51kMjbOopzL



1: 世界@名無史さん 2018/03/18(日) 19:12:59.66 0
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)

これまでは歴史学者から本気にされてこなかったが、最新の知見をもってすれば説明できるのさ歴史上のあれこれ!








6: 世界@名無史さん 2018/03/20(火) 01:26:19.60 0
そういうので有名なとこならトロイ遺跡とか始皇帝の墓とかか
記述通り、イノシシの牙の兜が出てきたり、水銀の湖の跡があったり
まあ別に不思議な話ではないか

2: 世界@名無史さん 2018/03/18(日) 20:10:53.24 0
じゃまず紅海を割ったやつから

3: 世界@名無史さん 2018/03/19(月) 02:54:10.39 0
>>2
ぜんぜん新しい説じゃないけど、
モーセは地中海側のシルボニス湖の砂州を通ったという説が昔からあるね。

最近では聖書の記述「一晩中強い東風が吹いて海水を押し分け、陸地に変えた」をコンピュータシミュレーションしたこれかな。これも地中海側の干潟であるタニス湖を事件現場に想定している。
http://tocana.jp/2014/12/post_5368_entry.html
https://www.youtube.com/watch?v=XZqIZqDh1ns


4: 世界@名無史さん 2018/03/19(月) 11:54:33.33 0
サガはインチキフィクション

ヴィンランド発見
グリーンランドの定住跡
 ↓
史実性が高い

5: 世界@名無史さん 2018/03/20(火) 01:17:03.38 0
サガに登場するビャルマランド(Bjarmaland)もヴァイキングの北極海進出を反映しているとされ今日のロシアのアルハンゲリスク付近だろうと言われるがもっと決め手になる遺跡とか見つからないものだろうか

7: 世界@名無史さん 2018/03/20(火) 02:13:47.92 0
>>5
いやいやいや
現行の地名でペルミってあるからね
アルハンゲリスクよりももっと先よ

8: 世界@名無史さん 2018/03/20(火) 08:03:14.80 0
カナダのヴァイキングの遺跡

1960年ランス・オ・メドー遺跡発見
2012年バフィン島で遺跡発見
2015年ポイント・ローズで遺跡発見

どんどん増えるよ

9: 世界@名無史さん 2018/03/20(火) 22:40:23.93 0
アメリカ・インディアンの伝承に出てくる「白い巨人」というのは、もしかするとヴァイキングだったりするのかな。

10: 世界@名無史さん 2018/03/21(水) 03:31:18.91 0
結構来てたらしいしな

11: 世界@名無史さん 2018/03/21(水) 12:03:46.85 0
確かにバイキングは身体がデカいわ
https://www.thehumanmarvels.com/johann-petursson-the-viking-giant/
JOHANN-PETURSSON-The-Viking-Giant



12: 世界@名無史さん 2018/03/21(水) 18:29:14.17 0
高身長といえば、孔子さまが身長2メートル以上の巨人という件(孔子長九尺有六寸)

聖人の偉大さを強調する作り話かと思ってたが、
去年、山東省で「巨人の村」の墓跡が発掘されたというニュースが。
https://www.rt.com/viral/395247-chinese-giants-discovered-archaeologists/
孔子が生まれた魯国も山東省。

13: 世界@名無史さん 2018/03/21(水) 21:38:30.01 0
呂布も太公望の呂氏なら先祖は山東だよな

14: 世界@名無史さん 2018/03/22(木) 21:00:59.42 0
だいぶ形質が薄まってはいるのだろうが、現代でも山東省出身者は大柄なことで有名らしい。

16: 世界@名無史さん 2018/03/23(金) 22:48:06.82 0
白人説がある孫権の孫氏も山東

20: 世界@名無史さん 2018/03/25(日) 22:11:09.36 0
パタゴニアの巨人も南米で発掘された巨人の骨と結び付けて考えられる

21: 世界@名無史さん 2018/03/29(木) 21:40:15.42 0
ギリシャ神話の一つ目巨人サイクロプスとか
こんな頭骨を目の当りにしたら、誰だって一つ目巨人としか思えんわな
https://www.youtube.com/watch?v=lLgYrbDfMPs&feature=youtu.be


23: 世界@名無史さん 2018/04/11(水) 16:44:22.53 0
象の鼻の穴が目っぽいのでサイクロプスの元ねた説は昔からあるよね

24: 世界@名無史さん 2018/04/12(木) 00:12:17.82 0
ハンス・バウマンの「ハンニバルの象使い」にそのまんまのエピソードがあるな

25: 世界@名無史さん 2018/04/12(木) 00:19:34.99 0
古代中国の人物描写

王莽 赤目
孫権 青目
劉備 立って手が膝まで達する

31: 世界@名無史さん 2018/05/02(水) 07:51:03.21 0
逆に、アイヌの伝説に登場するコロボックルは、本土人のことだろう。
本土人はアイヌ人よりも背が低かったから。
34: 世界@名無史さん 2018/05/03(木) 19:35:06.02 0
黒潮に乗ってやってきたフローレス人 (身長100cm)の生き残りです。

35: 世界@名無史さん 2018/05/04(金) 11:51:01.93 0
コロボックルは蕗の下のひとって意味だが、ラワンブキを見るとコロボックル=小人ではないだろうと思うぞW

27: 世界@名無史さん 2018/04/16(月) 20:31:00.22 0
世界中に分布する「竜」の伝説。その起源として竜巻や稲妻などの自然現象が考えられてきたが
最近話題の高高度大気発光現象「スティーブ」という可能性はないだろうか。
http://karapaia.com/archives/52240945.html
Optical_Steve


スティーブ

スティーブ(STEVE、スティーヴ)は、紫色に輝く光の帯が夜空にみられる大気の発光現象で、カナダ・アルバータ州のオーロラ撮影者らによって発見された。

欧州宇宙機関(ESA)の地磁気観測衛星Swarmの観測データを分析した結果によると、スティーブは幅およそ25kmで東西に伸びる高温気体の帯で、地上300kmでの温度は3,000度も上昇し、流速はスティーブの外側の気体が10m/s程度なのに対し、スティーブ内は6km/sと桁違いに速い。スティーブは、実は普遍的に発生している現象だが、最近までその存在は全くと言ってよい程知られていなかった。


28: 世界@名無史さん 2018/04/16(月) 22:40:28.03 0
肉眼で見えるのかい?

32: 世界@名無史さん 2018/05/03(木) 02:46:40.65 0
竜の発展は川→蛇→かっこつけで竜で疑う必要もなさそうだが

41: 世界@名無史さん 2018/08/04(土) 07:02:49.67 0
司馬懿の頭が180度回転したという「狼顧の相」は長年作り話だと思われてたけど
いまでは「首 180度 回転」でネット検索すると世界中にお仲間がいることがわかる。



42: 世界@名無史さん 2018/08/05(日) 21:06:12.26 0
中国の偉人に異形描写はつきものだけどその特徴や特技ってなんか箔が付いたりするの?ってレベルのものばっかり

44: 世界@名無史さん 2018/08/08(水) 22:18:42.70 0
周の文王の四乳も実は珍しくはない。
小学校のころの同級生にもひとりいた。

60: 世界@名無史さん 2018/10/23(火) 22:09:46.06 0
太陽が止まったとかあったっけ
ベツレヘムの星とは何のことだとか
ベツレヘムの星またはクリスマスの星 は、東方の三博士(別名「東方の三賢者」「東方の三賢王」)にイエス・キリストの誕生を知らせ、ベツレヘムに導いた、キリスト教徒にとって宗教的な星である。


62: 世界@名無史さん 2018/10/24(水) 07:41:24.97 0
3という数字は宗教的にすわりがいいしね
新しい星を見てベツレヘムに来たというから、三博士のほうはオリオンの真ん中の三ツ星かも知れない
すでに存在していた権威の象徴として新星を祝福したという

63: 世界@名無史さん 2018/10/24(水) 16:40:20.21 0
ベツレヘムの星へ向かって三博士来たの?
意味がわからないんだよなこれって。
北極星みたいに一点にとどまっててそれを追ってったらキリストに会ったてのならまだしも回転する天球上でとどまってたってUFOだとでも思わないと?
どう解釈されてるのかもピンとこない

68: 世界@名無史さん 2018/11/07(水) 20:31:13.45 0
ベツレヘムの星、ウィキに

>この星はマタイによる福音書の筆者によって作られたフィクションではないかと考える学者も少なくない。

やはりフィクションだろうな。意味わからんし

引用元: ・あの不思議な歴史記述は事実だったんだよ!!



眠れないほどおもしろい世界史「不思議な話」 (王様文庫)
並木 伸一郎
三笠書房
売り上げランキング: 478,573