41VayasZurL (1)



1: 人間七七四年 2017/09/05(火) 02:53:08.24 ID:AKfWxAQv
織田信長に父親を殺され
羽柴秀吉に義父と母親を殺され
徳川家康に息子と共に殺される








3: 人間七七四年 2017/09/05(火) 14:11:13.19 ID:f2GxHBuo
弟が殺された話しが抜けてる

48: 人間七七四年 2017/10/03(火) 02:18:07.61 ID:LsMR4YGj
>>3
弟は出家したんじゃなかった?

59: 人間七七四年 2017/10/07(土) 12:05:41.76 ID:9gQVbExO
>>48
串刺しってのが定説だけど。
どうなんかね?

60: 人間七七四年 2017/10/07(土) 12:33:22.26 ID:YSE1YM/1
>>59
串刺しは兄の万福丸
弟の万寿丸は出家

4: 人間七七四年 2017/09/05(火) 15:10:55.92 ID:DQ0tii/4
他人の子で天下を盗もうとした

6: 人間七七四年 2017/09/05(火) 18:05:54.52 ID:jdcsdrMM
豊臣秀頼の実父については、大野治長、石田三成、大野道犬、名古屋山三郎などの説が主張されているが、なぜか徳川家康が実父だとする説もある。

17: 人間七七四年 2017/09/08(金) 02:40:14.20 ID:qZTbPpwa
>>6
こうやって名前が出てくる人の可能性は低いだろうね。
実父はとっくに消されてるだろう。
10: 人間七七四年 2017/09/06(水) 13:09:49.95 ID:jNEqunxd
茶々と大野治長との関係 
乳兄妹、幼馴染、主従関係、密通の噂、共に戦って死ぬ時も同じ。 
真相はどうあれこんなにドラマチック要素てんこ盛りなのになんで石田三成との関係の方がクローズアップされるのか。 
当時に噂されてたのは大野治長だけで石田三成はそんな話ないのに。接点もそんなにないし。 
ネームバリューの問題かな。

11: 人間七七四年 2017/09/06(水) 16:30:44.84 ID:JLpJWI6Q
>>10 
三成と出来てた説流す大河ドラマ 
心のそこからヘドが出るよな 
同じ近江人脈だからとか言われてるが三成は京極の流れだからむしろ敵 
関ヶ原の折も淀側は一切かばわず、逆に表向きには内府殿よくぞ撃ってくれましたと褒める始末

14: 人間七七四年 2017/09/07(木) 12:49:13.99 ID:ZB2tqLf8
>>11 
関ヶ原で三成をかばうのはできないんじゃ? 
建前上豊臣の臣下同士の喧嘩で家康は豊臣の逆賊を打ったと言ってくるわけだから勝った方の味方するしかしょうがない。

13: 人間七七四年 2017/09/07(木) 06:37:28.09 ID:rkwWlKsZ
秀頼は巨体だったと聞くけど、織田浅井豊臣系で巨体の人っている?

16: 人間七七四年 2017/09/07(木) 21:58:39.95 ID:wS/WvgyO
>>13 
浅井長政は巨躯だったらしい 
市も160センチほどあったと言われてて当時の平均男性より5センチ近くデカイ 

信長は背は高くなかったみたいだけど信長の弟有楽斎は比較的長身だったのが着用していた甲冑から推測されている 

信長、市、有楽斎の父信秀の身長に関しての話は聞いたことがないが市、有楽斎がそこそこデカかったのを考えると織田にはデカくなる遺伝子はあったと考えられ 

秀吉は145センチ前後と当時でもかなり小柄 
弟秀長は分からん 

大野はでかったらしい 

まあ秀頼の場合、実母淀の両親がデカイのでデカくなっても誰も不思議には思わんだろう

15: 人間七七四年 2017/09/07(木) 12:57:53.82 ID:FwGutiuk
お市はデカかったらしいし、浅井長政は巨大だったんだろ? 
秀吉は幼少期貧困であまり栄養を取れなかったんだから体が小さいのもしょうがない

7: 人間七七四年 2017/09/05(火) 18:12:59.67 ID:wPMphot3
従兄の佐久間盛政についてはどう思っていたのだろう…盛政の娘の虎姫とは年が近いから仲良かったのかな?

9: 人間七七四年 2017/09/06(水) 00:18:26.68 ID:ReqRucR1
大名浅井家の当主長政と戦国一の美女お市の娘で、如何にも幸せなお姫様だったのに、一体前世でどんな業を背負ったのか…


25: 人間七七四年 2017/09/14(木) 10:31:53.46 ID:hzT9u7yY
大阪城の落城の時にどうか茶々より後に秀頼が死んでることを願う
大阪の陣に至るまで、どうしても息子を死なせたくなかったのがわかるのにあんな最期になって気の毒

18: 人間七七四年 2017/09/08(金) 04:05:25.78 ID:xHfz7sSc
こんなに不幸な人生を歩んだお姫様なのに、同情されるどころか豊臣家崩壊は淀のせいにされる始末

19: 人間七七四年 2017/09/09(土) 20:00:06.73 ID:h8UFyAmp
行く家が次々滅び周りの人が次々死んでいく
崩壊の女神さまですかね

22: 人間七七四年 2017/09/13(水) 06:51:34.00 ID:bR5y9/uZ
人生が劇的だから表舞台に引っ張りださせるけど、意外と本人はごく普通の凡人だったのかな。政治的な才覚もあまりないし。
でも茶々は悪女や妖女、それか悲劇のお姫さまのキャラクターのほうが魅力的だよね~。
でもどうして(おそらく)托卵したんだろう?大蔵卿に操られてたとか?

26: 人間七七四年 2017/09/14(木) 17:27:07.71 ID:0lwRSmrt
結局、茶々が幸せだったのって子供の頃だけか…

28: 人間七七四年 2017/09/15(金) 19:35:27.96 ID:A6Cb5n7r
最初から三成と組んで家康に対して敵意バリバリみたいな描かれ方されるけどそうでもないよね?むしろ家康のこと秀頼の後見として信用してる。
家康が征夷大将軍になるまでは豊臣が脅かされるなんて思ってもみなかったんじゃないか

36: 人間七七四年 2017/09/20(水) 17:08:13.26 ID:h9msW25m
大野治長とできてたのかできてないのか

37: 人間七七四年 2017/09/20(水) 18:26:04.81 ID:uzMUcJjT
大野と本当にできてたら秀吉死後に好き放題やってバレてそう

39: 人間七七四年 2017/09/21(木) 04:08:22.91 ID:3vPat93z
>>37
秀吉の死後、大坂城の秩序は崩壊してたらしいね。
看羊録に、茶々が治長の子を身ごもってたという話がある。
「家康はまた、この秀吉の遺命をたてに、秀頼の母を室にしようとした。秀頼の母は、すでに大野修理と通じて妊娠していたので、拒絶して従わなかった。家康はますます怒り、修理をとらえて関東に流した」
治長はその後関ヶ原の東軍で参加してる
治長を人質に取られてるから茶々は三成に味方できなかった

40: 人間七七四年 2017/09/21(木) 09:38:03.92 ID:fnUY4j43
何その話面白い
看羊録の信憑性ってどのくらい?

看羊録

朝鮮,李朝の文臣姜沆(きようこう)が,日本の内情を秘密裏に本国政府に報告した文集。1598年豊臣秀吉の朝鮮出兵時に捕虜となり,京都伏見に幽閉されていた彼は,京都相国寺の藤原惺窩との対話や,京都方広寺の耳塚のことなどを記録にとどめ,当時の日本を知るうえで興味ある内容が多い。


44: 人間七七四年 2017/09/21(木) 22:07:52.99 ID:NpOQCpiZ
秀吉が亡くなった慶長4年(1599)10月朔日付の書状で、毛利家家臣・内藤隆春は、淀殿と大野治長の「密通」について触れ、治長は殺されるべきところ、高野山に逃げたらしいと報じている。

この大野治長の、高野への逃亡に関しては、奈良・興福寺の『多聞院日記』にも記述がある。
それによると、秀吉の遺言によって、
「慶長4年9月10日に、大坂城で、淀殿と徳川家康の”祝言”が、行われる予定であったが、治長が淀殿を連れ出し、高野山に向かったのだ」という。

46: 人間七七四年 2017/09/27(水) 22:55:35.08 ID:wtuQyJsa
>>44
>「慶長4年9月10日に、大坂城で、淀殿と徳川家康の”祝言”が、行われる予定であったが、治長が淀殿を連れ出し、高野山に向かったのだ」という。

家康可哀想すぎワロタ
巨人の星クリスマス会の飛馬ばりに発狂しても許されるレベル

105: 人間七七四年 2017/11/27(月) 12:56:41.34 ID:BRp1X0M0
>>46
御台所になれるから家康に嫁げば良かったのに
姉妹で御台所継げる
豊徳合体 平和的

47: 人間七七四年 2017/09/29(金) 06:48:32.96 ID:fvZYPiDr
大切な人たちが次々亡くなって、数奇な運命のかわいそうなお姫様だよね

58: 人間七七四年 2017/10/07(土) 12:04:58.18 ID:9gQVbExO
>>47
妹は途中で勝ち組に転じるけど、長女だけはなぁ

49: 人間七七四年 2017/10/03(火) 16:21:49.66 ID:45yXgtov
茶々さんとその保護者は三英傑全員と戦ってる事になるのか
そんなのあとは藤堂高虎ぐらいかな
名は残らなかったが武田勝頼遺臣でいそうだけど

50: 人間七七四年 2017/10/03(火) 16:49:50.45 ID:TuBTobJq
大物でなくても良いなら紀州あたりにも結構当てはまる人はいるんじゃない
織田豊臣の征伐を受けているしその後のキャリアで西軍方に所属すれば徳川と戦うこともあっただろう

51: 人間七七四年 2017/10/04(水) 03:55:34.37 ID:O+PkQ/w5
茶々姫の場合、全盛期の三英傑方々が全力で殺しに来てるんだよなぁ

52: 人間七七四年 2017/10/04(水) 06:05:57.16 ID:r1aGw49y
北政所と茶々が三成に協力して家康潰しとけば三英傑なんて言われなかった。
茶々が家康の上杉討伐許したのと北政所の傍観のせい

53: 人間七七四年 2017/10/04(水) 16:19:42.32 ID:vT+/tRb6
織田の岐阜獲得天下布武に影響した織田浅井縁組から大坂夏の陣まで
安土桃山はこの人にはじまりこの人で終わったと言える

56: 人間七七四年 2017/10/07(土) 07:00:44.27 ID:YSE1YM/1
茶々が日野富子とか北条政子みたいな人だったらどうなってたか気になる。
歴史変わりそう。

77: 藤壮司 2017/10/26(木) 09:24:33.90 ID:LeFPLL7s
悪女には、茶々では力不足やろ

78: 人間七七四年 2017/10/26(木) 09:25:48.45 ID:2j3mZ7+p
世間知らずなんだろ
命令を出せば、後は家来がなんとかしてくれる
と思っている

79: 藤壮司 2017/10/26(木) 09:30:12.57 ID:kvZs5YbO
自力で、秀吉の心を掴んだなら、話は別やろ
柴田勝家、お市が共に死んで、何もなくなった状態から天下人の側室になった
だから、権力とゼニに狂わされたんやん

90: 人間七七四年 2017/10/28(土) 21:26:44.04 ID:ay7ulK2i
三度の落城、城主死亡
ってなかなか無いよな

91: 人間七七四年 2017/11/12(日) 01:34:17.38 ID:8MsHE2Ij
小谷城 落城
賤ヶ岳城 落城
大坂城 落城

97: 人間七七四年 2017/11/20(月) 01:36:50.91 ID:LaDL7sxz
>>91
茶々を人質とかで徳川に送り込んでおけば江戸城が落城したかも
豊臣の勝ち

98: 人間七七四年 2017/11/23(木) 11:20:01.22 ID:QjZhRgTN
>>97
あり得るw w

100: 人間七七四年 2017/11/23(木) 12:29:00.96 ID:6153j4zh
>>98
デス人質w

106: 人間七七四年 2017/11/27(月) 13:29:47.84 ID:HJBhTA7e
助かりようはあったよなあ 

117: 人間七七四年 2017/12/24(日) 09:45:15.51 ID:ME24A0OP
落城請負人だよな
コイツがいるといかなる城ですら落ちる

118: 人間七七四年 2017/12/24(日) 21:23:10.57 ID:5xOU3QFe
伏見城が地震で崩壊した時にどこにいたのか気になる

119: 人間七七四年 2017/12/25(月) 23:47:24.23 ID:9GC3Lfcr
なに地震も茶々さまが起こしたの?
伏見城崩壊させたん?

120: 人間七七四年 2017/12/26(火) 07:27:34.21 ID:K7DsmLoJ
>>119
秀次の怨霊が起こしたと当時は噂されていた。
その効果があったかどうかは不明だが、秀次事件で厳罰を食らった
菊亭晴季や池田輝政らはこの時許されている。

引用元: ・戦国一の美姫茶々の人生wwwwwww



淀殿―われ太閤の妻となりて (ミネルヴァ日本評伝選)
福田 千鶴
ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 44,115