41X6HEdQvsL







10: 世界@名無史さん 2005/06/10(金) 05:28:47 0
ベルギーのアイデンティティというのがどうにもわからん。フランス語圏とオランダ語圏で仲が悪いらしいし。
まだオランダ語圏の人たちにはオランダとは違って、オランダ語を話しカトリックというアイデンティティがあるのかもしれないが。

周囲を英仏独と大国に囲まれて、ベルギー人たちのよりどころって?

11: 世界@名無史さん 2005/06/10(金) 06:04:40 0
そこで王室ですよ

12: 世界@名無史さん 2005/06/10(金) 07:19:32 0
でも、コンゴの件でベルギー王室にはヲレはものすごい嫌悪感が…
ベルギー人はなんとも思ってないのかな?

20: 世界@名無史さん 2005/06/11(土) 00:03:33 0
>>12
あー俺も。
ベルギー政府によるコンゴ統治だってひどいもんだろ?
カタンガ独立の動きとかぜんぶあいつらが煽ってやってんだし…

21: 10 2005/06/11(土) 00:24:24 0
>>12,20
無理矢理話題を戻すと(戻ってないかも)、オランダ、ベルギークラスの人口の国で海外に大きな植民地を持つのは分不相応っていうか、植民地経営に必要な人材を調達しきれないような気がする。

13: 世界@名無史さん 2005/06/10(金) 15:38:04 0
ベルギー王室はフラマン系ですか?

14: 世界@名無史さん 2005/06/10(金) 19:13:34 0
>>13
ザクセン=コーブルク=ゴータ家はドイツ系。
ベルギーの生え抜きではない。
この家系はイギリス王家、旧ポルトガル王家、旧ブルガリア王家にも連なる、という話は前スレに既出。

って、ここはベネルクス3国スレじゃないぞ。

22: 世界@名無史さん 2005/06/11(土) 00:39:01 0
本来の話題に戻す。

外務省HPから

アイスランド 29.4万人(2004年12月)
キプロス 約80万人(キプロス政府公式ホームページ)
サンマリノ 28,753人(2002年末)
バチカン 792人(2002年5月現在)
マルタ 約37.6万人
モナコ 3万2千人(内同国人6,100人、フランス人10,200人、イタリア人6,400人等)
リヒテンシュタイン 32,015人(98年)(うち約34.8%が外国人)
ルクセンブルク 41万2,800人(出典:在京ルクセンブルク大公国大使館HP)

23: 世界@名無史さん 2005/06/11(土) 01:10:12 0
アンドラ 69,865人(2004年)
ジブラルタル 27,776人(2003年)
シーランド 4人(2002年)
モンテネグロ 616,258人(2003年)
セボルガ公国 340人
マルタ騎士団 11,500人(公式HPから)
フェロー諸島 48,228人(2004年)
マン島 約8万2000人
ガーンジー島 65,031人(2004年)
ジャージー島 90,502人(2004年)
スヴァールバル諸島 約3,000人
カレリア共和国 716,700人

25: 世界@名無史さん 2005/06/11(土) 01:34:15 0
>>23
これは出てますか?

「アトス山」
http://www.geocities.jp/fnagaya2002/Athos2002.htm
※リンク切れ

東方正教会自治領
ビザ必要。
女人禁制。
国旗は、ビザンツ帝国の双頭の鷲


ある意味、「ビザンツ帝国」が今日、ここに生き残っている、という捕らえ方もできます。

26: 世界@名無史さん 2005/06/11(土) 01:41:15 0
>>25
確かまだビザンツ帝国が残っている時に、オスマン・トルコから許された自治だからちょっと無理っぽい解釈かも。

30: カラジチ ◆mWYugocC.c 2005/06/11(土) 09:54:02 0
>>25
いまだにユリウス暦使ってるとかいうところですね。
一度行ってみたい。

32: 世界@名無史さん 2005/06/11(土) 10:20:28 0
外務省のHPに載っていない非公認の国々
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/hikounin/iwaku.html

沿ドニエストルや北キプロスは欧州だよな。
アブハジアと南オセチアは微妙だけど・・・

50: 世界@名無史さん 2005/06/15(水) 00:16:41 0
>>32
沿ドニエストル共和国 65.2万人(沿ドニエストル「政府」発表:2001年1月1日)
(モルドバ系40%、ウクライナ系25%、ロシア系23%)
北キプロス・トルコ共和国 210,047人(2003年)
(全キプロスの26%)

35: 世界@名無史さん 2005/06/12(日) 19:42:16 0
ヤンマイエン島はどう?

47: 世界@名無史さん 2005/06/14(火) 12:51:56 0
>>35
ノルウェー領。気象台以外ほとんど何もない。

450px-Jan_Mayen_in_Norway.svg

38: 世界@名無史さん 2005/06/13(月) 02:57:57 0
メーメルラントをリトアニアが領有することは国際的に認められてるの?

39: 世界@名無史さん 2005/06/13(月) 04:09:43 0
すでにメーメルラントは存在しない。
リトアニアの都市クライペダだ。
第二次大戦後のヨーロッパの国境変更の1つであって、すでに決着がついている。

40: 世界@名無史さん 2005/06/13(月) 04:16:45 0
ナチス・ドイツに返還する以前の話なら、委任統治していたフランスと占領したリトアニアの間で話がついて、リトアニアの自治領として公認された。

41: 世界@名無史さん 2005/06/13(月) 13:32:54 0
ボルンホルム島は?

DenmarkBornholm2


44: 世界@名無史さん 2005/06/14(火) 03:40:12 0
>>41
ボンホルム島はデンマークの1県

42: 世界@名無史さん 2005/06/13(月) 23:15:54 0
シュレスヴィヒって、現在でも一部ドイツ領なんですか?

44: 世界@名無史さん 2005/06/14(火) 03:40:12 0
>>42
旧シュレスヴィヒ(スレースヴィ)公国領はデンマークとドイツにほぼ2分されている。
北部はデンマークのセナーユラン県、南部はドイツ連邦のシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州に属する。

43: 世界@名無史さん 2005/06/14(火) 01:55:24 0
チャネル諸島って現在どういう扱いですか?
地理的にはフランスの一部だけど、百年戦争後もイギリス領として残ったんですよね?

375px-British_Isles_Channel_Islands.svg


44: 世界@名無史さん 2005/06/14(火) 03:40:12 0
>>43
チャネル諸島はイギリス王室の私領で、連合王国には属さない保護領となっている。
行政上は既出のジャージーとガーンジーの2地域からなり、それぞれ独自に議会と政府を持っていて、外交と軍事を除く内政を司る。
イギリス議会に代表は送っていない。

46: 世界@名無史さん 2005/06/14(火) 11:39:12 0
コルシカは?

47: 世界@名無史さん 2005/06/14(火) 12:51:56 0
>>46
1769年にフランスに併合された。
現在は西部にコルス=デュ=シュド県、東部にオート=コルス県が置かれ、合わせて地方行政体コルス(コルシカのフランス名)を構成する。

52: カラジチ ◆mWYugocC.c 2005/06/15(水) 11:50:39 0
>>47
コルシカの行政区域がコルス=デュ=シュド(南コルシカ)とオート=コルス(高コルシカ)なのがすごく気持ち悪い。なんで北コルシカ・南コルシカとか、高コルシカ・低コルシカにしなかったんだろ……

48: 世界@名無史さん 2005/06/14(火) 17:05:43 0

コルシカは分離独立運動があるね。

49: 世界@名無史さん 2005/06/14(火) 20:02:23 O
>>48
完全独立より自治権拡大を目指しているらしい。

66: 世界@名無史さん 2005/06/17(金) 01:33:31 0
>>47
>1769年にフランスに併合された。

同じ年にナポレオンが生まれている。
ブルボン家にとってはずいぶん高い代償を払わされた?

68: 世界@名無史さん 2005/06/17(金) 02:54:06 0
コルシカは、もともとジェノヴァ領だったが、借金返済のためにフランスに売却されたんだよな。それにしても、イタリア統一以前のサルデーニャ王国って、ちょうど本国(トリノ)とサルデーニャ島(国名の由来の地)の間にあるコルシカ島を自国領として回収しようとは思わなかったのだろうか?
似たような状況にあるプロイセン王国は、本国(ブランデンブルク)と東プロイセンの間にある回廊地帯をポーランド分割を通じて回収したわけだが。

72: 世界@名無史さん 2005/06/17(金) 22:22:16 0
>>68
コルシカ回収?どころか、王家にとって最も古くからの領地だったサヴォアやニースをフランスに割譲している。
フランスを終始味方につけておく必要があるという判断か。

78: 世界@名無史さん 2005/06/18(土) 19:04:43 0
封建制度が発達してない島なんだから、豪族(土地持ってる奴)=貴族って事よ。
これが時代を降ると貴族意識を持ってくると。

>>72
イタリアで文化圏を語る事が無理なのかも知れないけどサヴォイアやニースはもともとフランス系の土地だから、割譲に違和感はないと思うけど。

82: 世界@名無史さん 2005/06/18(土) 20:10:51 0
>>78
イタリア統一の英雄でニッツァ(ニース)出身のガリバルディは割譲に激怒していた。

111: 世界@名無史さん 2005/06/25(土) 16:07:21 0
>>78 >>82

サボイ家は、プロバンス人の統一という発想はなかったのかなぁ。
言語的には、プロバンス地域で一まとまりになりそうだようねぇ。
やっぱ、フランスが相手では駄目ということか、それとも、フランスに対し、分家意識があったのか(フランス貴族出身だから)。

ガリバルディが、ニース出身とはしらなかたよ。サンクス。
プロバンス地域独立でもなくて、北イタリアの統一ではなくて、南イタリアもだなんて、どうしてでしょうか。南イタリアって、言語も相当違いそうだし、余所者異民族という感覚はなかったのか。(長靴に南地域にナポリ語なんてねぇ。シチリア語は知らんが)

74: 世界@名無史さん 2005/06/18(土) 18:25:54 0
コルシカ語は標準イタリア語の基になったトスカーナ語に比較的近いらしい。

75: 世界@名無史さん 2005/06/18(土) 18:36:01 0
ナポレオンはコルシカ貴族だがコルシカ全体の王はいたのですか?

89: 世界@名無史さん 2005/06/19(日) 05:07:18 0
>>75
一応コルシカ王を名乗った人はいたよ

1735年に王国の独立が宣言され、36年から39年までTeodoro I Antonio Stefanoなる人物が王。
Theodor Anton Stephan Freiherr von Neuhofというドイツの男爵らしい。
1743年に再度即位。しかし一ヶ月だけ。

77: 世界@名無史さん 2005/06/18(土) 18:49:27 0
コルシカ侯だのコルシカ伯だのはおらんかったのかな?

84: 世界@名無史さん 2005/06/18(土) 21:58:01 0
>>77
1755年から1763年にかけて、Genoaの施政権を認めつつ、独自の政府、軍隊、通貨を持つ半独立の形態を取りますが、1768年のVersailles条約で、GenoaからFranceへ施政権が移り(200万リーヴルで売却し、Franceは99年の統治権を得る。
この99年の統治権ということがあって、Italyの指導者は、コルシカの施政権を常に要求し続けてきた)、1769年に侵攻したFrance軍に敗れ、独立の指導者達は亡命。

1789年にフランス革命が勃発すると、独立指導者は返り咲いたが、新政府に非協力的な態度を取ったために、中央政府から睨まれ、再びFrance軍の侵攻を受ける。
この時は、英国に支援を求め、Franceの侵攻を撃退、1794年、コルシカ評議会が英国のジョージIII世に主権を委譲し、一度はイギリス・コルシカ王国となる。
この時に、副王Gilbert Eliotによって統治されるが、1796年に再びFrance統治下になり、現在に至る、と。

85: 世界@名無史さん 2005/06/19(日) 00:33:43 0
副王Gilbert Eliotってのは英国人ですか?

87: 世界@名無史さん 2005/06/19(日) 01:02:03 0
>>85
英国のホイッグ党に属した下院議員で、伯爵。
コルシカからの撤退後は、インド総督として辣腕をふるう。

100: 世界@名無史さん 2005/06/21(火) 22:45:50 0
リヒテンシュタイン侯国には勲章制度とかあるの?

101: 世界@名無史さん 2005/06/22(水) 15:26:20 0
>>100
たとえばこんな話が(下の方を参照)
http://www.onyx.dti.ne.jp/~sissi/episode-85.htm

102: 世界@名無史さん 2005/06/22(水) 22:45:33 0
>>101
けっこう感動した

104: 世界@名無史さん 2005/06/24(金) 12:20:22 0
フェロー諸島がデンマーク領のまま残ったのは何故?
あのへんの島々って、フェロー諸島以外は全部スコットランド領になったのに。

105: 世界@名無史さん 2005/06/24(金) 16:39:31 0
取引の材料にならなかったから。
他は金で買ったり、持参金だったりでスコットランドに委譲されてる。

106: 世界@名無史さん 2005/06/24(金) 16:46:46 0
人工5万に満たないのに、北海油田のおかげで近い将来独立しそうなんだよなぁ。

107: 世界@名無史さん 2005/06/24(金) 22:33:48 0
チャネル諸島の住民って生活言語は英語?それとも仏語?

109: 世界@名無史さん 2005/06/25(土) 09:28:12 0

113: 世界@名無史さん 2005/06/25(土) 16:46:06 0
チャネル諸島か、、、

マン島人は、マンクスという呼び名があるよ。

マン島は、その昔、マン島王というタイトルもあったよ。「王」だなんて、どうやって 獲得したのか、気になるけども。

115: 世界@名無史さん 2005/06/25(土) 21:15:24 0
>>113
別に王号は他者の承認が必ず必要ってわけじゃないから。
アイルランドにおける王と上王という地位みたいに。

190: 世界@名無史さん 2005/07/05(火) 18:26:08 0
>>113 >>115
王号も、自称に過ぎないのから、いろいろあるんでしょう。
で、マン島王は、自称の色が濃いということなのかな。

サボイアの君主がユトレヒト条約でシチリア王位を獲得(その後、ラスタット条約で、サルジニア王位に変更)。
王号の獲得で、そのとき、「王号」を得たと喜んだと聞くんだが。。。
シチリア王の号は、それなりの、承認を得ている由緒ある王号であって、
自称的な「マン島王」とは格が違うということかなぁ。
>>>>>>>どなたか、フォロー頼む。

200: 世界@名無史さん 2005/07/08(金) 04:29:39 0
>>190
勝手に名乗ってる王号と、教皇や皇帝が創設なり認定なりした王号の違いかと

142: 世界@名無史さん 2005/06/29(水) 23:27:03 0
ドイツ連邦の州はこのスレ的には話題にしてOKかな?
100万人未満の州は、自由ハンザ都市ブレーメン(66万人)だけだが。

ザールラント州(106万人)は辛うじて上回ってるし、あと人口が少ないのは
メックレンブルク=フォアポンメルン(173万人)
自由ハンザ都市ハンブルク(174万人)
といったところ。

145: 世界@名無史さん 2005/06/30(木) 12:28:00 0
>>142
今でも「自由ハンザ都市」を称してるってのがすごいなw

146: 世界@名無史さん 2005/06/30(木) 18:24:29 0
>>142
ブレーメンとハンブルクは今でも
ドイツ連邦の正式な加盟国じゃないんだったっけ?

147: 世界@名無史さん 2005/06/30(木) 19:20:14 0
>146
バイエルンが正式加盟していないとは聞いたことがあるけどブレーメンとハンブルクもそうなんですか?
あと、リューベックはどうなったのでしょう?

154: 世界@名無史さん 2005/06/30(木) 23:42:22 0
都市州はブレーメン、ハンブルクの他にベルリンもある。

連邦州のブレーメンは、2つの離れた都市からなる。
ブレーメンと、北海沿岸のブレーマーハーフェン。
歴史的事情があるのだろうが、なぜ現在までそれが続いているのか?

バイエルン州は、かつてのアイルランドに似た「自由国」(Freistaat)という名称がついている。これはどういう事情なのだろう?

155: 世界@名無史さん 2005/07/01(金) 06:06:13 0
1918-19年から君主制を廃した領邦の多くがFreistaatを名乗っているね(他にはRepublikやVolksstaat)
しかし現在Freistaatなのはバイエルンとザクセン、チューリンゲン。
ザクセンとチューリンゲンは東西ドイツ統合からだな。

157: 世界@名無史さん 2005/07/02(土) 00:07:33 0
自由国というのは定義があるのかな?
ドイツやアイルランドの例、オレンジ自由国、コンゴ自由国などを見ると、君主国を宗主国としている点は共通するようだが。
あとはコンゴを除けば、広範な自治を有し、共和制をとる、といったところか。

164: 世界@名無史さん 2005/07/02(土) 10:37:52 0
>>157
ダンツィヒ自由市、クラクフ自由市もあるでよ~ぉ

165: あやめ ◆C0.O2CxIMg 2005/07/02(土) 12:48:16 0
ドイツの"Freistaat"も「自由国」と訳されることがあります。スタアトはアメリカのステイトと同様に、連邦を構成する自立性の高い統治単位ですから、「国」と訳しても強ちまちがいではなさそうです。ただ何が「自由」なのか今一判りません。中世の「自由伯領」みたいなもんでしょうか。

166: あやめ ◆C0.O2CxIMg 2005/07/02(土) 15:12:32 0
サガ時代の古アイスランドも「自由国」と呼ばれることがあるようです。

169: 世界@名無史さん 2005/07/02(土) 16:25:17 0
ゲルマン系由来のfree, freiと
ラテン語由来のlibertyでは
意味の違いがあるような気もする。

説明しろと言われてもできないけど...

173: 世界@名無史さん 2005/07/02(土) 20:50:07 0
戦後はトリエステ自由地域というのもあった罠

引用元: ・欧州の人口100万人未満の小国の歴史 part2




小国――歴史にみる理念と現実 (岩波人文書セレクション)
百瀬 宏
岩波書店
売り上げランキング: 908,236