王陛下

176: 日本@名無史さん 2005/08/04(木) 21:20:45
>>175

通称は、「ゼロ戦」ではなく、「零(レイ)戦」と発音されてたんじゃないの?


193: 日本@名無史さん 2005/08/06(土) 12:30:55
>>176
国内では「レイ戦」と言われる方が多かったそうだが、前線では「ゼロ戦」と呼ぶ兵士がいた、との情報あり。
ただし、一次資料は未確認

148: 日本@名無史さん 2005/07/29(金) 06:50:31
×日本に初めて来たアメリカ船はペリーの黒船

1806年にアメリカの捕鯨船が長崎に立ち寄った
1837年にアメリカの船モリソン号が浦賀と鹿児島で砲撃された
1844年にアメリカの船マンハッタン号が浦賀で遭難日本人を幕府に引渡し幕府も食料や水を供給した

171: 日本@名無史さん 2005/08/02(火) 00:39:46
公地公民制の施行で、日本全土は朝廷が完全に把握した

○公地公民制により名目上は朝廷が日本全土を把握したことになった。
実際には地方豪族は郡司に任命され、それまでの支配地はそれぞれ郡としてそのまま支配を認められた。
ほとんどの郡司が世襲であった。

172: 日本@名無史さん 2005/08/02(火) 00:51:05
×元寇により鎌倉幕府は衰退した。


○元寇により鎌倉幕府は西国まで支配権を伸ばし、朝廷は幕府のコントロール下におかれるようになった。

178: 日本@名無史さん 2005/08/04(木) 22:52:02
連合艦隊は、「連合軍の艦隊」だったと思ってる奴
ここの板のひとには信じられないだろうが、これが結構いる

181: 日本@名無史さん 2005/08/05(金) 00:07:16
× 紀伊国屋文左衛門は蜜柑商

○ 材木商

198: 日本@名無史さん 2005/08/07(日) 22:14:48
西軍の総大将
×石田三成
○毛利輝元

202: 日本@名無史さん 2005/08/08(月) 19:47:57
× 戦時中日本海軍の一番大切にしたな戦艦は「大和」
○ 戦時中日本海軍の一番大切にしたな戦艦は「霧島」
 (なぜなら 天皇が観閲式の時に乗船して 天皇の御座があったから)

236: 日本@名無史さん 2005/08/13(土) 20:37:21
「間宮海峡を発見したのは間宮林蔵」
とみせかけて北樺太やアムール河流域の住人 
しかし世界地図的な意味で海峡を見出したのはやっぱり間宮林蔵


と思ったが実は松田伝十郎

245: 日本@名無史さん 2005/08/15(月) 11:24:30
× 源氏軍の総大将は源義経

○ 源氏軍の総大将は源範頼

246: 日本@名無史さん 2005/08/15(月) 15:41:40
源氏軍の総大将は源頼朝
源範頼は現場監督

247: 日本@名無史さん 2005/08/15(月) 17:09:33
>>246
普通、頼朝が範頼を総大将に任命したというふうにとる
一つの戦略単位に総大将がいるもの

266: 日本@名無史さん 2005/08/20(土) 11:00:58
× 江戸時代は神社で結婚式をしていた

267: 日本@名無史さん 2005/08/20(土) 11:14:45
神社で結婚式をするようになったのは、明治維新以降、欧米のキリスト教の真似をするようになってからの事ぢゃ!

270: 日本@名無史さん 2005/08/21(日) 20:54:38
結婚式・洗礼式・教区制など カトリックだいぶまねたよな 明治神道

273: 日本@名無史さん 2005/08/22(月) 23:44:53
>>270
平田神道がカソリックの影響を受けていたのは紛れもない事実だね。

引用元: ・10人に3人は勘違いしてそうなこと@日本史part2