51t+ij3zsBL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/17(月) 12:00:13 ID:MCwH6NwX
龍造寺氏について語りましょう。








2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/17(月) 12:03:38 ID:Zz4WAIWt
龍造寺五天王

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/25(火) 17:49:39 ID:Iln7E32Q
>>2
四天王の語源が仏教ってことわかってるか?

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/25(火) 21:56:03 ID:yjzUTNmx
>>17
マジレスするとな、「竜造寺四天王」と呼ばれる武将が5人いるんだよ。
円城寺をはずすとする意見が多いが、沖田畷から生還した木下を除いて、戦死した4人を顕彰して「四天王」とするのがいいと思う。
22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/27(木) 04:12:05 ID:38PbaOgk
ある意味四天王より貢献度が上の小河信安の存在が忘れられがちなのは可哀想

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/27(木) 12:03:38 ID:IUxcxhDz
成富茂安とかもねぇ。

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/02(水) 13:27:57 ID:CYl+4rJu
茂安は治水の神様と言われるんだってね

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/17(月) 18:25:27 ID:XrDqkzEf
沖田畷の龍造寺はどのくらいの兵力だったんでしょうかね。
定説の6万は軍記物がソースで、いくらなんでもありえない。
有馬も離反しているし、頑張って2万ほどですかね。

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/18(火) 10:51:11 ID:LP1eE9Rx
>>5
竜造寺隆信の最大兵力は版図が最大になった天正8年の幕下着到で5万。
いわゆる「五州二島」だけど、厳密に一国支配出来ている国は無い。沖田畷のときに動員しているのは肥前の国侍と筑後衆のごく一部だから、フロイスの記す2万5千といったところが妥当だろうね。
対する有馬島津連合軍も、諸書で3000から1万前後と開きがあるけれど、これも7000程度だったと思っている。
戦力比は3対1で、連合軍は塁壁を築いて迎え撃ったのだから、激戦になって勝敗の行方も容易に決しなかったのが実態、と信じている。


27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/05(土) 01:30:15 ID:rPiwBnEa
龍造寺は九州では珍しい下克上でのし上がった一族。
謀反と謀略が得意で残忍で、よくも悪くも九州では一番戦国大名らしいね。

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/02(土) 23:56:46 ID:F1qfCsEt
>>27
謀略が得意?馬場に一族皆頃しにされてるのにか
今山後に大友の影響力が弱まり周りの弱小大名を傘下に収めただけっしょ
有馬大村から正室を迎える辺りから新興勢力ぶりが伺える
それにしても裏切りに対するトラウマはでかすぎ

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/03(日) 00:49:04 ID:XMoeo1Kz
>>39
家兼時代は戦が上手って感じだけど
ひ孫の熊様は謀略が得意だよ

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/03(日) 02:26:22 ID:EBFxJa7V
じゃあその得意な謀略って何があるの?

45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/04(月) 17:00:17 ID:2z6AY45E
>>41
調略というか小田氏に対する仕打ちはエグイ

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/03(日) 18:01:55 ID:LZzwJH0p
蒲池の騙まし討ちとかじゃね?
その前に大村純忠を歓待して、無事に帰すってアピールまで入念にやって騙してる
まあ何度も使える手ではないが

つかそれ以外は熊の名のとおり力づくって感じだが

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/04(月) 19:00:33 ID:v+yvJQPD
龍造寺もさんざんやられてるからなぁ
結構東肥前の歴史は血塗られてる

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/04(月) 22:57:37 ID:NOUuVTtM
筑前では負け組だった少弐が流れてきてさんざんかき回したあげく、肥前でも凋落して最後は熊様につぶされるんだよな

48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/05(火) 09:03:19 ID:3ug58lv5
蒲池誘殺に関してはどこの大名家でもやってることなので謀略が得意とはいえないな
ただやり方がエグイのは同意

49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/06(水) 00:43:12 ID:l4yVnbT8
国人衆の家臣化を推進した島津に比べ、熊様って結構半端だよね
有馬はじめ、南肥前に対する政策見てると

52: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/06(水) 12:41:03 ID:wgle4Sam
竜造寺の一門衆は優秀のようだが。
悉く鍋島直茂に従ったけど。

53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/06(水) 12:44:46 ID:AuVvfyrF
ことごとく本家をあっさり見捨てて鍋島に従ったところが龍造寺(分家)の優秀さを示すのかw

54: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/06(水) 14:22:43 ID:l4yVnbT8
分家が鍋島に従ったっていうより、鍋島が分家の推挙を受けて家政を取り仕切るようになったんだが

56: 鍋島直茂 2006/09/06(水) 16:11:48 ID:QJmSq4l5
隆信は残忍冷酷、政家は愚鈍。
隆信以降の龍造寺でまともなのは誰?

58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/06(水) 19:22:56 ID:sfc4rkf2
>>56
龍造寺(諫早)家晴

59: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/06(水) 20:23:27 ID:l4yVnbT8
>>56
後藤家信(隆信3男)

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/07(木) 10:05:15 ID:ArrX/zoF
あれだけ勢力を伸ばした奴とその一門が愚鈍ってことは有り得ないだろ

64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/08(金) 13:43:42 ID:cJ2K5sdV
>>63
だからすべては鍋島一族の功労の結果だよ。
龍造寺はすべてが愚鈍ではないが、鍋島一族がいなければ、肥前の中小豪族のままで滅びてるよ。

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/08(金) 14:15:05 ID:1oa92Z0a
それはいくらなんでも言い過ぎのような・・・

まあ隆信死後についてはそうかもしれんが

68: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/09(土) 00:35:37 ID:8y4heibV
後世これだけ評価されてる鍋島が、命がけで仕えたってのはそれなりに隆信もいいとこあったんじゃないの?

資料とかしらねーよ。地元民の勘だ。

69: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/09(土) 14:13:46 ID:B99NTWpw
>>68
もしそうなら乗っ取りなどはしなかったと思うよ。
そりゃ隆信だっていいところはあるさ。無ければ誰もついてこんよ。
ただ、隆信は人間的に否定的側面の方が強いということ。
ただ、その冷酷非情さこそが、大友や島津にはない隆信の攻撃的体質であり、それが龍造寺をたとえ即席にすぎないにせよ、大友や島津と肩を並べる存在にさせたのよ。
ただ、それがあだで龍造寺は短期に凋落してしまうが。

70: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/09(土) 14:24:09 ID:aamzA7sg
隆信の首を受け取らなかったのは島津を欺く為で本意では無いぞ。つまり隆信が家中を掌握できなくなっていたとか、検討違いに思う。
隆信死後に鍋島が台頭したのも鍋島が優秀だからというか、沖田畷で有力家臣が死に絶えたからと思う。

71: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/09(土) 19:15:00 ID:MI0zPJ0Z
隆信は家中の掌握はできてただろ
ただ有馬大村等の有力豪族を形式的な臣従しかさせられなかっただけで・・・

時間かければまた結果も違ったんだろうが

73: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/11(月) 21:29:01 ID:8t+zYlrI
直茂が優秀なのは否定しないし、一個人では竜造寺家臣群では一番だと思う。
しかし歴史は勝者の都合のいいように変えられると言うのはよくある事だと思う。
竜造寺一門や他の家臣がメインでやった事も少しでも直茂が関わった事は直茂の手柄になっていると言う事が多々あると思う。

85: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/15(金) 08:53:01 ID:VewHonkb
勝者フィルターにまんまと乗せられた人がいるな
地元民にはありがちなんだこういうの

86: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/15(金) 19:20:11 ID:AXru82Xz
地元の人間は龍造寺なんぞ知らん

88: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/19(火) 14:47:03 ID:5X6zrlLj
>>86
やっぱ地元の人間は鍋島マンセーなのか?

89: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/19(火) 14:54:25 ID:z4Hum32l
佐賀人だが別に鍋島派じゃないぞ
消防の頃は面浮立も踊ってたし
その前口上で今山の合戦のことも言ってた

90: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/19(火) 18:03:56 ID:ko8Bqa4h
オマィ等 龍造寺一族の出生地を知ってるか?

奈良から和歌山にかけてだよ

93: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/20(水) 18:44:35 ID:I2UJNdax
宣教師が隆信のことをカエサルだと言ってるけど島津や大友みたく南蛮貿易とかはしてたのかな?

94: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/20(水) 20:17:19 ID:wcEvBP+c
全然してない。

95: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/22(金) 13:46:56 ID:gOdXYwqQ
まあ隆信って元坊主だし、キリシタンには抵抗あっただろうね
南蛮貿易を考えるとキリシタンをある程度は受け入れないとできないし

100: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/23(土) 18:54:15 ID:SzCDvg4Y
龍造寺家の火繩購入だけどどこから仕入れてたかわかる人います?

101: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/24(日) 22:34:02 ID:C2Qbe/VW
>>100
やっぱ平戸からじゃない?
(ただの推測ですが)

102: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/27(水) 01:25:48 ID:iisVZARC
基本的にキリシタンは弾圧してたし、日本商人経由で入手してたんだろうけど・・・
龍造寺の領内に貿易港ってあったか?
後期の頃はともかくとして

103: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/30(土) 15:12:21 ID:YqrOY7DU
そもそも龍造寺って火縄をどれくらい使ってたの?
島津あたりに比べてやはり数は少なかったんじゃないか?

104: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/30(土) 21:41:27 ID:xphgyC2C
昔見た諸大名の比較表じゃ、アホみたく大量に所有してたけどなあ。
あれは奈良本氏のおもしろ事典か何かだったと思うが、ちゃんとしたソースはどこかにないものか…

105: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/01(日) 04:24:07 ID:wYhBCFvE
室町時代朝鮮の「海東諸国記」に小城の千葉氏が朝鮮と貿易をしていることが書かれており、山越えで博多を通じて交易していた模様
大内に誼を通じていた竜造寺も博多を窓口にしていたのでしょうか・・・

106: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/01(日) 08:37:28 ID:JPSgjRHV
推論ばかりではね・・・・史料はないのかな

117: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/06(金) 16:37:26 ID:JNvfoydI
熊萌え
NHK大河で、熊やれ

119: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/07(土) 00:36:24 ID:DsqDUf+H
>>117
龍造寺隆信は、おぞましい。

120: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/07(土) 03:39:37 ID:LfHBEhAZ
大河だとむしろ熊は名脇役のようなきがする
今川義元的なw

121: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/07(土) 08:09:19 ID:dANbo2pn
熊いいじゃん
悪だくみ・伊達政宗だって高視聴率だったんだし。
たまには毛色の違う奴やらないと飽きるよ

122: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/07(土) 16:53:04 ID:CZx/qKgL
毛色違う奴・・・
琴欧洲とか安田大サーカスとかが熊役でっしゃろか

124: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/08(日) 01:17:15 ID:bwNArQj8
>>122
もっとデップりしててイカつい感じの奴いないもんかな・・・

125: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/08(日) 01:51:57 ID:Nl5LpLuI
キャスティングは確かに難しいな。
最終話で主人公と主な脇役が悉く戦死という華々しい幕切れ!

129: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/09(月) 00:41:25 ID:h3UpCufy
>>125
新撰組よりはマシかも
百武賢兼がマトリックス演出風の大活躍!

127: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/08(日) 21:30:15 ID:i7PsGv70
猜疑心のかたまりで残忍非道。
晩年は醜悪な豚太り。
ほんとおぞましいな龍造寺隆信って。

128: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/08(日) 22:26:40 ID:bwNArQj8
でもそんな熊様に萌える

130: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/09(月) 02:58:16 ID:xK4mjpWg
今も龍造寺を名乗ってる子孫っているのかな?
みんな名前変えてるよね

132: sage 2006/10/09(月) 11:24:36 ID:UFdzb6sa
完全に龍造寺姓がいないってことはないだろ
・・・少ないけど

137: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/09(月) 17:32:21 ID:xK4mjpWg
鍋島より龍造寺の方が苗字が格好良い

138: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/09(月) 17:34:39 ID:sG35DiL3
名前書く時非常にめんどくさそうではあるがw

145: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/09(月) 23:35:15 ID:xK4mjpWg
熊の直系は会津藩士だっけ?

147: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/10(火) 02:36:12 ID:htb1iLe8
>>145
会津藩士ではなく、会津藩預かりだよ。
龍造寺伯庵は、一応、罪人扱いだったみたい。

148: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/10(火) 02:44:35 ID:htb1iLe8
龍造寺高房の子龍造寺伯庵は龍造寺季明と名のり、徳川家光に、鍋島藩領は龍造寺氏のものであると主張し、鍋島氏による乗っ取りを訴えるが却下された。
このとき鍋島氏の支配の正当性を主張したのは龍造寺分家の多久安順であった。
同様の訴えを再三起こした伯庵は、ついにわずかな扶持(五十人扶持)を与えられ会津藩に永の預かりとなり、彼の地で没した。その子孫は会津藩士となり、幕末まで会津松平家に仕えた。伯庵の墓所は、殉死した家臣の墓を従え、福島県会津若松市の興徳寺に残る。

とウィキペディアにあるが、これによれぱ伯庵の子孫は会津藩士でいいのでは。


150: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/10(火) 10:19:27 ID:vLP7gll6
龍造寺本家はまだ続いてるのかなぁ。
熊の残虐性ばかりが語られがちだけど、一族そのものが血塗られてるよね
粛正されたり

152: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/10(火) 21:25:08 ID:htb1iLe8
龍造寺一族は鍋島藩時代に変えた苗字のまま子孫として残ってるよ。

153: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/10(火) 23:09:38 ID:vLP7gll6
諫早氏とか多久氏だよね。
鍋島姓にした家もなかった?

154: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/11(水) 01:04:10 ID:hdEAqPYy
あとは後藤家信とか(隆信3男)
武雄鍋島家はこの流れだな

引用元: ・【肥前】龍造寺氏を語るスレ【佐賀】



戦国の肥前と龍造寺隆信
川副義敦
宮帯出版社 (2018-01-10)
売り上げランキング: 369,536