41If+hJcZRL



1: 人間七七四年 2009/05/30(土) 23:26:23 ID:MYFe/NTa
家を相続した時点で○万石あったような大名ではなくて、自力で大名に成り上がった人について語ろう。








2: 人間七七四年 2009/05/30(土) 23:31:35 ID:OjkfXRGm
田中吉政とか

4: 人間七七四年 2009/05/31(日) 00:17:10 ID:VXSVpVG0
豊臣秀吉
斉藤道三
宇喜多直家

有名成り上がり系だがどうか?

9: 人間七七四年 2009/05/31(日) 08:22:30 ID:s5qbIACr
>>4
道三は今じゃ2代説が有力なんじゃ??

5: 人間七七四年 2009/05/31(日) 01:03:20 ID:v22DzhpI
北条早雲も忘れてはいけない。
どの成り上がりも見事だけど、それぞれやり方が違って面白いね。

秀吉のように大物主君の元で活躍し成り上がったパターンもあれば宇喜多直家のように敵と言う敵を謀殺し膨れ上がって主君を追放したパターンもあるし。

6: 人間七七四年 2009/05/31(日) 04:14:08 ID:J26wVUQl
地味に一豊 もだな

8: 人間七七四年 2009/05/31(日) 08:12:31 ID:NNWMfqxq
光秀もか?
生年に異説あるからはっきりと言えないだろうけど

20: 人間七七四年 2009/05/31(日) 17:33:15 ID:SzNDtlBM
滝川一益


明智光秀もそうだろ>
美濃明智氏の支族ではなく、配下の下級武士(御門某)説が有力な現在

21: 人間七七四年 2009/05/31(日) 18:44:28 ID:vC/vxVmF
明智で良いなら沢山いるだろ?
仙石、森、古田、浅野など

23: 人間七七四年 2009/05/31(日) 20:58:48 ID:5/nAQuH8
一時没落してからの返り咲き系も0からでいいのかね?
桶屋や鍛冶屋の息子が縁者に引き上げられたのも0から?
100石ほどの小身は0では無い?
土地持ちではないけど中央の有力者の一族とか何らかの権威持ちは?

26: 人間七七四年 2009/05/31(日) 21:24:14 ID:iMGlUOu6
石田三成と藤堂高虎
それぞれ貧乏土豪の息子からの大出世で…

三成は専用スレがあんなんだからどうしようもないが、関ヶ原よりこっちのほうが凄いと思うけどな

もっとも土豪だった時点でゼロからのスタートといえるのかは微妙だけど

27: 人間七七四年 2009/05/31(日) 21:49:10 ID:yRUpFgDP
>>1だけど、貧乏土豪や武家の最底辺レベルからのスタートもありにします。
家を継ぎさえすればもう大名レベルだったとか、親戚が偉い人だったからその縁で偉くなれたみたいなのはなしの方向で。

33: 人間七七四年 2009/06/01(月) 01:22:37 ID:4DN3Dr98
>>27
ああ、返り咲きも無しって事か
縁故の福島加藤浅野とかも無しか

28: 人間七七四年 2009/05/31(日) 23:29:36 ID:AU/ZDd3V
龍造寺隆信はありだな
一族壊滅→再興→分家家督→本家家督→失脚→再興

義隆死亡による失脚で一度は所領0になってるし
家も一度壊滅してるし

31: 人間七七四年 2009/06/01(月) 00:31:30 ID:DNFzCrHx
竜造寺隆信がokなら、かなり該当しそうだ。

>>1の想定してたのは、講談とかフィクションの中の、油商人から成り上がったとされた斉藤道三や、素浪人からの下克上、北条早雲とかのイメージじゃないか?

今じゃ二人とも、その説は否定されてるが。

32: 人間七七四年 2009/06/01(月) 01:15:58 ID:4DN3Dr98
返り咲き系は地縁、血縁、他家の援助とかあるからな。0と言っていいかどうか
竜造寺・宇喜多・長宗我部とか、仙石・立花とかか

36: 人間七七四年 2009/06/01(月) 16:23:33 ID:jL3SyrmI
柳生宗矩はどうだろう。

出身は小豪族だけど、親父(石舟斎)が所領没収されて一度は牢人になってるし、そこから所領取り戻した後、1万2500石とはいえ、譜代大名にまでなってるからそれなりに当て嵌まるんじゃないか?

40: 人間七七四年 2009/06/09(火) 21:29:45 ID:AWlmj2n6
>>36
宗矩はアウトでしょ

小豪族ってのもそうだし、領地を取り上げられたのは親父、家康に仕官するのはそれよりも前、実家の領地に関しては徳川は何の関与もない
実家が大変なことになったってだけで、徳川の家臣となった宗矩自身が何かを失ったわけじゃないし
おまけに実家を継ぐことではじめてそれなりの領地を手にできたわけだし、徳川家に仕官できたのは100%親父のおかげ
0からのスタートはありえない

117: 人間七七四年 2014/10/01(水) 12:55:11.91 ID:RNVKY5Fo
>>40
時系列の認識が間違っている
宗矩が徳川に仕官したのは無領地期
仕官した後で若干の領地を回復してもらい、
関ヶ原後に失領分以上の領地を貰った
ただし、公儀機構の中に柳生家の職務が新たに設けられ、
”幕僚”としての柳生家という組織を維持するために与えられた領地だった
組織作りのために実家の郎党を大分引き抜いていったことで、本家よりもデカい分家になった
本家は人員数が少ないこともあり、小領でもそれなりにやっていけている

38: 人間七七四年 2009/06/02(火) 20:39:22 ID:CGkShVVH
成りあがり度

S 豊臣秀吉 尼子経久 北条早雲 
-------(超えられない壁)---------
A 三好長慶
B 松永久秀 龍造寺家兼 浅井亮政
C 織田信秀 武田(蠣崎)信広
D 毛利元就  
E 長宗我部国親

39: 人間七七四年 2009/06/02(火) 23:52:00 ID:fJ0vNT34
幼少の頃祖父が殺され家が没落→暗愚のフリして生き延びる→元服後、浦上家に仕官し乙子城300貫ゲット

ここから実力で30万石大名まで上り詰めた宇喜多直家もなかなか。
しかも大物に気に入られたわけでもなく、敵が内乱で自滅したわけでもなく、戦で勝ちまくったわけでもない。
ただひたすら謀略、謀略、謀略、謀略、謀略、たまに戦。
勢力拡大でいえば数百倍。
成り上がり度で言えば上位じゃないだろうか。

46: 人間七七四年 2009/06/11(木) 10:16:08 ID:4HaGSPWu
スレにざっと目を通したところだが、文字通りの「ゼロ」から万石取りになったヤシなんて思いの外見当たらないな。
「ゼロ」と言われたらまず想定するのは、農村の零細農家あたりの生まれで、親族もみな同程度の身分。
従ってさしたるコネもなければ、長じていく過程で為政者としてのノウハウが(ある程度でも)身に付いて行くような家庭環境でもない。そんな身の上から何らかの足取りを掴んで出世したとかじゃないとな。
まあ、そんな奴はまずいないと言って良いということだろ。
秀吉だってそこそこの富農の生まれなんだろうし。

47: 仙台藩百姓 2009/06/11(木) 11:23:28 ID:s+2BBtfA
秀吉は百姓であったかさえ謎だお( ^ω^)
ある意味最高に酷い出自と言えるお┐ (´ω`) ┌

48: 人間七七四年 2009/06/11(木) 18:37:52 ID:JTIbDVJI
秀吉は0からのスタートと言っても問題ないと思う。
成り上がるのには運が大きく味方したとは思うが。

50: 人間七七四年 2009/06/21(日) 12:45:16 ID:gTya+rZB
宇喜多直家はほぼゼロからのスタートだね
孤児みたいな状態から一国を奪取してる

51: 宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c 2009/07/27(月) 00:49:28 ID:JjfX/uWN
秀吉の家臣では田中吉政などほぼ0からの人間も多いし、他には0に落とされたところからで亀井茲矩とか

54: 人間七七四年 2009/07/28(火) 22:25:54 ID:MPGPfvX6
尼子勝久はOKだよね。
一族は滅ぼされて、本家は毛利で監禁生活。
寺で出家状態、家来はお馬鹿、あるのは命だけ。

62: 人間七七四年 2009/11/05(木) 20:58:11 ID:5Hc4ZB41
ここまで秀長はなし…か・・

72: 人間七七四年 2009/11/16(月) 20:07:22 ID:002miGIi
何度か名前あがってるけど宇喜多直家が近いかな。
完全なゼロスタートではないけど、誰かに認められて出世したわけじゃなくて自力で領地広げて大名になった感じ。

77: 人間七七四年 2010/06/24(木) 00:49:10 ID:NGq5A2Bv
飛び道具的な人なら千利休とか天海

79: 人間七七四年 2010/06/26(土) 20:52:20 ID:2cjwCsgX
いったんボロボロになった伊東祐兵

80: 人間七七四年 2010/06/26(土) 21:02:40 ID:9jDnh1/x
>>79
そんなのが許されるなら、尼子経久が一番じゃないか?

82: 人間七七四年 2010/07/01(木) 17:03:24 ID:0z+52VAt
秀吉は戦国最後の下克上だからすごいわなぁ・・・
出自も明らかでない奴が軍団長まで任されるようになって、どさくさで織田領乗っ取って、最大規模の戦国大名に出世したからな。

84: 人間七七四年 2010/07/01(木) 17:30:25 ID:jOqSwUei
父親が死んだ時点で限りなく0に近いといえば、九鬼嘉隆も相当。
家来、家人十数人程度だったらしいから、0ではないが。
戦国大名だったかは微妙だけど。

85: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2010/07/10(土) 20:52:44 ID:j1AjH1z0
松永久秀は大名度(?)は低いからなあ
0の状態から家老になった人としては一位かな

86: 人間七七四年 2010/08/06(金) 07:40:37 ID:o/5FCbQ1
守護代クラスでいいなら細川勝元・政元親子なんか結構出身不明のやつ引き上げているよね
赤沢朝経ナニモノやねんっていう

90: 人間七七四年 2011/07/20(水) 23:31:21.39 ID:+LyRyfp1
北条早雲って書いてる人結構いるけど早雲って最近の研究じゃかなりしっかりした出なんだが…

92: 人間七七四年 2011/07/21(木) 00:03:10.93 ID:4kIhEOpd
>>90
関東に地盤や人脈持ってた訳じゃないし

93: 人間七七四年 2011/07/22(金) 16:57:18.34 ID:3UK/QC1O
>>92
でも幕府の高位の役人だったのは事実だしな。
現代でいえば、中央官庁の高級官僚が下野して地方で事業を始めるようなもんだ。
色んな方面に顔が効いて何かと有利だろ。

94: 人間七七四年 2011/07/23(土) 05:35:54.48 ID:CzqxfDXY
斎藤道三

97: 人間七七四年 2011/07/24(日) 11:18:14.65 ID:0xf+HFup
>>94
道三は親子二代説が有力になりつつあるよ。

親と子の二代での出世が、いつの間にか一人の人間の出世物語として伝えられたと。

99: 人間七七四年 2011/08/19(金) 21:37:45.21 ID:ppvSqObV
小西行長は?
確か出自は豪商の息子だったから、そのまま家業を継げば金持ちにはなれたけど、あえてゼロから秀吉の家臣になって大名になったよね。

101: 人間七七四年 2011/08/20(土) 19:32:01.16 ID:s+nwuQ5f
>>99
兄居なかったっけ?

102: 人間七七四年 2011/08/20(土) 22:04:20.06 ID:wI3ZvpVb
>>101
兄がいるまではわからなかった。
兄も宇喜多家に仕えてたの?

104: 人間七七四年 2011/08/21(日) 00:05:54.80 ID:TsxYh4ux
>>102
小西隆佐の後釜として堺代官とかやってるから秀吉の家臣かと。
立場的には石田三成に対する石田正澄みたいなもんじゃね。
108: 人間七七四年 2011/08/21(日) 21:37:53.23 ID:Ysn29YXX
小西は裕福な商人の家系じゃなかったっけ? 結構有名なような。 
やっぱ出自も全く解らぬ秀吉がゼロ(数学で言う近似値)→最終的に得た額では最高だわな。

103: 人間七七四年 2011/08/20(土) 23:20:11.11 ID:gFdPz0lo
豊臣秀吉
加藤清正
福島正則
小西行長
大谷義継
安国寺恵瓊
石田三成
藤堂高虎

112: 人間七七四年 2011/08/27(土) 18:39:34.72 ID:w6fl/Awx
>>103
安国寺の出自は安芸武田氏だから、別にただの坊主が大名になったってわけじゃないのだが
0っていうと親兄弟がどこかに仕えてましたってのも微妙だな


118: 人間七七四年 2014/10/04(土) 17:08:55.05 ID:oMLF6Ies
大島光義
雑兵からの叩き上げ
仕官先が結局勝ち組になったこともあるが、
自身は一万八千石の大名になった
息子の世代は大名じゃなくなったが

引用元: ・0の状態から大名になった人




秀吉の出自と出世伝説 (歴史新書y)
渡邊 大門
洋泉社
売り上げランキング: 371,309