1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/12(木) 01:20:07 ID:hZWJSov6
ドコの国の一般兵士が強いのかな?率いる将の力量抜きで。 
よく尾張兵は弱いから信長が工夫したとか精悍な薩摩隼人とか言うじゃない 
お国自慢、思い入れも大歓迎~








3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/12(木) 03:02:11 ID:TWJ8PuAW
兵が強いという事実ではなく
そういう情報により相手に威圧を与えられることも考慮したほうがいいと思う
長篠合戦だって武田の兵が強いから勝つなんて言われてたし
数は織田のほうが多かったのに

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/12(木) 09:57:48 ID:rajzQEtb
大阪の連隊が何日かけても落とせなかった砦を久留米の連隊が1日で落とした、とうちの博多のじいちゃんが言ってたよ。大阪人はそろばん勘定で無理だと思ったら、あきらめが早くて、九州はバカが多いから計算しないで突っ込んでいく。
だから強かったって。
12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/12(木) 22:17:54 ID:zeA4ft7I
結果論で語ると隼人で間違いない

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/12(木) 22:37:44 ID:uP3XqJxO
>>12
鹿児島の兵はどの時代も戦してるなあ。

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/13(金) 01:29:50 ID:NXYIcgTq
九州の兵=剽悍で攻撃力が強い
東北の兵=守りの戦いになると粘り強い
近畿の兵=弱いが目ざといので斥候向き

21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/13(金) 01:49:42 ID:iJrewvL2
>>19
関東の兵:金ぴか

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/13(金) 01:52:59 ID:tn3hHwqV
>>21
ワロタ

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/13(金) 02:16:37 ID:WB2I5THP
有名どころは
薩摩
三河
土佐
越後
甲州
あとはどこだろ?
うーん
結局地域でなく指揮官によるでしょ。
士気かなり影響しそうだし。

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/13(金) 05:58:28 ID:Cm1G0UhL
戦国じゃ南海道や東海道にも精兵がいるよな。
でも旧軍じゃ東北出身と九州出身が精鋭とみなされているぐらいで
明治時代までに東北・九州以外は精兵じゃなくなったのか?

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/13(金) 20:10:52 ID:F9u7IbMz
山国の人はよく山道を歩き(甲斐、土佐など
平地の人は歩かない(尾張など

これで差が出る

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/13(金) 20:12:38 ID:yinceCmm
強いより弱いと言われてたほうが敵の油断誘えるし有利になりそうな気がするんだ

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/13(金) 21:24:32 ID:gbquJV3I
状況次第で変わるものさ
弱い弱い言われていた長州兵だって禁門の変では当時全国最強と言われていた薩摩、会津相手に寡兵で押しまくったし
口先だけだと馬鹿にしていた肥後人も西南戦争では薩摩兵以上の精強さをみせた

31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/13(金) 23:13:44 ID:3Cc1KQe4
戦史小説とかの評価見ると
三河兵、土佐兵、島津兵の三強がずば抜けてるよな。

武田兵や織田兵は、兵卒単位としては弱い。

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/13(金) 23:21:30 ID:RNYW45eP
尾張と三河なんてほとんど隣接してるのに強弱が表れるわけねーだろ。

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/14(土) 00:48:51 ID:UA5wkRwo
>>33
強弱はともかく、気質はちがうだろう。

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/14(土) 00:58:05 ID:JRtC3dEA
>>37
尾張と三河っていうより、岡崎衆と織田家の家風の違いって感じだけどな。

56: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/14(土) 23:18:57 ID:b3itxtI3
薩摩、肥後、博多、土佐、長州、紀伊、大坂、越後、信州、甲斐、仙台

なんか強そうなイメージあるのは、こんな感じかな

全然、適当だけど

57: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/14(土) 23:49:13 ID:ShffP36X
常陸は古代から近代まで強兵で知られるのに自己主張が下手だからマイナー…
まあ、常陸に限らず関東自体がそうだが
頼朝も尊氏も家康も武家の棟梁たる将軍達は皆関東で兵を挙げて天下取ったしね

61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/15(日) 12:16:40 ID:8RifGC86
三河、越後の強兵っていうのはよく聞くけど。
主君に従う忠誠心、歴戦している点が強調される。

62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/15(日) 12:55:06 ID:2439J7sC
たぶんどこが強いとかないよ。単なる思い込みだと思う。
指揮する人物いかんでしょな。

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/15(日) 13:05:46 ID:LsdEpMp5
同時代の興福寺の記録にも、武田征伐に駆り出される明智勢の様子を

他国立ち殊更遠国迷惑の由也、甲斐・越後の弓矢、天下一の軍士の由風聞、一大事の陣立也

と表現してるから、事実はともかく甲斐や越後の兵隊が強兵だと言う認識はかなり一般的だったんでしょ
信玄・謙信の死後でも甲斐や越後の兵が如何に怖れられたかがわかる

66: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/15(日) 16:06:07 ID:8RifGC86
体格・性格・経験が違えば、戦闘の向き不向きも当然生まれてくると考えるべき。
たとえば、越後兵は毎年のように雪の中を行軍し、鍛えられていた。

67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/15(日) 17:05:06 ID:VO7/WpTT
薩摩隼人だから強いのではなく
戦で勝つことが出来たことで 呼ばれただけだろ

九州の中で飛び抜けて強かったらあっという間に統一してた筈で
本州に攻め込めてない時点で 十人並み

68: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/15(日) 23:14:59 ID:robZZs83
九州から攻め昇れなかったのは、そう言った戦略を持った大名が出なかっただけ。 
しかし兵卒は強いぞぅ~ 関ケ原敵中退却なんて織田信長と尾張兵では想像できん!  よく言えば蛮勇。悪く言えば馬鹿だもんね~

73: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/16(月) 08:14:58 ID:kp3WrlES
>>68
>よく言えば蛮勇。


良く言ってないってそれ

78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/16(月) 20:40:06 ID:kp3WrlES
戦国時代に備後や安芸の兵が強いってのは聞いたことが無いがホントに強いのか?

80: 白馬青牛 2006/10/16(月) 23:37:27 ID:5jzHF1Gj
>>78
安芸勢は、応仁の乱や京都・船岡山合戦で、鬼吉川・鬼平賀と武将、国人部隊も武勲を立てとるよ。安芸門徒も、石山本願寺に織田軍包囲網を突破し兵糧を送り、帰りの方が困難じゃが、犠牲を払いながら、兵団が崩壊せず戻った云うことは、それ程精強じゃった云うことじゃ。
「進者往生極楽・退者無間地獄」の黄旗のもと、その精神は安芸門徒の気概じゃ。

81: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/17(火) 00:32:22 ID:wR0WOy+m
一に上杉二に武田三に徳川四に浅井・・・っていう遊び歌があった気がした。(確か十まであったけど忘れた。織田と朝倉がいたかな)
基本的に住んでる環境が苛酷なほど兵は強くなるって言うし、あとは戦争ってエネルギー使うから、食うもんも関係してたと思った。
一に上杉 二に武田 三に徳川 四に斉藤 五に北条 六に今川 七に織田 八に浅井 九に朝倉 十に公方は数の外
82: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/17(火) 00:40:04 ID:v1mgaxiE
体力とかの先天的資質はどこの地方もそんなに変わらんと思う
ただ風土が生む気質の違いは確実に戦いに影響を及ぼす

83: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/17(火) 01:07:44 ID:JQsTCzBN
一般的に南国は、攻撃型。勢いに乗ると恐い

北国は、粘り強く持久戦に強い

84: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/17(火) 01:22:15 ID:b5TDrBEJ
中国でもそうだって聞いた事がある
江南の兵は粘りが無い

86: 白馬青牛 2006/10/17(火) 01:49:57 ID:eOpD+2Ru
>>84
中国でも、北の山西軍は鈍重であるが、困苦に耐える。南の広西軍は剽悍、獰猛。西の四川軍も強いね。

88: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/17(火) 03:56:55 ID:AvDE3uRD
常陸こそ最強
弾け方が半端ない
九州や東北は質朴精強など言う割りに実際はえらく打算的だ
その点常陸人は打算も無視して突き進む強さがある
平将門は一族の争いから勢い余って関東制覇し新皇名乗ったり
佐竹は頼朝の討伐を受けたが山から山へとしぶとく転戦し
ついに頼朝も留めを刺せず諦めて帰った
長倉氏は主家の家督争いから勢い余って関八州総出で討伐を受ける
だが孤立無援ながら粘りに粘ってついに落ちず鎌倉府も諦めて引き返した
戦国時代も各勢力とも割拠し続け他国の直接支配を受ける事はなかった

明治維新も薩長土ではなく常陸から始まった
水戸藩は御三家ながらも大暴れ、多勢の犠牲者を出しながら突っ走る
その余波で薩長土が目覚めるも、水戸藩は泥沼の内戦に突入
新政府での栄達も幕府擁護も知った事かとばかりに
戊辰戦争でも「諸生討伐」の為に出兵して諸生を追い回し
諸生党も会津落城後なぜか関東に逆走
「水戸城を奪い天狗討つ」と水戸城になだれ込み大激戦
※天狗党=改革派(新政府側)、諸生党=保守派(幕府側)
明治6年まで戦い治まらず殆ど壊滅
幕末に於ける一番(無意味に)熾烈を極めた戦いと言える

近代戦ではペリリュー島で水戸連隊は2ヶ月以上に及ぶ奮戦の末玉砕
米軍上陸作戦史上最大の損害率を与える
米軍もパラオの人々もその戦いぶりを讃えた
「日本軍がいかに勇敢に戦ったか祖国に伝えよ」
と言うニミッツ提督が旅行者に宛てた石碑が残る

89: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/17(火) 17:41:47 ID:JqalOrQm
常陸兵。 
ノーマークだけど確かに凄いなぁ 鹿島神宮を中心とした武の地域ではあるしね

90: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/17(火) 19:29:15 ID:AvDE3uRD
>>89
そう
武術は常陸・下総あたりから派生したものが大半だからね
飛鳥時代に常陸鹿島で国摩真人が神妙剣を創案して以来
各武術形態が創られていき剣、槍、杖、薙、棒から
柔術、弓、手裏剣、馬術、鎖鎌、忍術に至るまで広がり
鹿島の〇〇使い、と呼ばれる各流派の武芸者が
行商人のように全国に普及させていった
島津の御家流で有名な示現流も常陸の笠間から伝わったものである
常陸は言わば武芸者集団
個人の戦闘力はかなり高い
だが、全くまとまりがなく非常に飽きっぽいと言う欠点があり
防衛戦はやたら強いが外征はグダグダになると言う特徴がある

159: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/22(日) 01:21:20 ID:A2N5I8cJ
琉球が弱いと言われるのはやはり薩摩との戦のせいだろうか?
だがもし郷土により兵卒に強弱があるならば薩摩隼人のみと戦をして負けたからとて最弱の烙印はないのでは?

163: 白馬青牛 2006/10/22(日) 02:07:37 ID:NSdtLmxI
>>159
薩摩は琉球に苦戦し、手を焼いとるよ。
http://www2.oiu.ac.jp/6/tukoitir/sei0020.htm
リンク切れ
「味方頗る死傷あり」琉球側の計略に「帯刀はしめ従士過半死す」と苦戦しとる。薩摩兵は正面激突じゃ、本領を発揮出来ん。釣り野伏りの側面攻撃じゃないと。

174: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/22(日) 20:52:39 ID:ExhOdD2t
尾張兵は弱いらしい 
商業が発達していたからね でも装備は鉄砲の配備率からしてよさそう

三河兵は強そう 
特に忠義に厚い部分は高得点ではないでしょうか

薩摩兵は強そう 
地方に行くほど強くなる法則ですね 
しかも鉄砲の配備率もかなり高いし

越後兵は強そう 
鉄砲の配備率は低いけどカリスマに率いられ無駄口叩かない・石投げられても微動だにしない部分とかかっこいい

甲斐兵はよくわからん 
「甲斐の黒駒」とかいう名馬の産地で騎馬は強かったたしいけど

180: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/23(月) 00:14:59 ID:vV/75PdG
薩摩は戦国から近代まで最強と言われ続けたけど
強いと言われる根拠は何なんだろうね
全国規模での活躍って朝鮮出兵の時ぐらいじゃないか?
九州征伐でも関ヶ原でも敗走、大坂の陣は不参加なのにそれでも強いと言われるのだから
何かがあるはずだ

182: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/23(月) 01:50:23 ID:6irvHamW
島津君も伊達の次の次の次ぐらいには強いよ多分

183: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/23(月) 02:51:01 ID:mq3MFKsR
じゃあ、大したこと無いな。

というのは冗談はともかく、
薩摩兵で特筆されるのは上の者に対する従順さらしいが。
だから多少無茶な命令でも普通に行動に移してしまうとか。
まあ、受け売りなので参考までに。

184: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/23(月) 04:09:57 ID:pWVKW7UU
大河を好んで見る程度の無学の者なんですが
薩摩や三河の身をていしてでも主君を守ると言うのは何か特別な理由があるものなんですかね?戦死者の遺族に恩賞や勲功を多く与えたりとか特別な教育制度・宗教を施したりとか
スレ違いと言われたら素直に退散します。

192: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 15:37:10 ID:mZXWpz/i
>>184
田舎の兵はすれておらず、
よく言えば素直、悪く言えば批判能力に欠けているからだと思う。

203: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/25(水) 18:03:28 ID:TsMTEe+V
>>184
「薩摩や三河の」とあるけれども
この場合 勢力図が変わらなかっただけのことで日本中変わりなく「身をていしてでも主君を守る」と言うのは大なり小なりあった。

たまたま 統治が長続きしただけのこと。

ご当地の方々からすれば自慢半分だろw

185: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 10:41:31 ID:Y1U2d4sE
肥前兵は?? 葉隠の舞台でもあるし、今でも荒っぽいよ佐賀人は

186: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 14:49:22 ID:LMRURANW
九州は宮崎人以外は荒っぽいよな

188: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 15:00:09 ID:MDzhvE6g
長崎の松浦も大概にして温和なもんだよ

187: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 14:56:48 ID:WMhOxFPz
宮崎人は大人しいのか
気候が温暖だと性格も穏やかになると言うが
千葉とか静岡とか愛媛とか

189: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 15:11:25 ID:WMhOxFPz
でもよく考えたら南国と言われる土佐は全然温和じゃないじゃん
誰だこんな説唱えたのはっ

190: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 15:28:08 ID:Y1U2d4sE
国別の気質が決定付けられたのは、概ね江戸時代なんじゃないかな 
島国根性とかも江戸の影響でしょ 
土地が天領とか1国に1大名とか。もちろん気候とかもあるだろうけどね

195: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 17:01:02 ID:MXiRwePC
食べ物が乏しかった国が強いんじゃね?
土地が貧弱だったり冬が厳しかったり街道筋から外れて流通が滞ってたりで。

196: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 18:25:22 ID:WMhOxFPz
そしたら北東北最強じゃんw
冷害、大雪、山岳、飢饉
飢餓飢餓飢餓!
貧しすぎて戦できませんみたいな

205: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/25(水) 20:27:48 ID:7MXLl8kD
◆一概には言えないけど…強い弱いではなくて東北地方や北陸地方、信越地方等雪が沢山降る風土の人間は凄く我慢強いょ。

◆これは、戦国時代や第二次世界大戦以外にも現代社会で働く人々にも当てはまります。激しいストレスと目標を達成するのに徹夜の残業…まさに戦!
関東や関西で大企業を経営している社長曰く『雪の多い北陸地方や信越地方の人間は辛抱強いからな~』

昭和の時代に東北地方から沢山の集団就職者(上野駅に到着)がいた事はテレビやニュースでご存じだと思います
彼らは本当に粘り強い精神力で仕事に従事した。

◆その人間が育った環境や気象風土が大きく左右すると思う!上杉や前田をみても分かるように雪が多く降る地方の兵隊が強いか弱いか分かりませんが…その粘り強さで大敗する事はあまりない。


207: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/25(水) 21:16:39 ID:7gnINbSO
>>205
前田は尾張だがね。

232: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/28(土) 00:24:53 ID:wgfi5Kgp
愛知人は堅実で人事に厳しいと思うね(ケチとも言う)、芸事も盛んで古来職人の産地。
だから組織が強固で職人気質がある。
まあ、兵卒が強いというより組織が強固で技術指導が上手いという印象がある。

234: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/29(日) 00:32:42 ID:Cltvzdx0
三河・近江には一向衆が多いから勇猛。

237: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/29(日) 00:57:31 ID:hFHKdlaB
>>234
一向宗か。確かに日本では馴染みは薄いが確かに信仰が厚い軍隊は強いな。

引用元: ・どこの出身兵卒が強いのかな??