1: 樽悶 ★ 2018/07/23(月) 17:36:33.52 ID:CAP_USER9
曲げ物の棺が見つかった墓=金沢市千田町の千田北遺跡で、久木田照子撮影
no title


金沢市千田町の千田北遺跡で今年6月、薄い板を円筒形に丸めた「曲(ま)げ物(もの)」に13世紀後半~14世紀初頭(鎌倉時代)の人骨が埋葬されているのが見つかった。現代では弁当箱としておなじみの曲げ物だが、棺(ひつぎ)としての使用はまれ。また、北陸地方で中世の全身骨格が残っていることも珍しい。市は約700年ぶりに外界に触れた被葬者の謎の解明を進める。【久木田照子】

市は千田北遺跡で2015~今年度、道路建設工事に伴う発掘調査を実施。弥生時代から中世までの遺構を確認した。現地は地下水が豊富で、粘土質の土が遺物を酸素から遮断。有機物を傷めるバクテリアの作用が抑えられ、木製品もよく残っているという。

■異例の埋葬

土中から曲げ物(直径60~70センチ、高さ約40センチ)が現れた時、市文化財保護課の担当者、向井裕知さんは「井戸の木枠かな」と思ったという。だが、中から大人とみられる人骨が見つかり、墓と判明した。当時一般的だった伸展葬(体全体を伸ばした状態での埋葬)とは異なり、ひざを曲げて座った姿勢だった。また、曲げ物は本来の底板をふたに転用。その上に台を置き、椀(わん)と皿を並べて葬送儀礼を行ったとみられる。

供物などは伝統的な作法を踏襲しているのに、被葬者の納め方は異例--。中世墓研究の第一人者、元興寺文化財研究所(奈良市)の狭川真一副所長の協力で市が調べたところ、曲げ物を棺に使った前例は、15世紀後半(室町時代)の鳥取市・宮長竹ケ鼻遺跡のみ。曲げ物は千田北のものより小さく、中の骨は少なかった。桶(おけ)の棺が一般的になった時代で、たまたま曲げ物で代用したと考えられている。

岩手などで曲げ物に首が納められた例もあるが、金沢市は「千田北はこれらとは意味合いが異なり、埋葬方法の多様化を示す」とみる。向井さんは「過去に井戸などと判断された例が、実は墓だったと判明する可能性も出てくる」と指摘する。


(以下略)

全文は
https://mainichi.jp/articles/20180723/ddl/k17/040/143000c








6: 名無しさん@1周年 2018/07/23(月) 17:41:44.74 ID:tmVoIU1X0
この暑さはこれのたたりか

7: 名無しさん@1周年 2018/07/23(月) 17:43:00.49 ID:RYqJapDm0
>>6
金沢は暑いは暑いけどそんなに言うほどでもないよ

8: 名無しさん@1周年 2018/07/23(月) 18:07:02.51 ID:2N8LBqjG0
こっちの記事の方がいい。棺の中(?)も写ってる。
ttp://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20180713002.htm

10: 名無しさん@1周年 2018/07/23(月) 18:41:11.86 ID:7yebHLFf0
お弁当かよ

11: 名無しさん@1周年 2018/07/23(月) 18:48:19.36 ID:S6HNuIMn0
日本は酸性土壌でほとんど人骨が
残らないんだっけか。研究者泣かせw

16: 名無しさん@1周年 2018/07/24(火) 01:13:37.66 ID:z8mbKntP0
やめたれや
埋葬した人の気持ちを踏みにじるなよ
そっと眠らせてやれ

21: 名無しさん@1周年 2018/07/25(水) 19:17:50.54 ID:D4qUuyhh0
>>16
むしろ未来人に存在を示すための埋葬だろ

22: 名無しさん@1周年 2018/07/25(水) 21:35:49.70 ID:/CVgcp5V0
海側環状道路の開通遅くなる?

24: 名無しさん@1周年 2018/07/25(水) 23:38:55.84 ID:hVoSUkuH0
おべんとうだった可能性がでてくる

引用元: ・【考古】金沢大・覚張特任助教「DNAを採取し解読できたら、国内の中世人骨では初めて」 曲げ物の棺出土 全身骨格、解明に期待