51TWtHlpnbL



1: ばーど ★ 2018/08/08(水) 18:50:38.68 ID:CAP_USER9
京都のお盆の伝統行事、「京都五山送り火」について、かつて行われていたとされるもののその後途絶えて正確な場所が特定されていないひらがなの「い」の文字の送り火の痕跡を発見したと京都大学の研究者が発表しました。

これは、京都大学霊長類研究所の正高信男教授が記者会見を開いて発表しました。
「京都五山送り火」は、300年以上の歴史があるとされ、8月16日の夜に「大」や「船形」など京都市を囲む5つの山の文字や形の火床に火をともします。

明治の半ばごろまではひらがなの「い」の文字の送り火も行われていたとされていますが、その後途絶えて正確な場所が特定されておらず、正高教授は江戸時代の文献などを手がかりに実地調査を繰り返しました。
その結果、京都市左京区の鞍馬二ノ瀬町にある、地元で「安養寺山」と呼ばれる山の高さ100メートルほどの山肌に高さ5メートル、幅15メートルほどのL字型に削った跡が3か所、見つかったということです。

この跡は現在も残る火床の周辺に形状が似ているということで、正高教授はここで「い」の送り火が行われたとみられるとしています。
京都の送り火は、江戸時代には「い」の文字のほかにも京都の各地で行われていたとされていますが詳しいことは分かっておらず、今回の発見が伝統行事の歴史をひもとく鍵となるのか注目されます。

08月08日 17時40分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20180808/2010001222.html








3: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 18:51:50.36 ID:F5S7BAV10
い!

5: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 18:52:04.89 ID:X+M6/8uD0
五山じゃなかったってことなのか?

39: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:11:25.43 ID:CSRiyV7X0
>>5
五山て言葉がそもそも
送り火と関係ない

鎌倉時代の禅寺の格付け用語

京都の五山の1つがアレだから
マスゴミが上書きを目論んだ?

42: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:13:30.20 ID:NKdN/iAX0
>>39
もっというと南宋でやってたのを鎌倉幕府がぱくったもんやしな

57: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:20:36.64 ID:CSRiyV7X0
>>42
そういうのはパクるって言うかね
普通に取り入れた

鎌倉と京都にそれぞれあった

9: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 18:54:57.89 ID:rUWYBmA60
明治くらいでも記憶が途絶えたりしてそれがまた見つかったり、こういうの面白い。
色んなことをやめてしまったとしても忘れないように残したい。

21: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 18:59:06.56 ID:MOSo2OFu0
「いろはにほへと…」の「い」かな?

27: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:02:39.75 ID:HYV5uKSO0
「ω」かもしれんぞ…

35: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:06:57.01 ID:IPWFSeeU0
>>27
だったら ちょっとカワイイかも ^^

38: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:10:56.41 ID:vgE1F9kg0
そういえば去年だか一昨年だかに送り火の生放送で情報募集してたな

46: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:15:00.36 ID:rRokOAih0
舟形の奥辺り?
例え復活させても市内からは見えそうに無いな
村おこしに迎え火として復活せると良いじゃないか?

47: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:15:01.93 ID:M8rryY330
大文字焼きか

60: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:21:53.72 ID:9qJ+/rte0
>>47
歴史的にはそっちの呼び名の方が
ただしいらしいよ

元々京都のは五山じゃなかったし

62: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:22:19.31 ID:CSRiyV7X0
>>60
じゃソース

78: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 19:38:36.40 ID:9qJ+/rte0
>>62
wikiからで申し訳ないが

「一」(京都市右京区鳴滝)
「竹の先に鈴」(京都市西京区松尾山?)
「蛇」(京都市右京区北嵯峨)
「長刀(なぎなた)」(京都市右京区嵯峨観空寺)
(中略)
これらの送り火がいつ頃消滅したのかはっきりとしていないが、
明治時代から昭和初期頃にかけて徐々に数を減らし、現在の五山に減少した後に、五山送り火という呼称が定着した。

「大文字焼き」という呼び方について
地元の人の中には「大文字焼き」という呼び方を嫌悪する者もいる[22]が、
昔は大文字焼きと呼ぶ人も多かった[23]

94: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 20:10:35.07 ID:V91trLUv0
あれってどっかの豪商の屋号とかなの?
いとか大とか舟形とかなにかの意味が?

97: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 20:12:10.93 ID:FJQVW9Rd0
>>94
弘法大使の筆跡ということになってたんじゃないかな

101: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 20:15:06.65 ID:gWGnAmeQ0
岩倉育ちだけど安養寺山に「い」の送り火があったって毎年爺ちゃんが言ってたわ。
地元じゃ当たり前の話だったぞ。

114: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 20:27:19.65 ID:uS8hMEVJ0
>>101
正高信男教授に教えてやれ、何をいまさら、って

103: 名無しさん@1周年 2018/08/08(水) 20:15:58.96 ID:6vFVeYC00
明治時代の京都ならもう近代的な地図や測量もあっただろうに
意外と分からなくなるものなんだな

引用元: ・【京都】五山送り火で「い」の文字発見か 明治の半ば頃途絶えて正確な場所が特定されず



京の大文字ものがたり (京都文庫)
岩田 英彬
松籟社
売り上げランキング: 1,049,402