61PE4EQ672L



1: 人間七七四年 2007/05/23(水) 23:04:52 ID:aVcjHcsB
貫高制→石高制の変化があったからかどうかはわからんが、戦国大名の石高がわからず、どの程度の規模の領主だったのかさっぱりわからない

例えば、織田信長が守護代の分家の分家の家を継いだときどれくらいの石高だったのか? 
オヤジ(信秀)が頑張ったからそこそこの規模だと思うが、ではオヤジの代での石高は? 守護代の分家の分家となると相当低いと予想されるが・・・

戦国大名の初期~中期~後期の石高を教えてくれ








4: 人間七七四年 2007/05/24(木) 20:41:33 ID:kEDdhkSM
無理とは言わないが、一生涯かけるテーマになるようなことをさらっと要求するな

5: 戦国博士3gjogijgo 2007/06/07(木) 20:06:31 ID:irYFlu6C
戦国大名の石高の事だったら俺に任せろ。
大名家と年代を教えてくれたらその日のうちに石高を教えてやるぞ。

7: 人間七七四年 2007/06/07(木) 22:28:56 ID:JJBla47o
それじゃ北条氏康が逝去した年前後(1570年頃)の北条家の石高よろしく

9: 戦国博士 ◆g8H/yk7elU 2007/06/08(金) 04:18:55 ID:juZjLsSU
>>7
だいたい120~140万石といったところだな。

8: 人間七七四年 2007/06/08(金) 00:28:49 ID:nE7ATBQH
神保長職が当主になった時点での石高は?

9: 戦国博士 ◆g8H/yk7elU 2007/06/08(金) 04:18:55 ID:juZjLsSU
>>8
ほとんどゼロからのスタートだしな。 5~10万石あたりだな。

10: 人間七七四年 2007/06/08(金) 05:36:15 ID:UEdfGOAG
すげーアバウトwwww

12: 人間七七四年 2007/06/08(金) 22:56:30 ID:CqlUve6d
鈴木重秀の石高おながい

13: 戦国博士 ◆g8H/yk7elU 2007/06/09(土) 05:53:44 ID:Gb4iuLse
>>12
鈴木重秀は戦国大名にあらず。 
よってその問いは却下する。

14: 人間七七四年 2007/06/09(土) 14:02:36 ID:dZoI5sby
雑賀の石高を聞いてるんじゃないか?

15: 戦国博士 ◆g8H/yk7elU 2007/06/09(土) 16:10:30 ID:Gb4iuLse
信長と戦ってた頃の雑賀衆は10~15万石だ。

19: 人間七七四年 2007/06/09(土) 19:48:36 ID:dZoI5sby
>>15
そういえば雑賀って地侍の集団だったね。
これは同盟全体の領地?

20: 戦国博士 ◆g8H/yk7elU 2007/06/09(土) 20:43:24 ID:Gb4iuLse
>>19
そうです。 

21: 人間七七四年 2007/06/10(日) 08:36:50 ID:DOzeDaqr
>>20
どうも。

では甲斐宗運のいた最盛期の阿蘇氏の石高を頼みます

23: 戦国博士 ◆g8H/yk7elU 2007/06/15(金) 23:59:33 ID:8czPpYtH
石高の高い肥後において地元勢力最大の面積を領有した阿蘇氏ではあるがその領土のほとんどは北東部の山地帯であるため思いのほか石高は低い。
10万石前後といったところであろう。

24: 人間七七四年 2007/06/16(土) 01:10:39 ID:u/9ASugA
貫高と石高の換算を教えてくれ。

25: 人間七七四年 2007/06/16(土) 03:28:06 ID:7FJB08PE
一貫(1000文)=一石(米)というのが一般的によく言われる。

もっとも、米相場は時期によって上下するし、京は、米一石が800文~1200文でも、奈良では600文~800文だったというし、地域差も大きい。
畑作で大豆等を作った場合は、もっと価格が跳ね上がる。

つまり一概には、言えないってことさ。

26: 戦国博士 ◆g8H/yk7elU 2007/06/16(土) 04:04:28 ID:8F4hVffd
戦国期が終わって江戸時代になっても石高制度が存続したというのは興味深いな。
おかげで武士の財政は不安定になってしまったというあたりがなおさら。

28: 人間七七四年 2007/08/07(火) 01:53:15 ID:3N8eEt5H
毛利家の最大石高はどのくらいだろうか?

30: 人間七七四年 2007/08/08(水) 21:35:04 ID:DoJ1wsJm
>>28
毛利の最大版図は秀吉が播磨に着任した頃。 
播磨西部まで及んでいたらしいから170~190万石くらい。 
ただし宇喜多も含む。

34: 人間七七四年 2007/08/14(火) 19:54:47 ID:R9O0I4uu
>>30
太閤検地のときの毛利の石高はかなり胡散臭い、その後毛利が長州に移ったとき検地したときはその倍はあった。
このときの毛利の検地が非常に厳しかったのは事実だが、それだけで、そこまで増えるとは思えない、賦役を嫌って過少申告した可能性がある。

36: 人間七七四年 2007/08/15(水) 00:31:11 ID:clTmM8or
>>34
まあ正確さを求めると正直、キリがない感じもする。
凶作や豊作によって同じ国でも収穫量が違ってくるわけだから石高というのは毎年減ったり増えたりするものだともいえる。

37: 人間七七四年 2007/08/15(水) 01:46:57 ID:4Mk8M55f
>>36
検地は、面積当たりの収穫期待値であって、実際の年度別収穫量とはまた別じゃなかったっけ?

38: 人間七七四年 2007/08/15(水) 19:10:47 ID:RT8XJfWF
検地では国、地域ごとに面積あたりの取高が決まっていたよ。

39: 人間七七四年 2007/08/17(金) 00:01:48 ID:0FMqci/B
石高は理論上の取れ高であって実際の豊凶は介在していない。
まともな領主なら平年作を想定していると思いたいが。

29: 人間七七四年 2007/08/07(火) 13:43:15 ID:/1dvjSif
戦国時代各国総覧
https://www.merkmark.com/sengoku/kssouran.html

全国石高及び大名知行高帳(天正~慶長)
http://www2.library.tohoku.ac.jp/akitake/akt-dtl.php?sqno=22175
※リンク切れ

31: 人間七七四年 2007/08/14(火) 14:07:35 ID:2MoXgBA5
>>29
尾張の石高多杉で、駿河の石高少な杉としか思えない
1万石=250人とすると
今川軍(駿河,遠江,三河):25,000人
織田軍(尾張):5,000人
としたら
駿河,遠江,三河:それぞれ30~40万石
尾張:20万石
が妥当だと思うんだけど...

32: 人間七七四年 2007/08/14(火) 15:36:01 ID:4xCxfBKf
>>31
桶狭間の時の清洲織田家の支配地は尾張半国程度。
今川家は駿河、遠江、三河に加えて三河国境沿いの尾張を治める山口氏が今川に寝返っていたので80万石くらいだと考えれば2万は動員できる。
ちょっと無理して動員すれば25000くらいは可能だったのかもしれない。

40: 人間七七四年 2007/09/17(月) 21:18:10 ID:2kuX+7iL
「加賀百万石」って、ほんと?

41: 人間七七四年 2007/09/17(月) 21:24:22 ID:e+ZR5hm0
まあ100万石は確実にあったろう。

42: 人間七七四年 2007/09/17(月) 21:37:24 ID:2kuX+7iL
米の生産高以外に何か加算されるのか?

43: 人間七七四年 2007/09/18(火) 10:07:24 ID:HyAyYhuN
耕地面積(田・畑)や家屋・商業地域も計算されてなかったっけか?

44: 人間七七四年 2007/09/19(水) 09:40:20 ID:RZVRg4KD
太閤検地で出された石高は「米の生産高」だけなんだよな?
他の産業などは入ってないんだよな。

48: 人間七七四年 2007/11/21(水) 05:08:32 ID:FLII65LE
東北なんか、どんどん開墾が進んで石高自体は上がってたろうな。

49: 人間七七四年 2007/11/21(水) 05:23:32 ID:o8LkozF6
まぁ不作の年も多いし飢饉も当たり前のようにある地方だから譜代大名左遷にはもってこいのとこだけどな

50: 人間七七四年 2007/12/02(日) 04:09:56 ID:RbZfuFy1
太閤検地で尾張の石高が妙に高いんだけど合ってるのかなぁ
尾張って面積的には小さいでしょ

51: 人間七七四年 2007/12/08(土) 23:22:22 ID:ygU8oifw
>>50
日本であれだけ大きな平野がある場所はそうそうないよ

53: 人間七七四年 2008/01/02(水) 20:24:14 ID:ID+WkpMb
近江は琵琶湖もあったし、米処だったから相当高いよな。
上総や上野に匹敵するのかもな。

57: 人間七七四年 2008/01/03(木) 11:58:24 ID:HhmUl+Fp
丹羽長秀ー長重

新封→越前若狭二カ国に加賀飛騨の一部120万石→小松12万石→除封→棚倉1万石→二本松11万石

蒲生氏郷ー秀行

会津92万石→宇都宮18万石→会津60万石→松山28万石→除封

上杉謙信ー影勝

越後春日山55万石→会津若松120万石→米沢30万石

58: 人間七七四年 2008/01/04(金) 00:00:04 ID:I2Mojq4C
加藤嘉明や堀秀政は?

59: 人間七七四年 2008/01/04(金) 11:50:49 ID:OK0LP4Wp
加藤嘉明→明成→明友
→明英


伊予松前10万石→伊予松山20万石→陸奥会津若松40万石→除封→石見吉永1万石→下野壬生2万石→近江水口2万5千石



堀Q太郎

60: 人間七七四年 2008/01/04(金) 12:45:03 ID:I2Mojq4C
藤堂高虎は?

56: 人間七七四年 2008/01/03(木) 11:36:04 ID:Oi0J85xI

>>60
藤堂高虎
浅井家(小谷城在番・知行不明)
1576年秀長に仕官・300石→播磨遠征・3300石→賤ヶ岳合戦・5000石
雑賀攻め・10,000石→九州攻め・20,000石→1595年秀長の子、英俊死去により浪人
1596年秀吉直臣・宇和島70,000石→慶長の役・80,000石
関が原の合戦・伊予半国20万石→伊勢津藩32万石

62: 人間七七四年 2008/01/21(月) 21:55:32 ID:MddsdBra
前から疑問なのだが中世、ことに東国の「百貫取り」の武士とは概念として、百貫の銭を知行地から毎年得れる武士をいう。
ならば毎年百貫の銭を武士に納められる田の土地力は、かりに五分五分だとして、倍の二百貫の収穫があるというになる。
かりに一貫文でコメ一石を買えるとした場合だ。
つまり「百貫取り」の武士は「二百石の収穫が見込める土地」を、名義上支配しているということになる。
時代小説などでとくに東国の武士をあらわすのに「百貫の武士」とあれば、その武士は後世でいう、「二百石取り」のさむらいで良いのだろうか?
詳しい人、できれば詳細を教えてください。。

63: 人間七七四年 2008/01/22(火) 09:02:45 ID:aZ0OdTtf
>>62
二百石取りの武士なら、知行地五公五民として、実質年収百石だから、百貫取りなら、実収50貫程度かと思ふ。

64: 仙台藩百姓 2008/01/22(火) 10:31:27 ID:eqpZmG2z
貫高は評価値が地域によってマチマチだから一くくりに一貫=何石と換算はできないお
更に度量衡も地域差があるから例えば田一反=500文としてもその一反が場所によって面積が違うから同じ一貫でも場所によって一石にも十石にもなるわけだお

引用元: ・戦国大名、初期~中期~後期の石高



加賀百万石
加賀百万石
posted with amazlet at 19.03.09
津本 陽
講談社
売り上げランキング: 1,468,669