51JQscVMlhL



1: 日本@名無史さん 2010/10/10(日) 16:25:09
色々と語って下さい








4: 日本@名無史さん 2010/10/11(月) 15:32:13
大名は必ず従五位には叙任される。
また、大名家は、御三家、御三卿が詰める大廊下、国持大名クラスや御三家の分家が詰める大広間、徳川四天王や御家門が詰める溜間、関ヶ原以前より徳川に仕える大名が詰める帝鑑間、新規取り立ての城主大名が詰める雁間、無城大名が詰める柳間、無席に分けられる。

5: 日本@名無史さん 2010/10/11(月) 15:40:47
>>4
ちなみに江戸時代の大名で最も位階の高かったのは誰?

7: 日本@名無史さん 2010/10/12(火) 13:25:45
厳密な大名かどうかはあるが民部卿治済ではあるまいか

8: 日本@名無史さん 2010/10/12(火) 19:20:12
>>7
犬公方の母ちゃんとどっちが偉い?

9: 日本@名無史さん 2010/10/12(火) 20:16:46
母ちゃんは從一位。民部は從二位

11: 日本@名無史さん 2010/10/16(土) 01:36:39
一般的にはだんじりでしか知られてないが和泉岸和田藩は本当の名家だよね。
関西で行われた幕府の大仕事には高確率で担当を任されてるし、最後の藩主とその息子たちは大臣や東京府知事、朝日新聞社長なんかになってる。
歴代藩主の中でもうつけと言われた人が一人もいない藩は珍しいだろ。

28: 日本@名無史さん 2010/10/23(土) 21:54:37
吉良義央は従四位上左近衛権少将であったけど、浅野長矩は従五位下であった。 
外様ではあるが、53000石で城主の浅野と高家(旗本)ではあるが4200石の吉良。 

普通の感覚だと浅野>吉良だが、家格では 浅野<<<<吉良なんだよね。 

30: 日本@名無史さん 2010/10/23(土) 22:15:28
表高にケチをつけても詮ないこと。 
米なんて商品作物のひとつだろ。 
薩摩は砂糖、茶、密貿易で食っていけるんだよ。

31: 日本@名無史さん 2010/10/23(土) 23:11:18
吉良義央の従四位上は浅野本家当主の安芸守綱長より上だ

12: 日本@名無史さん 2010/10/16(土) 02:08:06
三百諸侯なんていわれるけど
一国丸々支配領域の大名ってあまりいない

13: 日本@名無史さん 2010/10/16(土) 14:36:23
>>12
飛騨国を領有していた金森さんは偉かったわ

14: 日本@名無史さん 2010/10/16(土) 14:43:00
飛騨も甲斐もそうだけど、あういう鉱山利権のある領地は幕府が放っておかないね

15: 日本@名無史さん 2010/10/16(土) 17:05:37
従いまして松平甲斐守吉里は大和に国替えを命じられました

17: 日本@名無史さん 2010/10/16(土) 21:02:46
血縁関係のない養子でも家が存続してたのはどうなんだ?
幕末の池田なんか両方とも水戸徳川家

18: 日本@名無史さん 2010/10/16(土) 21:25:16
蜂須賀なんざ高松松平、佐竹、将軍家など、あちこちから養子をいれておる。

20: 日本@名無史さん 2010/10/17(日) 13:57:46
黒田も養子が多い
外様大藩の島津から養子が来るって幕府もよく許可したもんだ

23: 日本@名無史さん 2010/10/22(金) 20:47:52
>>20
その当時は家斉将軍の時代だが、家斉夫人は島津重豪の娘で、島津家から黒田の養子になった長溥も重豪の息子。

つまり黒田長溥は、家斉将軍の義理の弟で、血こそつながっていないが、かなり近い縁戚だった。

21: 日本@名無史さん 2010/10/22(金) 18:21:22
蜂須賀は血統が養子で途絶えいるのに子孫が御物を失敬して明治天皇に小六の子孫だと笑われてしまった。

24: 日本@名無史さん 2010/10/22(金) 20:51:10
あと、親藩の松山藩久松松平家にも、島津重豪の孫(斉宣の子)勝善が養子に入っている。

25: 日本@名無史さん 2010/10/22(金) 20:56:00
御家の存続が第一で血筋はどうでもいいんだな


36: 日本@名無史さん 2010/10/26(火) 22:56:19
>>1
例外大名あれこれ


◇三つ葉葵紋の使用が許された外様大名
鳥取池田家…徳川家康の二女督姫の血が入っているため準家門扱い

◇陪臣で諸太夫(従5位下叙任)された藩
御三家・加賀前田家の家老職の一部の者など

◇小藩で伺候席が大廊下詰めの家
上野吉井藩松平(鷹司)家…鷹司信房の娘孝子が家光に輿入れした時に、弟の
鷹司信平がついてきて幕臣となり、紀伊家の婿となった家筋のため。

◇1万石未満で大名(諸侯)扱いの家
①喜連川家…五千石で十万石・国主格であり、御所の称を得ていた。
②松前家…蝦夷地で米の収納がなかったが大名格として認められた。

◇御三家連枝は2-3万石の定府の小規模な大名
讃岐松平家…12万石,親藩,溜間,城主であり、御三家連枝では飛び抜けている。

◇鍋島の3支藩
鍋島藩支藩の小城、蓮池、鹿島の各藩は、それぞれ本家の内高であるため、本来は本家の陪臣であってもおかしくないが、幕初の徳川家に対する貢献があったためか支藩で存続した。


その他、一国一城の例外の城
尾張徳川家の犬山城、紀伊徳川家の田辺城・新宮城、仙台伊達家の白石城、熊本細川家の八代城など

42: 日本@名無史さん 2010/10/28(木) 22:46:47
幕府から公式に認められていた支城は>>36の他に

佐竹家の大館城・横手城
南部家の花巻城
鶴岡酒井家の亀崎城
会津松平家の猪苗代城
水戸徳川家の松岡城
加賀前田家の小松城
藤堂家の伊賀上野城
蜂須賀家の洲本城(山麓部の御殿のみ、山上部は廃城)
鳥取池田家の米子城
浅野家の三原城

がある。領地が広大で2国にまたがっていたり、付家老の城だったりするのが理由のようだが鶴岡と会津の支城は近すぎて少し不自然だな。

75: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 23:59:45
>>42
寺沢氏が島原の乱以前、唐津城の他に富岡城を持っていた
元和偃武の例外

37: 日本@名無史さん 2010/10/26(火) 23:13:16
■中堅の石高だったが、一国支配のいわゆる國主の待遇を受けた外様大名の連中
陸奥二本松10万石 丹羽右京大夫
筑後柳川11万石 立花左近将監
伊予宇和島10万石 伊達伊予守
加賀大聖寺7万石 前田信濃守
越中富山10万石 前田出雲守
上野小幡2万石 織田近江守(のち、國主待遇は剥権さる)
ほかに米沢の上杉や久留米の有馬

■タブーな連中
①盛岡の南部信濃守と、弘前の津軽越中守は、同席させず、津軽を軽く扱う
②加賀の前田宰相と、上野小幡の織田近江守は、同席させず
③加賀の前田宰相と、二本松の丹羽右京大夫は、同席させず(幕末に講和)
④肥後人吉の相良民部少輔と、鹿児島の島津修理大夫は、同席させず

39: 日本@名無史さん 2010/10/27(水) 21:22:23
越前松平家と会津松平家の家格比較をしました。

◇石高による家格比較
越前松平家>会津松平家
越前松平家が32万石、会津松平家が23万石

◇将軍家との血縁にかかる家格比較
越前松平家>会津松平家
越前松平家の祖は、家康次男の松平秀康であり、会津松平家の祖は、秀忠庶子の松平正之です。神君家康公からの血縁では越前家に軍配

◇伺候席による家格比較
越前松平家=会津松平家
越前松平家は「大廊下の下之間」であり、会津松平家は「黒書院の溜之間」です。「大廊下」は最高格式の伺候席ですが、「黒書院溜間」も
①将軍や老中の諮問を受け直接幕政に参与する。
②将軍家の名代として、天皇や上皇に拝謁する。
③将軍家の名代として、紅葉山霊廟や日光東照宮へ参拝する。
など特別な存在であって、一概に、大廊下>溜間ではない。よって・・

◇極位極官による家格比較
越前松平家<会津松平家
個人でなく家としての極官は越前松平家が「従四位下近衛少将」であり、会津越前家は「正四位下近衛中将」であるため、会津家に軍配です。

☆結論
極位極官による家格の結論を尊重し、越前松平家<会津松平家と解釈


50: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 00:36:57
譜代に政権を持たせる代わりに領地(軍事力)を持たせない政策は幕末では裏目に出たんじゃないか?

52: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 07:14:52
>>50
彦根井伊家の寝返りをはじめ、鳥羽伏見後の譜代大名の体たらくを見てると、どれほど役に立ったか疑問だが。

53: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 11:17:29
>>52
それに引き換え「三侫人」の一人林忠英の孫は頑張ったよね

あと幕末だと間部詮勝や田沼意尊とか太平の御世に将軍の個人的信任で取り立てられた大名の子孫の方が四天王とかよりよっぽど徳川のために活躍している

55: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 12:42:56
>>53
確か、晩年・今際の最に辞世の句は?と聞かれ

「幕末に”既に”詠んだ」

だったと

58: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 17:19:02
>>55
考えてみれば最後の大名なんだよな。余生のほうがはるかに長い。

54: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 12:28:32
彦根藩を減封して敵に回す事なかったのにな。

56: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 14:52:01
>>54
第二次長州征伐の状況見るかぎり、彦根藩がどっち向いても影響はなかっただろうけどw
まあ西国雄藩に戦力的に対抗できそうなのは幕府歩兵隊くらいだけど。

57: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 16:33:10
近江藩井伊家はオランダ式に訓練された一個中隊をもっていたが焼け石に水

61: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 21:21:43
最後の藩主だった岡部長職は明治時代後期の司法大臣で大正14年没。
その子の岡部長景が東條内閣の文部大臣で戦後は国立近代美術館の館長。
ちなみに長景の弟の村山長挙は朝日新聞社主。

62: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 21:27:07
明治維新の頃の現役の殿様で一番長寿だったのは林忠崇で昭和16年没。
「最後の殿様」として有名な浅野長勲は昭和12年没。
林は1万石のマイナー大名の上、戊辰戦争で改易・廃藩の憂き目にあってるから、メジャーな大大名の浅野の方が「最後の殿様」で通ってるんだろう。

廃藩置県当時、まだ子供だった知藩事まで入れたら、昭和15年没の徳川家達とか、近江大溝藩の分部なんとかさん(確か昭和19年没)とかもいる。

63: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 21:44:13
明治維新の時に負けて、処刑されたり族滅された大名家って何家ぐらいあるんですか?

64: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 21:53:13
>>63
ひとつもない
上の林家の改易処分が一番重い、しかも後に男爵にはなった

家老クラスで切腹させられた家は多いけど

65: 少老・林肥後守忠英 2010/10/30(土) 21:59:28
わが藩は大御所家斉公の佞臣でして13000石だったのが、水野忠邦が命令で10000石に減らされました

66: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 22:08:39
>>65
田沼の57000→10000と比べてマシとしなきゃ

68: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 22:23:57
まあ、元々、紀州藩の足軽から旗本に取り立てられた家だし、1万石の大名で維新を迎えただけでもよしとすべきだろう。

70: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 22:35:29
>>68
まあもともとを言えばそうなるな。
しかし新築した相良城がわずか数年で破却というのは惜しい。
あと短期間しか勤められなかった相良藩士も悲惨。

71: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 22:37:33
でも田沼家自体は1万石で子爵になれたんだからよしというのは確かにその通り。

74: 日本@名無史さん 2010/10/30(土) 23:09:57
請西藩林氏は室町時代、家康公の祖先松平親氏の同僚だったんだろ。
特別の由緒があるということで、正月では将軍家に最初に謁見でき、兎を献上する。
幕初は3000石の旗本だったが、家斉公の代に大名へ。

87: 日本@名無史さん 2010/11/01(月) 22:58:57
江戸から最も遠い領地から参勤交代していた大名家で最小石高なのはどこ?

88: 日本@名無史さん 2010/11/01(月) 23:19:32
三池藩立花氏一万石

89: 日本@名無史さん 2010/11/01(月) 23:26:00
福江藩主・五島淡路守盛利

90: 日本@名無史さん 2010/11/01(月) 23:47:02
>>89
五島氏って宗氏みたいに三年に一回とか免除なかったのか。
あの距離いったりきたりは一万五千石にはつらいね。
分家の富江領三千石も交代寄合だったから…

92: 平戸藩主・松浦肥前守清 2010/11/02(火) 02:28:11
福江藩は、捕鯨が最大の収入源にて候えども、他領漁民との漁業権紛争や、江戸初期の御家騒動、さらには民から血を搾り取る暴政・奴隷制やいまどき幕末に城を建てたりとか、あまりにも仁政というものをば、等間視にしており候。改易のうえ、藩土を御領となし、良民救恤ならびに西海海防は公儀に委ねるべきであった

96: 日本@名無史さん 2010/11/03(水) 18:15:05
大名の中で出自が信頼できるのは何家くらい

97: 日本@名無史さん 2010/11/03(水) 19:31:42
新羅三郎を祖とする佐竹氏

佐竹義宣が、源氏を自称する徳川とかいうのに大坂城の殿中で行き会って 慇懃に挨拶しながらもクスと鼻で笑っちゃう場面が「群雄関ヶ原へ」にあって、読み返すたびに笑ってしまう。

98: 日本@名無史さん 2010/11/03(水) 20:13:56
細川家も言うほど名門じゃないけど出自は信頼できる。
島津も名門じゃないけど古い家。
南部は源氏系の名門。
あとは生きる化石みたいな那須七党の大田原家と大関家とかw

101: 日本@名無史さん 2010/11/03(水) 22:09:21
変に名門をうたうより間部、柳沢、田沼、増山みたいにコネ丸出しの方が潔い

102: 日本@名無史さん 2010/11/04(木) 00:35:48
脇坂や蜂須賀みたいにうちの先祖は初代以前はわかりません、と言い切るほうがなお潔い

104: 日本@名無史さん 2010/11/04(木) 02:36:37
毛利は元就までの没落が凄いからな。
鎌倉首脳→三浦氏に味方して滅亡→長井のお陰で復活→六波羅探題に仕え没落→南朝につき没落
だし

柳沢は一応、武田の分家の庶流ということは確実じゃ
鎌倉期細川レベルだろうが

107: 日本@名無史さん 2010/11/04(木) 05:56:16
綱吉経緯な本庄氏もさる事ながら
家綱経緯な増山正利もすごいと思う

奴隷身分の子から2万石の殿様だからねぇ
召しだされたとき「どんな想い」だったのだろう・・・・・

108: 日本@名無しさん 2010/11/04(木) 11:23:55
>>107
望外の幸せというけれど、庶人に近い暮らしをしていた者が突然一国一城の主になれても、大変なだけの暮らしになりかねない。
幸せになれるかどうか判らないよね。

109: 日本@名無史さん 2010/11/04(木) 11:35:38
家来はどうやってかき集めたんだろうね

111: 日本@名無しさん 2010/11/04(木) 11:56:24
>>109
誰もいない全くの荒地に封じられたわけじゃない。封地を管理してきた者たちと契約すればいいさ。
それ以下は只のパート。技能者は然るべき組織を伝に募ればいい。

114: 日本@名無史さん 2010/11/05(金) 23:41:39
>>111
前任者(井伊の分家)は家臣一同掛川に引っ越したわけだが・・・

114: 日本@名無史さん 2010/11/05(金) 23:41:39
>>109
浪人が溢れていた時代だからそこら辺は苦労しない。
一方時代が下って田沼の家臣団となると重臣クラスでも庶民出身者がいた。
119: 日本@名無史さん 2010/11/11
質問! 
当時、大名が将軍に対して「直答」することはタブーとされ、老中などが「お取り合い」で大名たちの言葉を老中たちが代わって将軍に進言していたようです。ただし、非公式では直答はあったと思慮されますが。

では、公式の場では、御三家でもお取り合いがなされていたのでしょうか。
少なくとも、大和郡山藩柳沢15万石の某藩主が、参勤交代での在所下がりの際の将軍挨拶時には、お取り合いで会話されたと残っているので・・・ 
120: 本@名無史さん 2010/11/11(木) 10:14:42
並び大名であれば、最初は「申次(御側御用取次)に申し上げまする 」
という言い方をして、将軍に直に話すことはしない筈。仮にそれをやると、陪席してる目付から、あとで大目玉を喰らうであろう

しかし、大廊下の御三家らはいきなり話し掛けても大丈夫であろう

121: 日本@名無史さん 2010/11/11(木) 18:19:57
将軍と直に会話できるのは、老中・若年寄などの幕閣大名や御三家・御三卿などの一門大名を除けば、側衆や小姓みたいな側近や大奥の年寄や高級女中くらいか。

引用元: ・江戸時代の大名




江戸大名家事典 (Truth In History)
川口 素生
新紀元社
売り上げランキング: 539,507