51VQ7zTYmPL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/25(水) 18:38:08 ID:roMK96qx0
ちゃんと評価してやれ
関連記事
司馬懿はどうしてメジャーになれないのか? 









579: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/09(水) 04:24:04 ID:4/PCSFf60
司馬一族(懿・師・昭)って性格が合理的理性的すぎて面白みがないっていうか見栄も愛嬌もなくいつも醒め切ってて名誉欲独占欲以外に何も興味を示さず淡々と行動しててなんていうか不気味で不敵で人として気持ち悪い

580: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/10(木) 00:53:28 ID:4rjLJe+b0
たしかに人間味を感じさせるエピソードに欠けるな>司馬氏
司馬炎以降は悪い意味で人間臭いやつらばっかだけど

581: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/10(木) 01:30:09 ID:ZBbtSJY+0
人間味のあるエピソード=ボケ老人のフリ

582: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/10(木) 06:37:03 ID:Da503rZD0
そういうのは人間味って言わない
計算され尽くした計略だ

585: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/10(木) 12:53:41 ID:nvoAURsl0
人間味のあるエピソード

・公孫淵を滅ぼした嬉しさのあまり、京観を築く。
・我が家の行く末を心配するあまり、占いを信じて牛金を毒殺する。
・好敵手の諸葛亮が好きなあまり、自分の子供に「亮」の名前を付ける。

587: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/10(木) 20:54:18 ID:OHIkPf3Z0
>>585
・公孫淵を滅ぼした嬉しさのあまり、ヘボい詩を詠む

ってのもあったなw

589: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/11(金) 19:24:10 ID:+/2gVnA30
司馬亮って三男でしょ?厳密には四男だけど。
司馬昭が生まれたのが211年
司馬イ油が生まれたのが227年。
司馬亮が生まれたのは211~227の間ということになるけど、その間に司馬懿が諸葛亮をそこまで意識するような出来事ってあったっけ?

606: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/14(月) 14:48:26 ID:QwF+H5ee0
まあ、名前の件はネタとしても、司馬一族の諸葛亮好きは異常w

司馬懿…「天下の奇才なり」
司馬昭…陳[劦思]に命じて諸葛亮の兵法を学ばせる。
西晋武帝…「もしこの人を得て補佐役としたならば、今日の苦労はなかっただろう」
東晋簡文帝…「太子を補佐して欲しい。諸葛武公、王丞相の如く」

611: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/15(火) 02:56:56 ID:8Kk27yvt0
>>606
司馬一族はネクラで陰険だけど、他者の才能を認めてそれに敬意を払うことのできる人々でもあったと思う。
だからこそ権威を掌握でき、簒奪という形でも王朝を立てられたんじゃないかな。

601: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/13(日) 04:22:15 ID:8wNye3W70
そういや司馬懿って奥さんと2人きりでお墓入ってるんだよね。
ツ・・ツンデレなのか・・・?

602: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/13(日) 11:25:24 ID:OjcQw5o+0
夫婦で同じ墓に入るのは別に珍しくないんでない。
ババアになろうがなんだろうが、張春華が正妻であることには変わりないし。

604: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/13(日) 15:57:47 ID:8wNye3W70
>>602
珍しくないのかな。
遺言でわざわざそれを命じた人をほかに知らないから何とも言えないと思うけど、遺言自体残ってる人が少ないですもんねー。

605: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/14(月) 01:50:34 ID:yasNYfvb0
司馬懿は首陽山に埋葬せよって遺言してなかったっけ。
と思っていろいろ調べてみたら、高原陵って首陽山の一角っぽいのか。
妻が先立った夫と同じ陵墓に合葬されるのはよくあるけど、確かにその逆は珍しいかも。
と、いうことは首陽山には曹丕&郭氏夫妻と司馬懿&張春華夫妻が埋葬されているのか。
……なんかすごい組み合わせだなぁ。


645: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/13(土) 20:41:24 ID:4o6KQYCp0
>>601見てから猛烈に気になってるんだけど司馬懿の遺言には「妻と合葬しろ」なんて一言も言ってないよね?曹丕と同じように「首陽山に質素な墓を作ってくれ」と言って「後で死んだ者と合葬するな」と言ってるだけじゃないの?
大っぴらには言えないけど、遠まわしに自分を信頼してくれた主君と同じ土に還りたかったっつー忠義心を感じるけどなぁ

ちょっと調べた程度だが、歴史人物の墓の紹介で曹操の墓のとこに卞氏、劉備だと甘氏と同じ墓に入ってるような書き方されてて司馬懿は司馬懿だけ、という感じだったので本当は一人で墓にいるんじゃないのかな、と思う。どこから妻と一緒なんて話が?

646: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/14(日) 00:23:49 ID:4PalL8Ek0
司馬懿が葬られたの河陰で奥さんは洛陽だろ?
合葬するにしちゃ場所がズレてね
合葬説出したやつは司馬懿も洛陽に埋葬されたふうに言ってたけど
そいつ晋書読んでないのかな…

647: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/15(月) 09:53:46 ID:u+egf0a+O
合葬はされてない、近くに葬られているという説がある(洛陽の高原陵=首陽山の一角?)(河陰から首陽山へ改葬?)、というのが正確なんじゃないかな

「一如遺命」っていうのは 「一部遺言の通りにした」なのか「全て遺言の通りにした」なのかどっちなんだろう

655: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/16(火) 12:08:59 ID:t0wS6Iky0
司馬懿の墓を指す高原陵は司馬懿が亡くなってから付けられた名前だろ?
司馬懿(251年没)より先に死んだ奥さん(247年没)が亡くなった年に高原陵で埋葬された風に書かれてるのは変な話だな
夫の墓が高原陵だから奥さんのも高原陵と書いてしまえ、っつーノリで書いちまったのかな
晋書だとマジでありえそうだから困る
657: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/16(火) 22:31:20 ID:E8V9Gp1W0
>>605で高原陵=司馬懿と張春華の墓と書いてしまった者だが、「天子命帝立廟于洛陽(洛陽に司馬家の廟を立てろ)」を陵墓とごっちゃにして考えてしまっていたようだ。 
みんなの仰るとおり、司馬懿は河陰に葬られたってバッチリ書いてあるね。 
読み込み不足で変なこと書いて申し訳ない。 

で、恥さらしついでに聞きたいのだけど、手持ちの本に載っている地図だと河陰は洛陽の北西で、首陽山は正反対の北東にある。これだと司馬懿の遺言の通りに葬られてないよね?「遺言の通りにした=首陽山に葬った=首陽山のすぐ近くの洛陽に葬られた」と自分は勘違いしてしまったわけだが、もしかしてこの地図のどちらかの記載が間違っているのだろうか。 
どなたか地理に明るい方がいたらぜひご教授をお願いします。 
ちなみに地図は陳舜臣 中国ライブラリーの別巻。

658: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/16(火) 22:34:33 ID:hj7fC1zX0
ここの「河陰」は「河の北」という普通名詞で地名じゃないんじゃないのか

616: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/20(日) 11:23:05 ID:lqw8mW+s0
司馬家の専横に対して起こった反乱や暗殺計画を全部防ぎ切ったのはすごいな
あんだけやられたら普通どれかで死ぬだろ

618: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/24(木) 08:06:53 ID:JANwFjhWO
>>616
でもどれも散発。
あと皇帝の求心力がすでに地に落ちているとはいえ、魏に忠臣いなさすぎ。
明帝のコミュ能力が低いのと劉放・孫資の専断で股肱の臣が作れなかったのと、皇族に権限を与えなさすぎたのと、大宮殿建設で有識者から総スカンくらったのがデカいね。

626: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/26(土) 22:18:54 ID:e8ySgKAb0
>>618
それよりなにより曹丕と曹叡の統治期間短すぎ
二人合わせて20年もない。しかも丕が早死にしすぎ

これじゃどう頑張ってもまとまらんよ

619: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/24(木) 11:26:07 ID:bgXT0qv/0
>>618
有識者って竹林の七賢とか?竹林の七賢のゲンセキだっけ。
司馬炎と娘の縁談を断ったの。
左フンは有識者の娘だけど司馬炎の側室だよね。
有識者連中の動向がよくわからない。

620: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/24(木) 15:33:53 ID:rul/fbAB0
有識者というと漠然としてるが、当時盛んに諌言の上奏がされてるな。
明帝は度量がある、というか超然としてて怒りもしないけど。

621: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/25(金) 18:05:45 ID:HwFnYVud0
もし司馬昭が殺されたら誰が変わりになっただろ?

622: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/25(金) 19:01:37 ID:2C2d6UpTO
どの時期に殺されるかによるだろうけど…
どっちにしろ大混乱だろうな。
三国統一はしばらくお預けじゃない?

627: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/27(日) 18:34:27 ID:od4UfDd10
>>622
三国が統一されずに五胡十六国時代が早く到来するだけかと。
劉淵や段一族あたりが活躍しそう。

630: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/27(日) 18:44:17 ID:od4UfDd10
いや、司馬昭の頃なら劉淵じゃなくて劉豹の代か
俺テンパりすぎ

631: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/27(日) 20:04:39 ID:KrD7HKe+0
案外普通に魏による統一がなされるような気もしないではない。
別に司馬師、司馬昭は英雄的に統一事業を進めたわけでもないんだし。

632: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/27(日) 21:13:58 ID:NVg4g1ns0
晋の統一王朝をもっと長生きさせることは無理だったのかな。
五胡十六国から南北朝を経ての統一というのが歴史の宿命だったのか

633: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/28(月) 11:44:52 ID:pNcurVCM0
・異民族の台頭
・戦乱による人口減

と、西晋崩壊を宿命づけそうな要素は結構有るけどもうちょっと長生きくらいはできたんじゃないかなあ。
五胡十六国当初の国々見る限り、後々の遼とか金とかみたいに統一王朝に喧嘩売って勝てるほど強力な国ってあんまり無い気がする。

634: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/28(月) 19:30:33 ID:+aTGlPgmO
三国鼎立の軍事的緊張が続いていて、司馬衷みたいなのが出て来なかったらどうなったか分からん。
でも五胡の南下に合わせて蜀呉も北征したら、結局は華北は夷狄に取られたのだろうか。

635: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/28(月) 22:21:17 ID:iiYwH6d40
蜀呉に魏を攻める力が残ってたのか微妙だけどな
末期は魏よりもさらにヒーヒーだったみたいだから

636: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/29(火) 18:57:02 ID:WMGxoblGO
五胡の南下時期の頃には劉禅も孫皓も消えてマシになってたかもよ?

638: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/30(水) 14:00:30 ID:BECw2BFR0
劉禅と孫皓の残した後が酷すぎる…

孫皓が就任当初はマジメにやろうとして失敗したように、マジメにやっても立て直せないレベルまで来てたからな。

639: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/30(水) 16:13:07 ID:VtG139ES0
蜀の場合は
最終的には劉禅のせいかもしれんが
主に無茶攻めをした姜維のせいだろ

640: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/08/01(金) 17:32:19 ID:jLjYI5PO0
宦官べったりになっちまったらダメさ

姜維以外にもいろいろ問題はある。ワイロも横行してたみたいだし

644: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/08/29(金) 01:52:12 ID:sT3I85jT0
諸葛亮の死後の蜀と、武帝司馬炎の死後の西晋がダブって見える。姜維と黄皓に翻弄される劉禅、カ南風に支配される恵帝司馬衷。司馬昭が、重臣を粛清して、三男の司馬ユウを後継ぎにすれば国は長持ちしたと思う。兄の炎より学問で出来て人望も厚かった。
結局、カ南風が殺され、恵帝が病死した。その後は地獄だよな。
司馬炎の25男の司馬熾(懐帝)が処刑され、孫の司馬業(愍帝)も処刑された。


688: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/02(火) 20:11:57.67 ID:Y6/w5ZIB0
司馬懿の公孫淵討伐後の遼東人七千人虐殺を知ったときは絶句したわ
七千人て・・・・

690: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/02(火) 23:28:46.92 ID:19+FyycQ0
>>688
それで絶句してたら40万人埋めたとか聞いたらショック死するだろ

695: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/06(日) 21:41:20.49 ID:b4HWPy3/O
保身に長けてたから

もし本当にボケたまま死んだり
誅殺でもされてたらもっと高評価

保身にしても張良みたいに仙人目指すか
時代的に考えて竹林の七賢スタイルで身を処していたら
孔明ばりの人気を得たに違いない

696: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/18(金) 14:05:31.80 ID:Ueu778elO
曹操や司馬懿は言われるほどダメにだったり悪に描かれている気がしないなほとんどの創作作品で美化要素強い気がする

698: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/28(月) 01:08:11.67 ID:ETFL/2vu0
>>696
つ 演義原典

705: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/16(月) 09:24:05.06 ID:f6YbZCUxO
横山三国志の司馬イは爽やかな感じだよな
陰湿な感じが全くしない
「諸葛孔明、なんと素晴らしい男であったかあの世ではゆっくりと教えを乞いたい」
っていう台詞もあってか横山司馬イは凄くいい人っぽく感じるw

708: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/24(火) 18:37:57.76 ID:3pzSXL7Ki
コーエー三国志じゃ最初から能力高かったよね、司馬懿も曹操も

以前から十分評価されてると思うけどなあ

715: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/19(金) 21:11:29.16 ID:ITrT7hiq0
三国志 Three Kingdomsで好きなシーン


司馬懿「よいか、この目で陳倉道にいた諸葛亮を見たのだ。」

司馬「謀られたのです。あれは奴の木の像です。」

司馬懿「木像?」

司馬 
「蜀兵を捕らえて問い詰めたところ、諸葛亮は死ぬ前、米7粒を口に含み、足元に灯明を置き、腐敗を防いだと。さらに、己の木像で父上を脅そうとしたのです」

司馬懿
「何たる恥辱・・・これは大変な恥辱ではないか!奴に女の衣を送られても挑発に乗らなかったのに、此度はこともあろうに、一体の木像ごときに慌てふためき逃げ出してしまった!これほどの恥辱があってなるものか! 後生の者達はきっと噂するはずだ。『死せる孔明生ける仲達を走らす』かように言われ続けるのだ、百年先までもな!」

720: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/26(日) 21:04:11.84 ID:v4QeUC7L0
曹爽や王凌を一旦安心させて族滅するやり方が密かに好きw
でも親子であれだけ粛清しまくっても西晋あっさり崩壊したのが哀れ

721: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/30(木) 20:10:32.03 ID:gF3DBFyL0
司馬一族に限らず、何にもしてなくても一族だから王に封じてもらえたのが多いのに何で反乱起こすのかねえ

722: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/01(土) 22:20:08.98 ID:N7iABpMq0
司馬懿、諸葛亮、周瑜の三人は
三国の三傑だと思うけどな。

723: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/01(土) 22:25:03.47 ID:tAvht+cr0
それは持ち上げすぎ

733: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/26(木) 17:15:46.16 ID:P6HXIXk+0
普通にメジャーだと思うけど
しばちゅうさんという彼が主人公の漫画もあるし

引用元: ・司馬懿はどうしてメジャーになれないのか?