51gGjrWglUL


1: 世界@名無史さん 2018/07/18(水) 17:18:46.34 0
イスラム教が広まらない謎。








8: 世界@名無史さん 2018/07/18(水) 18:59:11.87 0
イスラム教徒の占領がなかったから

12: 世界@名無史さん 2018/07/18(水) 21:06:24.28 0
堪合貿易の旅行記とかを見るとムスリム系の寺社に観光しに行ったりしてるんだよな
かの有名な李贄も回教の家柄だし明らかに思想は入ってきてる
ただ東(東南)アジア方面の宣教担ってたのが商人ネットワークの広がりだったから商圏の届かない日本では流行らなかったのかも

29: 世界@名無史さん 2018/07/24(火) 21:01:46.52 0
単に地理的な問題なだけ
これから増えていくよ
おそらく100年以内には第一宗派になってる

34: 世界@名無史さん 2018/07/25(水) 17:04:42.60 0
例えば沖縄にはムスリムは進出しなかったんかな
広東省辺りには普通に居たらしいんだけど

35: 世界@名無史さん 2018/07/25(水) 17:26:16.92 0
日本の気候じゃ、イスラムは向かないのかな。

37: 世界@名無史さん 2018/07/25(水) 17:43:42.21 0
>>35
なんやかんやで冬寒いもんな
お酒飲みたくなる

38: 世界@名無史さん 2018/07/25(水) 17:47:16.38 0
トルコだと普通に酒売ってるし問題ないだろ

49: 世界@名無史さん 2018/07/29(日) 23:07:25.67 0
日本から近いイスラム地域というと
インドネシアかウイグルで
ちと遠いんだわな

50: 世界@名無史さん 2018/07/29(日) 23:15:13.90 0
>>49
フィリピンのミンダナオ島はもっと近い。


フィリピンで武装勢力が集会 自治政府樹立の新法を歓迎
https://www.asahi.com/articles/ASL7Y6GTWL7YUHBI01T.html

「過激派が和平進展障害」 フィリピンのイスラム勢力トップ懸念
https://www.sankei.com/world/news/180729/wor1807290029-n1.html

51: 世界@名無史さん 2018/07/30(月) 03:38:27.96 0
>>49
もっと近いところで言うと、実は南京周辺にも結構な規模で居たらしいと聞いたことがある
元→明の時に元に仕えてたムスリム官僚一族をそのまま南京に移した結果定住したとかなんだとか
日本人の旅行記にも記録があったりする
あとは東南アジア経由の広東とかマカオのムスリムは現在まで残ってるよ
東南アジア経由でマカオまで来たんだったら琉球~薩摩あたりまで進出しそうなもんだけどなぁ

52: 世界@名無史さん 2018/07/30(月) 03:57:26.88 0
>>51
広東なんて距離的に東南アジアと変わらんぞ
海流的にめちゃくちゃ日本に近い福建にもまだ数万規模で居る
中でも泉州には中国現存最古のモスクが有る
これが11世紀の創立

53: 世界@名無史さん 2018/07/30(月) 04:13:35.23 0
そこにムスリムがいるかどうかの話じゃなくて、その地域社会の多数派がムスリムかどうかの話でしょ。

54: 世界@名無史さん 2018/07/30(月) 14:07:00.40 0
>>53
商人の間で多数派になれば伝道するからその地域で多数派か否かは関係ないのでは?
例えば東南アジアへの伝播は地元住民はヒンドゥー教が多数派のインドを経て居る
同じ様に東南アジア→東アジアの流れで琉球や長崎、堺で日本人ムスリム商人が出現してもおかしくなかった筈なのに何故現れなかったんだろうか
キリスト教の様に宣教師と侵略が密接に結びついて居た訳じゃないから相性も悪くなかったと思うんだが

61: 世界@名無史さん 2018/07/31(火) 18:32:25.54 0
日本人:「え?神様は1柱しかいないって、無理じゃね?

62: 世界@名無史さん 2018/07/31(火) 19:37:56.24 0
>>61
こういう奴って多神教が日本特有の物だと勘違いしてるよな
実際は一神教が広まる前の土地の大半は多神教だったのに
その中で日本の多神教が残ったってだけで、じゃあなんで日本では一神教が流行らなかったんだろうねと言うことが出発点なのに

65: 世界@名無史さん 2018/07/31(火) 23:16:37.99 0
イスラムは、アレをするな、これをやれとの規定が多すぎるからでないの?
キリスト教はあんまりアレするな、これをするなとの規定がないからな。

85: 世界@名無史さん 2018/09/11(火) 10:34:46.22 0
キリスト教=先進国である欧米の宗教
イスラーム=後進国の宗教

こういうイメージがあるからじゃね?

88: 世界@名無史さん 2018/09/12(水) 10:33:03.47 0
>>85
イスラムが先進国やった時代でも日本ではイスラムは全然広まらんかったで

106: 世界@名無史さん 2018/09/22(土) 21:15:08.40 0
>>85
明治以降はそうかもね
それより前はまともに日本に入ってきてないからなあ
インドネシアのイスラム化だってそれなりに時間かかってるし

87: 世界@名無史さん 2018/09/12(水) 05:32:23.44 0
そもそもイスラム諸国との交流が希薄
アラブより遠方のヨーロッパのほうが日本に関心ある…ジパング伝説とか?
マルコポーロの影響だろうかね

89: 世界@名無史さん 2018/09/12(水) 12:32:46.41 0
中国にイスラム教が広まったのはモンゴル帝国の統治体制がきっかけ。
鎌倉武士が元寇で敗北していたら、元朝の派遣役人らを通じてイスラム教が広まっていた可能性はある。

97: 世界@名無史さん 2018/09/16(日) 19:33:20.60 0
東南アジアに日本人町あったんだからそこでムスリム化して日本や琉球に移住とか無かったのか
と言うか琉球なんてムスリム商人が直接来てそうだけどさ
商人が来てれば風待ちで絶対数ヵ月留まる訳だし現地妻とか家族、子孫が残ってても良いはず

98: 世界@名無史さん 2018/09/17(月) 09:54:13.27 0
イスラム商人というと東南アジアではインド系が強いが、インド系は中国系と仲が悪く、互いに棲み分けしている
琉球は明清と中国の縄張りの内側だからインド商人はあまり来なかったのだろう
琉球人も東南アジアには行っていたからムスリムとの接触もあっただろうけど、道教が伝わったのに対し、イスラム教は伝わっていない

台湾のイスラム教は主に回民(中国政府の言う「回族」)で、高砂族にはいない
日本統治時代もいたが、数百人と非常に少なく、目立った動きもしていないようだ

101: 世界@名無史さん 2018/09/17(月) 16:16:53.40 0
>>98
明代と清初は基本的に民間交易禁止の海禁政策じゃないの?

102: 世界@名無史さん 2018/09/17(月) 21:06:58.79 0
>>101
長崎に入港してた清船は公的な外交使節などではなくただの商船ですが

103: 世界@名無史さん 2018/09/17(月) 21:14:07.70 0
>>102
それは遷界令解除後の清中期あたりからの話では?
明朝の時代、倭冦が隆盛となり、勘号貿易と言う名の使節交易が行われていた理由を考えれば分かるはず

100: 世界@名無史さん 2018/09/17(月) 14:22:53.53 0
一向宗と日蓮宗がある限り、宗教に基づく職業差別を内包するイスラム教が日本に広まる可能性はなかっただろう。
職業差別の少ない日本社会で日本人がわざわざイスラム教に改宗するのは奇異ではある。
大乗イスラムなるものを唱えなければならなくなるほど日本社会と相容れない要素だらけだ。

107: 世界@名無史さん 2018/09/22(土) 22:00:13.23 0
>>100
日本は鎌倉仏教の時点でかなり世俗化してるからねえ
面倒な宗教はその時点で流行らん気がする

104: 世界@名無史さん 2018/09/18(火) 12:06:36.03 0
あまり先進的ではないしなぁ、むしろ当時の日本人から見ても野蛮だろ。
「多神教徒・無神論者を見つけしだい殺せ」なんて
7世紀の日本でも拒否されただろうな

112: 世界@名無史さん 2018/09/26(水) 02:51:10.51 0
>>104
同時期に日本は「和を以て貴しとなす」だからな
全く運命が分かれた

121: 世界@名無史さん 2018/09/26(水) 10:42:33.26 0
>>112
「以和為貴」は日本人の気質でも何でもなく、戦後処理の命令にすぎない。
蘇我・物部抗争でさんざん豪族や天皇が殺されてようやく崇仏派が勝った時の勝利宣言でもある。
「仲良くしろ」は実際には「言うことを聞け」という命令なんだよ。

イスラームと同語源のサラーム(平和)が具体的には「戦いの後の秩序」を意味するのと同じ。

さらには中国の西部や西北にやたらと「安」「寧」「平」「康」などの字のついた地名が多いのも、血なまぐさい反乱鎮圧・住民大虐殺の痕跡であるのと同じ。

コーランにおける「異教徒に遭ったら殺せ」は戦争中の命令の啓示。だから「相手が降参したら受け入れろ」と後に続く。コーランはいつもアメとムチ、脅しと寛容の対句のワンセット。脅しだけ引用するコピペが多すぎ。
実際には十七条憲法の戦後処理と言ってることは大差ないのだ。

124: 世界@名無史さん 2018/09/26(水) 12:11:50.22 0
>>121
それは違う。

日本では渡来人や曽我氏を味方につけた聖徳太子が、物部氏に戦争で勝利したが神道が捨てられることはなかった。
一方、ヒジャーズでは遊牧民や若者を味方につけたムハンマドの啓示宗教がオアシス都市マッカのクライシュに勝利し、多神教は捨てられた。
ムハンマドは生前アラビア半島からユダヤ人とキリスト教徒を追放するよう命じた。ムハンマドはアラビア半島から多神教を追放するよう遺言して亡くなった。聖徳太子とムハンマドの行いは真逆であり、どっちもどっち論は現実に対する理解を歪める。
聖徳太子(厩戸皇子)の死後、子の山背大兄王が暗殺されるなど政情不安はあったものの、あくまで権力闘争であり宗教戦争ではなかったので、イスラム世界のように抗争が長く続くことはなかった。

キリスト教徒やイスラム教徒は、日本に一神教を広めるうえで、多文化共生を謳う聖徳太子の存在は明確に邪魔と感じており、聖徳太子の権威を失墜させることで仏教と神道を日本の思想体系から排除する必要を感じているだろう。

126: 世界@名無史さん 2018/09/26(水) 13:24:31.97 0
>>124
宗教対立の話じゃない
蘇我と物部の権勢争いであって、文化の輸入を行うかどうかという国策の争いだ
お前勘違いしてるわー
大事なのは勝者が秩序をもたらすと言う意味での「みんな仲良く」にすぎないということ
日本で俗流に解釈されている「みんな仲良く」としての「以和為貴」は「誰も悪くない、誰が正しいということもない」
という「喧嘩両成敗」の意味だが、十七条憲法のそれはそんな意味ではなく、勝者のもたらす秩序にすぎない
物部氏が没落して廃仏派が無くなったのはまさに弾圧後の状態じゃねえか
神道そのものが滅びなかったのは、太子の意図と関係なく仏教そのものが現世利益中心の土俗的信仰と共存する宗教だからだ
チベット仏教とボン教、タイのピー、ミャンマーのナットなどがそれで、オカルト性に乏しい仏教は、落ちこぼれ信者の受け皿としてそれらを黙認する

105: 世界@名無史さん 2018/09/19(水) 05:11:09.07 0
見つけたら殺せっていうのは戦争の時の啓示で日常の行いを規定した恒久的なものじゃないだろ、降参するなら受け入れろとも言っている
だからインドのヒンドゥー教徒は何億も生きている
キリスト教徒の隣人愛は同じ信者の間でだけ適用され異教徒を殺すのにイエスは理屈すら付けていない欺瞞
野蛮に見えても正直な方がいいね

160: 世界@名無史さん 2018/09/27(木) 22:42:36.15 0
>>1
東アジアのイスラム化の流れを食い止めた
マガリャンイスの偉業に感謝を

162: 世界@名無史さん 2018/09/27(木) 23:22:51.74 0
ラプラプってイスラム教徒なん?

131: 世界@名無史さん 2018/09/26(水) 14:38:55.85 0
だが待って欲しい。
厩戸はウマイヤに発音が似ている。聖徳太子はムアーウィヤの前世ではないだろうか。

133: 世界@名無史さん 2018/09/26(水) 14:55:23.04 0
だが待って欲しい。
シリアのアレッポにあるウマイヤド・モスクこそは、厩戸皇子つまり聖徳太子の霊廟なのではないか。

引用元: ・イスラム教は何故、日本で広まらなかったのか



アジアに生きるイスラーム

イースト・プレス (2018-04-15)
売り上げランキング: 139,232