5136JKVCVNL


1: 世界@名無史さん 03/10/19 20:54
グレゴリー・ラスプーチンと、ロマノフについて語ろう。








274: 世界@名無史さん 2005/06/22(水) 11:24:21 0
ラスプーチンは実はいい奴だったというのが
最近の定説です。

275: 世界@名無史さん 2005/06/22(水) 15:22:09 0
ポグロフやらのユダヤ人排斥追放餓死政策からなんとかユダヤ人を助けてあげたいな~と色々政策に関わったのがラスプーチン。
ラスプーチンは、確かに性豪だったけど基本的に宗教的に真面目でヒューマンないい人。

281: はいじ 2005/07/25(月) 06:10:07 0
ニコライ2世の実弟ミハイル・ロマノフもボリシェビキに殺されたそうですが彼のお墓はど何処にありますか?
それとニコライ2世の実弟で赤ちゃんのときに亡くなったアレクサンドルの死因はなんだったのでしょうか?
ご存知の方おりましたらレスお願いします。

283: 世界@名無史さん 2005/07/25(月) 08:58:42 0
>>281
ミハイル・アレクサンドロビッチ大公は、流刑地Permで殺害された後
そのまんまでお墓はないんじゃないかな。

アレクサンドルの死因は髄膜炎。 

284: 世界@名無史さん 2005/07/25(月) 14:50:28 0
>>283がもう答えてくれてるけど、
たしかミハイル大公は側近と二人でペルミの原野で射殺後、林道のわきに一日放置され、その後同じ場所に埋められたとか。
この人、身分違いの女性と駆け落ちして皇位継承権を剥奪されたりカーキチだったりいろいろおもしろい人だったみたい。殺害されたとき、ニコライと年離れてたからまだ若かったし。
処刑

ミハイル・アレクサンドロヴィチ(1878年12月4日(ユリウス暦11月22日) - 1918年6月13日)は、ロシア大公。

6月13日早朝、森の中で馬車を下ろされた二人は処刑隊に銃撃された。遺体は服を全て脱がされ硫酸をかけられた後に灰になるまで焼かれた。服は処刑の証拠としてミャスニコフに引き渡された後に焼却された。ウラル・ソヴィエト議長アレクサンドル・ベロボロドフは処刑を追認し、間もなくレーニンも処刑を追認した。ミハイルはボリシェヴィキ政権による最初の皇族虐殺の犠牲者となり、この後ニコライ2世一家を含む多くの皇族が虐殺されていった。二人の遺体は現在も見つかっていない。

285: 世界@名無史さん 2005/07/25(月) 19:59:43 0
ロシア人は若い頃は美形だけど・・・

287: 世界@名無史さん 2005/07/26(火) 11:08:47 0
アレクサンドラの姉、エラも絶世の美女だよね。
だけど夫との仲はあまりよくなく、しかもその夫は暗殺され、自身も最期は虐殺されてしまった。

Grand_Duchess_Ella



彼女に育てられたニコライ2世のいとこ、マーリヤ大公女も好きだ。
自伝を書いているけど凄く面白い。彼女の弟は超美形でココ・シャネルの恋人だったんだよね。

290: 世界@名無史さん 2005/07/26(火) 23:19:36 0
>>287
それってドミートリー大公のこと?
ラスプーチン暗殺者の一人の・・・
Dmitri_pavlovich_1920s


ドミトリー・パヴロヴィチ(1891年9月18日 - 1941年3月5日)は、ロシア大公。最後のロシア皇帝ニコライ2世の従弟にあたる。グリゴリー・ラスプーチン暗殺の実行者として知られる。

291: 世界@名無史さん 2005/07/26(火) 23:37:22 0
>>290
そうです。
シャネルの年下の恋人でした。
調香師エルネスト・ボー(シャネルNO.5を作った人)を彼女に紹介したのが大公です。
二人の関係は↓の記事が詳しいです。
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=130000&biid=2005042375158

fd45653e97aa7edf2d758a5f2c408427


293: 世界@名無史さん 2005/07/26(火) 23:52:55 0
>>291
大公との恋があの不滅の定番を生んだなんて、ロマンチックですねえ。

294: 世界@名無史さん 2005/07/27(水) 10:12:49 0
付き合ってたのは一年ぐらいだけどね

295: 世界@名無史さん 2005/07/27(水) 15:22:11 0
うちの母親がロマノフ王家の財産はスイス銀行にどれだけあるかわからないって言ってたんですがどれくらいあるんでしょうか?いろいろ検索したけどあまり詳しくのってないんですよね・・・ご存知の方教えてください!!!

296: 世界@名無史さん 2005/07/27(水) 17:46:40 0
>>295
戦争前は海外に資産がかなりあったらしいけどそれを回収したそうなので、殆ど残ってないらしいけどね。亡命出来た親族らも、持ち出した宝石を切り売りして生活してた。
ただ国家の危機でも、皇帝が娘たちの持参金ぐらいは残してそうだからそれだけでも結構な資産がどこかに残ってそうではあるなぁ。
こういう噂があるから、残った親族内で偽者だのなんだの揉めるんだろうね。

297: 世界@名無史さん 2005/07/27(水) 18:32:37 0
ロマノフ家の財宝と言えば、
ファベルジェのイースター・エッグ。
全部で50数個も作られたけど、未だに7個行方不明なんだよね。
どこかにひっそり眠っているのだろうか。

298: 世界@名無史さん 2005/07/29(金) 18:05:51 0
アナスタシアを名乗るアンナ・アンダーソンが銀行の財産を引き出すパスワードのヒントを知ってた、ってほんとでしょうか?
ニコライの妹のオルガが財産はほんとに存在するのか確かめたそうですが...。
エッグをNYで見たら、すずらんのエッグのピンク色がすげぇ濃くてびっくりした記憶があります。

299: 世界@名無史さん 2005/07/29(金) 18:39:59 0
>>298
若かった末娘がパスワードを知ってたとは思えないなぁ。
でもアンナ・アンダーソンは、イギリスの銀行に隠し財産がある云々は匂わせてたね。
オルガは、姉のクセニアや母親の皇太后が絶対偽者だと会わなかった中で一人逢いに行って、アナスタシアだと認めてたね。
オルガからの姪宛として出している手紙も何通か残ってるのに、その後は否定するようになったので財産の関係があるのではないかと噂されたらしいけど。

301: 世界@名無史さん 2005/07/30(土) 22:19:36 0
>>299
アンナ・アンダーソンの伝記によれば、「娘たち4人だけに皇帝が隠し財産のパスワードを教えた、エカテリンブルグの虐殺のときに頭を殴られたりして記憶が曖昧になり思い出せないが確かにパスワードを教えてもらった、」らしいです。
この話は結局まったくの作り話だったんでしょうか。
オルガはロマノフ家の生き残った人達からアンナを本物と認めちゃダメだ、って警告されてた、と何かで読みました。

オルガ皇女の生存説はよくわからないんですけど、タチアナ皇女に関しては、大正時代の新聞記事に生存説が載ってたりして、菊池寛が「たちあな姫」という短編小説の題材にしたらしいです。

300: 世界@名無史さん 2005/07/29(金) 18:42:32 0
ニコライ二世の長女オルガ大公女は、皇太子みたいな役割も果たしていたし成人していて賢かったから、この人が生き残っていたらいろんな事を知っていたかもしれない。

306: 世界@名無史さん 2005/08/10(水) 16:15:25 0
オルガに関してはルーマニア皇太子、イギリス皇太子との花嫁候補だったと言われていますし、皇帝自身はドミトリー大公と結婚させたがってたとの見方もあります。

307: 世界@名無史さん 2005/08/10(水) 23:24:36 0
>>306
国外に出したくなくて、ドミートリ大公と結婚させたかったらしいね。
オルガ大公女自身も満更ではなかった模様。
ルーマニア皇太子は放蕩息子で女性関係が派手だったし
後のエドワード8世は言うに及ばずだしで、何れに嫁いでも苦労したっぽい。

310: 世界@名無史さん 2005/08/12(金) 08:56:19 0
>>307
ラジンスキーの「真相ラスプーチン」によるとオルガとドミトリーは1912年か13年に婚約したとのことです。(うろ覚えですが)
けれど、ユスポフ公と特別な関係にあったことが皇帝にバレ、婚約破談となりました。
皇后は反ラスプーチン派のドミトリ0と娘の結婚に反対だったようです。
その後、ユスポフとオルガの従姉妹イリーナをめぐって争っていた(?)そう。

311: 310 2005/08/12(金) 13:33:46 0
「真相ラスプーチン」でなく、「真説ラスプーチン」の間違いです。
オルガとドミトリーの結婚は(アレクセイが即位したら)二人に摂政的役割も兼ねて欲しいとの期待もあったんだろう、と私自身は思ってます。

エラに関してはあのヴィルヘルム2世の初恋の相手ですが、彼女の家族に尊大な態度をとったために嫌われ、彼は結婚してからも彼女の写真をデスクに飾っていたそうです。
ロシア革命が起こってから彼女に亡命するように働きかけたようです。
ちなみに、エラのもう一人の妹イレーネはヴィルヘルムの弟の妃です。
(彼女の伝記作家はもし、エラがヴィルヘルムとの結婚に応じていれば第一次世界大戦は回避できたかもしれないという仮説を立てていました)

312: 世界@名無史さん 2005/08/15(月) 02:46:14 O
日本やアジアに亡命した遺族はいるのですか?

314: 世界@名無史さん 2005/08/18(木) 23:51:33 0
>>312
日本やアジア経由で亡命した人はいたかもしれません。
それにニコライ皇帝一家の日本亡命説も出てました。
王族じゃないけど、グレプ・ボトキンは日本経由でロシアを脱出したらしいです。

316: 世界@名無史さん 2005/08/24(水) 23:41:17 0
ドミートリー大公の子供は今どこに?

318: 世界@名無史さん 2005/09/09(金) 18:05:48 O
>316
ドミトリー大公の息子は、フロリダ州パームビーチ市の市長になった、ポール・R・イリンスキー氏のようです。
また、彼にはドミトリーとミハイルという、二人の息子がいます。

320: 世界@名無史さん 2005/09/10(土) 00:58:30 0
同じ名前使いすぎ

321: 世界@名無史さん 2005/09/10(土) 06:38:32 O
>320
名前の種類が少ないね。

325: ジーモン・ジョーカー 2005/09/14(水) 00:57:25 O
ラスプーチンの相棒のヤブ医者(モンゴル系の奴)パドマーエフってロシア革命後はどうなったんだろう?

326: 世界@名無史さん 2005/09/14(水) 01:00:08 0
パドマーエフはモンゴル系じゃなくてモンゴル語が堪能だっただけでは?
日露戦争中にモンゴルの有力者をロシア側につかせた人でしょ?

革命後に投獄されたがいい人だったので看守とも仲良くなったらしい。

329: ジーモン・ジョーカー 2005/09/14(水) 01:16:08 O
>326
モンゴル本国の人ではなくて、カムイク人かブリヤート人。 自称元ラマ僧。 看守と仲良くなったのですか。 判決はどうだったんだろう。

332: 世界@名無史さん 2005/09/19(月) 00:56:16 0
ニコライ2世は「暗愚の帝王」みたいなイメージをもたれているが、あの時代のロシアの舵取りは誰にとっても難しかったんじゃないだろうか。

333: ジーモン・ジョーカー 2005/09/19(月) 03:17:15 O
うん。 よくニコライ二世がウィッテの言うことを聞いていればと言われるけれど、第一次世界大戦にしても、あれだけイギリスやフランスからカネを借りておいて参戦しないなんて不可能だし。

351: 世界@名無史さん 2005/10/24(月) 10:41:05 0
すみません

どなたかニコライ二世の妹?XENIAなる人物について詳しく教えていただけないでしょうか?詳しく書かれてる本の題名とかでもいいです。
検索してるうちにここにたどり着いてしまいました。。

375px-Grand_Duchess_Xenia_Alexandrovna.


クセニア・アレクサンドロヴナ
(1875年4月6日 – 1960年4月20日)はロシア皇帝アレクサンドル3世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇女。

1917年にロシア革命が勃発するとクセニア一家はクリミアに母マリア皇太后や妹オリガ一家と共に幽閉されたが、母方の伯母であるイギリス国王ジョージ5世の母アレクサンドラが救出に奔走し、ジョージ5世が差し向けた戦艦マールバラによって救出され、イギリスに亡命した。


352: 世界@名無史さん 2005/10/24(月) 15:28:45 0
>>351
とりあえずカタカナ表記はクセニアだと思う。

356: 世界@名無史さん 2005/10/27(木) 00:08:34 0
海外のインターネットなどによると、ニコライ二世の妹たちは、わりかし皇后と仲良しだったみたいで…(下の妹オルガは特に)
でも、クセニアの娘がユスポフの嫁だったこともあり、ラスプーチン事件後にギクシャクしたみたい。

>クセニアの本(洋書)
http://www.amazon.ca/exec/obidos/ASIN/0750927496/701-0247885-4830750

357: 世界@名無史さん 2005/10/27(木) 08:29:48 0
その妹も赤軍に殺されたのかな?

358: 世界@名無史さん 2005/10/27(木) 15:06:20 0
ユスポフと一緒に亡命したんでないの?

362: 世界@名無史さん 2005/10/31(月) 19:30:00 0
>>358
ユスポフって凄い美男だよね
写真を見たときびっくりした

360: 世界@名無史さん 2005/10/29(土) 18:17:07 0
ニコライ二世の妹はママのダグマールの祖国デンマークへ亡命したのでは?
ダグマールは甥クリスチャン10世に厄介になっておきながら宝石を売ることを拒否したため甥とは不仲だったようです。
オルガは晩年はカナダにいたんでしたっけ?エリザベス2世が訪問したという話も聞きましたが・・・(が、記憶あいまいです)

364: 世界@名無史さん 2005/11/05(土) 22:07:40 O
ロマノフ一家って、こんな残酷な殺され方する程、悪業あった?
あえていうなら、ニコライは確かに帝王の器では無かったかも知れないが…
でも家族全員銃殺なんて、ちょっとなあ

369: 世界@名無史さん 2005/11/07(月) 22:45:39 0
>>364
少なくとも皇太子や皇女たちには罪はないですよねぇ…
皇太子は病気もちだし…不憫。

ルイ16世もニコライ2世も専制君主としての力量がないうえ、時代が悪すぎた、というのがねぇ…(溜息)

365: 世界@名無史さん 2005/11/05(土) 22:18:50 0
革命なんてそんなもんです

366: 世界@名無史さん 2005/11/06(日) 17:41:16 0
帝位継承者を1人でも残して、反革命軍に利用されるのを恐れたからだろう。

368: 世界@名無史さん 2005/11/07(月) 16:47:45 0
>>366
でも、生かしておいて、各国の親戚相手に外交上の持ち駒として使おうとは思わなかったのかなあ。

367: 世界@名無史さん 2005/11/06(日) 18:24:23 0
ルイ16世、マクシミリアン、ハイレ・セラシエ2世、ファイサル2世・・・
革命とは悲惨なもの。

まぁ2月革命、エジプトやイラン、WW1のドイツ諸邦、戦後東欧諸国のように革命でも退位だけとか追放で済ますケースのほうが多いけど。
イタリアみたいなのはあまり革命とは言わないな

378: 世界@名無史さん 2005/11/29(火) 18:02:47 0
ラスちゃんは皇女たちに手を出したのかな?
皇后も年頃の皇女たちが4人もいるにもかかわらずこんなオンナ好きな人物をわざわざ連れてくるなんてヲカシイ…

379: 世界@名無史さん 2005/11/29(火) 19:19:41 O
ラスプーは大助平だけど、皇后・皇帝の前では厳粛に振る舞っていたそうな。

380: 世界@名無史さん 2005/11/29(火) 23:38:54 0
>> 379
皇帝や皇后に隠れてコッソリ…とはありえますわな。 

381: 世界@名無史さん 2005/12/03(土) 21:48:47 0
それは考え過ぎでしょう

382: 世界@名無史さん 2005/12/07(水) 10:57:46 0
可愛い皇女たちを嫁に出したがらなったのももしや…と考えてしまいます。
深読みしすぎでしょうが。

オリガはイギリスやルーマニア皇太子との縁談もあったそうですが、個人的にドミトリー大公とお似合いと思うのは私だけ?
ニコライ2世を退位させてこの二人でアレクセイの摂政をする案もあったようですが。

387: 世界@名無史さん 2005/12/10(土) 01:02:21 0
>>382
アレクセイの摂政というより、オリガを大公と結婚させて大公を傀儡皇帝にって話ではなかったっけ?

386: 世界@名無史さん 2005/12/10(土) 00:24:40 O
一寸お尋ねしたいのですが、ラスプーチンの体型はどんなだったのでしょう。
つまり身長とか、痩せていたか肥っていたかとかですが。

388: 世界@名無史さん 2005/12/10(土) 17:00:31 0
>386
ラスは写真や肖像画で見る限り結構やせてるんでは?身長は知らないけど。
でも、ユスポフの回想記によると初対面のとき痩せてたけど、2、3回目にあった時には太ってたということです。(うろ覚え)

392: 世界@名無史さん 2005/12/14(水) 10:17:30 O
ラスプーチンの下ネタは、酒場で酔っての自慢噺だから当てにならないぞ。

396: 世界@名無史さん 2005/12/17(土) 08:32:45 0
ラスプーチンの悪行は飛躍し過ぎですよ

415: 世界@名無史さん 2006/02/05(日) 23:57:14 0
アレクセイが可哀想だよソ連

420: 世界@名無史さん 2006/02/14(火) 18:05:35 O
アレクセイの本当の父親は……



ニコライ二世ではなく 美男子で有名な将軍 オルロフ 
422: 世界@名無史さん 2006/03/08(水) 00:13:52 0
>>420
それなんかの本に書いてあった。皇后が夢中になってた云々て。
真偽のほどは神のみぞ知ることだけど
それが皇后に対する悪意ある噂の場合もあるし・・・

431: 世界@名無史さん 2006/03/15(水) 18:59:50 0
>>420
ニコライ2世の弟ミハイル大公の幼少時代の写真、結構アレクセイ皇太子に似ていると思う・・・

430: 世界@名無史さん 2006/03/14(火) 21:36:42 0
アレクサンドラ皇后は公務を休みがちだったんでしょうか?
息子や自分の病気で苦しんでいたのでかわいそうとは思います。
でも、人民には皇后が自分や息子の病気で苦しんでいようがお構いなく攻撃の対象としたんだろうなぁ・・・

四姉妹の仲で一番男受けしたのはタチアナとマーリヤ、どっちかな?
私的にはタチアナはなんとなく気位が高い感じがして敬遠してしまうのですが。
それに対して、マーリヤは気さくな感じがして好きです。(すべて主観です)

432: 世界@名無史さん 2006/03/24(金) 19:17:00 0
>>430
ニコライ皇帝が戦場にでて留守だったときには、皇后が代わりに政務をとっていなかったか?

434: 世界@名無史さん 2006/03/25(土) 10:53:57 0
>>432
実際にはラスプーチン一味の傀儡だったけどね・・・

433: 世界@名無史さん 2006/03/24(金) 19:32:31 O
アレクサンドラ皇后をマリア皇太后は嫌っていたみたいです。

434: 世界@名無史さん 2006/03/25(土) 10:53:57 0
>>433
マリヤ皇太后や他の人たちにとってアレクサンドラ皇后は
「愛想がなくて堅すぎ」たみたいね。
それに、マリヤは子離れできなかったようだから息子のニコライを嫁に取られたような気分になったのでは?(姉イギリスのアレクサンドラ王妃も同様)
この不仲についてはマリヤのドイツ嫌いという説もあるそうだけど・・・
アレクサンドラ皇后はドイツ出身だけど半分イギリス人のようなもんだからなぁ・・・

435: 世界@名無史さん 2006/03/25(土) 11:09:31 0
アレクサンドラ皇后はオーストリア皇后を非難していました。
「美貌を武器にして、自分勝手な行動ばかりしている。ハプスブルク王朝はヨーロッパ一古い歴史ある王朝なのに、皇后はその偉大なる歴史を理解していない。」
と非難していたみたいです。
当時のオーストリア皇后は誰?

436: 世界@名無史さん 2006/03/25(土) 11:32:19 0
文面からするとシシィみたいね。アレクサンドラ皇后が嫁いだのは1894年
シシィが暗殺されたのは98年。
シシィは無政府主義者の割に贅沢な生活を享受し(美貌のため)、ノイローゼと称して皇帝を置いて旅行に行ったりとわがままな行動が目立った。

なので、いっていることは正論。

後年のアレクサンドラ皇后も皇后らしからぬ振る舞いをしていたから
(ラス関連)非難できないけど・・・

437: 世界@名無史さん 2006/03/25(土) 12:18:41 0
>>436
エリザベートが無政府主義者???
殺したのは無政府主義者だが。

445: 世界@名無史さん 2006/03/26(日) 00:12:51 0
それにしてもせめて子供たちを助けようという声はニコライやアレクサンドラの縁者には出なかったのかなぁ?

455: 世界@名無史さん 2006/04/02(日) 20:19:19 0
親日家って本当?
大津事件や日露戦争を考えると、とてもそうは思えないけど。

456: 世界@名無史さん 2006/04/02(日) 20:58:09 0
「ニコライ二世の日記」なり「ニコライ遭難」では親日家という位置づけだった。まあ、読むことをお勧めします。ロマノフ展にもニコライの日記が展示されてたけど、日本に対して好印象を持っていた感じだった。
ちなみに、「ニコライ二世の日記」の筆者によると、日露戦争にも乗り気ではなかったみたい。大津事件の後にも東京に行きたがっていたみたいだし。
ちなみに、妹クセニアのだんなさんアレクサンドル・ミハイロビッチ大公も結婚前に来日してて長崎妻がいたみたい。

457: 世界@名無史さん 2006/04/04(火) 01:00:08 0
遺体から切り取られたラスプーチンのチンコがオークションにかけられたことがあったらしい。
凄い大きさだったけど、あとで「あれはナマコだ」という説も出たとか。

473: 世界@名無史さん 2006/04/20(木) 23:18:55 O
ラスプーチンのチン長は36cm

566: 世界@名無史さん 2006/10/03(火) 19:23:15 0
>>473
どっかで ラスプーチンのちんこが保存されてるとかの写真少し前にみたような・・・あれ本物なのかな?

478: 世界@名無史さん 2006/04/29(土) 18:36:02 0
ホルマリン漬けのペニス、でかすぎだわな。
身体は火葬されてるのにアレだけ残されるのも変だし。

引用元: ・【ロマノフ王朝】と、【怪僧ラスプーチン】のスレ




最後のロシア皇帝 (ちくま新書)
植田 樹
筑摩書房
売り上げランキング: 392,224