1: 樽悶 ★ 2018/10/13(土) 23:33:18.59 ID:CAP_USER9
タンザニアのキルワ・キシワニ遺跡にあるスルタンの墓。丸い部分のいずれかに肥前磁器の皿をはめ込んでいたという=野上教授提供
no title


17~18世紀における肥前磁器の国際流通を研究する長崎大の野上建紀教授(考古学)が、アフリカのタンザニアで分布調査をしている。有田焼などの肥前磁器は鎖国期に長崎・出島から世界へ輸出された。野上教授は研究事例が少ない東アフリカに調査範囲を広げることで、長崎に出入りできなかった国々の船が輸出にどう介在し、どこへ運んだかを解明する。

肥前磁器は長崎で交易を許された中国船により、台湾経由でフィリピン・マニラへ運ばれ、スペイン船で太平洋を横断した。野上教授は佐賀県の有田町歴史民俗資料館に勤めていた14年前から、この東回りルートの国々を訪れ、南米コロンビアの古い教会の装飾などに残る肥前磁器を見つけてきた。昨年、最も遠いアルゼンチンの調査を終えた。

アフリカでは、長崎で交易したオランダの拠点だった南アフリカ・ケープタウンで肥前磁器が数多く出土している。東アフリカは、タンザニアとケニアで各1点の発見例しかない。

(以下略)

全文は
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/457162/








11: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 23:51:16.25 ID:D/M6pikJ0
わざわざ出向かなくてもオランダスペインに聞いた方が早いんじゃないの

14: 名無しさん@1周年 2018/10/14(日) 00:09:13.10 ID:CHvVvah60
>>11
中国や東南アジアのジャンク船貿易から、イスラム商人の貿易でブラックムスリムまで渡ったんだろ

12: 名無しさん@1周年 2018/10/13(土) 23:52:28.28 ID:EiIRgBCE0
ギャラリーフェイクで見た

15: 名無しさん@1周年 2018/10/14(日) 00:15:48.73 ID:lToMKvMu0
肥前磁っていう名前の武士がタンザニアにいっててその墓が見つかったかと思ったら全然違った
アンコールワットの落書きみたいに

18: 名無しさん@1周年 2018/10/14(日) 00:59:20.60 ID:0hhhjvZ40
つまり
天草の土が
アフリカまで運ばれたのか

21: 名無しさん@1周年 2018/10/14(日) 01:45:14.09 ID:OtX+P4ws0
この時代にアフリカ大陸まで届くのすげぇ

引用元: ・【長崎】肥前磁、タンザニアに痕跡 長崎大・野上教授が調査 17世紀後半の墓で発見例