51SSxCsrhvL



1: 世界@名無史さん 2007/03/27(火) 21:38:21 0
このスレは、もっとも名誉ある近代国家・アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレです。
みな、アメリカの歴史的偉業を挙げ、感謝の言葉を述べていきましょう。







4: 世界@名無史さん 2007/04/01(日) 16:24:57 0
「この国はおそらく,世界一自由な国です。言論への抑圧などいかなる意味でもない。政府はできるものなら言論を統制したいと願っているけれども,その力はありません。」
ノーム・チョムスキー


5: 世界@名無史さん 2007/04/01(日) 18:12:10 0
枢軸国を破り、ソ連を破ったアメリカはあらゆる言葉ですら言い尽くせない真の超大国だ。軍事、経済、文化とあらゆる点で非の打ち所がない。
ヨーロッパの強国であるドイツ・イタリアを破り、東アジアの強国である日本を破り、ソビエト連邦を破ったアメリカは偉大である。

6: 世界@名無史さん 2007/04/01(日) 19:21:46 0
この世にアメリカを超えた強国なんて、ソ連以外に存在しないのではないの?
そのソ連を破ったアメリカは桁外れの超大国である。

8: 世界@名無史さん 2007/04/01(日) 22:08:30 0
各国から寄せ集められた実験室だからな

12: 世界@名無史さん 2007/04/07(土) 18:04:37 0
アメリカは有史以来何千年続いてきた「帝国の時代」を終焉させた。

もっとも近々に出現したソビエト「帝国」も、少し前の第三帝国も大日本帝国も、そして間接的には大英帝国を筆頭とする植民地帝国も、結果的にはアメリカによって葬られた。アメリカがいる限り、他国の領土を征服し拡大する「帝国」という現象は発生しずらい。

根本的には近代化が「帝国」という現象を終焉させたのだろう。
アメリカは見事なまでにその体現者となったわけだ。
神からの使命を担った国と自負するのも謂れのないことではない。

アメリカの「使命」は二つある。

一つは、地球上に多数の国家が存在し、それらが交易や通信網でネットワーク的に接続された現在の世界秩序を維持すること。アメリカがもっとも嫌うのはこのネットワークを壊す恐れのある国や参加しない国だ。大小を問わない、歴史や宗教も関係ない。
そういう国には、おせっかいなまでに介入する。

もう一つはこのネットワークのハブたる位地を死守すること。
ネットワーク構造の特性上、ハブには富も資源も情報も「自然に」集まってくる。他国を征服する必要などない。

18: 世界@名無史さん 2007/04/10(火) 18:20:18 0
枢軸国を粉砕した事だろ。
真に偉大な点は。

19: 世界@名無史さん 2007/04/10(火) 22:22:58 0
社会主義陣営を破綻させた事も追加して。
そして、次に反米テロリズムを打破するであろう…   

か?

48: 世界@名無史さん 2007/07/16(月) 01:45:49 0
>>19
ある意味、国家が相手だった今迄より手こずることになりそう。

27: 世界@名無史さん 2007/05/05(土) 22:41:28 0
検索エンジンの想像、インターネット分野における活躍、ウィンドウズの販売、宇宙開発の功績。

僕が認められるのは是ぐらい。

28: 世界@名無史さん 2007/05/06(日) 00:50:56 0
20世紀で最大の功績は、ナチスとソ連から世界を救ったことだ。

29: 世界@名無史さん 2007/05/06(日) 01:21:37 0
>>28
そして21世紀はムスリムから、に果たしてなるのか?
嘗て、第二次大戦後、東欧の共産化の進展に対して、米国中心の消費文明に彼らが目覚める事で、共産化を阻止しようと、(当時流行の通販だった)シアーズのカタログをばら撒くことを真剣に検討したと言うね。
 
まあ、それ以上のものを提供できなかった体制にも問題は多々あるけど、アメリカニズムの世界化は功績という事になるのかな?

32: 世界@名無史さん 2007/05/19(土) 11:54:11 0
フランス革命より10年も前に成文憲法をもった大統領制民主主義国家を誕生させ。
建国以来一度も独裁者を出さず、軍事クーデターも起こらず、代々民主的な方法で指導者を選出し、さらに150年で更地から世界一の経済大国にのし上がり、20世紀の独裁者、レーニン、ヒトラーの世界征服の野望を打ち砕き、人類を正しき方向に導く偉大なるアメリカ合衆国こそ一番すげえ歴史を持つ国よ。

45: 世界@名無史さん 2007/06/20(水) 21:29:23 0
チャックベリーからジミヘンドリックス、そしてヴァンへイレンとロックのヒーローを次々産んだ合衆国!

46: 世界@名無史さん 2007/06/24(日) 22:14:59 0
コンセプチャルアートもポップアートもアメリカで発展しました

69: 世界@名無史さん 2007/09/01(土) 11:34:06 0
アメリカの偉業
・近代民主主義の基礎である「大統領制」を創造した
・シビリアン・コントロールの原則を実践し大成させた
・修正10か条(権利章典)により世界で始めて各種権利を成文憲法にしたためた
・蒸気船を発明し海運技術の向上に寄与した
・モンロー・ドクトリンにより新大陸を西欧帝国主義から防衛した
・レッセ・フェールから革新主義に至る経過を実践し資本主義の質を高めた
・現代生活を支える各種白物家電を発明、革新した
・航空機を発明し空間という概念を変えた
・大量生産、大量消費の大衆文化を創造して人類の生活を実り豊かで充実したものに変貌させた
・集団安全保障の概念を実現させた
・二度の世界大戦で活躍し専制政治やファシズムを先進諸国から一掃した
・帝国主義を否定し(cf ウィルソンの中東領有拒絶、アイクのスエズ戦争反対)アジア、アフリカ独立に貢献した
・ハリウッド、ジャズ、ポップミュージックなど世界の文化振興に多大な貢献をした
・初の月面着陸をなしとげ人類の宇宙開発に貢献した
・トルーマン・ドクトリン、マーシャル・プラン、ポイント・フォア計画などで西欧やアジアを救済した
・半世紀にわたる毅然とした外交で世界をスターリニズムの恐怖から開放した
・官民を問わず多大な金銭的、人的支援で貧困、紛争、圧制、疫病から世界の人々を救済している
・言論、表現の自由によりジャーナリズムが発展、世界のモデルとなった
・先史時代の農業革命、18世紀の産業革命と並び賞されるIT革命をなしとげ人類史の新しい1ページを創造した
・21世紀現在、世界各地に部隊を展開して世界秩序の維持に貢献している
・民主主義や自由といった哲学、洗練された資本主義、大衆文化、政治制度など全ての分野で人類史上最大の成功を収めたアメリカ合衆国は世界の模範となり、人類文明のシンボルとして世界に希望を与えている

86: 世界@名無史さん 2007/09/18(火) 16:05:00 0
インディアンの虐殺とか、原爆とか、ベトナム戦争とか、とてもいいこととは思えないけど、漏れはそんなヤンキーたちが好きだ。

106: 世界@名無史さん 2007/09/21(金) 03:03:08 0
アポロ11号の月面着陸というのは、人類史上最大の歴史的大偉業だったと断言できるでしょう。これは、マゼラン艦隊の世界一周やアムンゼンの南極点到達、ライト兄弟の初飛行より偉業としては上でしょう。人類が初めて火を使った以上の快挙です。
人類の歴史のみならず、地球の生物が他の天体に一歩を踏み出したというのは、両生類のイクチオステガが初めて海から上陸して陸地を歩いたぐらい地球生命38億年の歴史で画期的な出来事と言えるでしょう。
アームストロング船長は謙虚に「人類にとっては巨大な跳躍」なんて言ってるけど、人類じゃなく地球生物にとってですよ。人類の大偉業ではなく地球生物38億年の大偉業です。

120: 世界@名無史さん 2007/09/30(日) 13:13:35 0
世界初のカラー長編アニメ映画「白雪姫」は1937年に上映された。
「ピノキオ」が1940年で「ダンボ」が真珠湾攻撃の年の1941年に上映された。
日本初の長編アニメーション映画「桃太郎の海鷲(白黒)」が上映されたのが1943年だが、当時その製作に携わっていた日本人の関係者はディズニーの「ファンタジア」を見て日本の敗戦を悟ったという。日本初が戦意高揚アニメなのに、アメリカ初が「白雪姫」とは象徴的だ。

118: 世界@名無史さん 2007/09/30(日) 13:05:34 0
昔はアメリカが作り出すものが世界を魅了したのだがな。
どっからこう落ちぶれたんだろうな。
やっぱりベトナム戦争?

122: 世界@名無史さん 2007/09/30(日) 13:18:10 0
アメリカがダメになったのはやっぱり貧富のピラミッドが異常になってからだろう。

124: 世界@名無史さん 2007/09/30(日) 13:34:32 0
>>122
貧富の差があるほど貧乏人が暮らしやすいというハイエクの逆説もある。
現実に、貧富の差が激しいアメリカから亡命者が出たという話は耳にしない。

127: 世界@名無史さん 2007/09/30(日) 14:00:26 0
>>124
その代わり医療保険等のシステムがちゃんとできてないのでちゃんと手術も受けられず手遅れだったという話はあるよね。犯罪問題は言う必要もないし。

163: 世界@名無史さん 2007/10/15(月) 03:51:53 0
多くの若い留学生を世界中から受け入れ、日本人にも民主主義を説いたこと。

229: 世界@名無史さん 2007/11/23(金) 23:13:43 0
日本には不思議なほどアメリカ史に興味の無い奴が多い。
USAを歴史の無い国扱い。謎だ。

234: 世界@名無史さん 2007/11/24(土) 11:52:19 0
>>229
だってアメリカには王様も貴族も宮廷もないから華やかさに欠けるからな。
民主共和制だけの歴史って、たいして面白くない。

現代史や戦史は軍板とか政治系の板の方が向いてるし。


243: 世界@名無史さん 2007/11/27(火) 23:04:05 0
結局、アメリカ史は時事ネタと現代史(ほとんど戦争ネタ)しか語ることがない。

王様や貴族を持たない国は、歴史としての面白みに欠ける。

244: 世界@名無史さん 2007/11/28(水) 06:54:05 0
アメリカの歴史を簡単に言えば、

「アメリカの最大の武器は自由と民主主義であり、この二つでアメリカを動かし、この二つで資源やお金のための戦争をすることができる」ってなとこ。

そして今アメリカはヨーロッパに売り飛ばされたようなもん
232: 世界@名無史さん 2007/11/24(土) 08:03:25 O
終わった歴史じゃないからね。いままさに続いている歴史だから。 
何が因で何が報なのかの見極めもむつかしいから。 
興味がないんじゃなくて取っ掛かり、どれに着目すべきかが難しいんじゃないのかなあ

235: 世界@名無史さん 2007/11/26(月) 06:55:41 0
世界の盟主がアメリカで本当によかった。 
日本のような純潔主義の国が世界の頂点になっても、私は嬉しくはない。 
「やっぱり人種が一つに統一化されている国のほうが成功するのか?」ってことになってしまうから、人種差別主義の肯定化に繋がる。やっぱり世界の盟主はアメリカのような多民族国家であるべきだ。 
それが人類のためだ。 

236: 世界@名無史さん 2007/11/26(月) 07:11:37 0
日本や中国、韓国のような純血主義の国が世界の盟主になったら世界は闇だぞ。 
アメリカと違ってすぐ民族主義、人種主義が台頭するからな。 

239: 世界@名無史さん 2007/11/26(月) 22:43:56 0
>>236 
中国は多民族国家です 
日本や韓国みたいな「ほぼ単一民族」の国家は世界的にも稀 
アメリカが凄いのは移民がマジョリティであると言う事 
まぁブラジルとかオーストラリアとかもそうだけど

245: 世界@名無史さん 2007/11/28(水) 10:13:29 0
人類史上、アメリカ合衆国より強大で、それでいてフェアで平和的で透明性のある超大国があったら教えてください?
私は思いつきません。

247: 世界@名無史さん 2007/11/28(水) 10:53:19 0
大国の中ではフェアで平和的で透明のような気がします。

250: 世界@名無史さん 2007/11/28(水) 11:36:55 0
一部の反米陰謀論者は、いかにも「アメリカの悪事を暴いているんだ」とばかりに偉そうに言っているけど、元ネタはほとんどアメリカが情報公開した情報ばかりなんだよな。
例えば、朝日記者や本多勝一の大好きな中国なんて情報公開は一切やらない。

251: 世界@名無史さん 2007/11/28(水) 11:45:34 0
例えば、「自作自演で戦争を起こす」と言えば、多くの日本人は何処の国を連想するだろうか?
満州事変や上海事変を連想する日本人は何パーセントいるだろうか?
秘密工作で戦争を起こすなどWW2以前は何処の国もやっていたが、みんなアメリカに敗れて牙を抜かれただけのことだ。

270: 世界@名無史さん 2007/11/29(木) 21:20:40 0
陰謀論者はこう主張する。
「イラク攻撃の口実にするため911テロを自作自演したのだ」と。
だが百万歩譲って911テロがアメリカの自作自演なら、アメリカはまずサダム・フセインが911テロの黒幕である証拠を捏造するはずだ。
だが、イラクが911テロに関与した証拠は未だに発表されていないのだよ。

279: 世界@名無史さん 2007/11/30(金) 22:48:48 0
アメリカ独立革命はもとより、フランクリンの避雷針実験やフルトンの蒸気船発明も十分に歴史的偉業ではないのか?

284: 世界@名無史さん 2007/12/01(土) 11:28:35 0
ジョージ・ワシントンが周囲の勧める王位を蹴って、大統領に就任したのは何気に「歴史的偉業」だろ?

288: 世界@名無史さん 2007/12/02(日) 10:16:25 0
>>284 
同意
ハワード・ペッカム「アメリカ独立戦争」も同意見で詳しい

432: 世界@名無史さん 2008/01/14(月) 00:11:43 0
アメリカの偉業
国内政治の延長が世界政策であるというスタイルを築いたこと

439: 世界@名無史さん 2008/01/27(日) 22:18:43 0
「Tomorrow」とだけかかれた地図を頼りに旅に出る人たち>アメリカ

440: 世界@名無史さん 2008/01/27(日) 22:41:36 0
うむ、SF作家が多いのもその為か

441: 世界@名無史さん 2008/01/29(火) 21:19:29 0
フロンティアスピリッツですだよ

442: 世界@名無史さん 2008/01/29(火) 22:07:42 0
アメリカの力の源は、圧倒的な国力を持っていながらそれに満足することなく さらに国力を強化しようとする、そのあくことのない意思、欲望にある。世界最大の農業国で、世界最大の工業国で、世界最大の軍事国家で、世界最大のメデイア大国。
普通ならそれで満足しそうなものだが、もっと強く、もっと大きく、もっと豊かに。
その上を目指す意思、欲望は衰えることを知らない。
この資本主義という欲望をエンジンとする制度が続く限り、アメリカの覇権は揺るがないだろう。

443: 世界@名無史さん 2008/01/29(火) 22:34:54 0
というかアレだ、止まると死んじゃうんじゃないか? アメリカの場合。
マグロが泳ぐのを止められないような理屈で。

446: 世界@名無史さん 2008/03/02(日) 16:30:23 0
1969年7月16日、ケネディ大統領の約束ははたされた。信じられないことに、ニール・アームストロングが地球から約38万キロ離れた月面に立ったのである!アポロ11号をどう表現すればいいだろう? それは技術がなしとげた偉業であり、比類なき大胆不敵な行為であった。アポロ11号の月面着陸は、世界支配をめざす米ソ間の闘争を超越し、人類全体にとっての誇りとなり、さまざまな発想の源となり、人類が到達できる高みの象徴となった。

・・・そのうえアポロ11号は政治的圧勝でもあった。全世界がアメリカの偉業に畏敬の念をおぼえた。

496: 世界@名無史さん 2008/11/07(金) 00:16:50 0
アメリカの偉業、宗教が特に多様な点かな…
カトリックやルーテル派、長老会からバプテスト、メソジスト、クエーカー、モルモン、ユニテリアンその他いろいろ
もちろんオーソドックスやアングリカンチャーチ、モノフィジートもおります
ユダヤもイスラームも仏教徒もバハーイもおります

497: 世界@名無史さん 2008/11/07(金) 09:38:22 0
アメリカで黒人のオバマが大統領になったが、この国は奴隷解放が1865年だ。
それ以前は鎖で繋がれて奴隷にされていたのだ。
黒人奴隷解放から、わずか150年たらずで黒人が大統領になったことになる。
黒人初のメジャーリーガー誕生からわずか半世紀、
これといった外圧もなく、これほど短期間で社会的価値観が変化した国が歴史上であっただろうか?

540: 世界@名無史さん 2008/12/25(木) 00:27:27 0
アメリカの多様性はローマの多様性、唐の多様性、モンゴルの多様性、オスマンの多様性
等に比肩できると思うけど歴史の中で過去の帝国が滅び行く様は哀れなものに見える
アメリカが滅び行く時はどの様になるのだろう?

引用元: ・アメリカ合衆国の歴史的偉業を讃えるスレ part3



大学で学ぶアメリカ史
和田 光弘
ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 96,109