51w4RFCxM8L



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/10(土) 22:05:23 ID:NspS4CQB0
春巻き考えたやつは偉いよな








4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/11(日) 10:52:24 ID:2Ej70K7g0
宝くじで3億円が当たったら、
あの、あまりのうまさに修行中の僧侶が塀を飛び越えて食べに来る、という「仏とう跳」を食べるのが夢

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/11(日) 12:39:00 ID:oEedNHV00
それはどういう食べ物なんですか

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/11(日) 15:01:13 ID:2Ej70K7g0
>>6
スープです
でも、とにかく高価
日本で食べたら一杯30万円ほどするらしい

15: 奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. 2007/03/11(日) 21:47:06 ID:slNy15R60
>>12
仏跳墻 ね。
375px-Buddha_soup2


佛跳牆

佛跳牆(ぶっちょうしょう、フォーティャオチァン)は乾物を主体とする様々な高級食材を数日かけて調理する福建料理の伝統的な高級スープ。

名前の由来は「あまりの美味しそうな香りに修行僧ですらお寺の塀を飛び越えて来る」という詞にあるとされる。中国では、高級なものは50万円ほどする。歴代の中国皇帝が食べていた佛跳牆は、食材にこだわりすぎたため、現在の価値で5000万~1億8000万円ほどする。


7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/11(日) 12:39:29 ID:ytTibeqn0
中華料理は好きではあるけど、健康を考えれば、ちょっと控え目にしないと。

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/11(日) 13:40:34 ID:zd2oX3qM0
>>7
中華料理の真髄は「医食同源」だぜ。
ほんとは健康にもいいはずなんだぜ。
と、元中華料理屋の店員の俺が言ってみる。
まかないやら、なんやらで、ほぼ毎日中華だったぜ。

14: 奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. 2007/03/11(日) 21:42:10 ID:slNy15R60
中華料理って化学調味料無しで作るとクソ高くなるんだよな。

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/12(月) 09:14:01 ID:xeKpMTyH0
山椒どっさりの麻婆豆腐はこないだ初めて食べた、うまかった
陳健一の四川飯店で修行してたと言ってた
陳四川飯店て東京の陳健一の四川飯店とつながりあるのかな
豆腐切るのに竹の包丁を使うなんて中国は奥が深いぜ

18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/12(月) 14:53:18 ID:Ap4CbZAwO
中華包丁はかなり使いにくそうな印象をうけるが。
日本のそば職人やうどん職人が使う包丁もかなり使いこなすのが難しそうだけど。
ヨーロッパやアメリカはでは、まな板使わずに包丁だけ使う場合も多そうだよね。
包丁さばきの違いは何によるのだろう・・・?
54: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/01(火) 18:53:28 ID:WjiPulIIO
庖丁って実在の人物なのか? 
「庖丁」には本来、「料理人」ぐらいの意味しかないと聞いたことがある。
包丁

『荘子』の「養生主篇」に、魏の恵王の御前で、ある庖丁(ホウテイ)が見事な刀捌きで牛一頭を素早く解体して見せ、王を感銘させる記事がある。 彼の使用した料理刀を後に庖丁と称し、これが日本語読みで「ほうちょう」となった。


19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/13(火) 00:34:41 ID:O1dsuh060
日本の「ラーメン」って中国のそれとは全然違ってきてないか。

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/13(火) 06:21:44 ID:mH9cEmIr0
>>19
まあ外国の料理なんて、ほとんどそんなものだ。
カレーだってインドのものとは随分違うだろ。
日本人向けにアレンジしなきゃ、これだけ普及することはないって。
中華料理の普及も、陳健一が日本人向けにアレンジしたことも大きいし。

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/16(金) 23:43:23 ID:3qDK0h7I0
中華料理屋のカレーが食いたい。

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/17(土) 02:16:03 ID:KLbaV5x5O
おそばやさんのカレーみたいに何か違うのか?

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/17(土) 07:20:22 ID:4IHhkWC40
前に食ったのは日本のカレーよりはインドのカレーに近かった。
ルーがどろっとしてなくて脂っこい。ジャガイモは入ってない。
あと肉は普通牛を使うらしい。

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/20(火) 10:05:18 ID:NsOftB1wO
昔テレビで、魚介系の具に、水とき片栗粉、隠し味にナンプラーを使用した中華料理屋のカレーを紹介していたが、どこの店だったか忘れた。
誰か教えてくれー

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/24(土) 02:18:08 ID:BRhluL/v0
中華料理屋の鶏の空揚げは何故かうまい。
ワタシャ塩コショウを付けて食べるんだけど、これがご飯が進むんだよね。
下味がごちゃごちゃ付いてないのがいい

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/30(金) 11:40:26 ID:hnZlxucmO
北京の全聚徳でアヒルコースのようなものを食べたことがある。
アヒルの心臓を素揚げしたようなものとかも出た。
所謂北京ダックも普通に美味しかったが、地元民の評判はなぜかそれほど芳しくないと聞いた。
なぜ??

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/30(金) 23:25:46 ID:IOxrrbp00
去年の冬前門の全聚徳行った。
最初は現地人向けの比較的安い店に行こうとしたけど、満員だったんで外国人観光客向けの新しい店に行った。
評判は悪くないと思うよ。
あと北京には他にも北京ダック食わせる店多いし、持ち帰り用の北京ダックセット(レトルトらしい)もあちこちで売ってる。値段はダック一羽丸ごとと包む荷餅入りで100元前後(約1500円)

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/07(土) 04:50:13 ID:40tS7sOZ0
中華料理店で働いてたけど、北京ダックやフカヒレなんてのは、基本的に暴利を貪ってる店がほとんどだよ。
高級ってイメージがあるから、値段ふっかけても、注文するやつがいる。
高い値つけて、もったいつけて、高級イメージを演出する意味もあるが。
俺の働いてたとこ、かなり良心的な値段でフカヒレだしてて、逆に客から「これ本物?よそだとこの値段じゃ普通食べれないけど」なんて疑われたこともある。
それでも、仕入れ値考えると、ちゃんと儲けはある計算らしい。

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/28(土) 23:25:16 ID:ti+zFovJ0
昔(宋代より前)の中華料理は、火力の未発達もあって、膾みたいな料理もあったようだね。


85: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/06(金) 22:42:15 ID:YyNJhnce0
ラーメン食べた
うまいよなラーメンは

87: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/06(金) 23:19:03 ID:LMzCQFOd0
>>85
中国本場のラーメンは日本のそれとはだいぶ違うらしいぞ。
天津飯だって日本のものよりも不味いって言うし。
だから日本で出される中華料理の殆どは和製なんだ!

89: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/13(金) 10:19:36 ID:JDZnLmBy0
>>87
天津飯なんて料理中国には存在しないから・・・
大体ラーメンや天津飯みたいなB級グルメをして「日本で出される中華料理の殆ど」と言うのはどうなんだ?
ちゃんとした中華レストランで出してるのは大体本場どおりの物だよ
味は変わるけど
103: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/15(水) 09:19:02 ID:JFewFlwB0
本場のラーメンは微妙な味だな、お湯に香草と調味料を入れてるだけ、 
ダシが無いから味にコクも無い

105: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/15(水) 10:14:44 ID:1VwGZzkD0
>>103 
馴れるとそこがよかったりするんだけどな。上から煮込んだ牛肉とかのせるんでしょ?
ラーメンよりはうどんに近いと思う。 

でもラーメンの本場は日本だな。日本に来た事のない中国人の知り合いも日本のラーメンがうまいらしいことは知ってたぞ。

146: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/31(土) 10:23:34 ID:YDsfflmh0
>>103 
あー、そうか。香港行ったとき汁麺を食って何か足りないと思ってたんだが、ダシがあまり無かった気がする。 
でも味の素は安い中華料理には必須だって聞くし、どうなんだろ。

104: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/15(水) 09:47:46 ID:3p1HrUPL0
ラーメンの本場は日本じゃないのか。

107: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/17(金) 23:49:20 ID:v4I35wwv0
ラーメンは日本料理だと認識している中国人もいるぐらいだから

86: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/06(金) 23:19:01 ID:K75crwxK0
素朴な疑問だけど、中華の麺料理っていつの時代ぐらいに始まったのかな?

少なくとも小麦が伝わって以降かと思ったけど、小麦でなくても麺自体は作れそうだし・・・・・・

89: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/13(金) 10:19:36 ID:JDZnLmBy0
>>86

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

現在までに発見された最も古い麺類の遺物は、中国青海省民和県の喇家遺跡で見つかったおよそ4000年前のものである。これは小麦粉ではなく粟で作られてた。

93: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/28(土) 17:29:59 ID:EoTFllah0
エビチリって、陳健民が作ったの?

94: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/30(月) 22:39:50 ID:Cj5kaVTD0
陳建民が作った。陳健民は作ってない。
「私の中華料理少しウソある。でもそれいいウソ。美味しいウソ」
と言う言葉で知られるとおり、日本向けに中華料理をアレンジしまくった。
本場の中華は日本人には合わない。


114: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/10/10(水) 20:26:52 ID:lvgXpmf80
中華料理の歴史に付いて。特に漢代の中華料理について書いてる本、誰か知らない?
教えてくれた人には100ガバス。

115: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/10/12(金) 09:42:48 ID:3X21WICU0
残念ながら、漢代の料理についてはほとんど分かっていないらしい。
塩と梅が調味料だったとは聞くが。

116: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/10/12(金) 19:24:48 ID:r/wwWMVb0
そもそも米はどれぐらい普及していたんだろう。

華北じゃ稲作は難しそうだし。

117: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/10/13(土) 23:07:34 ID:6gd5zS2Q0
中華料理にとって大切なのは胡麻油

118: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/10/17(水) 10:42:58 ID:nWSAKjbi0
中国では胡麻ってどれぐらい使われているんだろう?
そもそも胡麻っていつ伝わった?
アフリカ原産だよね。

120: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/10/18(木) 22:49:00 ID:CaVV3XB30
>>118
日本でも弥生時代には栽培されていたようだから、
かなり古い時期からあったはず。

139: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/11(木) 19:29:15 ID:ZP8UE2mK0
中国の小麦粉皮包み料理は種類がやたら多いから
日本の何たら餃子なんかを日本のアレンジなんて言ったら笑われるよ。
この方面に関しては中国様にひれ伏してもいいw

143: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/25(木) 23:32:16 ID:uXvuqGpG0
>>139
中国の餃子とか小麦系の料理は主食 肉や野菜の具をおかずにして小麦を食うもの
日本で言ったら寿司やどんぶり飯やおにぎりの具の種類が多いのと同じ
日本のギョーザは皮が薄くて中の具がメイン 根本的に違う物をひれ伏しても意味無いよ

141: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/19(金) 21:37:28 ID:dSYtwEUe0
まあ、あれだ。イタリアのパスタのことを日本人はスパゲッティのことと思っていたのと同じで、中国の麺をラーメンだと思っている訳だな。

144: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/01(木) 12:54:56 ID:wrby7jE3O
中国ひろいからな
北が米食ってて南が製粉くってたんだよな

145: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/04(日) 09:57:28 ID:+YQJ4AmS0
逆。北が粉食。南が米食。

148: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/14(火) 18:07:40 ID:x7vLXL2m0
>>145
ただ南部は米粉など粒食以外も盛んだから日本の感覚の米食とは違うよな。
歴史上の人物がどんな食生活していたのか想像するのは結構難しい。

166: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/22(月) 23:59:34 ID:/YMWJlJHO
中国の宮廷料理の大半はが山東料理が発祥、そして今中華屋で出してる料理の大半は元々は宮廷料理だった物だったりする


ソースは中華屋経営してる俺

167: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/23(火) 17:31:42 ID:okHQcVHp0
文化は大抵、社会の上層部で生まれ下層部へ流れるのが基本だからな

168: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/29(月) 01:12:41 ID:5epvS1a40
台湾料理ってどうよ

169: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/29(月) 18:20:54 ID:cSmp/SldO
厳密な意味での台湾料理は存在しない

清以降の移住者により今の台湾人は構成されてるから台湾料理はしいて言うなら各地方のいいところ取り

175: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/05/14(土) 16:52:03.19 ID:YX3qI5F/0
筒井康隆が「支那料理→中華料理→中国料理と呼び名が変わるたびにまずく感じられる」
と書いてたのには何となく納得してしまった

176: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/05/16(月) 15:12:59.14 ID:CtQkphYYO
エビチリも戦前の本来の済南料理では、砂糖を使わずエビ自体から出るうま味で甘味を出してたそうだが日本にいる戦前の済南料理を知り料理出来る人物が大陸に招かれて、戦前の通りのエビチリを作ったらあちらの料理人たちは甘味が足らん、なぜ砂糖をドッサリ使わないのか?と言われてしまったそうだ。

年寄りに聞くと戦前支那料理といえば、場末の中華街の外国料理かちょっとした改まった場の高級感ある料理という感覚だったそうな。
たしかに中華→中国とやっすい料理の感じがする。

189: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/19(金) 02:38:50.83 ID:cX5EwFaV0
中華料理っていうけど、東北料理の店が増えてるって聞いたことないよ
池袋にはちょっとあるみたいだけど、増えないと思う
だって、料理はうまくないもの。量が多くて安い。それだけ。
やっぱりね、中華料理は南だよ。広東、四川、湖南、揚州、上海中国八大料理といわれるものは、ほとんど南。
南の人は繊細だから。東北をはじめとして、北は乱暴、雑だよね。そんなところの料理が美味しいかな?

191: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/19(金) 22:27:53.68 ID:AFxvnpIw0
>>189
日本で良く食べられている「中華料理」は、焼き餃子やラーメンなど中国東北部から伝わったものが多いんだけどな・・・

そもそも、中国で言う「北」の料理って北京を中心とする宮廷料理だし

201: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/22(月) 01:42:50.98 ID:Gg2/szI20
味覇あれば何とかなる!w

しかしながら、猿の脳味噌の生食は絶対機会があっても食う気せんやろwww
生きたまま、ストローでチューとか。
類人猿の脳の生食が現代死病の根源なんやからね。

202: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/10(金) 21:43:30.70 ID:Cacge1/Z0
>>201
猿を食うという風習は7000年前の長江文明期からある。
有名な河母渡遺跡からは猿の遺骨が入った煮沸土器が見つかっている。

205: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/08/31(月) 13:18:30.01 ID:QZtntwwy0
中国英雄が食べた中国料理はいまのどこの料理に近いのだろう
ビン南、広東、四川、北京は外国だろ?

207: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/15(火) 20:16:41.67 ID:w5gfPk+l0
>>205
難しいね。
商・周・戦国は元の商が遊牧民族だけあって主に煮込み肉料理が好まれたし、三国志・唐の時代になると石炭・小麦の普及もあって焼き物・粉物料理が好まれたけど、どの英雄が何を食っていたかなんて記述が殆ど無いから分からんよ。
でも、中国だからやっぱ英雄達にも酒が人気だったのは間違いないと思う。
ビン南は分からんけど、広東、四川、北京の料理の殆どは明・清起源と浅いから昔の料理はえらい違う。

208: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/17(木) 15:54:58.96 ID:jYFt48tO0
>>205
火力や食用油の制約から煮込み料理中心だろうから、海鮮を淡水魚・甲殻類に置き換えた広東風かね?

油と香辛料が命、な今の中国料理とは別世界だったんだろうな

213: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/04(水) 11:23:13.26 ID:xsgP27fU0
というか三国志の頃の中国人って、そんな京料理みたいなの食べてたのか
意外だな

引用元: ・中国英雄が好きなら中華料理も好きだよな



図説 中国 食の文化誌
図説 中国 食の文化誌
posted with amazlet at 18.09.27
王 仁湘
原書房
売り上げランキング: 484,073