51nrp5YcIKL


1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/08(土)23:30:51 ID:ln6
スーツのそでのボタンがある理由みたいなのガンガン教えて欲しいンゴ








165: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)00:53:27 ID:ncq
ソ連は日本のシベリア侵攻を抑止する為、満州国境にユダヤ人自治区を作ったが結局ユダヤ人が来ず計画は失敗した

173: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)00:57:28 ID:xl8
>>165
そらそうよ
あの時代ソ連には行かんよ ナチよりマシとはいえ

166: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)00:53:37 ID:mZA
スペイン女王イザベルは生涯で三度しか風呂入らなかったとか
どんだけ臭いねん

176: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)00:58:23 ID:XzR
>>166
月1くらいで風呂に入るエリザベス1世が潔癖症言われてたししゃーない

177: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)00:58:38 ID:xl8
>>166
レコンキスタの人やっけ?
時代もあるんやろうけどなあ…

169: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)00:55:31 ID:7cP
戦国の福留ことザビエルの遺体は十年に一回公開されており、時期が合えば今でも見れる

181: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:00:33 ID:xl8
>>169
保存されてんのかすごいな
しかし当時の欧米人で日本っていう何もかも違う場所で布教しようってのが凄いよな

183: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:02:18 ID:7cP
>>181
しかもその遺体には色々奇跡が起こってる
数ヶ月経っても全く腐ってなかったらしい

195: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:06:06 ID:Cif
吸血鬼=ドラキュラなイメージがあるけど元は個人名なうえに敬虔なキリシタン
竜騎士(ドラクル)の息子だから息子を意味する接尾語を付けてドラキュリアと名乗ってたら悪用されたとか
ちなみにこの人は串刺し刑に処しまくった結果串刺し公の名を与えられてる
当時の串刺しは欠にでっかい気の杭を充ててハンマーで少し筒差し込んでく処刑やったそうな

このひとのおにいさんは生きたまま埋葬されてのちに掘り返されたときに棺の中は無数の傷が残ってたらしいで
そういうことが頻発してたのもあってこのスレの最初の方であったアンデルセンの死んでませんにつながってくるんやな

209: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:10:48 ID:xl8
>>195
ヴラド・ツェペシュやっけ?
なるほど 生きたまま埋葬される時代やったんやな こわE
たしかローマ皇帝にもそんなんおったな

221: 平等院◆Stxnk01rnk 2017/04/09(日)01:14:53 ID:CLE
ヴラド公も好きで人を串刺しにしてた訳じゃなくて、他国に威圧をかける為にやってたらしいな。

231: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:17:51 ID:Cif
>>221
オスマントルコの猛将をして「どんな敵も恐れへんけど悪魔だけは別や」はほんま凄E
腐った貴族の粛清込にしろすごいわあのお方

171: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)00:56:50 ID:GTj
第二次世界大戦の前哨戦、スペイン内戦では、義勇軍として参加した日本人が1人だけいた
ただし、フランコの国粋派ではなく、アカの国際旅団の方でである
名前はジャック白井、炊事兵として活躍し、本人は銃を持って戦いたかったが
彼が作った飯じゃないと嫌だ!と他の兵士から頼まれて炊事兵をやっていた
激戦地で立ち往生した炊事車を取りに行って撃たれて死亡

182: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:01:55 ID:xl8
>>171
はえー、hoiで絶対通るから知ってる戦争やけど
あれ日本人もおったってすごいな 名前からしてもともとスペインに住んでたんかな

187: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:04:02 ID:GTj
>>182
北海道の孤児院育ちでアメリカに密航
アメリカでコミンテルン系の組織に所属して、義勇軍として志願したらしいで

201: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:07:42 ID:xl8
>>187
完全に思想ありきで行動してる感じかな

175: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)00:58:22 ID:kJo
マリーアントワネットは病気になった時苦いからという理由で薬を飲もうとしなかった
そこで医者はチョコレートに薬を混ぜて飲ませた

189: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:04:36 ID:xl8
>>175
なんというか、らしいエピソードやな
お菓子を~は厳密には違うんやっけ

179: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)00:59:05 ID:BCA
清朝の上からの改革を目指した戊戌変法のリーダー康有為の弟子二人梁啓超と譚嗣同の話。
光緒帝の賛成を得て行われた戊戌変法は、西太后によって僅か3か月でクーデターによって潰される。
その際、戊戌変法中心メンバーには当然西太后の手が迫る。

逮捕が目前に迫ったとき、譚嗣同は梁啓超に言う。
「行く者がいなければ将来をはかることはできない。
死ぬ者がいなければ陛下に報いることはできない。
今、南海(康有為)の生死は不明であるから、程嬰と杵臼、月照と西郷の役割は、私とあなたで分かち合おう」

程嬰と杵臼は春秋時代かたや死ぬことによって、かたや生きることによって主人趙氏孤児を守った2人の侠者。
西郷と月照は言わずと知れた西郷隆盛と勤皇派の僧侶月照を指す。
ようは譚嗣同は帝への忠を貫き、梁啓超に未来を託して自ら囮になったわけである。

191: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:04:46 ID:ncq
オランダ国内のアメリカ軍基地にスコットランドの裁判所が設置されリビア人が裁かれたことがある

206: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:08:47 ID:xl8
>>191
訳分からん…
追ってみるのもめんどくさそう…

196: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:06:18 ID:ZSu
ムッソリーニは白虎隊に感銘を受け、膨大な費用をかけて記念碑を日本に寄贈した

210: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:12:04 ID:xl8
>>196
白虎隊なあ…悲しくて好きやないわ
ムッソリーニはこういうの好きやったんやな

220: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:14:40 ID:XzR
>>210
元々自称ムッソリーニの友人の日本人のおっさんがでっちあげたんやけど
なんか他の人に賛同されて正式に打診されたから送ったらしいで

234: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:18:14 ID:xl8
>>220
おっさん胡散臭すぎて草
ムッソリーニも仲維持するためにしかたなく返してそう

208: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:10:25 ID:ncq
太平洋戦争は二つある
有名か

222: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:15:41 ID:xl8
>>208
太平洋って広いし別の時代に戦争やってても不思議じゃないな

211: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:12:24 ID:qvW
ファラリスの雄牛という拷問器具は、製作者が最初の犠牲者で、製作を命じた人物が最後の犠牲者(とされている)のは有名な話

218: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:14:25 ID:sBV
>>211
「王様!に頼まれた拷問器具出来たやで~」
「ほなお前で実験や!」

ぐう畜

229: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:17:16 ID:xl8
>>211
聞いたことあるな
王様完全にサイコパスだよな

232: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:17:56 ID:956
>>229
そらあんな処刑器具を考えつく時点でアカン人ですよ…

215: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:13:46 ID:ncq
タンザニアのザンジバルという地域では60年代にはカラーテレビが普及していた
一方で首都のダルエスサラームは90年代まで充分にテレビが普及していなかった

224: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:15:59 ID:qvW
>>215
なおそのザンジバル、1896年にイギリスと戦争し37分で負けるという記録をうちたてた模様

597: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)12:59:47 ID:QYL
>>215
クローブ(丁子)の世界的な産地だったから豊かだった。

223: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:15:50 ID:ncq
一時ハイパーインフレに陥ったジンバブエではお釣りの硬貨が不足し、代用としてアメ玉が用いられた

233: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:17:58 ID:GTj
>>223
ベトナムでは今でもお釣りの一部がアメ玉で渡されることがある

225: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:16:03 ID:Fy3
江戸時代に日本に来た象がいる

241: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:20:00 ID:xl8
>>225
面白い
親善の証的なことやろか

242: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:20:09 ID:2fy
>>225
しかも、その象従四位という、当時の大名クラスの官位を得ている。

237: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:18:48 ID:BCA
フランス王アンリ4世は国際裁判所、国際軍などの国際機構をもつヨーロッパ連邦(キリスト教共和国)を作るという大計画を構想してた。
その連邦は60人の各国代表によって統治され、委員は3年ごとに改選されることになってたらしい。
空想の産物じゃなくてかなり突き詰められた本気の計画だったらしいよ

240: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:19:52 ID:Ous
>>237
今のとほぼ変わらんやんすごい

265: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:27:06 ID:xl8
>>237
これすげえな
実現してたら欧州史は全然違うものになってそう

243: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:20:33 ID:7cP
ソ連崩壊時のモスクワは救急車がタクシーをやってた

255: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:23:38 ID:xl8
>>243
無茶苦茶や…
と思ったけどちょい前日本でそんなニュースあったな

244: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:20:36 ID:GWR
19世紀頃のオーストリアの情報局は世界トップクラスでそれを表すエピソード

ある日、某国の外交官が諜報を疑いウィーン宛の手紙に
「途中で開封されたらわかるように、生きたノミを1匹同封しておいた」
と書き、実際にはノミなど同封せずに送った。
それでウィーンで受取人がその手紙を開封すると、なんと本当にノミが1匹飛び出してきたという

247: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:21:36 ID:Ous
>>244
どういうこと?

252: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:22:09 ID:2fy
>>247
検閲されてる。
しかも、内容に合わせて、中身を準備する周到さ。
249: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)
古代エジプトの少年王ツタンカーメン王位につく前の名はツタンカートン
あるいはツタンカーテン

268: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:28:59 ID:xl8
>>249
こういうの結構ありそう
在位にあたって名前が変わるみたいの

281: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:31:42 ID:qvW
>>268
というか彼の場合は時代ごとの信仰する神が違ったから名前も変わったのね
正式にはトゥト=アンク=アメンでアメンってのが王位についてからの信仰する神の名前
王位につく前はアトン神信仰だったからトゥト=アンク=アトン

285: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:32:56 ID:mZA
>>281
そういやイクナートンってこれか

297: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:36:56 ID:qvW
>>285
せやね
元々アメン神信仰やったからアメンホテプ4世って名前やったけどアトン神信仰に変えてアクエンアトン(イクナートン)になったで

269: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:29:01 ID:GTj
日本海海戦のバルチック艦隊は出発後すぐの北海でイギリスの漁船団を日本の軍艦と勘違いして一方的に砲撃しまくったため
もう少しでイギリスがロシアに宣戦布告するところだった

288: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:34:12 ID:xl8
>>269
ええ…
地図見ろや草
漁師はたまったもんやないな

293: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:36:00 ID:XzR
>>288
ロシア「日本がここまで来てるかもしれへん、日本船がいたら教えてな、金出すで」
市民「いないけど金ほしいからいるって言ったろ!」
バルチック「ほんとにいたやん、撃てや」

298: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:37:17 ID:GTj
>>288
日本がバルチック艦隊に勝てた理由のひとつイギリスがバルチック艦隊の行く先々で嫌がらせをしまくったためもあるんやで
イギリスの植民地では補給させんかったフランスの植民地で補給してたバルチック艦隊をフランス政府に圧力かけて追い出させたりしてた
アジアにつくころにはヘロヘロよ

306: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:41:09 ID:xl8
>>298
日英同盟ってちゃんと機能してたんやな
まあ長距離補給もなしじゃそら勝てませんわ

304: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:40:22 ID:7cP
>>288
バルチックつながりで言えば、世界遺産候補の沖ノ島に唯一入れる日が日本海海戦の祭りの日だけだが、なぜあの島でその祭りをするかといえば、日本海海戦を陸から目撃したほぼ唯一の人物が沖ノ島の神社の人間だから

271: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:29:17 ID:2fy
太陽の沈まない帝国スペインを作ったフェリペ2世の息子・フェリペ3世。
日本の支倉常長とも合った王様。

そんなフェリペ3世がある冬、寒くて暖炉にあたっていたが、ちょっと暑くなりすぎたので、召使いを呼んだが、いくら呼んでも召使いが来ない。
そんな状態が長く続いて、フェリペ3世は体温が上がりすぎ、体調を崩して死んだ。

292: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:35:09 ID:xl8
>>271

部屋を出ることもできんかったのか

273: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:29:43 ID:ncq
1913年のウィーンにはヒトラー、スターリン、トロツキー、チトーらが偶然近くに住んでいた
もしかしたらすれ違っていたかも

274: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:29:43 ID:Ous
でかい樽に住むガイジ哲学者とかいたよな
王がわざわざ出向いて願いを叶えるって言ったら日陰になるから邪魔だどけとか言ったやつ

276: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:30:09 ID:956
>>274
キュニコス派のディオゲネスやな

279: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:31:28 ID:XzR
トンキン湾事件のモリスン提督の息子はドアーズのボーカル、ジムモリスン
ベンチャーズの初代ドラマーは大ヒット前に未成年なので脱退、その後空軍大将になってる

294: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:36:29 ID:eIo
1853年のある日、アメリカの鉄道王が行きつけの店のシェフに「フライドポテトが厚すぎ」と苦情を言って何度も作り直しさせた結果
シェフが嫌がらせにクッソ薄く切ってフライしたポテトを鉄道王に出した

ポテトチップスの始まりである

301: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:39:03 ID:2fy
マクドナルド、マクフライなどの姓のマクとは~~の息子の意味。歴史のある家に多い。

ダグラス=マッカサーのマッカーサー(マク・アーサー)家も長男は代々アーサー。
でも、ダグラス=マッカーサーがすごい有名人になったもんだから、代々受け継ぐアーサーに加えてダグラスと付けるのも習慣になった。

310: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)01:42:31 ID:xl8
>>301
はえー、そうなんや
ていうか受け継ぐ名前こっちで決めてええんかい

引用元: ・世界史のおもしろエピソードをワイに教えてくれるスレ



超雑学読んだら話したくなる世界史 (超雑学 読んだら話したくなる)
宮崎 正勝
日本実業出版社
売り上げランキング: 657,054