61A-rlcTr5L (1)



1: 人間七七四年 2017/02/09(木) 17:05:56.59 ID:6Z0xMexy
明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代、安土桃山時代の武将。

通称は十兵衛。
父は明智光綱のほか、明智光国や明智光隆の説もある。
さらに信長に仕えるまでの前半生には不明な点が多いが、明智軍記では美濃明智城主として斉藤道三に仕え、その没後は諸国を遍歴したとされる。
-------以上wikipediaより転載---------

その他秀満や光忠などの明智一族、斎藤や妻木や溝尾や藤田などの家臣も話題も歓迎。

■武家家伝_明智氏
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/aketi_k.html 


関連記事
明智光秀/惟任日向守を語る







277: 人間七七四年 2017/09/12(火) 07:52:59.34 ID:2zX2n+qp
本能寺の変の目的は足利義昭を呼び戻しての室町幕府再興だった!明智光秀直筆の手紙が見つかる
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/12/news088.html

278: 人間七七四年 2017/09/12(火) 09:49:58.56 ID:pg+BwzUM
あの写しの原書が見つかったのか。しかも直筆とは貴重だ

279: 人間七七四年 2017/09/12(火) 11:31:09.49 ID:XHQ8E0yl
信長ヤッた後なら「室町幕府再興」って言うのが一番正当化しやすいだけで
ヤる前に幕府再興のためになにかしてたのかと

280: 人間七七四年 2017/09/12(火) 16:59:26.82 ID:2zX2n+qp
まぁ利用できるもんは全部利用するってだけで再興目指してたとは必ずしも言えないわな

283: 人間七七四年 2017/10/18(水) 17:19:14.16 ID:Mz0FjOfW
やっぱスキがあったんで思わずついちゃったのかな

315: 人間七七四年 2018/01/06(土) 23:31:15.41 ID:eG/aJVTo
へうげものでは、秀吉は黒幕で実行犯だったな

317: 人間七七四年 2018/01/07(日) 08:32:43.06 ID:IHhNajLO
秀吉が黒幕であるとするなら、光秀が実行するのを引き受ける意味がわからない
秀吉を完全に信用してないと出来ないだろ

318: 人間七七四年 2018/01/07(日) 10:22:30.12 ID:jb3s02J+
秀吉は「知ってた」レベルだったのかもよ
つまり明智は秀吉が知ってるとは知らなかった

320: 人間七七四年 2018/01/07(日) 10:42:12.44 ID:R6Yilh9l
秀吉黒幕なんて数多くある本能寺の原因予測の中でも真っ先に否定される説だろ

322: 人間七七四年 2018/01/07(日) 13:00:24.11 ID:ZmYAn4T/
黒幕じゃ無いけど秀吉は光秀に謀反する様に仕向けてたフシはあるよ
四国の路線変更は絶対そうだと思う
光秀と接する事も多かったから有る事無い事信長に告げ口してたとか
秀吉は自分は信長を討つ事は不可能だけど光秀なら可能だと踏んでたと思う

360: 人間七七四年 2018/02/17(土) 03:29:05.18 ID:tmBENVYl
今さらな質問かもしれんけどあの時点で信長を謀反で倒したとして光秀って天下人になれるの?
計画的なものならともかく後のぐだぐだ感見ると突発的だし
全国制覇という意味でなら信長はまだ天下人ではなく権力的な天下人という意味なら無計画な謀反で一時的に天下人とか無理じゃないのか?
なんで天下様になると受け取ったのかよくわかんないんだけど

365: 人間七七四年 2018/02/17(土) 23:13:30.61 ID:c4eYSzxt
>>360
逆じゃない?
毛利や長宗我部まで食った後じゃ体制固めに入られて名実共に天下人になっちまう

そうなったら信長ひとり暗殺しても無駄でギリギリ大名格だったのでもう時間無いと思ったとか

378: 人間七七四年 2018/03/27(火) 21:53:40.92 ID:+zLhhyAZ
これ、ホント??

企画展「織田信長と上野国」 あすから高崎・県立歴史博物館で
「明智光秀の祖先は土岐氏とされ、明智氏の子孫は土岐氏を名乗って沼田藩主となったという。」

ttp://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201803/CK2018031602000174.html

379: 人間七七四年 2018/03/27(火) 21:58:07.31 ID:WI2rfEX0
土岐氏の子孫だけど(土岐氏とされる)光秀の子孫ではないってやつじゃねーの

380: 人間七七四年 2018/03/27(火) 23:06:11.25 ID:4d9A1EEK
明智系統を名乗っていたのは確かで、藩祖の父の大伯父かな
その人物には明智光継(光秀の祖父)と同一人物だという説がある

383: 人間七七四年 2018/03/28(水) 23:31:09.17 ID:w/oAxxIH
なんかこんなのもある
これだと土岐も明智も関係ない?
馬場信春や山県昌景の例もあるから改姓は一般的なのかな

「明智光秀の前半生は「進士藤延」?改姓へ信長の戦略」
ttp://www.yomiuri.co.jp/chubu/feature/CO022951/20170116-OYTAT50038.html

386: 人間七七四年 2018/03/29(木) 11:33:58.41 ID:YYnyT5IP
菅沼藤蔵(土岐定政・家康家臣)は母の実家の奥三河に落ち延びた明智一族だけど
明智光秀とどう繋がりがあるのかわかってない

進士藤延かその弟かどうかはわからないけど
明智光秀=進士説は
明智光秀=天海説より信憑性があるなぁと思うけどなぁ

明智光秀が進士藤延かその弟だったら
光秀の年齢はかなり若かったことになる
永禄の変の時、将軍義輝の側室が妹(か姉)だから20歳前後
となると、本能寺の変の時30代後半から40代
でも、進士藤延、妹の義輝側室小侍従、お腹の中に居た子は永禄の変の時亡くなってることになってる
義輝遺児と言われる尾池義龍の母は小侍従ではないらしいけど
どうなんだろうね?

389: 人間七七四年 2018/03/29(木) 21:58:52.51 ID:6ajDuqUf
>>386
美濃守護の土岐宗家系図によると、光秀は菅沼定政のハトコにあたる。

後に光秀は明智宗家の猶子となり、形式上は菅沼定政の叔父となった。

390: 人間七七四年 2018/03/29(木) 23:18:04.73 ID:DWIQT7Ap
最近、明智光秀は本能寺の変当時、67歳という高齢だった説が多くて昨年の大河ドラマも白髪老人だった
当代記の記述が明確に主張してるからだろうけど
当代記は間違ってるんじゃないかな?どうも信じられない…

>>389
では光秀と同世代となる、はとこは本能寺の変当時、31歳だったということだよね(菅沼藤蔵は1551年生)
例外も珍しくはないけど、67歳だと35歳差というのはとても離れてるよね
だいたい一世代ズレてる
当代記の他は明智光秀の年齢を明記してる文献は見つかってないけど
やっぱり他の状況証拠はもっと若く設定した方が自然な場合だらけのように思う

391: 人間七七四年 2018/03/30(金) 01:16:28.48 ID:lGcd72rF
当代記の年齢表記はまるで後から付け足したような感じで書かれているから怪しいんだよな
そもそも当代記の信長関係の記述は主に甫庵信長記を参考にして書かれているのであまり信憑性が高くないとも聞くが

392: 人間七七四年 2018/03/30(金) 12:57:49.50 ID:038Ftj7g
光秀が30代後半から40代だと光秀の子供との年齢差はどうなるんだろう

393: 人間七七四年 2018/03/30(金) 14:31:00.40 ID:21kXLyiH
はっきりしてるのは細川ガラシャだけで本能寺の変の時は19歳
ガラシャは次女か三女だから長女は20代半ばくらい?
嫡男は10代半ばだったらしいです
その下となると側室の子になるけどまだ幼年だろうね

光秀正妻は後妻で前妻との間に子供が居たという話も聞いたことがあるけど信頼性は薄い
あと養子も居たみたいだ

395: 人間七七四年 2018/03/30(金) 22:01:54.36 ID:PAMQsxpq
自分が55とか68で息子はまだ13~15歳
死ぬまで現役強要で隠居は許されない
失敗があれば佐久間みたいに改易
華々しく討ち死にしてもやはり原田みたいに改易されて
一族路頭に迷うのは確実

そりゃ信長に隙あらば闇討ちしようと思うわ

397: 人間七七四年 2018/03/31(土) 22:46:38.53 ID:ypucjOM2
>>395
信長を闇討ちしても結局滅亡したのだから、意味がない。
光秀はその予測ができそうだから、思い付き謀反説は説得力を持たない

398: 人間七七四年 2018/03/31(土) 23:06:48.93 ID:m0ZdEFYJ
極限状態になればどうなるかわからん。赤松満祐みたいに後を考えずやっちまうんだよ

399: 人間七七四年 2018/04/01(日) 21:25:36.80 ID:qh2b18qW
信長・信忠が死んだら嫌でも勢力が割れるけどこんなに自分につく勢力が少ないとは思わなかったんだろうな
どうせ勝ち馬(明智)に乗るだろうと高を括っていたらまさかのボッチ
これに関しては秀吉が凄すぎたんだが

407: 人間七七四年 2018/04/11(水) 22:35:29.07 ID:bA+bclA9
当代記の67歳没説とかいまだに信じられてんのかよ
いくら優秀でも50代まで素浪人同然だったやつがそこから武功働きで方面軍の大将にまで出世できる訳ないだろ
子供の年齢から考えても信長や細川藤考や荒木村重と同世代に決まってるのに

408: 人間七七四年 2018/04/12(木) 17:55:49.78 ID:xB8qGHsZ
谷口克広大先生が67歳説推しだからしゃーない
個人的には流石にそれは無いだろうと思ってるけど

409: 人間七七四年 2018/04/12(木) 19:03:08.33 ID:JhpAWUaW
光秀が67歳だったとすれば、なんでも書きまくりたがり、光秀には悪意をもっっていたフロイスが、そのことを書くか、その雰囲気を伝えるくらいのことはやっていたと思えるのだが。
たしか、村井貞勝について、そんなこと(歳のこと)を言っていたような気がする。

420: 人間七七四年 2018/04/14(土) 18:02:54.36 ID:SfszibRv
67歳没説だと荒木村次室が光秀45歳くらいの子でガラシャが47歳の子で光慶が53歳の子になるんだけどな
妻木氏も光秀と大して年齢変わらないだろうし絶対あり得ないだろ

423: 人間七七四年 2018/04/15(日) 13:51:27.87 ID:keewYyfc
明智憲三郎も67歳説支持で朝倉宗滴を例に挙げて「老年になっても活躍した武将はいる」と説明してたけど
宗滴の爺さんは若い頃から朝倉一門の重鎮だったからあの歳になるまで第一線で働けたのであってどこの馬の骨とも分からん50過ぎの浪人が重用されるなんて普通は有り得んよな

451: 人間七七四年 2018/04/20(金) 22:14:26.83 ID:jUyuI5YQ
>>423
どこの馬の骨とも知れない藤堂高虎は60で激戦、65で要人警護をやってついぞ隠居させてもらえんかったな
まあ数え年だけど

455: 人間七七四年 2018/04/21(土) 06:32:13.95 ID:BrhOXXmF
>>451
高虎は若い頃から秀長の家臣として頭角を表してたし
歳食ってからいきなり世に出てきたというわけではない

424: 人間七七四年 2018/04/15(日) 14:08:25.34 ID:yeTVrZox
秀吉だってどこの馬の骨かわかったもんじゃない、蜂須賀小六のほうがよほど家柄がいい

425: 人間七七四年 2018/04/15(日) 16:15:05.76 ID:DZYP5ABq
秀吉は若い頃から信長に仕えてたじゃん
同じ馬の骨でも20代と50代では扱いが違って然るべきだろう

426: 人間七七四年 2018/04/15(日) 19:10:36.36 ID:+UAgTUO+
67歳説は同意できないが、ただ、信長が上京のとき「明智邸」に宿泊した記述があるので、光秀は、信長に仕える前からかなりの身分だったらしいという説を読んだことがある。

428: 人間七七四年 2018/04/15(日) 21:53:55.07 ID:8JwTZ1+I
散々俗説だから疑わしいと言われている土岐明智家の嫡男という説が実は正しかったりするんだろうか

429: 人間七七四年 2018/04/16(月) 05:21:55.08 ID:RTH/uHtk
それはそれでその割にはスタート位置が低すぎるような

430: 人間七七四年 2018/04/16(月) 23:27:50.44 ID:mLopT10B
立入なんちゃらさんが、光秀のことを土岐の随分衆と書いているんだから美濃のそれなりの出身なんだろう。美濃の明智家は滅亡しているので、光秀が信長家臣になったときは成りあがり途中っだったとかさ

431: 人間七七四年 2018/04/18(水) 07:10:18.95 ID:AGgJXbfi
2020年大河は「明智光秀」が有力 新人物像と家族の絆軸 


https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804180000010.html
434: 人間七七四年 2018/04/19(木) 16:50:40.47 ID:+fyUT4OB
光秀が側室いない愛妻家って子供の順番も正室の没年もはっきりせんのにいつから側室いないことになってるんだ
現代的価値観での持ち上げ以前の問題

435: 人間七七四年 2018/04/19(木) 17:29:54.69 ID:ibppCVvn
>>434
光秀正妻煕子の没年は光秀妻の墓がある西教寺に伝わる、天正4年に亡くなったのがほぼ確定でしょ?
煕子の死後、側室は複数居たと思うけど夫婦仲が良かったのは江戸時代から伝わってる話なんじゃないかな?
松尾芭蕉も「月さびよ 明智が妻の 咄(はなし)せん」と詠んでいるし

436: 人間七七四年 2018/04/19(木) 17:47:15.32 ID:ibppCVvn
>>435
天正4年にまず光秀が重病になって、一時死亡説も流れたけど数ヶ月後に回復した
吉田兼見の日記にも煕子が祈祷をお願いしに来た記述があるそうだよ
光秀が回復したすぐ後、今度は煕子が重病になって煕子の病気を治す為、光秀も一緒に在京してて、兼見に祈祷の依頼をしている
その後、兼見の日記に煕子の名前が出てこない
天正4年の11月に亡くなったという西教寺の記録と合ってるよ

お互いの病気治癒の為に祈祷を依頼するとか仲良かったんだと思う

437: 人間七七四年 2018/04/19(木) 18:53:27.69 ID:QUH+D/mK
天正4年6月13日付の丹波国衆小畠永明宛の光秀書状でも、永明の病気見舞いに対して、回復しつつあるのでどうかご安心下さいと返信してるから天正4年に光秀が大病を患ってたのは間違いないようだね

438: 人間七七四年 2018/04/19(木) 19:20:04.16 ID:rMtF1B5Y
公式サイトの解説を見ると明智姓を名乗ってるけど牢人という設定になってるのが気になる
明智一族だけど嫡流である光継の子ではなく末端ってことにするんだろうか

439: 人間七七四年 2018/04/19(木) 20:40:25.50 ID:EBSuSkgG
本能寺の変の時点で側室が一人もいないからマジでいなかったんじゃないの

440: 人間七七四年 2018/04/19(木) 21:42:01.14 ID:ibppCVvn
系図によっては、本能寺の変の時かなり幼年と思われる子供の名前も出てくるよ
たぶん、煕子が亡くなった後は側室がいたのでは?
後妻もいたのかもと思う

なぜそうかというと
煕子が亡くなった天正4年の翌年から光秀の上の娘達が次々に結婚して家を出て行く
荒木村重の嫡男室や織田信澄の正室
はっきりしたことはわからないけど、ガラシャも天正6年に細川家に入ってる
たぶん、正室煕子の子供達なのだろう
結婚適齢期だったのだろうけど
なんとなく気不味い光秀の気持ちを想像しちゃうよね

447: 人間七七四年 2018/04/20(金) 19:18:36.46 ID:LejiMPzb
大河決定で注目が集まり新史料発見て恒例行事だよね
ついでに便乗トンデモ説とかも

448: 人間七七四年 2018/04/20(金) 19:29:42.09 ID:ZgDVDzS+
最終回は土民に討たれるのか?それとも・・・

引用元: ・【本能寺の変】明智光秀/惟任日向守を語る9



明智光秀: 史料で読む戦国史

八木書店古書出版部
売り上げランキング: 392,908