51gMxFtE7AL



1: 世界@名無史さん 2010/09/15(水) 18:40:06 O
マンセー\(^O^)/マンセー

金正日総書記が死去する以前のスレです。








5: 世界@名無史さん 2010/09/15(水) 22:35:11 0
金日成ならともかく議論のネタはあるが金正日なんて金日成の息子というだけの男。

10: 世界@名無史さん 2010/09/20(月) 18:26:36 0
いつの時代も二代目は初代には勝てんよなぁ
例外は唐の李世民くらいか

11: 世界@名無史さん 2010/09/21(火) 17:18:17 0
外国との交渉はなんとか乗り切った
だが3代目はある程度の開国となるだろうな

12: 世界@名無史さん 2010/09/21(火) 17:31:12 0
どうだか。
俺は大朝鮮帝国初代皇帝に即位すると予想。

13: 世界@名無史さん 2010/09/21(火) 20:53:34 0
北朝鮮は君主制を否定している自称社会主義国だから
「白頭山革命の伝統を継承」はあっても、帝位の継承は有り得ない。

君主制大好きな俺としては、あんな外道どもに君主を称されても困るけどな。

15: 世界@名無史さん 2010/09/26(日) 21:11:09 0
>>13
ローマ帝国の皇帝みたいな感じを考えているのではないかな
建前としては王様じゃないけど、カエサルの後継者として、元老院から推挙されたと言うかんじで

14: 世界@名無史さん 2010/09/26(日) 19:58:38 0
正直、体制維持と対外交渉の能力は高いと思う

少なくとも無能ではない。
無能であったらすでに北朝鮮はなくなっている

25: 世界@名無史さん 2010/09/27(月) 22:28:04 O
あれだけ国をメチャクチャにしても体制が崩壊しなかったり、恐ろしい程狡猾な外交はどこから来るのだろ


34: 世界@名無史さん 2010/09/28(火) 20:29:20 0
将軍様といい、あの猛烈に冴えない外見は油断を誘うためのトラップか何かなんだろうか

41: 世界@名無史さん 2010/09/29(水) 10:05:36 0
ジョウウンの代となるともう鎖国は無理のような気がするな。
ある程度の解放はあり得るかもしれない

78: 世界@名無史さん 2010/10/01(金) 09:26:25 0
>>41
しばらくは金の側近が政治を仕切るからどんなに早くても10年後でないとジョンウンが北の権力を掌握出来ないと思う

42: 世界@名無史さん 2010/09/29(水) 10:12:08 0
最高権力者の将軍様といわれてるが
実際は有力な部下との水面下の対立もあるみたいだし
正恩も難しいかじ取りになりそうだな

44: 世界@名無史さん 2010/09/29(水) 15:38:44 0
おそらく・・・ベトナムのドイモイ見たいにして行きたいんだろうねえ

でも、数年前、ドイモイを指導した経済関係のベトナム政府高官が亡くなられたが、その人は、戦前に日本に留学し、その後アメリカ→南ベトナム政府におられた方
現ベトナム政府は、南のテクノクラートを全員粛清しなかっただと驚いた

そういう「西側」を知っている指導者とフランスの植民地になったりその後の戦争で、かなりディープな異文化体験をしている民衆のいるベトナムと戦後ほとんど鎖国状態の北朝鮮とは一所には並んだろうけどな

・・といって、第二のベトナムを目指すんじゃないかというのは、俺の勝手な推測に過ぎないんだがw

55: 世界@名無史さん 2010/09/29(水) 22:57:20 0
奴隷制を嫌いつつも南部独立の為に死力を尽くしたリー将軍と、自国を異常と知りつつも祖国防衛の為に核兵器を作った金将軍は神。
まあ、後の時代の奴や同時代の外野がバカだ、アホだっていうのは非常に簡単なんだがな。

ナポレオンのワーテルローの指揮のまずさを批難するのは中学生でもできる。

56: 世界@名無史さん 2010/09/29(水) 23:33:00 0
あの、キムジョンイルの元で料理人をしていた日本人の書いた本を読んだけど、その本を読む限りにおいては、決して悪い人ではないと思う。キム・ジョンイル

ただ、「王子様」として、育ってきた人だから、当然、発想が自己中心的でわがままなところもあるが、そのあたりを高英姫さんがカバーしていたみたいだね
加えて、語学に堪能で、世界の情勢をよく掴んでいる・・・

そら、ストレスもたまるわw・・・まあ、一番気の毒なのは、あの国の民衆だけどさ


64: 世界@名無史さん 2010/09/30(木) 20:28:29 0
あの料理人の話もちょっとうさんくさくて、すべて信用するわけには行かないと思うけど、俺の印象に残ったのは、あの核兵器の話

金:わが国が核武装することをどう思う?
料:私は被爆国の人間ですので、どの国にも核兵器は持ってほしくありません
金:そうか でも必要なんだよな

これが実話だとしたら、こんなことを言うなんて、将軍さんも、核武装に少しは後ろめたい感情を持っているんだな・・・とは思った
これが実話ならだけどね

65: 世界@名無史さん 2010/09/30(木) 20:38:00 0
なぜ一服盛らなんだ料理人。
ジョンイルもそんな重要事項を日本人に任せてたのが不思議。

66: 世界@名無史さん 2010/09/30(木) 22:00:59 0
>>65
料理人の本読めばわかるだろ、「親日」なんだよ。
「寅さん」や「釣りバカ」とかの「ソフト・パワー」に影響されてる。
日本の軍歌も好き。

でも、「政治は政治、文化は文化」って割り切ってる感はあるな。

蒋介石も朴正煕も、親日であり反日である。

アジアに輝く文化大国、経済大国、軍事帝国日本。
近代東アジアの指導者たちは複雑な感情を見ている。

日本人も「アメリカは原爆を落としたけど、すごい国だ。ハリウッドはすごい。」とか思ってるだろ。

92: 世界@名無史さん 2010/10/03(日) 18:04:07 0
台湾の日本統治経験者は「日本統治はひどかったが、国民党統治はもっとひどかった」って言ってる。
北朝鮮の日本統治経験者はどう思ってるんだろう?

93: 世界@名無史さん 2010/10/03(日) 18:14:00 0
>>92
ひとりも生き残ってないと思われ

94: 世界@名無史さん 2010/10/03(日) 22:50:29 0
北朝鮮の統治体制は大日本帝国に感銘を受けてるって聞いてるけどな。
将軍ファミリーの神格化とか、学校とかに金親子の写真が掲げられたりとか
国家予算に対する異常なまでの軍事費とか。

そう言えば、結局W杯代表は炭鉱送りになったの?

95: 世界@名無史さん 2010/10/04(月) 14:56:44 0
>>94
そういや誰だか左翼筋の評論家が北朝鮮を評して
「儒教+戦前の天皇制+スターリン主義を合わせてみたらできた体制」
みたいなことを書いてたな。

97: 世界@名無史さん 2010/10/04(月) 18:07:11 0
軍事費の異常な増大はソ連流でしょうか?
民生品はクズなのに、宇宙ロケットや戦闘機がやたら性能よかったりとか。

韓国のナロ号が連続失敗する中で、テポドンや銀河は人工衛星になりましたし。
技術者も国家予算も重点投資した結果ですね。

99: 世界@名無史さん 2010/10/05(火) 04:04:11 0
北朝鮮も韓国もどちらも大日本帝国の生み出した落とし子、って意見をどこかで見たな

北→神格化された世襲王朝(戦中の天皇制+朝鮮式儒教)
南→90年代くらいまで続いた軍事独裁政権(旧日本軍部)

今でこそ左翼なんかには大日本帝国の再来のように叩かれてる北だけど、昔は南の方こそが戦前の軍事政権の後継者みたいに言われてたらしいね

101: 世界@名無史さん 2010/10/05(火) 12:40:22 0
>>99
1980年の光州事件当時7,8歳だったという韓国人と話をしたんだが、あのころは、小学生でも外でモノをいうのが怖かった時代だったそうだ
だから、その人は、今、韓国が北朝鮮を自由が無いとか言って批判するのを見ると複雑な気分になるそうだ

117: 世界@名無史さん 2010/10/06(水) 08:06:35 0
>>99
韓国は政治家や軍人まで旧日本軍出身者ばかりだったからねー
社会構造が似てしまうのも無理ない、寧ろ李承晩みたいなタイプは例外だった
北朝鮮の場合は基本的にスターリニズムの影響が大きいがそれと同時に李氏王朝時代の行き過ぎた儒教思想が根底にあると思うんだよね

106: 世界@名無史さん 2010/10/05(火) 19:41:09 0
スターリンや毛沢東は世襲制をやらなかったがこの国が世襲制なのは儒教の影響だろ

111: 世界@名無史さん 2010/10/05(火) 22:58:15 0
>>106
朝鮮に特化して分析すれば確かにあの世襲は「儒教(朝鮮儒教)の影響」ということになるだろう。

しかしアジア全体に目を広げてみると、インドでもネルー家(インディラ・ガンジー家)があった。今もソニア未亡人は影響力を持つ。日本でも安倍、福田、麻生、鳩山は首相の息子か孫だった。

アジア一般に広げて言えば、「貴族制の名残り」として概括できるのではないか?
個人の固有の特性を重視せず、むしろ親・先祖・出身階層の特性を尊敬の対象とする心理が強い。両班だったりカースト制度だったり武家政権だったり、アジア各地で世襲貴族のあり方は様々だったが。

113: 世界@名無史さん 2010/10/05(火) 23:39:02 0
>>111
いわゆる「王家」とか「貴族」とかいうのは国民のコンセンサスを得れればあんまり問題ではないと思う。スペインはフアン・カルロス国王を復帰させたが、少なくともフランコよりは広く受け入れられている。少し前はド・ビルパンとか、ド・ゴールとかいうのもいた。

昭和天皇に反対の人は少なくなかったろうが、平成天皇に反対の人は少ないだろう。

北朝鮮が崩壊したら、キム一家はどうなるだろうか?
ニコライ帝一家みたいに虐殺?
昭和天皇も戦争に負けて、マッカーサーに殺されかけたしね。

独裁者や王家って恐れられると同時に尊敬されてるのよ、複雑だ罠。

107: 世界@名無史さん 2010/10/05(火) 20:08:54 0
スターリンや毛沢東の場合、後継者になる子がいなかったというのもある

中国も出世した人間が一人出たら、一族がその人間に寄生していくわけだが、毛沢東はほとんどそれをやらなかったので賞賛された。でも、毛沢東の場合、長男と弟は戦死、後の子は能力的に無理、そして、内戦中は毛沢東はお尋ね者で一族から勘当されていた
だから、毛沢東は自分が苦労していたときは無視し、成功したらのこのこやってきた親戚連中が嫌いで、親戚を引き立てなかっただけだそうだ

121: 世界@名無史さん 2010/10/06(水) 12:44:13 0
>>107
共産党が勝って中国大陸を制覇した途端、掌を変えた親戚連中に権力を渡すのは嫌だという事だったのか

114: 世界@名無史さん 2010/10/05(火) 23:48:34 0
>独裁者や王家って恐れられると同時に尊敬されてるのよ、複雑だ罠。

映画好きの金正日に誘拐された韓国の有名映画監督が、金正日が自分をたたえる歌を歌っている人たちを前に
「先生ね、この人たちは、本心からこんなことを言っているわけではないんですよ」
といったって話を体験談に書いていた

176: 世界@名無史さん 2010/10/10(日) 14:28:32 0
何で今度の候補も宗主国でもめったに着ない人民服着てるんだ?
つーか、初代だって末期は背広だった気がするんだが。

177: 世界@名無史さん 2010/10/10(日) 20:24:44 0
>>176
若かりし頃の「主席さま」に似せたいためだろう。

178: 世界@名無史さん 2010/10/10(日) 20:28:13 0
それを言うなら「首領様」

179: 世界@名無史さん 2010/10/10(日) 20:31:24 0
初代=偉大なる首領さま
二代目=敬愛する→偉大なる領導者さま
三代目=?

182: 世界@名無史さん 2010/10/10(日) 23:07:29 0
なんかドイモイの話が出てきてたけど、北朝鮮はドイモイ失敗だよな。
デノミ政策は完全に失敗だ。

小規模資本家たちの萌芽が奪われた。

北朝鮮には立派な起業家がいるらしいが、末路は・・・

183: 世界@名無史さん 2010/10/10(日) 23:12:37 0
経済ど素人なのでそこらへんさっぱり分からないんだが
(ちなみに金正日も経済音痴を自覚して、経済は私の責任範囲ではないとか公言したそうな)
あのデノミ政策はドイモイもどきを目指したもの?
それとも従来の社会主義路線の強化?

188: 世界@名無史さん 2010/10/11(月) 08:24:55 0
>>183
為政音痴でもあるw

191: 世界@名無史さん 2010/10/11(月) 12:38:13 0
>>188
為政オンチだったら、15年ももたんと思うがな
まあ、そうとうしたたかな人であることは事実だろう

193: 世界@名無史さん 2010/10/11(月) 14:10:31 0
>>191
普通の国の政治家のように、右派と左派のバランスを取ってとか考えるのはそれなりに知能を必要とする作業だが、独裁に反対する人間を片端から殺すだけが政治の国では脳味噌は要らんよ。

194: 世界@名無史さん 2010/10/11(月) 14:25:20 0
>>193
外交手腕、権力闘争の強さはなかなかなんじゃない?
中国の傀儡に自らなることで、国家の存続を図る。
金家と軍部で手を組んで、党や国家を形骸化する。

194: 世界@名無史さん 2010/10/11(月) 14:25:20 0
>>191
行政手腕は最低だと思う。
国民を飢えさせないことが、為政者として最低源のつとめだろ。

200: 世界@名無史さん 2010/10/11(月) 20:03:11 0
しかしあの服装のセンスはすごいというかww
初代は人民服姿を公開していたし、2代目はジャンパー
三代目はまた人民服に戻したが、スーツとネクタイを華麗に着こなして決めようとはあの一家は考えていないなww
そこに何らかのこだわりがありそうだが、

201: 世界@名無史さん 2010/10/11(月) 20:19:22 0
軍隊に入ったことがないのに、軍のトップになるのだから、見えない反発も大きいだろ。
せめて服装からとでも思ったんじゃないの?

209: 世界@名無史さん 2010/10/12(火) 21:10:56 0
無能ではないが、国を富ませるタイプの政治家ではないな。
親父の金日成やチャウシェスクも富ませるタイプではないが、現状維持はできた。
金正日は現状維持すらできない。

211: 世界@名無史さん 2010/10/12(火) 21:41:40 0
>>209
金日成のころはソ連の援助があったから何とかやれた。だからソ連崩壊で一気にgdgd
あの親子の経済政策で見るべきものがひとつでもあったとは寡聞にして知らないな。

228: 世界@名無史さん 2010/10/13(水) 10:43:01 0
>>211
それと日帝時代のインフラがまだ稼動していたから

以前、テレビで中国の朝鮮族の人が言っていたけど、70年代後半ぐらいまで北朝鮮の方が
中国の北朝鮮国境付近より豊かだったって

219: 世界@名無史さん 2010/10/12(火) 23:29:47 0
服は政治的姿勢を示すというのはわかった。
で、あの髪型はなんなのか?ナチュラルなのか、そうなのか。

221: 世界@名無史さん 2010/10/13(水) 00:24:29 0
>>219
おそらく、今後は金日成の方針に従って社会主義の正統を守ると言う意思表示だろう
髪型どころか体形まで意識したのではとおいらは思うのだ、あの体形、髪型、服装を見て、金日成を意識したのはおいらだけでもあるまい。
あのソ連でも、ゴルバチョフが最初に出たときは、年寄りの党員を引っ張り出して、ゴルバチョフにレーニンを見たとおべんちゃらを言わせていたのだから。

222: 世界@名無史さん 2010/10/13(水) 00:47:55 0
>>221
体形か。それは考えてなかった。
たしかにあういう体形は恰幅のいい皇帝そのものだ。

つっても、清の皇帝なんかはヒョロっとした、もしくは精悍な肖像画が多いけど。

224: 世界@名無史さん 2010/10/13(水) 05:10:15 0
>>221
金日成→金正日→金正恩

なんか日本の通字っぽいな。
御真影よろしく親子の写真飾らせたりしてる辺り、旧宗主国だった大日本帝国の影響かね。

227: 世界@名無史さん 2010/10/13(水) 10:40:30 0
>>224
それ、ちょっと不思議
親の名前は使わないはずなのに
後、将軍様の現奥様もキム氏だよね
同姓は娶らずのはずなのに

236: 世界@名無史さん 2010/10/13(水) 21:16:41 0
>>227
厳密には同本同姓。
本貫(「全州」李氏とか)が違えば たまたま姓が同じなだけで、先祖は違うのだから、ということじゃないんだろうか?

223: 世界@名無史さん 2010/10/13(水) 05:04:11 0
三代目は神輿で実権は金一族の誰かか、軍部の有力者が握るんだろうな
あの三代目が権力闘争を勝ち抜けるとは思えん

405: 世界@名無史さん 2010/11/07(日) 19:08:03 0
以前『シュリ』って韓国映画があったが
あの北のテロリストたち、韓国人を
「お前らは北の子供が飢えている時にハンバーガーを食っている」と罵っていたけど、そう思うなら南北を巻き込む大戦争を勃発させて数百万人殺して無理矢理統一するより金正日のどてっぱらに彼らが手にしていた自動小銃の弾丸を5、6発叩き込めば済む話じゃないの?って今更ながら思う。

406: 世界@名無史さん 2010/11/07(日) 20:18:42 0
正日が居なくなったら美味いもん食えるとでも?

407: 世界@名無史さん 2010/11/07(日) 21:40:47 0
どうせ似たような奴が新たな独裁者になるだけ

410: 世界@名無史さん 2010/11/07(日) 22:07:22 0
今の北朝鮮では莫大な国費が偶像崇拝事業に投じられているだろうし「首領さま、将軍さまの御教示」に背けないから何もかも硬直化している。
そんなのが一挙に流血クーデターで取っ払われる。

金一家に殉じて死のうとか金一族の誰かを新たに担ぎ出そうとする奴なんていないでしょ。
本音ではみんなうんざりしているが、我が身かわいさに従順なふりしているだけ。

411: 世界@名無史さん 2010/11/07(日) 22:13:57 0
極貧国家なのに変わりはないから。

413: 世界@名無史さん 2010/11/08(月) 00:10:37 O
ここまで反乱が起きないのはかなり強力な密告社会だからだろうか

415: 世界@名無史さん 2010/11/08(月) 00:33:14 0
>>413
反乱など起こしたら、かろうじて食えてた状態が全く食えない状態になる。

426: 世界@名無史さん 2010/11/12(金) 16:29:00 O
ジョンウンの代も今と似たり寄ったりの状況になると思う

436: 世界@名無史さん 2010/11/14(日) 19:16:25 0
金日成の「水田密植」「山林を拓いて棚田作り」の「御教示」は今でも守られているんだろうか。

かなり害をもたらしたとか聞く。

440: 世界@名無史さん 2010/11/14(日) 20:33:33 0
総督府は半島全体で稲作をやっては見たものの、南部ではなんとかなるものの北部はその寒さと水不足のため無理だわいとあきらめて、そのかわり工業を重点産業とすることにした。
それで分裂独立直後は北のほうが豊かだったのだが、ソ連が工場設備を持ち去ったり、設備更新がされなかったので、やがて逆転。

441: 世界@名無史さん 2010/11/15(月) 04:52:31 0
朝鮮戦争で半島が南北のどちらかに統一されてたら、北の工業と南の農業で半島全体がそこそこ豊かになってたのかな?

442: 世界@名無史さん 2010/11/15(月) 06:23:12 0
どっちが統一しても、極端な軍国主義国家になって周辺への侵略を繰り返して
結果、それほど豊かにはなっていない気が・・・

445: 世界@名無史さん 2010/11/15(月) 11:34:26 0
>>442
古代は知らないが現代は無理。
周辺諸国が全部大国。

中国崩壊時のどさくさに紛れて、「一定の役割を果たして」という手はあるかもしれない。

792: 世界@名無史さん 2011/12/04(日) 09:48:31.05 0
金日成は英雄かもしれんが、この人は地盤を受け継いだだけの凡人
権力闘争には強いだろうけど

793: 世界@名無史さん 2011/12/14(水) 12:47:10.52 0
百戦百勝無敗将軍金正日同志万歳!!

794: 世界@名無史さん 2011/12/19(月) 12:03:55.41 0
死亡

795: 世界@名無史さん 2011/12/19(月) 12:17:11.41 0
黙祷

801: 世界@名無史さん 2011/12/19(月) 12:52:33.45 0
あの世でも楽園を築かれる事を心からお祈りいたします。

807: 世界@名無史さん 2011/12/19(月) 13:53:09.56 0
27歳で最高指導者か。
金日成よりも若い。

808: 世界@名無史さん 2011/12/19(月) 13:58:48.01 0
でかい銅像とか立てられるんだろうか。

816: 世界@名無史さん 2011/12/19(月) 20:41:18.52 0
金日成が死んだ時、息子じゃ10年もたないと言われてたな
孫は何年もつかね

817: 世界@名無史さん 2011/12/19(月) 20:44:02.24 0
外からつぶさなければ持つだろう。李氏朝鮮みたいなもん。

828: 世界@名無史さん 2011/12/20(火) 20:25:27.61 0
金正日は数百年後の教科書には載らず、資料集の系図にちょこっと名前が載る程度の扱いになりそうだ
江戸時代で言う家綱とか家慶とかそんな感じ、だって功績全然ないもの。

となると、三代目の正恩は名君か暴君か・・・?

894: 世界@名無史さん 2011/12/25(日) 21:52:11.87 0
金正日は、偉大な指導者ってことになってるけど。
北朝鮮で行った偉大な業績って何があるの?
建前だけでも存在しないと、かっこつかない気がするんだけど。

895: 世界@名無史さん 2011/12/27(火) 00:12:57.02 0
>>894
「プルガサリ」とか、映画や芸術関係は色々やってるみたいだけど…

915: 世界@名無史さん 2011/12/30(金) 19:57:11.49 0
金正日はその70歳の生涯で、一瞬でも北朝鮮という国のことを考えたことがあったのだろうか。

916: 世界@名無史さん 2011/12/30(金) 21:18:04.40 O
>>915
常に考えてたんじゃないか?「朕は国家なり」的な発想で。
国民の生活を省みる事は恐らく皆無だったろうな…

918: 世界@名無史さん 2011/12/31(土) 00:42:59.23 0
正日はルーマニア崩壊が一番ショックだったらしい

正恩はリビアがショックだろうね

北朝鮮という「国家体制」の存続にはかなり神経質になってたんじゃないか?
…恐らく、その政策は「国際社会からいかに金を引っ張るか」なんだろうけど

921: 世界@名無史さん 2011/12/31(土) 08:49:19.88 0
金日成から国を引き継いだ時点で国がガタガタだから
金正日は国の運営に苦労しただろうな

922: 世界@名無史さん 2011/12/31(土) 08:54:46.86 0
>>921
日成の頃はソ連、中国の援助もあって、韓国より豊かだった
権力移譲の過程で、正日が出した各分野の指示によって国がガタガタになったの

なので、自業自得ではある

925: 世界@名無史さん 2011/12/31(土) 17:55:51.99 0
独裁者は気楽なイメージがあるけど実際はストレス溜まりそうだよな 

929: 世界@名無史さん 2012/01/01(日) 08:48:14.28 0
金正日は贅沢な食生活ばかり取り沙汰されるが常に暗殺に怯え、外交もアメリカ、中国相手で大変だから大きなストレスになるだろうね


引用元: ・金正日将軍を語ろう。




金正日秘録 なぜ正恩体制は崩壊しないのか
李相哲
産経新聞出版
売り上げランキング: 92,615