41SryIv7-ML



1: 世界@名無史さん 2006/04/09(日) 13:31:52 0
書評等、意見交換をしませう








4: 世界@名無史さん 2006/04/09(日) 13:59:12 0
「チェコの歴史」だけ買った。

5: 世界@名無史さん 2006/04/09(日) 14:22:58 0
>>4
買おうか迷ってる
どうだった?

11: 世界@名無史さん 2006/04/09(日) 18:30:15 0
>>4
まだ半分しか呼んでない。ちょっとはしょりすぎな気もするが、
もともとチェコの歴史の本って少ないし、「プラハの異端者たち」などとあわせて読んで見るといいと思う。

7: 世界@名無史さん 2006/04/09(日) 17:48:43 0
ゴミ 物語韓国史 1989
◎ 物語イタリアの歴史 1991
× 物語アメリカの歴史 1991
△ 物語北欧の歴史 1993
  物語アイルランドの歴史 1994
○ 物語中国の歴史 1997
○ 物語フィリピンの歴史 1997
○ 物語ヴェトナムの歴史 1997
△ 物語ドイツの歴史 1998
  物語ラテン・アメリカの歴史 1998
  物語スイスの歴史 2000
  物語オーストラリアの歴史 2000
  物語カタルーニャの歴史 2000
  物語中東の歴史 2001
× 物語スペインの歴史 2002
  物語ウクライナの歴史 2002
ゴミ 物語イランの歴史 2002
× 物語スペインの歴史 人物篇 2004
  物語バルト三国の歴史 2004
○ 物語イタリアの歴史 2 2004
○ 物語チェコの歴史 2006


ゴミはすみやかに絶版処分の上、他の著者に依頼するように

77: 世界@名無史さん 2006/04/14(金) 04:20:50 0
「物語韓国史」ってこのシリーズじゃないよね?

88: 世界@名無史さん 2006/04/15(土) 17:57:58 0
>>77
本当は違うね
いつの間にか同シリーズのようになってるけど
著者が金両基というだけで読む気しない


8: 2006/04/09(日) 18:06:31 0
韓国史とイランの歴史はなんでゴミなの?

16: 世界@名無史さん 2006/04/09(日) 19:57:05 0
>>8
韓国は知らんが、イランは本当にゴミ
前近代がスカスカ 
273: 世界@名無史さん 2006/05/07(日) 03:21:19 0
>>16
古書市で買ったが蒲生礼一『イラン史』(修道社)は本当に名著ですね。

『物語 東方諸教会の歴史』(ネストリウス派とか単性説とか)が読みたいです。
需要はないと思いますが。

9: 世界@名無史さん 2006/04/09(日) 18:19:37 0
物語イタリアの歴史は面白いね
その時代その時代の人物にスポットライトをあてている所が

17: 世界@名無史さん 2006/04/09(日) 19:58:12 0
>>9
あれが同シリーズで最高傑作だな
あのレベルで全巻書いてくれれば言う事無いんだが

13: 世界@名無史さん 2006/04/09(日) 18:34:16 0
講談社現代新書の新書アフリカ史でアフリカについての概説的知識を得た人のために、各国別の歴史を出してほしい。

物語マリの歴史
物語赤道ギニアの歴史
物語象牙海岸の歴史

22: 世界@名無史さん 2006/04/10(月) 01:33:54 0
読んだ限りじゃイタリア1、カタルーニャ、ウクライナは面白かった。
特にカタルーニャ(というかアラゴン連合王国地域)の通史が読めるのは一般書じゃこれぐらいじゃないか?
このクオリティでポルトガルもキボン

24: 世界@名無史さん 2006/04/10(月) 01:37:21 0
ウクライナは面白い。
もし、読んでいなければ、一読をお奨めしたい。

25: 世界@名無史さん 2006/04/10(月) 01:48:51 0
通史の概説書が出ていないような地域を出してもらいたい
チベット・雲南・トルキスタン・マグリブ・ハンガリー
このあたりを希望。採算取れないだろうが

29: 世界@名無史さん 2006/04/10(月) 22:38:15 0
>>25
ハンガリーは是非読んでみたいな。
フニャディ=ヤーノシュとマーチャーシュは必ず出すべし。
41: 世界@名無史さん 2006/04/11(火) 22:39:26 0
ハプスブルクの一部のハンガリーじゃなくて 
15世紀オスマントルコと戦っていた頃のハンガリー史が読みたい。

26: 世界@名無史さん 2006/04/10(月) 20:48:48 0
中東は傑作品だよ。
日本ではマイナーなバイバルスに一章を割いているサービス付きだし
オスマントルコ勃興前までのイスラーム史を知るのに格好の本。

27: 世界@名無史さん 2006/04/10(月) 21:22:41 0
イランは発売当初
「おっ、日本でもようやくサファヴィー朝に詳しい歴史書が出たかな?」と思ったが
いざ買って読んでみると半分以上がホメイニ体制についてでがっかりした記憶がある。

28: 世界@名無史さん 2006/04/10(月) 22:32:19 0
イランは現代史(しかも2次大戦戦後史)だね。
韓国は逆に古代に偏りすぎ。
中東って傑作なの?歴史が長すぎて、地域も広いので、中国同様浅い通史にしかならんと
思うが。
傑作かどうかはともかく、ヴェトナムと北欧、ウクライナ、カタルーニャは各時代まんべんなく扱っていて、通常の世界の歴史シリーズで顧みられない時代についての記述があり有用。
スペインは、1492年の統一前の通史を知るには、「西ゴートの遺産」の方が、「物語」(というか年代記という感じだが)として有用。


64: 世界@名無史さん 2006/04/13(木) 04:34:44 O
何度かレスもあるようだが、ウクライナはたしかに読み物として面白いな。観光で行ってみたくなった

66: 世界@名無史さん 2006/04/13(木) 09:30:13 0
チェコイラネ

67: 世界@名無史さん 2006/04/13(木) 18:09:26 0
チェコはフス戦争とカレル四世の所だけ読むに値する。

68: 世界@名無史さん 2006/04/13(木) 18:49:20 0
チェコはモーツァルトと博覧会の所だけ読むに値する。

69: 世界@名無史さん 2006/04/13(木) 18:56:12 0
世界史的にマイナーなチェコの通史を出してくれただけ感謝すべきだな。
個人的にはヤン=ジシュカの詳細な記述が欲しかったが。

70: 世界@名無史さん 2006/04/13(木) 19:18:07 0
俺は個人的にはシュコダの詳細な記述が欲しかったが。

74: 世界@名無史さん 2006/04/13(木) 23:57:56 0
チェコは、近現代中心でないところが良かったと思う。

89: 世界@名無史さん 2006/04/15(土) 17:58:58 0
>>74
つかこの手の通史で近現代が半分以上ってのが多すぎる
ちゃんと前近代を叙述してくれない本はそれだけで評価が低い

75: 世界@名無史さん 2006/04/14(金) 00:03:35 0
昔クセジュで「チェコスロバキア史」ちゅう本があったんだが…。
内容忘れちゃった。

「トルキスタン」というタイトルをつけたらどの時代から始まるんだろう。
ソグド時代は「トルキスタン」とは言えないから、モンゴル以後?

79: 世界@名無史さん 2006/04/14(金) 20:03:05 0
>>75
トルキスタンだとモンゴル帝国以降に限定されるから、いっそ
「物語 サマルカンドの歴史」はどうだろう?

72: 世界@名無史さん 2006/04/13(木) 22:06:43 0
そういえばフランスの歴史がまだ出てないんだな。
・カエサルのガリア遠征
・シャルルマーニュ
・カペー朝(フィリップ2世が主軸か?)
・百年戦争
・フランソワ1世とダ・ヴィンチ
・ルイ14世~16世
・フランス革命とナポレオン戦争
・七月王政とナポレオン3世のパリ改造
・ド・ゴール体制

こんな感じかな?

80: 世界@名無史さん 2006/04/14(金) 20:05:59 0
>>72
「フランス現代史」なら出てるぞ

82: 世界@名無史さん 2006/04/14(金) 20:16:04 0
>>80
これか。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121014154/250-0520923-6197061
WWⅡ後のフランス政治史の入門書的位置だな。

98: 世界@名無史さん 2006/04/16(日) 01:43:54 0
これ簡単な概説書として買ってるから ここで評判の良いイタリアはあんまり・・・だった。
バルト三国は独立の時のテレビ局映像(ソ連軍に占領される奴)が頭に残っていて、それを思い出しながら読むと中々感慨深いものがあった。

102: 世界@名無史さん 2006/04/17(月) 19:10:50 0
どうしても近代・現代史に偏るのがこのシリーズの特徴かな。
もしルーマニアを書くとなると
1、古代ダキア時代のルーマニア
2、フン族、ゴート族、スラブ族の流入
3、封建国家の成立
4、ワラキア、モルドヴァの両公国とオスマントルコとの戦い
5、統一ルーマニア王国と世界大戦
6、チャウシェスク体制とルーマニア革命

となるかな。
問題は主軸になる人物が極度にマイナーなことか。

105: 世界@名無史さん 2006/04/17(月) 21:35:40 0
>>102
「チェコの歴史」だって無茶苦茶マイナーだったじゃん。
出てくる人物で一番メジャーなのって、他国人のモーツァルトじゃない?

106: 世界@名無史さん 2006/04/17(月) 21:49:49 0
ヤン・フスがマイナーだというのか!?

107: 世界@名無史さん 2006/04/17(月) 22:22:10 0
フスって天才的戦術家であって、宗教改革の先駆者だからな
もっと社会的にプッシュされて良いと思う。

108: 世界@名無史さん 2006/04/17(月) 22:26:53 0
勘違いしてませんか?
フス派の軍を指揮したのはジシュカ。
フスが火刑にあったことがフス戦争の発端。

109: 世界@名無史さん 2006/04/17(月) 22:32:03 0
>>108
そのヤン=ジシュカが本編では僅か一行でしか触れられていません。
軍事史では必須の人名なのに・・・

110: 世界@名無史さん 2006/04/17(月) 22:40:02 0
「プラハの異端者たち」では半ページほど割いて書かれていますね。
中公新書のほうはチェコの歴史のダイジェスト版というべきでしょうか。
本格的に知ろうと思ったらカレル大学に行くしかないかもしれません。

111: 世界@名無史さん 2006/04/17(月) 23:54:51 0
「物語 チェコの歴史」は、採算が合うのかと思える。
世間一般の人は、チェコときいても、
チェコスロヴァキアの略?とか思っている。

119: 世界@名無史さん 2006/04/18(火) 22:08:08 0
意外とチェコ好きは多い気がする。
しかしその多くはクラヲタだ。

120: 世界@名無史さん 2006/04/18(火) 23:22:30 0
「物語スロバキアの歴史」も出さんかゑーッ!


121: 世界@名無史さん 2006/04/18(火) 23:27:25 0
ハンガリーの歴史を出す方が先なんじゃないの?中公さんよぉ

122: 世界@名無史さん 2006/04/18(火) 23:32:06 0
普通に考えれば、
「物語 北欧の歴史」
なのだから、
「物語 東欧の歴史」
といっさつにまとめられて、おしまい。

136: 世界@名無史さん 2006/04/19(水) 22:46:31 0
>>122
北欧は王家や支配地が重なっていることが多いので、3国一緒に記載した方がよさそう。
東欧は、ヤゲウォ家、ルクセンブルク家、アンジュー 家別に章立てして、中世後期の東欧史を書くと面白そう。

123: 世界@名無史さん 2006/04/19(水) 02:02:21 0
「物語 イスラムから見た東欧の歴史」
「物語 ユダヤから見た東欧の歴史」
こうすれば書きやすいように思う。

126: 世界@名無史さん 2006/04/19(水) 13:31:54 O
チェコ人にチェコは東欧と言うと彼らは怒るらしい
プラハはヨーロッパの中央でチェコは中欧であるという意識が強いらしい
またトルコ人にトルコはアジアというと憤慨するらしい
EU参加に固執するところであるのをみてわかるように彼らは自国はヨーロッパにあると意識しているらしい

137: カラジチ ◆mWYugocC.c 2006/04/19(水) 23:09:00 0
>>126
第一次大戦から第二次大戦の頃は中欧と言われると怒ったんだけどね。
当時の感覚では中欧=ドイツ圏なんで、ドイツの属国扱いするな、と怒る。
「東欧」を嫌がるのも、単に中欧だからとかそういう地理的問題じゃなく、旧共産圏扱いするなという意識があるのだと思う。

130: 世界@名無史さん 2006/04/19(水) 22:11:59 0
自分的には「物語 ポーランドの歴史」を読みたい訳だが。
2017年に出版
131: 世界@名無史さん 2006/04/19(水) 22:13:55 0
モンゴル カンボジア タイ インドネシア エジプト
ブラジル アルゼンチン チリ

以上希望


2007年に出版

133: 世界@名無史さん 2006/04/19(水) 22:18:48 0
モンゴルはドーソンの「モンゴル帝国史」があるだろ。
エジプトは中東の歴史で扱われているから望み薄。
南米はスペイン支配以降じゃないと史料が無いので苦労しそう。

128: 世界@名無史さん 2006/04/19(水) 19:48:04 0
このシリーズはメジャーな国だとあまり面白くないな(例外イタリア

129: 世界@名無史さん 2006/04/19(水) 21:19:07 0
イタリアの場合はメジャーな人物とマイナーなのが混合して程よくバランスが取れているから名著なのかもね。
フリードリヒ2世を終始フェデリーコとイタリア語読みで通したのも面白い。

142: 世界@名無史さん 2006/04/20(木) 17:27:43 0
「物語イタリアの歴史」があまりにも面白かったのでシリーズ化されたんだろうね。
俺なんか出るたびに騙されて買ってる。
あまりにつまらんから買ったことを忘れてもう一冊買ったりして、まさにカモ。
今思うと著者の研究と文才の賜物だったんだな。

143: 世界@名無史さん 2006/04/20(木) 19:07:37 O
確かに「物語 イタリアの歴史」は面白かったね
できれば統一前後の話載せてくれればよかったのだが

144: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2006/04/20(木) 19:27:55 0
中国を歴代王朝ごと(マイナー・短命なものも含めて)に出してくれれば座右の書になる可能性もあるのですが。史料は原文引用・書き下し・訳で。
『物語シッキムの歴史』が読みたいのですが、今はもう無理でしょうね。
上に出ていたネパール・ブータンはまだ可能性があるのでは。チベットも。
後は『物語グルジアの歴史』を(大学で講義を受けたので)。

145: 世界@名無史さん 2006/04/20(木) 20:00:37 O
個人的には代~北魏~北斉の鮮卑がいい
マイナーだが中国史の中では面白いと思う

169: 世界@名無史さん 2006/04/23(日) 14:40:08 0
>>145
「物語 鮮卑族国家の歴史」なら是非とも読みたいな。
北魏から唐も含んだ中国史の別の一面が見れる。

148: 世界@名無史さん 2006/04/20(木) 22:07:33 0
>『物語グルジアの歴史』

スターリンとシュワルナゼ マンセーで終わりだろ?

150: 世界@名無史さん 2006/04/20(木) 23:09:36 0
>>148
栄光のタマラ女王の時代を忘れてないかい(中世)?
他にもファラマネス王(古代)だの、キリスト教への改宗(ミフラン王)。
古代から現代まで、なんとか体裁が保てるくらいはいるよ。
アルゴス探検隊の目的地コルキスはグルジアだし。
ユスティニアヌスとホスローの争奪値ラジカもグルジア。
古代から現代まで、なんとか体裁が保てるくらいはいるよ。

151: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2006/04/21(金) 00:42:55 0
>タマラ女王
やはり、その辺りは。とはいえ、いざ出ると>148という予感もしますね。

152: 世界@名無史さん 2006/04/22(土) 00:08:51 0
「物語 明代の歴史」だったらおバカ皇帝続々で、おもしろい読み物になるかも…。

153: 世界@名無史さん 2006/04/22(土) 07:00:34 0
「物語 東アフリカの歴史」

人類の誕生からインド洋交易、鄭和艦隊の来航、オマーンの支配、帝国主義諸国との戦い、両大戦、独立戦争、旱魃、内戦……
最高に盛り沢山の舞台ではないかい。

154: 世界@名無史さん 2006/04/22(土) 11:25:07 0
山野さんが言ってるように王朝ごとのがあったらと思う。
「物語チャンパ王国の歴史」
「物語トラペズス帝国の歴史」
「物語ソンガイ王国の歴史」
「物語ルアンプラパン王国の歴史」
「物語スールー王国の歴史」
「物語ハイデラバード王国の歴史」
「物語高昌王国の歴史」

などなど

156: 世界@名無史さん 2006/04/22(土) 12:57:00 0
>>154
『物語 ヴァチカンの歴史』
『物語 アンドラの歴史』
『物語 モナコの歴史』
『物語 ルクセンブルクの歴史』
『物語 リヒテンシュタインの歴史』

163: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2006/04/22(土) 21:03:11 0
>>154
>「物語高昌王国の歴史」

では、『物語亀茲王国の歴史』と仏伝に登場する『印度十六大国の歴史』も。

155: 世界@名無史さん 2006/04/22(土) 11:34:05 0
「物語ズールー王国の歴史」も頼む

戦後に
「新しい世界史教育はどの地域も無視せず、人類すべてを満遍なく取り上げるべし」
という主張に対し、「ホッテントットの歴史もかよ?」という野次がとんだ。
そうホッテントットの歴史もだよ。

161: 世界@名無史さん 2006/04/22(土) 19:44:53 0
「物語中山王国の歴史」は是非とも「戦国ヴァージョン」と「琉球ヴァージョン」と
両方ほすい。

166: 世界@名無史さん 2006/04/23(日) 14:02:58 0
神聖ローマ帝国時代の領邦諸国の歴史を片っ端から
「物語ババリア国の歴史」
「物語ザクセン国の歴史」
「物語バイエルン国の歴史」
「物語ヴェルテンベルク国の歴史」
「物語オルデンブルく国の歴史」
「物語バーデン国の歴史」
「物語ヘッセン国の歴史」
「物語ブラウンシュヴァイク国の歴史」
「物語メクレンブルク国の歴史」
「物語ウェストファーレン国の歴史」
「物語ハノーファー国の歴史」
きりがないからやめとこう 

167: 世界@名無史さん 2006/04/23(日) 14:07:15 0
そうなると春秋列国や五胡十六国や五代十国も片っ端からとなる

172: 世界@名無史さん 2006/04/23(日) 18:11:09 0
イタリアの歴史も良著だったけど、それからミラノ・フィレンツェ・ヴェネツィアといった都市国家ごとの通史も出せば成功しただろうな。

186: 世界@名無史さん 2006/04/23(日) 21:32:51 0
物語 ブルゴーニュの歴史

189: 世界@名無史さん 2006/04/23(日) 22:07:35 0
だったら「物語 ブルターニュの歴史」も。

…で、ここは願望を書いていくスレなんですか?
既刊のシリーズにはもう語ることがないということか…。

190: 世界@名無史さん 2006/04/23(日) 22:16:05 O
んじゃ
『物語 韓国史』はいまいち
イタリアの歴史のようにもう少し一章にひとりをクローズアップして書いてくれれば
新羅が好きなので単独で一章さいてほしかった

自分的にシリーズでよかったと思うのは
イタリアの歴史
ウクライナの歴史
イランの歴史

191: 世界@名無史さん 2006/04/23(日) 22:20:38 0
自分はイタリアと中東、それに最近出たチェコが楽しく読めた。
今後もマイナーな国を取り上げて欲しい。
但しイランのように変に近現代に記述が偏らないように。

192: 世界@名無史さん 2006/04/23(日) 22:27:57 O
そういやそうだ
イランはやはりササン朝だ
もっと詳しく書いて欲しかった

というわけでさきほどの序列からイランは削除

193: 世界@名無史さん 2006/04/23(日) 22:35:29 0
「物語」が付く時点で方向性が定まってしまうからな

朝鮮ではなく韓国、ペルシャでなくイランをタイトルに持ってきた時点で敗北は運命だったのかもしれん

引用元: ・中公新書『物語〇〇の歴史』シリーズについて



物語イタリアの歴史―解体から統一まで (中公新書)
藤沢 道郎
中央公論社
売り上げランキング: 35,306