41v7ULWgICL



1: 1 2006/10/01(日) 00:04:54 ID:hyA5LJjX
朝鮮の陣関連の書籍を読むと驚く程この男の名前が出てくる。
大勝と大敗、両方あったらしいがはっきり言って大活躍。
朝鮮の陣の主役は脇坂なのではないか?








4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/01(日) 04:51:50 ID:feAtkbRe
脇坂の生涯で最も華々しかった時代のエピソードが殆ど伝えられないせいで「七本槍の一人」程度の地味な扱い受けてんよな

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/01(日) 07:34:06 ID:OuMHwN/B
あと関ケ原での地味な裏切り

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/01(日) 09:07:57 ID:8wFLKdDA
文禄の役
龍仁戦闘 大勝
閑山島海戦 敗北
一連の李舜臣迎撃 勝利


慶長の役
漆川梁海戦 大勝
南原城攻略戦 勝利
20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/16(月) 22:08:14 ID:B6QZCRxH
千五百で五万の大軍をやぶった。 
その後、李舜臣と宿命の戦いを繰り広げ勝ったり負けたりだった。

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/09(月) 06:40:07 ID:H9O+ofB3
大敗はどれぐらい?

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/15(日) 20:35:36 ID:UgU3VA5x
閑山島海戦ではやっちゃったね
閑山島海戦(かんざんとうかいせん)は、文禄の役における海戦の一つ。 文禄元年(1592年)7月7日に閑山島と巨済島の間の海峡で単独出撃をした脇坂安治率いる1500人の水軍を、朝鮮水軍が誘引迎撃戦術により撃破した海戦。



21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/17(火) 00:39:05 ID:eDGjZbUd
敗戦と言っても多く見積もって1/3から1/4ぐらいしかやられなかったらしい。

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/21(土) 10:39:14 ID:e/tbW8a9
>>21
30%近くやられれば、大被害と言えるよ。

30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/07(火) 02:49:11 ID:ZWVgeYyN
>>24
てかそれは既に壊滅と思われ

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/01(日) 18:14:14 ID:ilK4eQMQ
赤鬼討ち取って宝もらったのって本当?

77: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/07(日) 05:19:39 ID:bu13D0l8
赤井直正を討ち取ったという話は司馬の完全な創作。
実際は病死。

だが、あろうことか司馬の小説をソースにしてる「歴史評論家」までいて、戦死説がやたら流布してしまっている。

78: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/09(火) 14:04:36 ID:KLE6hPLG
>>77
そうなの?
じゃあ、何故安治はテンの皮持ってるの?

80: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/10(水) 07:51:49 ID:onpLatKN
脇坂が赤井家への降伏勧告の使者になったのは事実で、その時テンの皮を受領したっぽい。ただ、その直後に直正は病死(というかすでに悪性腫瘍で寝たきりだったのに戦に出られるか!)。

その後赤井家は居城に火を放って逃亡。
つまり自ら放棄・開城したのであって、脇坂が直正を討ち取ったおかげというわけがない。

脇坂が赤井直正を討ち取った話は、司馬の「テンの皮」が発祥だが、昔読んだ歴史本で脇坂の項が、丸々その小説のあらすじの転用だった‥‥。


27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/05(日) 23:14:13 ID:fKdNNky8
元光秀の家臣だっけ、赤鬼討ち取ったとか七本槍とかいろいろ武勲を示すエピソードあるんだがどうにも関ヶ原で大谷隊に襲い掛かった卑怯者のイメージが拭えない

そういえば七本槍でも便乗裏切り四人組でも家存続したのこいつだけだな

34: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/12(日) 13:40:13 ID:NYb3rOU7
>>27
七本槍の場合、片桐家や福島家は旗本クラスで残ってなかったっけ?
大名家としては脇坂家だけだけど。

36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/12(日) 19:11:15 ID:84Muv9nU
>>27
朽木もじゃないの?

44: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/10(日) 17:59:56 ID:UGZECpFQ
>>36
朽木は減封くらって大名としては存続できなかった

89: _ 2007/01/23(火) 03:47:10 ID:R+OhgHNr
>>27
>そういえば七本槍でも便乗裏切り四人組でも家存続したのこいつだけだな

平野権平を忘れてないか?

28:    2006/11/06(月) 23:47:22 ID:+VIUjONo
>>どうにも関ヶ原で大谷隊に襲い掛かった卑怯者のイメージが拭えない

俺もそうだったんだけど、朝鮮の陣関連の本読んでたらともかくこの男が出てくるんだよね。
日本ではほどんど無名の脇坂が大勝したり大敗したりして以外なかんじ。

32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/08(水) 20:19:05 ID:wiVL+Ag6
脇坂家は江戸期の途中からは譜代扱いだもんなぁ。七本槍の中では一番の勝ち組。

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/08(水) 20:35:31 ID:7GoEFXtd
寺社奉行も務めたのに、領地がどこだったかもいまいちピンとこない地味さがすばらしい

安治の代に淡路洲本→伊予大洲
安元の代で伊予大洲→信濃飯田
安政の時に信濃飯田→播磨竜野 で以後幕末まで

まあ安政は堀田氏の養子だから血脈としては完全に譜代だな

60: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/24(日) 00:12:17 ID:C21yLwUd
脇坂家が譜代扱いを受けたのは、安元が堀田正盛の息子を養子にもらったのが大きいのかな

61: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/24(日) 10:22:36 ID:XSBsmx5x
>>60 
それは大いにあるでしょうね。 
それに関が原後に他の寝返り組のように家を取り潰されなかったのは、安元が秀忠の嫁さんに幼少時からかわいがられていた事も関係してるそうです。 
だから、安治はすぐに家督を安元に譲ったようです。 
超Bigにはなれなかったものの、それなりに切れ者である事は確かですね。

39: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/10(日) 15:46:35 ID:k9TWusab
かの国では、ある意味ビッグネームなのでは?

43: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/10(日) 17:19:56 ID:Zq61ETuu
脇坂安治にスポットを当てて書かれた小説あったら教えて。
因みに、「賤ヶ岳七本槍」は読みました。
小説中に名前だけ2、3回出てくるのは結構あるけどね。

45: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/10(日) 21:55:43 ID:woJvYSe6
>>43
司馬の馬上少年過ぐに短編として入っているぞ

47: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/13(水) 18:40:04 ID:JiruQwAL
小説脇坂安治外伝
本伝がないのにいきなり外伝。マサルさんみたいだ。
しかし安治はかなりイイキャラしてる。

48: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/13(水) 18:56:12 ID:bqaCjUxG
関ヶ原の裏切りは酷いよな
最初じっとしてて、小早川が裏切ったとたんに便乗して裏切り
大谷軍を一方的に壊滅させるなんてよ
男のやることじゃねーよ
あまりに卑怯すぎる
こんなんで勝って嬉しいのかね

49: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/13(水) 19:40:10 ID:qdMWRdSM
充実感の為に戦争やる馬鹿なんていない

52: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/14(木) 10:36:31 ID:CC7j4r2i
>>48
そうそう、高視聴率だった前田利家、山内一豊だって、一族の為結局は豊臣と縁を切り徳川に付いたわけで。
きれいごとでは世の中渡っていけないよ。
まあ、高視聴率は関係ないけど・・・

57: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/22(金) 10:26:04 ID:l9jn7AlK
親友を土壇場で裏切り強襲し皆殺しにしたのか・・・まさに鬼畜やね
生き残るためとはいえ卑怯非道な男だ
しかも出世させてくれた大恩人秀吉の家を潰すのに加担してるし
秀吉に仕えるときは自分から懇願したと聞くぞ、それなのに裏切るなんて
何この尻軽男、軽蔑するわ。

58: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/22(金) 12:45:42 ID:/mhqRQuB
>>57
それを言うとこの頃の武将はほとんど尻軽軽男じゃないか。
確かに裏切りは卑怯だけど、結果は幕末まで続いた。
清正や正則だって秀吉に出世させてもらっても、関が原では徳川に付き結果的にはお家取り潰しになってるぞ。
何が正しいかにもよるが、死んでしまっては意味がない。

59: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/22(金) 15:32:05 ID:f9zZggU+
大谷もまさか脇坂が裏切るとは思ってなかったらしいね
小早川は予測してたが、脇坂までが裏切るとはまったく予測してなかったらしい
それで総崩れ
親友が土壇場で裏切るとは普通は思わないよな


62: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/24(日) 11:52:51 ID:ECcRPA/w
関ヶ原は元々東軍として参戦してるから裏切りじゃないよ。
布陣も一番西軍にダメージを与える場所に効果的に布陣してる。
西軍に味方するとみせかけた計略は特筆ものだね。
七本槍に恥じない一番の戦功。

63: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/24(日) 12:46:47 ID:O8E6cxbB
だったら最初から西軍と戦えよw
さんさん西軍面しといて土壇場で裏切ったんだろこいつはw

64: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/24(日) 15:02:37 ID:/h4wdmw9
>>63
違うよ、関が原では最初から徳川方だったが、三成に関所止めにあわされ仕方ナシに西軍に居ただけだよ。
もし三成が関所止めしなかったら、東軍として参戦してたね。

104: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/02/04(日) 00:28:34 ID:aHRvWKVA
>>64
寧ろその方が西軍は助かったな
小早川の裏切りさえ計算内だった吉継も、安治からの盾裏突きには撃沈

67: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/25(月) 13:53:19 ID:A2KRPDrC
もっと評価されるべき武将だよな。
朝鮮軍役では最大の戦果。
関ヶ原では四方を敵に包囲された最悪の状況でも家康に忠誠を尽くし決定的な勝機を味方に提供しながら恩賞は望まない。三河譜代をはるかに上回る武士の鑑だよ。
歴代将軍家の信任が厚かったことでもわかるはずなんだが。
間違った歴史認識って怖いな。一番の忠臣が裏切り者扱いされてしまう。

68: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/25(月) 17:25:36 ID:UnjrJd6+
恩のある豊臣を見捨てるしか生きる道が無く
嫌いな家康に尻尾を振った哀れな武将だろ
豊臣崩壊とともに隠居してしょぼーんな晩年じゃん
しかも家を堀田の息子に乗っ取られてるし
脇坂家は安明、安治、安元の3代で潰れたも同然だろ


73: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/04(木) 12:34:59 ID:+FCom5yg
地味だけど、評価は高い

90: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/23(火) 15:38:40 ID:TFT5SwrZ
脇坂、朽木、赤座、小川のうち、脇坂は本領安堵の上加増、譜代格。
朽木は減封
赤座、小川は除封。
その後、赤座は前田利長に仕え七千石を給され、松任城代を務めたが、西軍の怨霊に祟られたわけでもあるまいが越中大門川渡河中に落馬、溺死している

96: 項龍 ◆838fte6OC. 2007/01/31(水) 13:09:27 ID:zy0HwlJB
七本槍の中では江戸時代を改易なく無事生き延びたな。

97: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/02/02(金) 19:35:54 ID:u78/jbQs
藩主脇坂家の血統は譜代の堀田家に入れ替わったけどな。

98: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/02/03(土) 02:11:12 ID:WfprawdX
たしか脇坂安元は、実子が幾人かいたのにあえて堀田から養子をもらったみたいだな。
あと、朽木は元綱は減封されているが、元綱の三男が大名に取り立てられて、福知山城主
になっているはず。にしても、関ヶ原寝返り4人衆のうち、朽木・脇坂と小川・赤座の明暗っぷりがすごい

99: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/02/03(土) 08:19:44 ID:IK2k0IhQ
自家を譜代の堀田に明け渡してまで生き延びてもねえ
これじゃあ、脇坂家じゃなく堀田家じゃんよお
余りにも惨めだ

103: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/02/03(土) 20:38:08 ID:WfprawdX
>>99
脇坂家自体、幕府に提出した系図は安治の父の代からで、藤原氏らしいという内容の和歌が添えられたもので、自分でも大した家系ではないと思い、べつに堀田の血筋に変わる事自体にはにあまり抵抗が無かったのかもしれんぞ。

100: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/02/03(土) 08:31:02 ID:HKvyPGIP
家名が残ってれば良し、としたんだろ。

101: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/02/03(土) 09:42:23 ID:xcWChLsu
老中まで出したしな。

106: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/02/05(月) 13:28:19 ID:eOOuvyQd
親友を踏み台にして生き延びた
家を他人に明け渡し生き延びた

凄い生への執念だと思う

107: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/02/05(月) 20:44:32 ID:Bji3YGv7
>>106
自らの生ではなく、家を残す事への執念ですね。
その結果が幕末まで家が続き、老中まで輩出。
小物であることは否定しないが、結果的には小物なりにやり手だったと言えるでしょうな。

112: 人間七七四年 2007/03/06(火) 06:26:31 ID:Blp+q2j2
家を残すってのが武家の命題なんだろうけどピンとこないねえ

150: 人間七七四年 2008/01/07(月) 22:57:54 ID:UJdRP1RU
大坂の陣では中立を堅持したらしいね
あまり知られてないけど偉い
だから関ヶ原の裏切りの汚名が帳消しされたのだろうか?

151: 人間七七四年 2008/01/07(月) 23:52:26 ID:/j/jjYi2
中立堅持じゃなくて勝つほうみきわめようとして日和見してたら戦が終わっちゃっただけだよ。

152: 人間七七四年 2008/01/08(火) 21:59:53 ID:smA/62a9
>>151
夏の陣でも中立だぞ
島津と脇坂だけだろう、家康の命令を逆らって大坂へ行かなかったのは
福島正則は嫡男に大軍を与えて参戦させている

155: 人間七七四年 2008/01/13(日) 13:09:31 ID:o3MUeNWV
最後(大阪の陣直前)まで秀頼のとこに律儀に挨拶にいっていたのは、脇坂安治くらいだもんな。

他の旧豊臣家臣に比べれば立派だと思うよ。
最後は皆、秀頼なんて無視して挨拶いかないし、狸親父に尻尾振ってただけだもん。

158: 人間七七四年 2008/02/03(日) 04:02:39 ID:A4CcuKSU
加藤忠広、福島正則、加藤明成が改易や減封になるなか、53000石を保全した脇坂氏は結果として、七本槍の中では一番の幸運だった
戦国の槍働き一本槍だった連中に比べ、戦国大名から近世大名への脱却に成功した

159: 人間七七四年 2008/02/03(日) 08:08:29 ID:WXGU7syT
>>158
徳川譜代の血筋に家を売って生き残ったんだよ。

161: 人間七七四年 2008/02/03(日) 20:27:21 ID:A4CcuKSU
脇坂安元は子がいたのに堀田正俊の弟を養子に迎えた 脇坂淡路守安政

162: 人間七七四年 2008/02/04(月) 21:20:12 ID:utMAeRdp
そうとしても人選眼は良いよね。
末は老中を出している訳だし。

164: 人間七七四年 2008/02/06(水) 13:35:05 ID:BflkWF7+
でも脇坂家の大名行列は、先頭に安治が丹波の赤鬼から貰ったてんの皮を掲げたりしている
堀田の血を引いても安治を尊敬していたんだろう

引用元: ・脇坂安治対朝鮮