61lSCBxtMzL



1: 肥前の熊 2007/03/21(水) 23:36:15 ID:drLlTt02
都から遠く、発達が遅れていたため、我が九州の大名は天下統一が不可能であったと人はいう。だが本当にそうだったのか?
おいどんや隣国の大友どん、さらには島津どんと九州には剛勇無双の英傑数多あり、しかも古来より大陸の進んだ文化は必ず我が九州に最初に上陸する。軍、政、文化いずれにおいても九州は中央に劣っておらんと思うのだが…とにかく我が九州の大名の天下統一の可能性を吟味せよ。
関連記事
九州の大名の天下統一の可能性を考えるスレ 








233: 仕受為作 ◆you/VVxohw 2008/01/25(金) 21:16:44 ID:PSLOeKeZ
大内従属下の肥前平戸城には松浦興信とかいう大名がいたけれど
この松浦が天下を取る可能性なんて始めから有ったのだろうか。
義隆の没した翌年には当主・興信が死んでしまうわ
1551年当時は肥前一国の中で松浦以外に大村,有馬,長崎,少弐,龍造寺…


ちなみに勢福寺城の少弐氏は何気に1559年までは生き残る

235: 人間七七四年 2008/01/25(金) 23:19:29 ID:FJTgEAyw
松浦よりまだ竜造寺の方が・・・
竜造寺も大友に従属するんだけどw

236: 仕受為作 ◆you/VVxohw 2008/01/26(土) 00:19:56 ID:yJ8fS0w/
松浦家による天下統一を妄想出来るスレなんてここ以外ないなww

松浦は馬場氏ら少弐家臣と通じてまずは龍造寺の勢力を削ぐことに専念しないとw
少弐滅亡前に肥前の全勢力が結集しても蒲池の支援を受ける龍造寺には勝てないだろうか…

237: 人間七七四年 2008/01/26(土) 00:23:58 ID:bB30RiBw
というかさ、
天下統一以前に、九州制覇も無理。

238: 仕受為作 ◆you/VVxohw 2008/01/26(土) 00:42:05 ID:yJ8fS0w/
そんなことは百も承知

というか肥前統一どころか、史実では松浦半島統一がやっとの小大名。
出来たとしてもおそらく1580年付近にようやく肥前一国とかでその頃には島津が北上w

しかし無理だと分かっていても松浦隆信が取るべき最良の行動は何だろ

240: 人間七七四年 2008/01/26(土) 05:19:19 ID:DpeorxCJ
>>238
なるべく早いうちに信長や秀吉や家康の臣下になる。当然、領土は捨てて。

247: 仕受為作 ◆you/VVxohw 2008/01/26(土) 17:13:21 ID:yJ8fS0w/
>>240
早期に領地を棄て織田家に服従し
取り込まれるや織田家中では蝕むこと病原体の如く勢力を拡大し
本能寺の変の頃には明智光秀,織田信雄,柴田勝家,羽柴秀吉,徳川家康らを凌ぎ
松浦隆信は天下に覇を唱える。

‥無謀だけど

241: 人間七七四年 2008/01/26(土) 05:38:53 ID:AhWgw9X0
同じ隆信でも松浦に目を向けるとはw

平戸松浦は半島に散らばる松浦党をまとめるのが精一杯だったね♪
せめて南蛮に嫌われてなければ或いは…

いやナイナイw


有馬・大村もそうだけど肥前は国人が作り上げた小国家連合みたいなトコ
長くその体系を続けたおかげで周りは全て親戚筋だし
そんな中で潰されず地方をまとめただけでも優秀な方じゃね?

247: 仕受為作 ◆you/VVxohw 2008/01/26(土) 17:13:21 ID:yJ8fS0w/
>>241
夢が有っていいでしょう?w
よくもまあ滅亡せず小大名の儘生き残りましたよね

246: サイコメトリー 2008/01/26(土) 12:48:03 ID:oRmvcZbA
松浦氏!?
IFを語るこのスレでも厳しいですな~。でも着眼点は好きです。
歴史上の様々なIFを利用し、松浦勢力拡大を語る。それでも九州半分支配も
難しい様な(ゴメンね)

243: 人間七七四年 2008/01/26(土) 09:15:19 ID:vIm17d68
台湾の鄭成功を味方につけて兵数十万を借りて日本征服

248: 仕受為作 ◆you/VVxohw 2008/01/26(土) 17:49:49 ID:yJ8fS0w/
台湾で思い出したけれど
キリシタン大名で有名な有馬晴信は肥前から台湾征服の軍勢を派遣して失敗してるよね

一度で全土とはいわずオランダやスペインのように台湾の一部でも地道に占拠して、
ある程度の規模の拠点を確保していたら台湾大名になれたものを…
しかし台湾からどうやって天下を望もうか…w

250: 人間七七四年 2008/01/27(日) 10:50:06 ID:BsCEq3o3
西洋軍艦を大量に導入して大阪湾にいきなり表れるとか。
16世紀の軍艦じゃそこまで強力じゃないか…

279: サイコメトリー 2008/02/12(火) 15:43:25 ID:nDx7aBru
前にも言ったけど、畿内の覇者が決定する前に最低でも九州連立軍団を確立させる事が、九州大名の急務。

281: 人間七七四年 2008/02/12(火) 17:56:09 ID:7SCUvjOC
>>279
逆に考えよう。
もう少し三好政権だったら、島津も間に合う。

283: 人間七七四年 2008/02/12(火) 20:31:57 ID:MTHbg2fN
>>281
三好政権ということは、毛利は織田政権と激突していない状態で保存されるわけだ。
その毛利との全面対決は大幅な時間と国力のロスになるよ。

286: 人間七七四年 2008/02/12(火) 22:37:42 ID:dXSDsGD4
>>283
毛利も元就が健在との仮定なら
やはり大友が九州勢の盟主になってないと辛いかなーと思う♪

280: 人間七七四年 2008/02/12(火) 17:35:59 ID:c8KaoGXP
大友が天下統一するには、まず義鑑の代から始めなきゃあ。

1 鉄砲の技術を厳重に管理して、他家へ流さない。
2 筑前・豊前・肥前・肥後の大友本家の直轄領を積極的にふやす。
3 肥前で龍造寺隆信の龍造寺家の再興を許さない。
4 肥後の阿蘇を完全に被官化し・相良は早めにつぶす。
  

286: 人間七七四年 2008/02/12(火) 22:37:42 ID:dXSDsGD4
>>280
竜造寺の再興云々って時代はまだ少弐の勢力が残ってるから
むしろ積極的に介入するのが宜しいかと


289: 人間七七四年 2008/02/13(水) 20:21:30 ID:R2pJ/HMr
鍋島直茂さえなんとかすればなんとかなる筈っ♪

292: サイコメトリー 2008/02/14(木) 12:02:55 ID:5bdD9KBn
九州の武将達は名が馳せた者が多いのは確かだね。
でも大名クラスがいまいち・・。やっぱ大友宗麟が洗礼を受けず、立花一派主導で徐々に自領を拡大させ、近隣国と手を組みながら、中国・四国も見据えて、九州統一する形ってどうだろう?

293: 人間七七四年 2008/02/14(木) 12:18:03 ID:blyOQs5L
大友の勢力拡大には陶の謀反 -> 大内義長が当主に -> 毛利に滅ぼされ、北九州の大内系の国人が大友系になるという手順は必ず踏まないといけないので、
毛利がフタになることは確実。

大内義尊が生まれないのなら話は変わってくるかな。

294: 人間七七四年 2008/02/14(木) 19:22:13 ID:EnvdoEqQ
毛利という蓋が出来る前というと、厳島以前か…。
きついな。

295: 人間七七四年 2008/02/15(金) 11:40:11 ID:+R1ycUtr
例えば宗麟が弟義長という駒を使って陶春賢を謀殺。大友家の勢力が北九州から山陰、山陽にまで伸びてきたとすると、元就のように現実だけを見て歩んでいくタイプの武将は戦って利非ずと見れば臣従の道を選ぶだろう。
ただ問題はその後だな。なにしろ宗麟という武将は優れた資質ももっているが、その分欠点が多すぎる。元就という武将を使いこなすことができればいいが、逆に元就に弱点を看過されそうだ。最終的に大友領がすべて毛利領に変わっているということも…

297: 人間七七四年 2008/02/15(金) 14:56:36 ID:gwys7qy6
九州の場合はほぼ天下統一の可能性はないだろう。
大友の場合は大内がそもそも強くて頭をふさがれてる。
ふさがれてない方向に伸張すべきなんだがそちらに行かずに、北九州に延びようと画策し続けている段階でNGかと。竜造寺も島津も時間的余裕はすでになかったと思う。

大友が唯一天下取りの可能性があると思われるが、それには、義鑑の時に大内と結んで南九州を統一するぐらいのことが必要。そうしておいて、大内の混乱に乗じて北九州>周防長門を一気に落とす。
それぐらいのことがないと無理。

299: 人間七七四年 2008/02/15(金) 18:40:05 ID:f7QcR0/O
>>297
大内が博多を支配していたのと、大友の支配圏がそれに隣接していからねぇ。
目の前にでかい利権がぶら下がっているのも同じなので、どうしても博多をめぐっての争いに首を突っ込まざるを得ない。

300: 人間七七四年 2008/02/15(金) 18:45:23 ID:8+Ub1fgR
>>297
大友家は筑前に室町時代初期から領地を持っていたし、豊前の守護もたびたび務めたから、九州北部に持っていた利権を簡単にはあきらめ切れなかったんだろう。だから北への侵攻は、当然という発想だったんだろう。

ついでに肥後だけど、大友親冶は肥後の寺に出家していたし、大友義長の正室は阿蘇氏出身という関係もあって、日ごと縁が深かった。それで大友義鑑は、強攻策に出ることをためらったのだろう。

302: 297ですが 2008/02/15(金) 23:35:16 ID:gwys7qy6
武田信玄は、それまでの駿河侵攻をやめて信濃に矛先を変えただけでもたいしたものだと思う。おいしいところから、うまくはないけれど伸ばせるところに勢力を伸ばす。
その発想を持てただけでも素晴らしい。人間、一旦執着を持つとそこから離れることは難しい。
大友義鑑が信玄だったら天下を狙えたかもしれない。

306: 人間七七四年 2008/02/16(土) 00:02:35 ID:03koO0Cw
>>302
大友の北九州への固執というのは単に博多の利権だけではなく九州諸大名にとっての外敵である鎮西探題とそれに加担した大内氏との根深い因縁を忘れていけないかと♪

310: 297ですが 2008/02/16(土) 20:18:11 ID:sS8yOgP6
>>306
その因縁を断ち切れなかったからこそ、天下取りのチャンスはないといってるのだが・・・

311: 人間七七四年 2008/02/16(土) 20:55:50 ID:Htc/OQUt
>>310
なんか勘違いしているけど。
大友家の所領は、ずっと筑前・筑後・肥後にもあったんだが。

たとえば肥後の菊池義武の追放後、合志郡他の菊池家の所領を戸次・斉藤・吉岡の分配しているし、小原氏を肥後・益城に、筑前博多には臼杵氏を常駐させ経営している。

それに大内とは、ずっと敵対関係じゃなくて親治の代には大内が弱ったので資金援助して友好関係を築いているし、義鑑も完全に豊前から撤退をしたわけじゃあなくて、豊前・筑前の豪族は、大友と大内の両方に使えるという変則的な主従関係w@影響力を残した。

312: 仕受為作 ◆you/VVxohw 2008/02/16(土) 21:15:23 ID:hvZqYblf
確かに肥後北部やら筑前,筑後といい
大内と大友の勢力範囲が重なるようなカオスなエリアは合った

313: 297ですが 2008/02/16(土) 21:15:51 ID:sS8yOgP6
それは義鑑の時代じゃないな。宗麟の時代。

臼杵氏の博多常駐も、菊池の追放も大内の弱体化がなければ出来なかった。

北部九州にしか目が行ってないから、大内の混乱に乗じても北部九州しか取れなかったと言ってるのに、大内の弱体化や資金援助云々言い出すかな・・・

大内が強かったら泥沼だよ。

315: 人間七七四年 2008/02/17(日) 01:15:26 ID:AUWNtLI5
・今山合戦に勝利→龍造寺滅亡
・耳川合戦に勝利→島津撃退→兄弟喧嘩や旧勢力の復活で内紛
この二つが重なれば九州内は行ける>大友

あとは大内か。うーむ。そこが考えどころだな。

316: 人間七七四年 2008/02/18(月) 00:06:26 ID:Cizrg5xz
いや、どちらにしても耳川ということは、大内はすでにないし、毛利という蓋も完成済。

317: 人間七七四年 2008/02/20(水) 14:11:22 ID:pTRtFXuV
その時期に九州統一が成れば毛利は織田と九州に挟み撃ちか
ひよっとして勝ち目ある?

318: 人間七七四年 2008/02/20(水) 15:54:37 ID:FUUlJUpO
織田が成長していたら、九州のみならず毛利を完全に併呑しない限り対抗不能。

なんせ、織田は毛利・武田・北条・上杉・長宗我部を同時に相手していたのだから。本能寺の変が起こって勢力が分解しない限り対抗しようがない。

319: 人間七七四年 2008/02/20(水) 19:56:19 ID:nBObk75Z
だね。本能寺時期まで来てしまえば事実上不可能だね。可能性を考えるなら、光秀と協定を結んだ毛利と九州統一連合が更に連合するしかない。

320: 人間七七四年 2008/02/20(水) 22:26:00 ID:ZKB0YJaJ
ていうか、織田が毛利と戦っているときに、とっくに大友は臣下の礼をとっているよ。

321: 人間七七四年 2008/02/21(木) 09:26:22 ID:rsVnB417
耳川の後の島津と大友の講和の仲介をしたのが信長だしな。

322: 人間七七四年 2008/03/11(火) 20:03:16 ID:9zqGsyzz
ありません!終了。

引用元: ・九州の大名の天下統一の可能性を考えるスレ




九州戦国の武将たち
九州戦国の武将たち
posted with amazlet at 18.09.28
吉永 正春
海鳥社
売り上げランキング: 770,448