511YSHH49YL


1: 世界@名無史さん 2007/04/26(木) 16:09:15 0
何故かスレッドが無かったので立ててみた。

1940年から1942年まで存在したヴィシー・フランスについて語るスレです。
また大戦前のフランス・ファシズム組織の話題も大歓迎。



関連記事ヴィシー・フランスについて語るスレ






ヴィシー政権

ヴィシー政権は、第二次世界大戦中における、フランスの政権(1940年 - 1944年)。フランス中部の町、ヴィシーに首都を置いたことからそう呼ばれた。

ヴィシー政府は連合国側から「傀儡政権」とされ、連合国側の勝利、自由フランスによるフランス共和国臨時政府の成立、第四共和政の樹立とともにそのような評価が一般的となった。このため、フランス第四共和政はヴィシー政府からの継承国と見なされていない。しかしヴィシー政府が導入した老齢年金・家族手当など一部の制度は形を変えて存続し、戦後のモネ・プランに対するヴィシー政府経済政策の類似性も指摘されている。また、ヴィシー時代の対独協力が擬態であったか否かについての議論は継続されており、しばしば政治的問題ともなる。




5: 世界@名無史さん 2007/04/27(金) 10:48:06 0
ペタン元帥は「親ナチの傀儡」か、「休戦によってフランスを戦争の荒廃から救った英雄」の二つの評価に分かれてるな。意外にも年配層にペタン元帥を称える人が多いらしい。某仏旅行関係サイトに「私はペタン元帥が大好き」というお婆さんにあった話が載ってた

200px-Philippe_Pétain_(en_civil,_autour_de_1930)


フィリップ・ペタン

アンリ・フィリップ・ベノニ・オメル・ジョセフ・ペタン(1856年4月24日 - 1951年7月23日)は、フランスの軍人、政治家。フランス第三共和政最後の首相およびフランス国(ヴィシー政権)の主席をつとめた。

戦後

ペタンは1945年4月にドイツからスイスを経由してフランスに戻り、逮捕された。1946年の7月から8月にかけて裁判にかけられ、死刑を宣告された。しかし、1946年8月17日、ド・ゴールによって高齢を理由に無期禁固刑に減刑された。裁判後にはアカデミー・フランセーズからも追放されたが、ペタンの存命中には席次18は空位として扱われた。1951年7月23日、流刑先であるブルターニュ地方のユー島で生涯を閉じた。


7: 世界@名無史さん 2007/04/30(月) 12:16:31 0
この人、第1次大戦で、本土決戦の地獄を見ちゃったから継戦する気がなくなっちゃったんだよね。ペタン元帥。
マジノ線も、本土決戦を絶対にやりたくなかったから、抑止効果も兼ねて作ったんじゃなかろうか、なんて思ってしまう。

13: 世界@名無史さん 2007/04/30(月) 19:23:09 0
小説家のセリーヌも第一次大戦に従軍して、その時の体験から、この悲惨な戦争はユダヤのせいで起きたと考えるようになって親ナチだったんだよな。

398: 世界@名無史さん 2009/11/16(月) 21:34:56 0
ナチ占領下のフランスというと必ずレジスタンスがでてきますが
あれは戦後作られた神話で、そんなものほとんどなかったって本当だったんですね。

399: 世界@名無史さん 2009/11/16(月) 22:00:50 0
5%のレジスタンスと5%のミリスと90%の一般人がいただけだろう。
ミリス

フランス民兵団(Milice française)あるいは民兵団(Milice)は、第二次世界大戦中フランス・ヴィシー政権下で活動した親ナチスの民兵組織。

400: 世界@名無史さん 2009/11/17(火) 14:10:34 0
在仏独軍にとっては5パーのレジスタンスでもかなりうざい。
英米軍にとってはかなり使える。

402: 世界@名無史さん 2009/11/17(火) 14:26:03 0
当時のフランスの人口って4千万人ぐらいだろ。
その5%といったら、200万人。そんなにレジスタンスはいないだろ。

403: 世界@名無史さん 2009/11/17(火) 22:00:49 0
レジスタンスの活動人員は41年末頃で1000人ぐらい、42年末で7万、ノルマンディー上陸作戦の半月ぐらい後でやっと20万だ。
ちなみにミリスは確か1万人ぐらい(うろ憶え)、シャルルマーニュ師団とかのドイツ軍部隊に入ったフランス人が2万人。

404: 世界@名無史さん 2009/11/17(火) 23:16:23 0
ドゴールだって、だいたい、連合軍がパリに入城したとき
金魚のウンコみたいについていって
「同日にレジスタンスがパリを解放した!記念すべき日である」とか
ほざいてた奴。

408: 世界@名無史さん 2009/11/20(金) 14:19:35 0
>>404
ド・ゴールはパリを解放した全国レジスタンス評議会のロル大佐とも面会を拒み、会っても握手もしなかった。

パリ解放パレードでも大佐に「一歩下がりたまえ」とか言って非常に無礼で傲慢な態度だったそうな。

411: 世界@名無史さん 2009/11/20(金) 21:50:03 0
オルレアン家やボルボン家、ナポレオン家の末裔って、ドイツ占領下の時に何してたの?

430: 世界@名無史さん 2009/11/22(日) 22:24:39 0
>>411
・オルレアン家のパリ伯アンリ 
開戦当事は国外追放中。英仏両軍に志願するも両方から断られ外人部隊に入隊。
でもドイツ優勢時にはドイツとヴィシーに取り入っての王政復古を目指したり、連合国の反撃が始まると今度は自由フランス内部での主導権争いを「フランス人同士で争うのイクナイ」と仲裁する形で自分がトップになろうとしたりと軍務以外のことに熱中w

・ボナパルト家のナポレオン公ルイ(ナポレオン6世)
同じく国外追放中だった。さらに同じく軍に志願して断られ、偽名で外人部隊入り。
ナルヴィク戦などに従軍。フランス降伏後は北アフリカで戦った後、レジスタンス入りを目指して密入国を図るが逮捕される。イタリア王家の仲介で収容所送りは免れ軟禁生活。でも脱走して再び偽名でレジスタンスに参加。
負傷し叙勲される。しかし戦後、偽名が発覚して再び国外追放に。

・ブルボン家のセゴビア公ハイメ(アンリ6世)
耳が不自由&イタリア亡命中だったので戦時中の実質的活動なし。

420: 世界@名無史さん 2009/11/22(日) 01:42:48 0
日本にとって自由フランスって交戦国なの? それともゲリラ組織扱い?

428: 世界@名無史さん 2009/11/22(日) 19:48:04 0
>>420
ヴィシーと大使を交換している以上は自由フランスは「イギリスの傀儡」になると思う。

422: 世界@名無史さん 2009/11/22(日) 02:15:06 0
日本にとって自由フランスは、重慶にいた韓国光復軍みたいなものじゃない?
陸軍中野学校ではフランスレジスタンスを国内遊撃戦の参考にしていたらしい。

429: 世界@名無史さん 2009/11/22(日) 20:35:15 0
自由フランスは1941年12月9日に日本に宣戦布告している。
ソロモンの先のニューカレドニアは自由フランスが制圧していた。

432: 世界@名無史さん 2009/11/23(月) 01:02:15 0
第二次大戦時のフランスで元帥ってダルランしかいないのね
元帥号を大判振る舞いしたドイツ、平時から元帥がいるイギリスと比べると控え目だな
負け戦だったせいか

446: 世界@名無史さん 2009/11/26(木) 03:54:37 0
>>432
海軍は1930年頃でも少将すら居なかったと聞いた事がある。

437: 世界@名無史さん 2009/11/23(月) 19:34:44 0
タイム誌が選んだ1931年のマン・オブ・ザ・イヤー、
ピエール・ラヴァル死刑囚は、青酸カリ自決を図ったが、胃洗浄が行われ、強心剤が打たれて、蘇生してから銃殺された。

人道的なギロタンさえ使わせてもらえないラヴァルタン・・・。
200px-Pierre_Laval_a_Meurisse_1931


ピエール・ラヴァル


ピエール・ラヴァル(1883年6月28日 - 1945年10月15日)は、フランスの政治家。第三共和政下で2度首相を務めた。フランス敗北後にはヴィシー政権の成立に主導的な役割を果たし、副首相および首相を務め、積極的な対独協力政策(コラボラシオン)を主導した。


438: 世界@名無史さん 2009/11/23(月) 20:14:11 0
ヴィシー政権下ではキリスト教道徳が尊重されて結婚までは処女童貞がいいとされたって本当かな。俺にとっては住みやすい国家だ。

第3共和制のレイノーだのが人妻を公然と愛人にしてたことの反動?

439: 世界@名無史さん 2009/11/23(月) 20:57:40 0
ドイツ本格侵攻の前のレイノーとダラディエの諍い(夫人の闘争も)がすごい
これじゃ勝てんわ

442: 世界@名無史さん 2009/11/23(月) 22:50:59 0
独軍パリ侵攻直前の首相官邸では官吏が重要書類の焼却だの、運び出しだの、移転の為の梱包だので右往左往する中レイノーの愛人がヒステリーを起こして私達の荷物をさっさと荷造りしろと叫んでたらしい。

443: 世界@名無史さん 2009/11/24(火) 19:41:44 0
その情景はサルコジやべルルスコーニを見れば容易に想像できる。
やっぱり非常時のフランスにはドゴールのような無礼で傲慢な奴も必要なのか。

444: 世界@名無史さん 2009/11/24(火) 23:08:51 0
>>443
自分のことを信じてる奴は、どんな無茶も俺ならできるって考えて大きなこと成し遂げたりするから、そーいう意味じゃ適役なんだろな

445: 世界@名無史さん 2009/11/25(水) 14:17:33 0
ペタンタンが首相のヴィシー・フランス政府では萌えとか厳禁。
都会のニートはミリスが強制徴用して、猛爆撃されてるドイツ国内の工場で酷使。

446: 世界@名無史さん 2009/11/26(木) 03:54:37 0
>>445
ヴィシーの引き締めは戦争敗北と、1920年代くらいの「狂乱の時代」の反動だと思う。

450: 世界@名無史さん 2009/11/26(木) 20:28:57 0
ヴィシーユダヤ問題に関してなんだけど、戸籍排除や名前公表を国策?でやってたんだが、責任者(旗振り役というかスケープゴートというか)は誰だったのかわかりますかね?

ドイツならゲッペルズ、ゲーリング、ヘス、アイヒマン(無論伍長も)辺りがぱっと名前出るんだけど、ヴィシーとなるとうーん、、、ドリオ?デア?みたいにファシストもどきしか出てこない。

ナチスに言われなくても率先してやったにしては他の占領国よりユダヤ人の減少率は少ないし、ダビデ星の強制も無かったりでイマイチよく判らん。

451: 世界@名無史さん 2009/11/26(木) 20:54:59 0
>>450

ラヴァルやダルランがやってたんだよ。
もっともこいつら自身(左翼出身)は反ユダヤ主義ではなくて、反ユダヤ政策を率先して実施することで占領地帯でのヴィシー政府の主権を回復するのが目的だった(だからフランス国籍ユダヤ人を庇ったりしている)んだが、ペタンを含むフランスの右翼にはドレフュス事件に象徴される反ユダヤ主義の潮流が伝統的にあった。

452: 世界@名無史さん 2009/11/27(金) 01:20:52 0
>>450
・ラファエル・アリベール
王党派。法務大臣。反ユダヤ法立案と執行の元締め。第三共和政時代からの外人嫌いで1940年7月23日に「帰化再審委員会」を設置。フランス国籍取得済みのユダヤ人の帰化取り消しを開始。これがヴィシーにおける反ユダヤ行動の第一歩。
その後も各種反ユダヤ立法を積極的に立案・制定している。

・グザヴィエ・ヴァラ
元カトリック全国連盟の活動家・下院議員。ユダヤ人のレオン・ブルムが首相になった時に「歴史ある祖国が小ずるいユダヤ人に統治される瞬間に居合わせるとは!」と議会で発言。後にユダヤ人問題監督機関の長官に就任。反ユダヤ立法の執行にあたる。SSのテオドール・ダンネッカーに「反ユダヤという点でなら私は君の先輩だ。父親とすら言ってもいい」と言い放ったことで有名。

・ルイ・ダルキエ・ド・ペルポワ
「1934年2月6日負傷者の会」会長。パリ市議会議員。クロワ・ド・フーを「生ぬるい」として脱会、人種防衛同盟を創設。
ヴァラの後任となるもヴァラ以上に過激だったためにやはり更迭される。

・シャルル・メルシェ・ド・パティ・ド・クラム
ド・ペルポワの後任。父親もドレフュス事件で反ユダヤ主義の先鋒として有名だった軍人と、筋金入りの反ユダヤ主義者。
ただし、彼がユダヤ人問題担当となった頃にはヴィシー政権自体が有名無実化していたためか、なんと戦後は無罪放免(!)。

453: 世界@名無史さん 2009/11/27(金) 03:33:19 0
レオン・ブルムとか、まあ彼は幸運にも生き残ったが、フランス降伏の時点で亡命すべきだったのかな。
それとも首相まで務めた政治家が祖国を捨てて亡命するのは恥だったのかな。

458: 世界@名無史さん 2009/11/28(土) 00:17:42 0
>>453
休戦直後には、ジャン・ルノアールが書いたように「祖国が大変な時に同胞を見捨て外国に逃げ出すことは勇気ではなく怯惰である」って論調があったからなぁ。特に英海軍の攻撃があって以降。
ブルム自身、40年9月に拘束されるまで田舎暮らし満喫で、亡命する気はなかったみたいだね。フランス本土外に逃げたのはダラディエくらいかな?まぁ彼もモロッコで拘束されて連れ戻されるんだけど。

ちなみに、反ユダヤ法の制定と執行(特に国籍と財産の剥奪・収容)にヴィシーがとても熱心だったのは、「どーでもよい」どころか、自分たちから動かないと経済のアーリア化を阻止できなくなるという切実な理由があった。
ただし、ユダヤ人が死のうが追放されようが「どーでもよい」という考え方であれば食糧・燃料事情の悪化に伴い大衆へと浸透していったのは確かだが(ユダヤ人が減れば、その分が自分たちに回ってくるという期待から)。

454: 世界@名無史さん 2009/11/27(金) 19:23:26 0
まあ一部死ぬほど熱心な連中もいたが、大半はどーでもよかったんじゃないかなあ。
ドイツ軍が負けたら、ユダヤ系の銀行から金借りられなくなるし。
アメリカのユダヤ系銀行からも金借りられなくなるし。
フランスにはドレフュス事件に象徴されるように、反ユダヤ主義もあるが、それに対抗する伝統もある。

459: 世界@名無史さん 2009/11/28(土) 14:07:13 0
しかしドイツ兵やミリスが減ればもっと自分たちに回ってくる、と考えても不思議ではない。
北アフリカからドイツ軍が撤退した時点で、なんかドイツ軍やばくね?みたいな考えも浸透してただろうし。

483: 世界@名無史さん 2009/12/14(月) 22:14:49 0
ドイツに占領されたとき、一部政治家はアルジェリアに逃げたはずなんだけど、何で交戦の意思を表明しなかったんだろう??

ド・ゴールだけが徹底抗戦って言ってた訳でも無かろうに。

484: 世界@名無史さん 2009/12/15(火) 01:15:26 0
植民地総督である将軍たちにとっては抵抗を続ける=ペタンに叛逆するだったから。
北アフリカへ逃亡したジョルジュ・マンデルたちも、一番の休戦反対派だったはずのノゲス将軍に逮捕されてる。

485: 世界@名無史さん 2009/12/15(火) 03:19:25 0
ペタンのネームバリューはすごいってことか。
で、ド・ゴールはペタンに反逆したのね。まぁ仲悪かったっけ。

489: 世界@名無史さん 2009/12/16(水) 17:54:59 0
>>485
ペタンはド・ゴールを自分のゴーストライターにしようとしたのだが
ド・ゴールが自分の名前で著作を発表したので仲悪くなった。

490: 世界@名無史さん 2009/12/16(水) 19:06:21 0
そういう大学教授とかって多いよな。
ドゴールはナチスやヴィシーと戦う前にフランス陸軍大学のアカハラとも戦ってた訳だ。

494: 世界@名無史さん 2009/12/18(金) 14:48:44 0
論文の件で揉めたが、問題の多いド・ゴールを終始かばい続けたのは上司のペタンだし、
ド・ゴールが出世したのも彼の尽力なんだよね。

495: 世界@名無史さん 2009/12/18(金) 19:34:41 0
ドゴールは北アフリカに米軍が上陸した時にひそかにペタンを脱出させようとしていたとも言うが、ペタンは国内のフランス国民のことを憂慮してヴィシーに残った、ともいう。

英雄であり恩師でもあるペタン元帥は殺してはならない・・。
ジローは検挙。ラヴァルは自殺も許さず銃殺。

497: 世界@名無史さん 2009/12/18(金) 22:11:58 0
残ってないよ。
ジークマリンゲンに移ったあと、そこからスイスに行ったんで、ド・ゴールは本音部分で「このまま亡命してくれればいいのに」と思ってたら本人がのこのこスイスからフランスへと戻ってきた。

499: 世界@名無史さん 2009/12/20(日) 12:34:05 0
>>497
ペタンがヴィシーに残ったのは英米が完全な共通敵になった以上、仏独も完全な同盟国になれると期待してたから
ドイツ軍が乗り込んできた直後も抗議は形式だけだからとわざわざドイツ軍の司令官に弁解したり
それからしばらく経った冬になってもフランス軍を再建させてくれればすぐ参戦するとドイツ軍の司令官に書き送ったりしている

500: 世界@名無史さん 2009/12/20(日) 13:58:27 0
やはりペタンの島流し終身刑は仕方ないか。

ダルナンは立派な兵士ではあったかもしれないが、立派な司令官ではなかったということか。
ミリスの詳しい編制とか書いてる本ないのかなあ?
なんかやられ役のショッカーみたいなイメージしかないが。 

509: 世界@名無史さん 2009/12/26(土) 11:13:47 0
ヴィシー政権下でナチスのユダヤ人迫害に手を貸すという人道に対する罪を犯したとして1998年に有罪を宣告されることになるところの、警視総監のパポン(Maurice Papon)
・・・・・その後ジスカールデスタン大統領の下で財務相を務める・・・・・
が命じた

513: 世界@名無史さん 2009/12/27(日) 21:50:02 0
>>509
嘘を書き込んではいけない。

ヴィシー政権下でナチスのユダヤ人迫害「を積極的に行った」
人道に対する罪を犯した

514: 世界@名無史さん 2009/12/29(火) 13:24:15 0
あんまり変わらん気が・・・。

515: 世界@名無史さん 2009/12/30(水) 09:52:44 0
>>514
「しかたなしに・・・。やりたくにんだけど、いやいや・・・。」と
「ウホー、おれ、やりまくっちゃうよー・・・!」では
大違い。

510: 世界@名無史さん 2009/12/26(土) 23:18:00 0
警視総監になったのは戦後じゃなかったっけか?
というか、1944年9月14日法で公務員は命令に従っての対独協力に関し基本的に訴追されない筈なんだがなぁ
いわゆる「人道に対する罪」とやらはこれだからまったく・・・

519: 世界@名無史さん 2009/12/30(水) 15:58:47 0
モーリス・パポン(Maurice Papon, 1910年9月3日 - 2007年2月17日)は、フランスの政治家。第二次世界大戦中にユダヤ人を強制収容所に送ったとして1980年代から「人道に対する罪」に問われた。
彼は一貫して罪を否定したが、大物政治家による対独協力は、フランス社会に衝撃を与えた。

520: 世界@名無史さん 2009/12/30(水) 16:07:21 0
ビシー政府のジロンド県総務局長としてユダヤ人の強制収容所移送の職務に従事したモーリス・パポン被告に対する裁判で、ボルドーの重罪裁判所は、「人道に反する罪」で禁固10年の判決を言い渡した。

フランスの歴代大統領は「ビシー政府はフランスではなかった」として歴史の恥ずかしすぎる恥部には触れようとしなかったが、当時のシラク大統領が95年、当時のユダヤ人迫害について国家としての過ちを認めるなど、歴史を問い直す動きが見られるようになった。

そのようななか、歴史家たちの間には、
「パポン裁判は、ビシー時代のフランスを被告ひとりに象徴させて断罪することで、歴史に決着をつけてしまおうという傾向が強い」として、批判する声が多い。


526: 世界@名無史さん 2009/12/30(水) 20:32:53 0
終戦直後(フランス)政府はただちに国民意識を分裂させる種となりうるヴィッシー政権の存在をなかったものとした。しかし1944~1945年当時も国民は内心で、レジスタンスは少数派で、大多数はヴィッシー政権を認めていたことを知っていた。
が戦後ただちに『暗黒時代』は忘れられ『団結』に熱狂した。

537: 世界@名無史さん 2009/12/31(木) 19:30:52 0
つまり国民の大半はヴィシー政府は認めていたがナチスは心底嫌悪していたと・・。

538: 世界@名無史さん 2009/12/31(木) 20:00:52 0
日本とヴィシー政権は同盟国?
仏印処分は合法?

539: 世界@名無史さん 2009/12/31(木) 20:14:08 0
>>538

国交はあった。
しかし仏印処理の時点ではヴィシー本国政府は消滅状態で、仏印の政庁はド・ゴールと連絡をとってたから、合法とか気にする必要はない。
むしろその頃になればフランスなんか無視してベトナムやカンボジアに独立を与えた方がいいと外務省が判断した。

541: 世界@名無史さん 2010/01/02(土) 12:28:29 0
自由フランス政府(委員会)は日本に宣戦布告していたから、仏印総督府がドゴールに公然と従えば、日本にとっては公然と敵国になる。ただ日本は当然自由フランス政府を承認していないから噛み合わない。
仏印総督府がドゴールに服従したときに、ヴィシー政府が日本政府に「反乱軍」と鎮圧を要請すれば、合法になるのだろうか?
ヒトラー自殺後の在日フランス大使はどういう立場だったんだろう?

543: 世界@名無史さん 2010/01/05(火) 20:17:34 0
自殺後にどう言ったかは知らないが、1944年に連合軍がフランスに上陸してペタン元帥らがジークマリンゲンに亡命すると日本とヴィシー(&仏印総督府)の間の外交関係をどうするかの話し合いがあった。
その時、アンリ・コスメ大使は「今後の仏日関係はフランス本土に正統な政府が確立したらそちらの側と維持されるべきである」と言っている。

当時の状況を考えればフランス本土の政府イコール自由フランスになってしまい、その自由フランスは仏印進駐に関する松岡・アンリ協定の無効を宣言していたからこれは事実上「仏印から出て行く覚悟をしておけ」通告に等しく、さらに当時、仏印総督府はペタン元帥から「本国との連絡途絶に鑑み独自外交権を付与する」とお墨付きを貰っていた。

つまり、仏印総督府が自由フランス帰属を決定するor自前の外交権を駆使して連合国と取り引きを行う、のどちらに対してもジークマリンゲンの亡命政府はこれを一概に叛乱と断じ得ない状況にあった。

仏印処理(明号作戦)に対し陸軍よりも外務省が積極的だったのには以上の背景が影響している。

544: 世界@名無史さん 2010/01/06(水) 18:29:54 0
詳述感謝でございます。
しかし何とも厳しい難しい立場の仏印総督府とジークマリンゲン・フランス。
アンリ・コスメ大使はフランスだけあって表参道の化粧品店みたいにオシャレな名前の大使ですな。

546: 世界@名無史さん 2010/01/06(水) 22:10:18 0
考えてみるとインドシナってヴィシーに残った最後の植民地なんだよな

551: 世界@名無史さん 2010/01/11(月) 00:04:19 0
ヴィシー政府側のマダガスカル植民地を救援するために、日本海軍が行ったが負けた。

552: 世界@名無史さん 2010/01/11(月) 00:49:15 0
潜水艦を何隻かお義理で派遣しただけだからな

引用元: ・ヴィシー・フランスについて語るスレ



ヴィシー時代のフランス―対独協力と国民革命1940‐1944 (パルマケイア叢書)
ロバート・O. パクストン
柏書房
売り上げランキング: 76,888