51oDAk19pwL



1: 小魔玉  ◆N10JLQ90IM 2006/06/11(日) 09:25:49 ID:z1+7705z
芦屋河原の戦い&船岡山合戦~大阪の役までの近畿地方(山城・摂津・播磨・河内・近江・丹波など)の、武将・城・合戦などマターリ語っていくスレです。

オイラが住んでいる西宮市には、越水城跡という城跡があります。
この城は、永正16年(1519年)頃に瓦林政頼が築城したとあり、その後、細川晴元の家臣・三好長慶の居城となり、三好氏の本国・阿波と畿内を結ぶ重要拠点であったとあります。

この他に、伊丹城・鷹尾(芦屋)城・花隈城・尼崎城・富松城などが城跡として残っています。
う~ん、通な城跡がオイラの近所に残っているんだなぁ~( ^∀^)ゲラゲラ








6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/11(日) 17:15:19 ID:T+G37EEn
波多野って三好に従属してたの?

8: 小魔玉  ◆N10JLQ90IM 2006/06/11(日) 22:28:58 ID:z1+7705z
>>6
波多野氏は、応仁の乱で細川氏方(東軍)に属して以来、細川氏に従属という形をとっていたみたいです。
(細川氏と三好氏が対立した時、細川氏方に味方したとあります)
と、波多野秀治・秀尚兄弟が信長に処刑されて、波多野氏は滅亡したとあるのですが…
波多野氏の子孫は残っていないのか疑問ですw

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/12(月) 15:41:28 ID:WrRekcMf
波多野は藤原秀郷の後裔だったよな?

12: 小魔玉  ◆N10JLQ90IM 2006/06/12(月) 21:46:29 ID:5c/lv/zc
>>10
イロイロ諸説はあるみたいです、その説が一番高いですねw
と、藤原氏秀郷流には、蒲生氏・結城氏・小山氏などがいるようですね。

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/11(日) 19:57:32 ID:7dTkg1jE
やはり播磨国!やはり姫路城(または白鷺城)

8: 小魔玉  ◆N10JLQ90IM 2006/06/11(日) 22:28:58 ID:z1+7705z
>>7
『暴れん坊将軍』で、江戸城として扱われる姫路城ですね( ^∀^)ゲラゲラ
(オイラは、JR姫路駅の正面口から見る姫路城が好きです)
と、JR姫路駅の隣の駅・御着駅…その近くにある御着城跡も味のある城跡ですw

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/12(月) 09:43:50 ID:22Ytwf8w
御着城と言えば小寺氏だったか…

12: 小魔玉  ◆N10JLQ90IM 2006/06/12(月) 21:46:29 ID:5c/lv/zc
>>9
一時期、黒田官兵衛は小寺孝高と名乗っていたみたいですね。
と、小寺氏・別所氏・有馬氏は赤松氏の一族…う~ん、渋い一族ですw

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/12(月) 16:13:26 ID:TB7XGOq1
三好は早死、呪われてる

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/17(土) 21:41:59 ID:V/McvADb
三好の滅亡早すぎ

17: 小魔玉 ◆N10JLQ90IM 2006/06/18(日) 20:39:47 ID:HKnJp0Sf
>>16
三好長慶の弟・義賢と息子・義興が長生きしていれば、状況は変化したのでしょうか?
(と、秀吉の場合も、秀長と鶴松が長生きしていれば…)

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/24(土) 22:29:46 ID:RRkh3DAO
長慶って意図的にあくどいイメージを植えつけられている感があるな。

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/25(日) 16:08:20 ID:pPiiFEYI
>>22
長慶としては復讐を成し遂げただけって感じだと思うんだがねえ。
そのあとのビジョンが無さそうなところがまた。

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/29(木) 22:31:08 ID:fUPBy7Vv
でも晴元も殺していれば少しは変わっていたかも。ちょっと粘られすぎだろ。

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/02(日) 16:56:10 ID:fSoAguT+
「堺政権」前後の畿内情勢は非常に複雑で分かり難いですが、結局は足利も細川も畠山も六角も三好も衰退してしまい 信長の上洛の頃は切り取り放題だったと。

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/04(火) 20:35:17 ID:oCIYcKoe
互いに潰しあいだもんな
管領→三好→松永と格は落ちてんもんな

30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/06(木) 16:00:45 ID:tf39Nwiy
六角は信長上洛の頃には観音寺騒動と浅井離反でボロボロだったな。
あっという間に滅ぼされた。

31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/06(木) 17:39:20 ID:KojK1AQ9
浅井の主君は京極だから、六角には負けて従ってた状態だから仕方ないな
観音寺騒動は確かにひどいな

32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/09(日) 18:47:32 ID:ZV58xkq1
一色に近畿に入りますか?

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/10(月) 16:02:08 ID:z438m1Hw
>>32
畿内は山城・大和・河内・和泉・摂津だけどね

いまでいう近畿地方にははいるでしょ、丹後

35: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/10(月) 21:20:36 ID:hsZNh6SG
紀伊の守護は畠山かな?
陰薄いよな

36: 小魔玉 ◆N10JLQ90IM 2006/07/10(月) 21:58:16 ID:OarH0rNG
畠山満家までは実力を持っていたみたいですが、満家の子・持国が養子(畠山政長)を迎えた直後に実子(畠山義就)が生まれて、“案の定”お互いに家督を巡って争いが起こり、畠山家は下り坂を転げ落ちた…みたいですねw(管領・細川家然り…う~ん、やはり家督争いは大変だなぁ)と、オイラもよく分からないのですが、河内畠山家と紀伊畠山家はどちらが強かったのでしょうか?

あと、淡路地方一帯も入れ忘れていました( ^∀^)ゲラゲラ

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/13(木) 14:56:13 ID:AHjEoA4W
>>36
応仁の乱の原因の一つとなった、義就流、政長流の争いは天文十一年(1542)の稙長の河内進攻で収まり、政長流が河内と紀伊をこの後押さえる

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/15(土) 19:48:19 ID:J+eip5ub
播州小寺ってのも微妙な家だな
あと別所は赤松の流れの家とは少し違うようだな

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/18(火) 17:11:06 ID:Fio7aWUO
諸説はあるみたいだけど、赤松の流れには違いないのでは?

43: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/28(金) 00:47:18 ID:XmsMv43/
◆御一家衆・・・本家に次ぐ地位で、足利将軍の直臣になっていたのもいる
七条家、伊豆守家、播磨守家、有馬家、上野守家、在田家、本郷家、広岡家、永良家

◆御一族衆・・・前者よりはワンランク下扱いの赤松一族
    別所家は16世紀後半に台頭したことは周知のとおり。
下野守家、遠江守家、能登守家、宇野家、間島家、上月家、別所家、佐用家、豊福家、得平家

◆年寄衆・・・赤松一族以外の重臣
      御一家衆、御一族衆の分家もある
浦上家、喜多野家、富田家、小寺家、中村家、上原家、堀家、櫛橋家、依藤家、明石家、薬師寺家、城所家、後藤家、衣笠家

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/28(金) 11:45:23 ID:sHYbBSI4
小寺とか宇野とかは単独の豪族だけでなく一族のなかで他の豪族に仕えた人も多いようだね。別所の家来にも小寺某というのがいたし宇野氏の一族も播州一円の豪族に仕えてるし。

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/29(土) 23:12:00 ID:QKY2SI/Q
伊勢氏とか蜷川氏とかどうしちゃったのかな

51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/31(月) 14:14:54 ID:dLAkCeci
蜷川・・・義輝に親世・親長父子が仕えるが、義輝の死後、親長は長宗我部を頼り、後に家康の御伽衆に

伊勢・・・貞孝まで政所執事、貞孝と子貞良は三好義興攻められ敗死
貞良の子貞為は信長、秀吉に仕えた

52: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/12(土) 15:26:57 ID:yLGBMV4j
畿内の戦乱にずっと畠山が絡むけど、いまいち目立たないね

53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/14(月) 08:06:03 ID:IdzIuJ8s
>>52
長慶出て来るとすぐに紀伊へ逃げるヘタレだから。
長慶もお人よしでなかなか追い詰めないから。


でも義賢を撃ち殺したり、飯盛城囲んだり、たまには底力を見せています。

55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/17(木) 15:33:03 ID:/ztd8l/G
畠山は畿内では一方の雄なんです、目立ちませんが
政長流の尚順、稙長、政国、高政は、細川京兆家、三好家とずっと戦って、滅びもしない

畠山がいないと内輪揉めばかりになる、畿内の戦国


56: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/30(水) 15:43:57 ID:tFnnQq9w
三管領で早々に京から姿消すのは、斯波だね
応仁の乱勃発時の管領は、以外な事に斯波義廉(斯波としては最後の管領かな)
一方の義敏は文明十五年(1480)に尾張に下って、それっきり

58: 小魔玉  ◆N10JLQ90IM 2006/09/18(月) 11:52:43 ID:0QOMaUhd
>>56
オイラが思う斯波氏は、織田氏や朝倉氏が世に出るために用意された、お膳立て大名だと…そう思う今日この頃です( ^∀^)ゲラゲラ

59: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/19(火) 12:03:23 ID:VoO7CbOB
俺は近江国安土在住だぞ。安土城は世が世なら日の本の中心、首都にもなっていたかもしれんのに
今じゃあ“マムシ注意”の看板がむなしく立っているんだぞ!

60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/19(火) 13:38:08 ID:M4rSIkSW
全米が泣いた

61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/19(火) 17:13:40 ID:4te6BxjR
(´;ω;`)

62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/20(水) 23:56:38 ID:MIG4ozC+
>>59
“マムシ”=“濃姫”じゃね?!

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/21(木) 10:49:18 ID:A7G1UzFn
>>62
うまい

64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/22(金) 01:03:11 ID:VFsq8+u0
>>59
わかる。その気持ち。
俺の近所なんか平家の天下が続いてればやがて御所ができていたかもしれないのに
今じゃ神戸の中心街からずれたガラの悪い工業地帯さ・・・。

荒木村重はどこ出身だったっけ?今の伊丹の方だった?

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/22(金) 13:49:04 ID:WyuHws+e
>>64 
摂津国 池田城主・池田長正の家臣・荒木信濃守義村の嫡男として池田(現・大阪府 池田市 )に生まれる。
荒木氏は丹波国八上城(篠山市)にいた波多野氏の一族といわれています。 

105: 人間七七四年 2007/05/06(日) 11:42:02 ID:Z8hsfM9j
僕は大阪府南河内に住んでるんですが誰が支配していたんですか?

106: 人間七七四年 2007/05/06(日) 14:42:59 ID:zkE1xhYK
>>105
河内なら畠山じゃない?

なぜ大阪は摂津・河内・和泉に分かれてるのだろう
いまの地図見ても良くわからないね

107: 人間七七四年 2007/05/07(月) 00:14:21 ID:qa08LQDK
古代においては摂津と河内のみ 和泉は当初なかった。
奈良時代後期に河内から和泉が分離されるがこれは和泉や河内に本拠があった道鏡の権力が高くなったことに関係していた
・・・とか聞いたことがある。

111: 人間七七四年 2007/06/17(日) 00:20:14 ID:vQtEcmp0
大阪の福島あたりにも城があったそうな

115: 小魔玉  ◆N10JLQ90IM 2007/06/17(日) 16:10:16 ID:SM+iwVZD
>>111
それはたぶん、JR野田駅の近くにある“野田城跡”だと思います!!
と、本願寺が織田軍と戦をした時に、本願寺勢が篭城した城だと言われている…はずですw
(詳しいことは分かりません)

116: 人間七七四年 2007/06/17(日) 17:53:35 ID:YISwb/SN
>>115
野田福島の戦いは石山合戦の幕開けと信長が朝倉義景に頭を下げた志賀の陣の発端になった戦いだね
ヤングマガジンのセンゴクでもおもしろいところだった

113: 人間七七四年 2007/06/17(日) 11:01:11 ID:b+zs+wZO
戦国や江戸時代のオオサカは大阪?大坂?

114: 人間七七四年 2007/06/17(日) 13:36:36 ID:YISwb/SN
>>113
石山は上町台地の北端にある小高い丘で、真下で淀川と旧大和川が合流し、その付近に淀川水系や瀬戸内海の水運の拠点で、住吉や堺、紀州に向かう陸上交通の起点でもある渡辺津が形成されていた。蓮如の隠居坊から次第に拡大して寺内町を形成して商工民などが住み自治が行われた。
この寺内町が、台地にそった坂にあることから「小坂」、後に「大坂」と呼ばれるようになった(大坂という地名の出現は1498年とされる)。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E9%A1%E5%AF%BA

漢字の表記は当初「大坂」が一般的であったが、大坂の「坂」の字を分解すると「土に返る」と読めてしまい縁起が悪いということから、江戸時代のころから「大阪」とも書くようになり、明治時代には大阪の字が定着する。
一説に「坂」から「阪」への変更は、明治新政府が「坂」が「士が反する」、すなわち武士が叛くと読めることから「坂」の字を嫌ったとも、単に、役人の書き間違えの言い訳から定着したともいう。
本来は「阪」と「坂」は異体字の関係にあり、どちらが正しいという性質のものではない
(唐代の干禄字書では「阪」を正字、「坂」を俗字とする)。 大阪・大坂という名字もある。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9D%82

148: 人間七七四年 2007/09/23(日) 19:43:54 ID:c4kSLfKi
細川
三好
六角
筒井
畠山
赤松
山名
一色
浅井
別所
足利
どれが好き?

149: 宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c 2007/09/23(日) 20:32:55 ID:QVGVdUZM
>>148
別所

151: 人間七七四年 2007/09/23(日) 21:50:25 ID:o5iJh3uP
>>148
俺も別所

153: 人間七七四年 2007/09/24(月) 02:05:22 ID:IxC54sFN
>>148
六角の俺は異色か

155: 人間七七四年 2007/09/24(月) 10:18:47 ID:aLDjwcWs
丹後の鬼頭
一色サイキョー!

157: 人間七七四年 2007/10/02(火) 17:09:31 ID:rxHXQf8I
大名-六角
武将-蒲生氏郷
合戦-姉川の戦い
城-観音寺城
所領-近江一国


158: たられば君 2007/10/02(火) 17:56:26 ID:tDHiDcVh
近江の北三郡は京極領で朽木谷は・・・まあどうでもいいか

引用元: ・【日本の】戦国時代の近畿地方【中心】




南近畿の戦国時代 (戎光祥中世史論集第5)
小谷利明 弓倉弘年
戎光祥出版
売り上げランキング: 632,005