51FX95F4k7L



1: 日本@名無史さん 2010/09/24(金) 17:27:37
江戸時代の四大都市を語ろう








3: 日本@名無史さん 2010/09/24(金) 23:18:17
京都は江戸時代も洗練された大人の町だったみたいね

4: 日本@名無史さん 2010/09/25(土) 00:30:48
江戸時代末の人口

江戸(東京)110万
大坂(大阪)35万
京(京都)30万
名古屋12万
金澤(金沢)11万
廣嶋(広島)7万
和歌山6万
麑嶋(鹿児島)5.5万
徳嶋(徳島)5万
仙臺(仙台)5万

以下、
熊本、福岡、長崎、富山、堺、福井、松江、駿府、彦根、秋田、米沢
高知、松山、萩、盛岡、神奈川、高松、下関、兵庫、佐賀、水戸など

8: 日本@名無史さん 2010/09/27(月) 22:44:00
江戸大坂京都の三都を除くと、人口が多かったのは大藩の城下町がほとんどだよな。金沢103万石、鹿児島77万石、仙台・名古屋62万石、熊本・和歌山56万石、広島42万石などなど。
ただ一方で石高二万石の越後村上藩の城下町村上が人口一万人、片や62万石の仙台が五万人ちょいだったらしいから、まだまだ都市化は限定的なものだったんだろうか。

9: 日本@名無史さん 2010/09/27(月) 23:03:10
大都市といえばむしろ長崎じゃろう。長崎は町ぐるみで、江戸に報告する貿易額を圧縮してごまかすなどして、引き続き派手に交易をしていた

14: 日本@名無史さん 2010/09/28(火) 07:03:39
1850年頃の各都市の推計人口

江戸:115万人(斎藤誠治推計)
町方55万9115人(1850年)、被差別民1万0008人(1850年)、
寺社方6万9459人(1837年)、新吉原1万5700人(1837年)、
武家約50万人(関山直太郎推計)

大坂:33万人(斎藤誠治推計)
町方32万6187人(1850年)、被差別民4450人(1850年)

京都:29万人(斎藤誠治推計)
幕末の町方約28万人(浜野潔推計)、1871年の人口は23万7674人

名古屋:11万6000人(斎藤誠治推計)
町方7万3963人(1840年)、1873年の人口は12万5193人
斉藤誠治推計は若干過小評価(町続を除外)で、実際は13万人か?

金沢:11万8000人(斎藤誠治推計)
町方7万5779人(1840年)、1873年の人口は10万9685人

広島:7万~8万人
町方5万0092人(1822年)、1873年の人口は7万4305人

和歌山:6万人
8歳以上町方2万5469人(1846年)、1873年の人口は6万1124人

15: 日本@名無史さん 2010/09/28(火) 07:06:30
鹿児島:4万2000人(斎藤誠治推計)
1852年の人口は7万6998人(郊外の農村部を含む)
斉藤誠治推計は若干過小評価で、実際は5万人以上か?

仙台:4万8000人(斎藤誠治推計) 1873年の人口は5万1998人
斉藤誠治推計は若干過小評価で、実際は5万人以上か?

徳島:5万人 1873年の人口は4万8861人

伏見:4万6000人(斎藤誠治推計)
町方4万0980人(天保年中)、1873年の人口は2万2334人

熊本:4万1000人(斎藤誠治推計)
町方2万1300人(1830年)、1873年の人口は4万4620人

堺:4万1000人(斎藤誠治推計)
町方4万0977人(1848年)、1873年の人口は4万4620人

首里:4万人以上 1873年の人口は4万4984人

萩:4万人以上
町方1万6424人(文化年中)、1873年の人口は4万5318人

福岡・博多:3万2000人(斎藤誠治推計)
博多町方1万4619人(1812年)、福岡町方7470人(1806年)
1873年の人口は4万1635人(博多2万0985人+福岡2万0650人)
斉藤誠治推計は若干過小評価で、実際は4万人以上か?

16: 日本@名無史さん 2010/09/28(火) 07:09:03
福井:3万9000人(斎藤誠治推計)
町方1万2832人(1847年)、家中1万2832人(1847年)、1873年の人口は3万9784人

弘前:3万7000人(斎藤誠治推計)
町方1万4540人(1837年)、家中2万1004人(1837年)
町方1万6922人(1866年)、家中2万1926人(1866年)、1873年の人口は3万2886人

松江:3万6000人(斎藤誠治推計)
町方2万0506人(1838年)、家中3万6073人(1838年)、1873年の人口は3万7808人

鳥取:3万6000人(斎藤誠治推計)
町方1万1440人(1846年)、明治初期の人口は3万7796人

岡山:2万人(斎藤誠治推計)
町方2万0086人(1854年)、1873年の人口は3万2372人
斉藤誠治推計は武家人口が加算されておらず、実際は3万5000人か?

富山:3万3000人(斎藤誠治推計)
町方2万6936人(1841年)、家中6840人(1810年)、1873年の人口は4万4682人

長崎:3万1000人(斎藤誠治推計)
町方2万7343人(1853年)、1873年の人口は2万9656人

高松:3万人以上
町方2万4922人(1838年)、家中5273人(1838年)、1873年の人口は3万2736人

盛岡:3万人(斎藤誠治推計)
町方1万7966人(1840年)、明治初期の人口は2万5457人

17: 日本@名無史さん 2010/09/28(火) 11:39:44
ちなみに日本と同じ島国であるイギリスの幕末(1851年頃)の人口

ロンドン280万人
グラスゴー・リバプール60万人
マンチェスター・バーミンガム40万人
エジンバラ35万人
リーズ・シェフィールド25万人
ノッティンガム20万人
ニューキャッスル15万人
サウザンプトン・カーディフ・ハル・ダービー10万人
イギリス全体2500~2600万人

20: 日本@名無史さん 2010/09/28(火) 18:00:39

江戸時代、加賀藩では、祭り・歌うこと・集まることが禁止されていた。
これじゃ庶民発の文化が芽生えるわけもない。
前田からのお仕着せの、京都のパクリ文化を忠実に実行するだけ。

金沢の人は、地元に独創性がないことをわかっているからこそ、「江戸の町は金沢を手本に作られた」とか「○○は金沢発祥」とか言いたがるんだろう。

24: 日本@名無史さん 2010/09/28(火) 23:57:48
>>20
東京・本郷の有名な藤村の羊羹は加賀発祥。
それだけは評価してもいい。

でも、それだけかな。

21: 日本@名無史さん 2010/09/28(火) 18:17:19
図書館に置いてある明治初期の都市地図をみると、金沢はかなりの大都市だったみたいだよね。福岡、広島、仙台なんかよりかなり街が大きい。
ま、それだけ今の金沢が没落したってことなんだろうけど。

22: [―{}@{}@{}-] 日本@名無史さん 2010/09/28(火) 18:48:14
明治22年の市制施行時の面積、人口は
72.52 km2 東京市 (1,375,937)
29.77 km2 京都市 (279,165)
26.95 km2 広島市 (83,387)
21.28 km2 神戸市 (134.704)
20.32 km2 山形市 (28,400)
17.45 km2 仙台市 (86,352)
15.27 km2 大阪市 (472,247)
14.03 km2 鹿児島市 (57,822)
13.34 km2 名古屋市 (157,496)
12.22 km2 新潟市 (43,911)
11.57 km2 徳島市 (60,861)
10.40 km2 金沢市 (94,209)
10.00 km2 岐阜市 (25,750)
8.48 km2 米沢市 (30,234)
7.97 km2 甲府市 (31,128)
7.90 km2 津市 (27,594)
7.00 km2 長崎市 (54,502)
6.87 km2 秋田市 (29,279)
6.61 km2 鳥取市 (27,769)
6.17 km2 水戸市 (25,591)
6.01 km2 熊本市 (42,725)
5.77 km2 岡山市 (47,564)
5.51 km2 和歌山市 (51,603)
5.49 km2 弘前市 (31,375)
5.40 km2 横浜市 (121,985)
5.36 km2 赤間関市 (30,739)
5.20 km2 松江市 (32,916)
5.09 km2 福岡市 (50,847)

人口密度は高い方だが、面積自体は人口の割には広い方ではないが。

23: [―{}@{}@{}-] 日本@名無史さん 2010/09/28(火) 18:59:15
ちなみに江戸時代の主要都市の面積

江戸 正保年間 (1647年頃) 総面積 43.95 km2, 武家地 34.06 km2, 町人地 4.29 km2, 寺社地 4.50 km2, その他 1.10 km2

江戸 慶応元年 (1865年) 総面積 79.8 km2, 武家地 50.7 km2, 町人地 14.2 km2, 寺社地 10.1 km2, その他 4.8 km2

京都洛中 正保年間 (1647年頃) 総面積 20.87 km2, 公家地 0.68 km2, 武家地 1.05 km2, 町人地 8.37 km2, 寺社地 2.92 km2, その他 7.85 km2

大坂三郷 明暦年間 (1655年頃) 総面積 15.05 km2, 武家地 3.36 km2, 町人地 8.68 km2, 寺社地 1.18 km2, その他 1.83 km2

仙台 正保年間 (1647年頃) 総面積 10.37 km2, 武家地 7.56 km2, 町人地 1.15 km2, 寺社地 1.66 km2

名古屋 万治年間 (1660年頃) 総面積 9.20 km2, 武家地 5.69 km2, 町人地 2.18 km2, 寺社地 1.14 km2, その他 0.19 km2

金沢 正保年間 (1647年頃) 総面積 7.46 km2, 武家地 4.91 km2, 町人地 1.58 km2, 寺社地 0.79 km2, その他 0.18 km2

和歌山 安政2年 (1855年) 総面積 5.51 km2, 武家地 2.48 km2, 町人地 1.64 km2, 寺社地 0.39 km2, その他 1.00 km2

25: 日本@名無史さん 2010/09/29(水) 01:02:42
四谷の消防博物館に「加賀鳶は派手なだけで実力は町火消のほうが数段上」という展示解説がしてあった

26: 日本@名無史さん 2010/09/29(水) 01:35:23
人口云々よりも庶民が都市生活を享受してたのかって視点で見ると、名古屋は鸚鵡籠中記を読めばわかるように、三都には及ばないが、かなり贅沢な都市生活が送れたようだ。
金沢はなあ。。。藩と日本人にもボロクソに書いてあるもんなあ。今の平壌みたいなもんなのかな。

27: 日本@名無史さん 2010/09/29(水) 01:41:54
名古屋 金沢
1654年 54,932 -----
1659年 55,127 -----
1664年 54,998 55,106 (金沢の町方は本町19,845+地子町35,261)
1667年 ----- 59,101 (本町19,840+地子町39,261)
1669年 55,849 -----
1674年 56,636 -----
1684年 54,118 -----
1689年 57,843 -----
1692年 63,734 -----
1694年 55,665 -----
1697年 ----- 68,636 (本町18,949+旧門前町等2,630+地子町47,057)
1710年 ----- 64,987
1721年 42,135 ----- (町方は寺社門前支配場町方人口除外か?)
1726年 50,375 -----
1750年 72,583 -----
1810年 ----- 56,355
1838年 ----- 35,841 (町方は15歳以上のみ)
1840年 75,779 -----
1857年 ----- 58,506
1865年 73,963 ----- (町中34,300+寺社門前6,743+町続32,060+医師等757人+浪人103)
1869年 ----- 60,789
1870年 ----- 56,295
1871年 71,698 70,447
(名古屋の人口は町中・寺社門前・町続69,618+医師・僧尼・祢宜860)
(金沢の人口は平民68,810+元神官139+寺院1,032+御預人466)
-----ここまで武家を除いた、町方を主とする人口の比較-----
1871年 ----- 123,363 (平民以下70,447+士卒族52,916)
1873年 125,193 109,685 (全身分を含む総人口)

32: 日本@名無史さん 2010/09/30(木) 01:51:22
明治以降の人口変動

 1873年1月1日 1889年12月31日 1903年12月31日 1920年10月1日
1位 東京(595,905)  東京(1,389,684) 東京(1,818,655) 東京(2,173,201)
2位 大阪(271,992)  大阪(476,271)  大阪(995,945)  大阪(1,252,983)
3位 京都(238,663)  京都(279,792)  京都(380,568)  神戸(608,644)
4位 名古屋(125,193) 名古屋(162,767) 横浜(326,035) 京都(591,324)
5位 金沢(109,685)  神戸(135,639)  名古屋(288,639) 名古屋(429,997)
6位 広島(74,305)   横浜(121,985)  神戸(285,002)  横浜(422,942)
7位 横浜(64,602)   金沢(94,257)   長崎(153,293)  長崎(176,534)
8位 和歌山(61,124)  仙台(90,231)  広島(121,196)  広島(160,510)
9位 仙台(51,998)   広島(88,820)   仙台(100,231)  函館(144,749)
10位 徳島(48,961)  徳島(61,107)   金沢(99,657)   呉(130,362)
11位 萩(45,318)    富山(58,159)   函館(85,313)  金沢(129,265)
12位 首里(44,984)  鹿児島(57,465)  岡山(81,025)  仙台(118,984)
13位 富山(44,682)  和歌山(56,713)  小樽(79,361)  小樽(108,113)
14位 熊本(44,620)  長崎(55,063)   福岡(71,047)   鹿児島(103,180)
15位 神戸(40,900)  福岡(53,014)   和歌山(68,527) 札幌(102,580)
16位 福井(39,784)  函館(52,909)   佐世保(68,344) 八幡(100,235)
17位 高知(39,757)  熊本(52,833)   呉(66,006)    福岡(95,381)
18位 堺(38,838)    岡山(48,333)  徳島(63,710)   岡山(94,585)
19位 秋田(38,118)  堺(48,165)    熊本(59,717)   新潟(92,130)
20位 松江(37,808)  新潟(46,353)   新潟(59,576)   横須賀(89,879)

1873年の鹿児島の人口は27,240人と記載されているが、これは城下町を除いた人口とみられ、実際の都市人口は5万人前後。また1873年の博多・福岡の人口は、博多(20,985)と福岡(20,650)を合計すると41,635人。

34: 日本@名無史さん 2010/09/30(木) 02:14:13
空襲・原爆の影響(戦中・戦後の臨時の人口調査の比較)

  1944年2月22日 1945年11月1日 人口の増減(%)
東京   6,558,161 2,777,010 -57.7
大阪   2,833,344 1,102,959 -61.1
名古屋 1,344,100  597,941 -55.5
横浜   1,019,466  624,994 -38.7
京都    964,466  866,153 -10.2
神戸    918,032  379,166 -58.7
川崎    380,919  180,042 -52.7
広島    336,483  137,197 -59.2
福岡    324,499  252,282 -22.3
横須賀  298,132  202,038 -32.2
呉     293,632  152,184 -48.2
長崎    270,113  142,748 -47.2
尼崎    270,073  153,051 -43.3
仙台    261,117  238,250 - 8.8
八幡    252,662  151,378 -40.1

35: 日本@名無史さん 2010/09/30(木) 02:16:44
 1944年2月22日 1945年11月1日 人口の増減(%)
佐世保  241,239  147,617 -38.8
札幌    225,842  220,139 - 2.5
堺     217,939  168,348 -22.8
静岡    211,666  161,720 -23.6
熊本    211,011  181,128 -14.2
下関    206,961  155,623 -24.8
和歌山  205,396  147,523 -28.2
函館    196,680  181,531 - 7.7
金沢    193,560  200,584 + 3.6
鹿児島  189,991   93,698 -50.7
小倉    184,230  131,688 -28.5
大牟田  179,574  127,677 -28.9
新潟    177,289  174,170 - 1.8
岐阜    174,676  142,543 -18.4
浜松    162,754   81,497 -50.0
岡山    160,902   92,861 -42.3
富山    160,537  100,775 -37.2
小樽    151,905  145,510 - 4.2

1944年2月22日の人口調査の時点で人口15万人以上の都市すべてを並べてみると、終戦直後の1945年11月1日までに唯一人口が減少しなかった都市がある。

85: 日本@名無史さん 2011/01/16(日) 23:45:20
>>35
石川県が第1回国体の開催地に選ばれた理由がそれ。
進駐軍もいないし、戦災被害が皆無。

当時、非国民扱いされたみたいだよね。金沢市民は。
これは嘘でもなんでもなくて国体関係の資料を調べればわかる。

87: 日本@名無史さん 2011/01/17(月) 09:39:21
>>85
軍都を自称しながらも進駐軍が駐留してなかったの?
戦災にも合わなかったとか、まさに選ばれた大都会なんだね。

37: 日本@名無史さん 2010/09/30(木) 02:48:22
リストのうち、空襲のなかった主要都市は札幌、新潟、金沢

小樽は空襲があったが、市街地の被害はほとんどない

仙台、函館は市街地にもそれなりに被害が出たが、人口は余り減少していない

38: 日本@名無史さん 2010/09/30(木) 21:34:31
都会の人が、金沢に疎開したとか??

39: 日本@名無史さん 2010/10/04(月) 02:12:32
師団があっても出払って空っぽだし、兼六園くらいしかない金沢なんて爆撃の対象にもならなかったんだろ。
米軍の戦略爆撃の目的は重工業地帯の破壊。
福井・富山は爆撃されたけど、金沢は考慮された形跡すらない。
例外的に山本五十六の出生地の長岡は真珠湾攻撃の報復の意味合いもあったとされている。

47: 日本@名無史さん 2010/11/05(金) 10:29:08
金沢が米軍のリストに載りながら空襲を受けなかったことについては近年研究結果が発表されていたけど、目標が交通の要衝や軍事生産拠点に変更されたためということだった。

簡単にいえばリストの順番が来る前に、リスト作成時と戦況がかわったということだね。

50: 日本@名無史さん 2010/11/07(日) 00:30:39
808: 名無しの歩き方@お腹いっぱい。 2010/10/13(水) 22:31:47 pVGTEbot0 立山博物館の「三禅定」の旅の企画に関して
尾張藩士が細かく手記を残しそれを訳して実情に迫ろうとしているが江戸時代文政六年1823年の北陸に関して尾張藩士の手記がなかなか面白い
加賀藩の城下町の夜は早くて予想よりもかなり寂しいところだったとか、津幡や小矢部の埴生などの農村は頼んでも泊まらせてくれず石動まで回り道したとか、富山城下は売薬で繁盛してて十万石とは思えない栄えぶりだったとか 、有名な富山藩の船の橋に関しても言及している
加賀藩の城下町の夜が早い様子は今と何となく似ている



金沢は当時も現在と変わらず田舎だったみたい。

41: 日本@名無史さん 2010/10/10(日) 00:47:18
江戸時代の各地人口

10万人以上……江戸、大坂、京都、名古屋、金沢
*5万人以上……広島、和歌山、鹿児島、仙台、徳島
*4万人以上……長崎、富山、岡山、福岡・博多、熊本、伏見、堺
*3万人以上……弘前、盛岡、新潟、水戸、駿府、福井、彦根、鳥取、松江、萩、高知、佐賀、秋田、大津、津山
*2万人以上……松前、山形、会津若松、宇都宮、高崎、川越、小田原、長野・松代、長岡、浜松、岡崎、津、奈良、尼崎、福山、高松、松山、小倉、久留米、豊後府内、加治木・隼人、首里、那覇、甲府、松本、高山、四日市、米沢、鎌倉、大垣、赤間関
*1万人以上……青森、八戸、大館、酒田、福島、郡山、土浦、前橋、沼津、三河吉田、尾張一宮、岐阜、熱田、桑名、伊賀上野、宇治山田、紀伊田辺、越後村上、新発田、直江津・高田、高岡、岸和田、西宮、明石、三原、呉、岩国、日田、唐津、延岡、薩摩川内、古河、小山etc

42: [―{}@{}@{}-] 日本@名無史さん 2010/10/16(土) 18:53:22
>>41
江戸時代のいつ頃の人口?
富山が4万人を超えたのは幕末だから、幕末の頃の人口だとすると、高松は記録に残っている実数からして3万人以上の評価をしてもいいと思う。鎌倉の人口は、明治6年の時点で6420人なので、江戸時代に2万人以上はありえない。
駿府は、幕府滅亡前なら2万人台。(3万人以上になったのは、徳川家転封後)
あと、長野・松代を同一都市とするのは無理がある。

43: 日本@名無史さん 2010/10/17(日) 03:24:19
直江津と高田も、当時なら十分別個の町と考えるべき。
もっとも高田と直江津を足したら、最初から2万人以上は確実だし、多分幕末の時点で高田単独で2万人以上。

京都~伏見、
千住~江戸~品川
大坂三郷~平野~天王寺、難波
あたりは幕末の時点でも宅地は繋がっていた。

例えばサトウの日記を見ると、伏見から京都まで歩いた時、家が途切れることなく連なっていると証言している。品川などは、幕末には江戸の朱引きの範囲に含まれた(明治になって、再び東京とは別扱い)。
大坂の場合は、室町時代以前からの町である天王寺や難波と、後発の大坂を結ぶ形で、豊臣の時代から平野町が形成されており、江戸時代に再び徳川幕府によって再建された。

名古屋と熱田も、幕末には名古屋側から熱田に伸びる道沿いに町続きが発展していた。
宮腰・大野と金沢は、直江津・高田と同様、宅地が連なるには若干離れている。

49: 日本@名無史さん 2010/11/06(土) 21:01:05
町方と武家がほぼ同数……江戸、仙台、金沢、松江、福井、高松など
町方が武家の倍かそれ以上……名古屋、広島、岡山、姫路、福岡、徳島など
武家が町方の倍かそれ以上……鹿児島、熊本、和歌山、高知、鳥取、米沢など

こんな感じだったはず。

51: 日本@名無史さん 2010/11/11(木) 17:31:19
江戸時代後期・1k㎡あたりの実高
http://homepage3.nifty.com/ksatake/fkunu1.html
※面積は国土地理院データに基づく按分
※リンク切れ

*1位:尾張(代表都市は名古屋、熱田、尾張一宮、津島)
*2位:河内(代表都市は八尾、松原、布施、枚方)
*3位:筑後(代表都市は久留米、柳川、大牟田)
*4位:和泉(代表都市は堺)
*5位:摂津(代表都市は大坂、尼崎、西宮、兵庫)

備前(岡山)は8位、加賀(金沢)は9位

52: [―{}@{}@{}-] 日本@名無史さん 2010/11/11(木) 21:02:26
>>51 
伊能図から求めた面積(明治15年の『第1回日本帝国統計年鑑』)を用いると、 
尾張 475.907 石/km2 
河内 432.304 石/km2 
筑後 430.404 石/km2 
和泉 331.683 石/km2 
備前 291.120 石/km2 
摂津 288.163 石/km2 
筑前 258.901 石/km2 
壱岐 257.892 石/km2 
淡路 241.090 石/km2 
近江 216.463 石/km2 
下総 214.681 石/km2 
加賀 212.129 石/km2 
武蔵 210.841 石/km2 
越前 202.823 石/km2 
山城 197.155 石/km2 
越中 196.645 石/km2 
上総 196.301 石/km2 
伊勢 195.484 石/km2 
周防 188.091 石/km2 
常陸 178.435 石/km2 
55: [―{}@{}@{}-] 日本@名無史さん 2010/11/11(木) 21:19:26
ついでに明治5年の実際の人口密度(壬申戸籍による本籍人口)

摂津 505.12 人/km2 (93.63方里)
尾張 452.72 人/km2 (104.18方里)
和泉 405.20 人/km2 (33.47方里)
山城 380.63 人/km2 (73.08方里)
河内 350.31 人/km2 (43.99方里)
武蔵 321.71 人/km2 (391.63方里)
讃岐 319.06 人/km2 (113.74方里)
筑後 313.91 人/km2 (80.87方里)
淡路 291.15 人/km2 (36.73方里)
安房 287.70 人/km2 (34.86方里)
壱岐 242.93 人/km2 (8.81方里)
備前 228.30 人/km2 (94.25方里)
肥前 217.84 人/km2 (319.8方里)
下総 202.52 人/km2 (206.5方里)
上総 193.54 人/km2 (140.69方里)
筑前 180.32 人/km2 (158.63方里)
相模 179.43 人/km2 (128.87方里)
加賀 176.91 人/km2 (147.83方里)
播磨 172.78 人/km2 (238.58方里)
周防 170.33 人/km2 (189.2方里)
備中 164.42 人/km2 (156.5方里)
伊勢 164.37 人/km2 (231.15方里)
安芸 150.99 人/km2 (286.72方里)
三河 150.09 人/km2 (208.62方里)
越中 149.83 人/km2 (266.41方里)


56: [―{}@{}@{}-] 日本@名無史さん 2010/11/11(木) 21:21:31
伊予 147.30 人/km2 (341.56方里)
近江 145.37 人/km2 (257.15方里)
豊前 144.53 人/km2 (136.63方里)
阿波 140.14 人/km2 (271.13方里)
能登 138.68 人/km2 (122.72方里)
越前 137.33 人/km2 (217.67方里)
遠江 136.95 人/km2 (196.44方里)
丹後 135.33 人/km2 (77.1方里)
大和 134.66 人/km2 (201.42方里)
伊賀 133.07 人/km2 (47.34方里)
備後 126.46 人/km2 (234.03方里)
肥後 126.29 人/km2 (489.29方里)
常陸 125.59 人/km2 (334.88方里)
志摩 122.97 人/km2 (19.74方里)
出雲 121.40 人/km2 (181.61方里)
佐渡 118.65 人/km2 (56.34方里)
越後 115.63 人/km2 (767.29方里)
駿河 108.72 人/km2 (219.77方里)
因幡 107.09 人/km2 (98.59方里)
薩摩 107.08 人/km2 (332.68方里)
美濃 106.36 人/km2 (402.87方里)
長門 106.34 人/km2 (201.51方里)
豊後 105.95 人/km2 (344.11方里)
紀伊 104.43 人/km2 (381.17方里)
若狭 101.24 人/km2 (54.75方里)

58: [―{}@{}@{}-] 日本@名無史さん 2010/11/11(木) 21:30:36
伯耆 100.25 人/km2 (125.57方里)
丹波 92.66 人/km2 (206.67方里)
伊豆 91.50 人/km2 (106.11方里)
全国平均 86.58 人/km2 (24,796.63方里) (小笠原(4.65方里)を含む)
隠岐 83.89 人/km2 (22.05方里)
美作 81.96 人/km2 (170.56方里)
上野 80.75 人/km2 (407.25方里)
甲斐 80.54 人/km2 (289.85方里)
下野 78.50 人/km2 (411.77方里)
土佐 74.74 人/km2 (454.99方里)
但馬 73.11 人/km2 (165.92方里)
石見 72.45 人/km2 (232.32方里)
信濃 69.80 人/km2 (853.76方里)
琉球 68.92 人/km2 (156.91方里)
大隅 67.31 人/km2 (247.36方里)
羽前 66.54 人/km2 (546.64方里)
陸前 65.91 人/km2 (525.92方里)
岩代 55.77 人/km2 (497.52方里)
羽後 55.00 人/km2 (742.72方里)
磐城 52.58 人/km2 (429.83方里)
日向 47.74 人/km2 (511.4方里)
陸奥 45.63 人/km2 (672.51方里)
対馬 43.42 人/km2 (44.33方里)
陸中 39.83 人/km2 (830.98方里)
飛騨 23.75 人/km2 (268.58方里)
蝦夷松前 1.32 人/km2 (6,093.93方里) (樺太を除き、千島を含む。)
※陸奥と出羽は分割後(磐城・岩代・陸中・陸前・陸奥・羽前・羽後)

59: 日本@名無史さん 2010/11/11(木) 23:13:00
幕末におけるの都市と旧国の人口(1850年代)

江戸……110万人(武蔵国は約190万人)
大阪……35万人(摂津国は約73万人、兵庫は2万人)
京都……28万人(山城国は約45万人、伏見は3万人)
名古屋…13万人(尾張国は約73万人、熱田は2万人)
金沢……12万人(加賀国は約45万人)
広島……*8万人(安芸国は約67万人)
和歌山…*6万人(紀伊国は約62万人)
鹿児島…*6万人(薩摩国は約58万人)
仙台……*6万人(陸奥国は約230万人)
徳島……*5万人(阿波国は約59万人)


ちなみに旧国の面積で最も多いのは3,000k㎡台。次いで4,000k㎡台。
下総、甲斐、越前、駿河、三河、伊勢、近江、大和、播磨、安芸、阿波、薩摩はだいたいこのクラス。
一方、堺で有名な和泉は現在の東京23区より狭く、伊賀も琵琶湖と同程度。

104: 日本@名無史さん 2011/01/21(金) 17:39:10
>>59
すごいな金沢
かつてはベスト5だったんだね

幕末におけるの都市と旧国の人口(1850年代)
江戸……110万人(武蔵国は約190万人)
大阪……35万人(摂津国は約73万人、兵庫は2万人)
京都……28万人(山城国は約45万人、伏見は3万人)
名古屋…13万人(尾張国は約73万人、熱田は2万人)
金沢……12万人(加賀国は約45万人)

64: 日本@名無史さん 2010/11/13(土) 23:38:06
名古屋は熱田神宮や名古屋城のあたりがちょうど台地になっていて、まだ濃尾平野の大半が海だった頃は半島や岬のような地形だった。何かこの地形、大阪に酷似しているような気がする。特に大阪城周辺。

今ふと思ったけど、大阪や神戸がある摂津国の「摂津」って地名の由来は現在の大阪港、端的に言えば淀川の河口付近の地形らしいね。だけどこの辺りって摂津全体でいけば南東端、完全に隅っこだよな。そう考えると、猪名川以西の広い地域も摂津っていうのはある意味違和感。まあこの辺も神戸の前身兵庫湊があるから、別の意味での「摂津」(港を管理する)だろうけど。

67: 日本@名無史さん 2010/12/05(日) 10:27:06
上方二つと江戸は分かるが何故故に金沢が?

68: 日本@名無史さん 2010/12/05(日) 13:23:35
本来は名古屋を入れて五都だな。

72: 日本@名無史さん 2011/01/13(木) 20:38:02
三都>駿府>金沢じゃないの?

73: 日本@名無史さん 2011/01/14(金) 05:16:15
駿府が重要都市だったのは江戸時代初期だけ。

74: 日本@名無史さん 2011/01/14(金) 07:18:21
金沢は重要都市だったのかな?

89: 日本@名無史さん 2011/01/17(月) 22:57:16
石川にも占領米軍がやって来たような気がする

90: 日本@名無史さん 2011/01/18(火) 10:54:07
石川が県別の民間人死者数が1番少なかったんだっけか

92: 日本@名無史さん 2011/01/18(火) 22:55:40
隣の福井県なんか、人口が少ない上に戦死・戦病死者もそれなりに多いし、空襲罹災者もいるね
地元新聞社は「金沢は軍都」っていいながら、「歴史ある学都に遠慮したから空襲がなかった」って事になる

93: 日本@名無史さん 2011/01/18(火) 23:09:13
なる。
仮に空襲を受けてたら、
「金沢は日本の重要な軍都だったから狙われた」
って言ってたんだろうねww

94: 日本@名無史さん 2011/01/19(水) 10:06:50
名古屋も金沢も1600年前後に京都を模して作られた町だけど、お互いに気質とか価値観とか良く似てる部分があるよ、本当。

もともとの名古屋周辺の住民の気質は目立ちたがり屋で派手好きで見栄っ張り、金沢も「金」や骨董品に対して物凄く関心が強くてプライドが高く見栄っ張り。冠婚葬祭に金をかける風習も、大都市化した名古屋では徐々に地味になってきたが、北陸特に金沢周辺は今も健在。

あえて例えるなら、日本海側の名古屋が金沢、太平洋側の金沢が名古屋。

95: 日本@名無史さん 2011/01/19(水) 11:14:54
言葉も似てるね。
トノサマが名古屋の人だから当然かもしれないが。

96: 日本@名無史さん 2011/01/19(水) 14:17:13
>>95
愛知も石川も、奇しくも門徒の力が強い点においてこれまた共通してる。

まあ金沢の中には尾張町なんて地名もあったぐらいだし、隣町の福井も三河や尾張由来の武士が多いから全体として愛知周辺といろんな面で似通ってくるのは自然かも。

ただ金沢は富山や福井と比べても、「そこだけお山の大将」って印象。
住宅街の中に、なぜか場違いな一昔風の高層オフィスビルがある、って感じかな。

97: 日本@名無史さん 2011/01/19(水) 15:12:12
金沢も名古屋も京都とまったく関係ないが。

名古屋が今のあのような形になったのは、戦災で焼けて政府の都市計画を採用して一から町並みを作り直したためだ。金沢は高山右近の手が入り、城下の中に各家老が城下のようなものを形成するという全国の城下町の中でも独特な物。いまでも京都と似ても似つかない。

京都との共通点は全くない。

金沢と名古屋、明治期までは心理的距離は近かっただろうけどね。

99: 日本@名無史さん 2011/01/19(水) 18:23:45
>>97
おいおい、碁盤割を知らないのか?
名古屋は江戸幕府設立後に作られた街なので、あえて古い城下町特有のクネクネした街区にはせず碁盤の目状にしただけ。道幅の広さは戦後の拡張によるものだが、それ以前も広小路や桜通はたびたび拡張されて当時の日本としてはかなり広い道になってる。

98: 日本@名無史さん 2011/01/19(水) 16:05:09
その金沢を模して建設されたのが、江戸の街だという

100: 日本@名無史さん 2011/01/19(水) 22:35:42
>>98
???

101: 日本@名無史さん 2011/01/20(木) 04:45:21
>>98 >>100
江戸の都市計画として金沢の円形都市プランをまねて「の」の字状に発展させたという説を提唱したのは内藤晶という建築史家で、かなり影響力のある人で今でも定説のように語られるが、文献史学と遺跡発掘の双方の立場から「の」の字状に発展させたという説は批判的に否定されている。

円形都市プランだけなら、別に金沢関係ないしね。

102: 日本@名無史さん 2011/01/20(木) 10:06:52
金沢にはけっこうトンデモがあるね
江戸時代、金沢は日本の中心だったってのもガクセツとしてあるのかな?

105: 日本@名無史さん 2011/01/21(金) 17:55:14
金沢は明治に入ると人口が減って10万を切り明治20年代には神戸、横浜に抜かれる。
その後は仙台とともに地盤沈下。

106: 日本@名無史さん 2011/01/21(金) 19:35:59
>>105
仙台って明治以前に比べ相対的に地位が下がってるの?

107: 日本@名無史さん 2011/01/21(金) 20:01:10
仙台も明治初期には広島、和歌山に次ぐ人口を誇っていたけど、金沢とともに函館、長崎、呉など圏外から追い上げてきた軍都に抜かれることになる。
共に大正に入るとTOP10圏外。大正9年で金沢11位、仙台12位。

109: 日本@名無史さん 2011/01/22(土) 15:09:23
>>107
明治以降、人口上位ランキングからじょじょに外れていったのは秋田、富山、福井、鳥取、松江、萩、和歌山、徳島などだよね。順位自体は下げたものの、何とか全国的な上位には食い込んだのは仙台、金沢、熊本、鹿児島あたり。みんな外様雄藩の城下町。

暇つぶしに各地に残る地方名・お国名を探してみた。
東:神田淡路町、神田和泉町、信濃町、駿河台、浜松町など
阪:土佐堀、京町堀、江戸堀、備後町、阿波座、淡路町など
京:越後町、伊勢松町、和泉屋町、田村備前町など多数
名:旧伊勢町・伏見・東山・旧長島町・旧桑名町・大津通など
金:尾張町など
広:?

108: [―{}@{}@{}-] 日本@名無史さん 2011/01/21(金) 21:41:26
仙台はむしろ昭和になって復活した口

111: 日本@名無史さん 2011/02/08(火) 18:04:56
金沢に栄光あれ!!!

116: 日本@名無史さん 2011/02/11(金) 17:41:44
確かに加賀百万石の藩都だから三都に次ぐと言えるだろうが、今じゃただの田舎の県庁所在地だしなあ。

117: 日本@名無史さん 2011/02/12(土) 08:32:23
和歌山は大都会だったのにどうしてこうなった!!

119: 日本@名無史さん 2011/02/13(日) 01:45:00
>>117
萩に比べればマシじゃんw

引用元: ・【大都会】金沢 京都 大阪 江戸【倶楽部】




30の都市からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫)

日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 264,809